« 落語物語 | トップページ | 台北の朝、僕は恋をする »

2011年3月20日 (日)

大韓民国1%/대한민국1%

Photo 韓国軍の中でも精鋭が集まる海兵隊のなかで、その更に1%しか入隊できない海兵隊特殊捜索隊に初めて配属された女性下士官の姿を描いた感動ドラマ。主演はこれがデビュー作となるイ・アイ。共演として『食客』のイム・ウォニや『グッド・バッド・ウィアード』のソン・ビョンホら実力派が出演している。監督は2010年2月に亡くなったばかりのチョ・ミョンナム。
>>公式サイト

素朴な魅力のイ・アイさんデビュー作

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

何というか映画としてのクオリティは普通に観られるギリギリのところでしょう。重い作品を観たくない時に家でボーっとカウチポテトしながらDVDで観るにはピッタリかもしれません。何しろ日本と違って臨戦態勢にある韓国軍の精鋭・海兵隊のさらに1%しか入隊できないという海兵隊特殊捜査隊に可愛らしい女性兵士が配属されたというありえない設定。ハナから居ずまいを正して観るようなもんでもないです。主人公イ・ユミを演じるイ・アイは19歳の時から日本に留学し、現在は日本大学芸術学部で演技の勉強をしているそうで、もちろん日本語も完璧。今回が初主演ですが、数々の新人賞を獲り今後が期待される女優です。際立った美人でもないですが、素朴な可愛らしさが荒くれ海兵隊員のなかに入ると特に野に咲くたんぽぽのような存在感を放っていました。

02_2 03_2

一応これも設定上で、ユミは海兵隊の訓練課程を1位で通過したことになっています。しかし入隊できたのはマスコミに海兵隊は女性差別だと叩かれたから。簡単に言えばマスコミ向けエクスキューズと言う訳。しかも彼女の上官であるカン・チョルイン中士(ソン・ビョンホ)には「お前はだまって俺の言うことに従っているだけでいい!」なんていわれる始末。当然ながら仲間の隊員からも「所詮女だろ」目線。特に面白いのはワン・ジョンパル下士(イム・ウォンヒ)。ちなみにどこかで観たと思ったら『食客』の敵役だった人じゃないですか。失礼ながらこの人、真面目な時でもどこと無く顔がコメディしてる…。今回も一生懸命ユミの前でイイカッコして彼女を振り向かせようとするのだけれど、ことごとく失敗に終わるのでした。とにかく彼女に近づく時の手つきが嫌らしくて面白い。

04_2 05_2

大体訓練中じゃないとはいえ、ホットパンツで太ももも露に、しかもわざわざ見せ付けるように開脚してストレッチしてたらそりゃ男なら誰でもガン見しますって。まして女はユミしかいないんですから。パンツのお尻に下着の線が見えたり、胸の膨らみをアップにしたりと何だか『パンツの穴』か『毎度お騒がせします』かといったやけに古臭い演出だけれど、何となく健全なHを感じて懐かしくも嬉しかったり。(笑)さて、話の本題はユミがカン中士率いる第三小隊のお荷物である第3チームのチーム長に任命されてから。彼女の頑張りはチームを活性化し、訓練でも一位をとったりするのです。この辺りで、カン中士の素性とユミの関係が想像できるシーンが挿入されたりしますが、その事実自体は物語の流れに直接は関係してきません。

06_2 07_2

ユミの元にまとまっていく第3チームを苦々しい顔で見ているのがワン下士。まあ、単に男として相手にされなかったことの逆恨みが発端だったりしますが、同時に同じチーム長の立場として女に率いるチームに負けたくないという部分も強かったのは否めません。気持ちは解る。そしてなんだかんだと嫌がらせをするのだけれど、一般社会と違って軍隊の中だけに、本人はちょっとした嫌がらせのつもりでも事態はこれが結構洒落にならなかったりします。結局実弾訓練の時に弾装を紛失したカドでユミは営倉入り、第3チームは解散に…。この辺までの流れはテンポ良くポンポンと見せてくれるので解りやすくはあるものの、もうちょっと絡む人間の心情に迫って欲しかった気もします。カン中士は、ワン下士は、チームメンバーは何を考えていたのか…。

08_2 09_2

ユミにフォーカスして、ユミが辛い想いを飲み込んでいるのは解るのですが、そこで周りを巻き込めば後に第3チームが原隊復帰する時の感動もより大きくなったと思うのです。そして話は終盤へ。師団級訓練に参加した第3チームとワン下士のチームはボートの故障で帰隊途中に嵐に巻き込まれ、何と北朝鮮の領土に流れ着いてしまいます。訓練中実弾は持っていないところに北朝鮮の兵士が現れ…。結局のところラストではユミとカン中士との関係性が肝になってきます。しかし先に書いた通り見える話の展開はそこにはなく、更にその関係性も簡単に想像できてしまう範囲を超えるものではありません。だからせっかくラストでsecretカン中士が死ぬ間際にsecretユミに真実を語るシーンがやけにアッサリとしているように感じるのです。

批判的に書きましたが、イ・アイという日本人にとって身近な女優が出て来たことは嬉しいことですし、深く突っ込まずにボーっと見る分には楽しめる作品だと思います。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:イ・アイの可愛らしさに★0.5かな
総合評価:59点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 落語物語 | トップページ | 台北の朝、僕は恋をする »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39291910

この記事へのトラックバック一覧です: 大韓民国1%/대한민국1%:

» 『大韓民国1%』をシネマート新宿1で観て、ちょっと快適ふじき☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆ライト】 こーゆー軽い映画がとっても今の気持ちに合う。 韓国軍隊のトップ1%の難関、海兵隊特殊捜索隊に配属された 女性士官が自分の居場所を見つけ ... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 23時49分

» 「大韓民国1%」 [てんびんthe LIFE]
「大韓民国1%」シネマート六本木で観賞 2011-029 先日海兵隊に人気俳優ヒョンビンが入隊しましたが、韓国では一般男子の徴兵が義務となっています。 廻りが海、そして大陸との繋がりには北朝鮮が存在しています。 もともと北朝鮮と韓国は1つの国でしたが現在は…そんな関係です。 もちろん今でもひとつの国ではあるはずなのですが悲しい現状があります。 なので徴兵制度。 一般の徴兵では陸軍、海軍、空軍に配属されますが、この海兵隊は自ら志願しないと入れません。 休戦とはいえ戦争中の最前線、と... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 14時34分

» 映画「大韓民国1%」コメディタッチの軍隊映画 [soramove]
「大韓民国1%」★★★☆ イ・アイ、ソン・ビョンホ、 イム・ウォンヒ、キム・ミンギ出演 チョ・ミョンナム監督、 105分、2011年3月5日公開 2010,韓国,アルシネテラン (原作:原題:1%)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「韓国の軍隊の中でもわずか1%のエリートしか 入ることができないという海兵隊特殊... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 23時37分

» 「大韓民国1%」 [みんなシネマいいのに!]
 韓国軍隊の中でも猛者が集まる海兵隊。 さらにその中でも1%の精鋭のみが入ること [続きを読む]

受信: 2011年4月27日 (水) 06時59分

» 大韓民国1% [だらだら無気力ブログ]
『大胆な家族』の故チョ・ミョンナム監督の遺作となった、痛快エンター テインメント。韓国軍隊海兵隊のわずか1%しか入隊できない海兵隊特殊 捜索隊に、単身乗り込んだ女性の汗と涙と笑いの日々を描く。 本作で主演に抜てきされたのは、これがスクリーンデビューとなる…... [続きを読む]

受信: 2011年6月21日 (火) 19時48分

» 大韓民国1% 海兵隊特殊捜索隊 [銀幕大帝α]
SOUTH KOREAS 1 PERCENT/10年/韓国/105分/アクション・コメディ/劇場公開 監督:チョ・ミョンナム 出演:イ・アイ、ソン・ビョンホ、イム・ウォニ、キム・ミンギ <ストーリー> 海兵隊訓練過程を1位で通過した女副士官のイ・ユミは、夢だった海兵隊特殊...... [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 01時19分

« 落語物語 | トップページ | 台北の朝、僕は恋をする »