« トゥルー・グリット/True Grit | トップページ | 勇気ある追跡 »

2011年3月12日 (土)

ショパン 愛と哀しみの旋律/Chopin. Pragnienie milosci

Photo 世界中で愛されているピアノの詩人・フレデリック・ショパンの半生を描いた伝記ドラマ。作家ジョルジュ・サンドとその子供たちをも巻き込んだ愛憎劇だ。主演はピョートル・アダムチク、共演に『カティンの森』のダヌタ・ステンカ。監督・脚本をイェジ・アントチャクが務める。誰でも知っているショパンの名曲の数々に思わず聞き入ってしまう。
>>公式サイト

ピアノの詩人が安い昼メロに

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ショパンといえばピアノの詩人と呼ばれる天才作曲家。その伝記と言うからには、あの名曲の数々の生まれるきっかけであるとか、出来る過程などを知ることが出来ると思っていたのですがトンだお門違いでした。もちろん劇中ではクラッシックに疎い私ですらしっている名曲の数々が奏でられるシーンが何回かはあります。しかしストーリーの大半はショパン(ピョートル・アダムチク)と女流作家ジョルジュ・サンド(ダヌタ・ステンカ)との関係を描き出すのに費やされ、やがてそれはサンドの娘ソランジュ(ボジェナ・スタフーラ)や息子モーリス(アダム・ヴォロノヴィチ)とのドロドロの確執へと繋がってゆくのでした。史実に基づいているのかも知れませんが、これがもう嫌になるほど安っぽい。

02 03

そもそも上映開始と同時に思いっきり違和感を感じたのは、ポーランド人のショパンとその家族が普通に英語で話していること。仮にもショパン生誕200年記念の作品ならポーランド語を使うべき所は使わせないと。フランスに行ってジョルジュ・サンドと出会うと今度はフランス人のサンドも英語。ショパンの身の回りの世話をするポーランド出身のヤンがポーランド語でサンドにまくし立てるシーンではショパン自らが「彼女の前でポーランド語は止めろ」と言っていることから、どうやら物語中で言語の違いという概念は存在していることが解ります。何だか杜撰な設定を感じながら見ていくことになるのですが、それでも序盤、ショパンがサンドと同棲するあたりまではまだマシでした。

04 05

とはいえ、人間関係の描写がこれまた杜撰なんでいきなり登場してくる人々が一体どんな人物なのかを把握するのに一苦労。ショパンの友人だとかサンドの叔父だとかいつの間にか物語りに当たり前に登場してきているし…。結局最後まで変わらないのは、単にショパンに起こった細かいエピソードを羅列しているに過ぎないと言うこと。作品の側でそれぞれのエピソードを有機的に絡ませてくれないので、観ている側は自分でその作業を行わなくてはなりません。ショパンの“伝記”物語なのですから「こうなんだろうな…」と想像させることにどれほどの意味があるというのか。さて、言葉もダメ、ストーリー構成もダメな状況に持ってきて、サンドの子供たちが大人になってくると更にうんざりな展開に。

06 07

モーリスは元々極度のマザコン。少年時代に母とショパンがベッドを共にしているのを目撃して以来彼の事を嫌っています。息子の描く才能のカケラも感じられない絵をサンドは褒めちぎり、それ故に余計にマザコン度合いが増していく悪循環。笑ってしまうのが、息子役のアダム・ヴォロノヴィチとショパン役のピョートル・アダムチクが実年齢にして僅か1歳しか違わないこと。実際にはモーリスは1823年生まれ、ショパンは1810年生まれで13歳も違うのですからこれはもう無理過ぎ。2人が並んだらどちらが息子なんだかわかりゃしない…。結局ウダウダとこのバカ息子との確執を見せ付けられつつ、そこに娘ソランジュまで加わってくるのです。

08 09

何故だか知らないけれどショパンを愛してしまったソランジュは必死で彼を誘惑し、母親に嫉妬したあげく、あて付けにそこらの彫刻家と寝て結婚するという…。ショパンの一生を追いかけて史実を積み重ねていったらそうなるのかも知れませんが、所詮サンドの家族との確執部分など脚色するしかない訳で、何故そこにこれほどまでの厚みをもたせるのかが意味不明。その愛憎劇がショパンの音楽にどのように影響を与えたのかについては全く語られないのなら単に安っぽい昼メロに過ぎません。繰り返しになりますが、結局良かったのは2,3回あるショパンの演奏シーンぐらいで、後はキャスティング、構成、脚本のどれもが水準以下の作品と言わざるをえないでしょう。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:ショパンが泣いている
総合評価:47点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« トゥルー・グリット/True Grit | トップページ | 勇気ある追跡 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39196426

この記事へのトラックバック一覧です: ショパン 愛と哀しみの旋律/Chopin. Pragnienie milosci:

» ショパン 愛と哀しみの旋律 [象のロケット]
帝政ロシア支配下にあった祖国ポーランドを逃れ、辿り着いたパリでは作曲家として認められず失意の底にいたショパンは、パリ社交界の花・女流作家ジョルジュ・サンドと出会う。 サンドの情熱にのまれ愛が始まり、ショパンは次々と名曲を生み出していく。 しかし、サンドの子供たちは、ショパンとの愛に身をやつす母を快く思っていなかった…。 実話から生まれた愛の物語。... [続きを読む]

受信: 2011年3月13日 (日) 23時01分

» 映画『ショパン 愛と哀しみの旋律』を観て [KINTYRE’SDIARY]
11-19.ショパン 愛と哀しみの旋律■原題:Chopin,PragnienieMilosci■製作年・国:2002年、ポーランド■上映時間:126分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:3月5日、シネスイッチ銀座(銀... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 22時57分

» *『ショパン 愛と哀しみの旋律』* [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2002年:ポーランド映画、イェジ・アントチャク監督、ヨーヨー・マ、ヤヌシュ・オレイニチャク、横山幸雄音楽、ピョートル・アダムチク、ダヌータ・ステンカ、ボジェナ・スタフラ、アダム・ヴォロノーヴィチ出演。... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 21時49分

» ■映画『ショパン 愛と哀しみの旋律』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
2010年は“ピアノの詩人”フレデリック・ショパンの生誕200年に当たります。 ということで、2011年の今年、ショパンの半生を描く映画『ショパン 愛と哀しみの旋律』が公開されます。あれ? それにしても、ショパンの人生ってすごい…。 いや、ショパンというよりも、ショパン... [続きを読む]

受信: 2011年4月30日 (土) 00時52分

» 「ショパン 愛と哀しみの旋律」 [みんなシネマいいのに!]
 モーツアルトやベートーヴェンなど、クラシック系の音楽家の映画は数多い。 この映 [続きを読む]

受信: 2011年6月 5日 (日) 09時44分

» ショパン 愛と哀しみの旋律 [迷宮映画館]
・・・・・ [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 13時43分

» ショパン 愛と哀しみの旋律 [Diarydiary! ]
《ショパン 愛と哀しみの旋律》 2002年 ポーランド映画 - 原題 - CHO [続きを読む]

受信: 2011年6月 8日 (水) 21時42分

» 『ブロンド少女は過激に美しく』『ショパン』をギンレイホールで観て、最低2本だなふじき☆,☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『ブロンド少女は過激に美しく』 五つ星評価で【☆爺さんはどけ】 100歳の爺さんが撮った中編映画。 つまんない。 「ブロンド少女」は綺麗だけど、それだけだ。 よかったね ... [続きを読む]

受信: 2011年6月13日 (月) 01時36分

» ブロンド少女は過激に美しく/ショパン 愛と哀しみの旋律 [あーうぃ だにぇっと]
6月12日(日)“ブロンド少女は過激に美しく”@ギンレイホール。 日曜午後の回で観劇したのだが空いていた。 人気薄のようだ。 [続きを読む]

受信: 2011年6月20日 (月) 21時05分

» ショパン 愛と哀しみの旋律(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
作曲家フレデリック・ショパンと作家ジョルジュ・サンドの愛と半生を、豪華アーティストの演奏と共に描く。監督は「Noce i dnie」でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたイェ ... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 10時52分

« トゥルー・グリット/True Grit | トップページ | 勇気ある追跡 »