« 大韓民国1%/대한민국1% | トップページ | お家をさがそう/Away We Go »

2011年3月21日 (月)

台北の朝、僕は恋をする

Photo 恋人の後を追ってフランスに渡ろうとする青年、そしてその青年と偶然知り合った女性がとある事件に巻き込まれる姿を描いた青春ストーリー。主演はこれが長編デビュー作のジャック・ヤオ。共演に台湾で大人気のアイドル、アンバー・クォ。監督はジャック同様これが初演出となるアーヴィン・チェンが務める。台湾映画らしい若者の輝くような瑞々しさが眩しい。
>>公式サイト

アンバーの可愛さは充分に解りました

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

台湾映画らしい若者の瑞々しさだとか、どこと無く懐かしさを覚える街並みの映像には好感を覚えるのですが、そんな映像に対して脚本の薄っぺらなところが気になりました。恋人同士の話ではなく、タイトルにある通り、僕であるカイ(ジャック・ヤオ)がスージー(アンバー・クォ)に知らず知らずのうちに恋をしてしまう過程を描いた作品。お互いがほのかに抱いている相手に対する好意はとても儚く、ちょっと強くひっぱったら切れてしまう糸のようです。ただそれ故にラブストーリーの部分は明確な形や行為として映像には現れてきません。とある事件に2人揃って巻き込まれ、その間の2人の姿を描いているだけ。もちろんそれはわざとそういう演出にしているのでしょうけども。

02 03

しかしそういう演出だけに、今度は周りの人間であったり事件そのものにインパクトを持たせるわけにいかない、従って話しそのものが実にアッサリと過ぎ去っていってしまいます。心に引っかかるような部分が何もないんですね。カイは恋人の後を追ってパリに向かうための資金を両親の店の常連で不動産屋をやっている街のボスから借りるのですが、その代わりにとある荷物を届けるように頼まれます。しかしボスの甥のホンは、それを自分の手柄にしようとカイを襲いその荷物を奪おうとするのでした。それとは別にそのボスの一味は警察に内偵もされていて、仲間と間違われたカイは警察にも追われることになるのです。一緒に逃げる間にお互いを良く知り、相手への好意が育まれていくという訳。

04 05

出来事が薄っぺらならせめて人物像ぐらい深く掘り下げてほしいところですが、残念ながらそれも微妙。照英にそっくりだけど、体格は比較にならないもやしっ子なジャック・ヤオと、くりっとした目がとてもチャーミングで可愛らしいアンバー・クォの2人は確かに魅力的な俳優なのだけれど、演技力も含めて彼らにおんぶに抱っこしながら話が進んでいく様子はまるで80年代の日本のアイドル映画を観ているような気にもさせられました。もっともそれはつまり“悪い気はしない”ということなんですが。(笑)実際のアンバー・クォがどうかは知りませんが、劇中のスージーが健気にカオにくっ付いていく姿には何だかとても癒されます。そもそも彼は自分ではなくパリの彼女を見ているのに。

06 07

カオはもうそのまま草食系でその草食系男子を支えるのがいわゆる肉食系女子ではなく、芯は強いけれど素朴な女の子ってところが個人的には嬉しいところ。結局この作品はこのメインの2人のもつ雰囲気をそのまま活かす方向で演出されているということなのでしょう。カイを襲うホンの仲間たちもそうで、いわゆるチャライ格好をしてはいますが、どっからどう観ても根が悪い奴等じゃない。むしろカイの代わりに拉致したカイの親友・カオの恋話に乗っかって一緒にマージャンをしてしまったりする姿はよくそこらにいる若者と変わりません。もっと言えばカイに仕事を頼んだ街のボスですら、どこかユーモラスで『モンガに散る』で登場するような台湾マフィアのイメージからはほど遠いのです。

08 09

そんなほのぼの調の描き方は嫌いではないです。ですが本線であるカイとスージーの恋心の醸成を描くのにはもうちょっとキツ目のシチュエーションがあってもよいのではないかとも思うのです。ところで本作ではこのカオの恋話と、カイを追いかける刑事チーヨンの恋話もちょこちょこと絡んできますが、方や片思いで方や破局寸前。つまり恋の過程とするとカオがいてカイ&スージーがいてチーヨンがいるというのは何かの示唆なのか…。いずれにしろ、こんな雰囲気のベタなストーリーですから結末はハッピーエンド以外にありえません。それは観ていて良かったと思うけれど、心から感動して2人が結ばれたことを祝福するような気持ちになるほどに感動するかと言うとちょっと違うのです。この作品、2ヵ月後に内容を覚えていられる自信がありません。(苦笑)

個人的おススメ度3.0
今日の一言:『大韓民国1%』と同じパターンで+★0.5
総合評価:59点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 大韓民国1%/대한민국1% | トップページ | お家をさがそう/Away We Go »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39304841

この記事へのトラックバック一覧です: 台北の朝、僕は恋をする:

» 台北の朝、僕は恋をする [象のロケット]
台湾・台北。 パリに留学した彼女から別れを告げられたカイは、地元のボスからパリ行きの費用を出してもらうため、謎の小包を運ぶ怪しげな仕事を引き受ける。 一方、本屋で働く少女スージーは、いつもフランス語の本を立ち読みしているカイが気になっていたのだが…。 ロマンティック・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 15時11分

» 台北の朝、僕は恋をする [ダイターンクラッシュ!!]
2011年3月20日(日) 14:00~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『台北の朝、僕は恋をする』公式サイト あんまりなタイトルだが、原題は”Aure Voir TAPEI"だ。 パリに留学した彼女を追っかけて渡仏しようとする青年を巡る巻き込まれ型映画。 日本語のタイトルにあるように、巻き込まれた挙句、その夜朝まで過ごした娘に恋をする。 もうそれは見得見得の設定で展開なので、ネタバレではないけれど、やはりあん... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 09時49分

» 『台北の朝、僕は恋をする』は等身大フィルム・ノワールだよ。 [かろうじてインターネット]
 今週の『海賊戦隊ゴーカイジャー』は『特捜戦隊デカレンジャー』のゲストが登場する話。  うわーい。ジャスミンだー。木下あゆ美さんはジャスミンの衣装がいちばん輝きますね。  ほぼドギーの主役回...... [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 01時33分

» 台北の朝、僕は恋をする [あーうぃ だにぇっと]
(C) 2010Atom Cinema / greenskyfilms / All Rights Reserved 製作年: 2009年 製作国: 台湾/アメリカ 日本公開: 2011年3月12日 上映時間: 1時間25分 配給: アミューズソフト /ショウゲート [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 07時41分

» 『台北の朝、僕は恋をする』(2009)/台湾・アメ... [NiceOne!!]
原題:AUREVOIRTAIPEI監督:アーヴィン・チェン出演:ジャック・ヤオ 、アンバー・クォ 、ジョセフ・チャン 、トニー・ヤン 、クー・ユールン鑑賞劇場 : ブリリア ショートショ... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 21時57分

» 原題の「一頁台北」がピッタリ!『台北の朝、僕は恋をする』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
※注・内容に触れています。エドワード・ヤン監督に師事し「追風」(未完)の企画・脚本開発のアシスタントをしていたアーヴィン・チェン監督『台北の朝、僕は恋をする』。製作総指揮はヴィム・ヴェンダース。キャス... [続きを読む]

受信: 2011年3月31日 (木) 00時34分

» 台北の朝、僕は恋をする 一頁台北 [まてぃの徒然映画+雑記]
恋人がパリに留学したカイ(ジャック・ヤオ姚淳耀)は、夜な夜な地元の書店でフランス語のテキストを立ち読み(座り読み?)して、パリの彼女に国際電話をかけるが、なかなか返事が返っ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 21時28分

» 〜『台北の朝、僕は恋をする』〜 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:台湾+アメリカ合作映画、アーヴィン・チェン監督&脚本、ヴィム・ヴェンダース、メイリーン・チュウ製作総指揮、ジャック・ヤオ、アンバー・クォ、ジョセフ・チャン、クー・ユールン、カオ・リンフェン、ポール・チャン出演。... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 03時06分

» 台北の朝、僕は恋をする/ジャック・ヤオ、アンバー・クォ [カノンな日々]
あの短い劇場予告編だけも甘酸っぱさが感じられて軽く胸キュンしてしまい、これは絶対観に行こうと決めていました。私が真っ先に観に行きたかったというのはこの映画のことでした ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 15時36分

» 台北の朝、僕は恋をする [Diarydiary! ]
《台北の朝、僕は恋をする》 2009」年 台湾/アメリカ映画 - 原題 - 一頁 [続きを読む]

受信: 2011年4月19日 (火) 21時15分

» 映画「台北の朝、僕は恋をする」思わせぶりなタイトルだけどユルユルな感じ [soramove]
「台北の朝、僕は恋をする 」★★★☆ ジャック・ヤオ、アンバー・クォ、ジョセフ・チャン、 クー・ユールン、カオ・リンフェン出演 アーヴィン・チェン監督、 85分、2011年3月12日公開 2010,台湾、アメリカ,アミューズソフト、ショウゲート (原作:原題:一頁台北)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「この映画ラストに重要な舞台のひとつである 書店で主演の二人とそこにいる... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 10時25分

» 台北の朝、僕は恋をする [だらだら無気力ブログ]
台北を舞台に、ひょんなことから思いがけないトラブルに巻き込まれ、 夜の街を一緒に彷徨うことになった一組の若い男女の道行きを綴った ロマンティック・ストーリー。 主演はジャック・ヤオ、共演に本国台湾で歌手やCMなどマルチに活躍し 高い人気を誇るアンバー・ク…... [続きを読む]

受信: 2011年5月24日 (火) 00時12分

» 『モンガに散る』『台北の朝、僕は恋をする』を早稲田松竹で観て、青春爆発ふじき☆☆☆☆,☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『モンガに散る』 五つ星評価で【☆☆☆☆凄く昔からあるタイプの映画だとは思うが、人が弱い存在であり続ける限りこういう映画は我々を落涙させ続けるに違いない】 主人公 ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 00時12分

» 『台北の朝、僕は恋をする』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
台北の朝、僕は恋をする [DVD]クリエーター情報なしアミューズソフトエンタテインメント 『台北の朝、僕は恋をする』 2009年(台湾)監督:アーヴィン・チェン ●世界に誇る台湾ロマンス映画  『藍色夏恋』(02)など数々の恋愛映画の傑作を生みだしている現代の台...... [続きを読む]

受信: 2011年10月20日 (木) 13時59分

« 大韓民国1%/대한민국1% | トップページ | お家をさがそう/Away We Go »