« 死にゆく妻との旅路 | トップページ | ツーリスト/The Tourist »

2011年3月 5日 (土)

学校をつくろう

Photo 専修大学130周年記念映画。明治維新後に米国留学し専修学校(現在の専修大学)の初代校長となった相馬永胤を中心とした4人の青年の姿を綴った伝記ドラマだ。主演は『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の三浦貴大。共演に『アウトレイジ』の柄本時生や『劔岳 点の記』の橋本一郎ら若手が顔を揃えた。監督は『ラストゲーム 最後の早慶戦』の神山征二郎。
>>公式サイト

二世俳優てんこ盛り、若い想いが当時とだぶる

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

しかしまあ良くもここまで二世俳優を集めたものだと感心する程のキャスティング。主人公・相馬永胤を演じるのは三浦友和と山口百恵の次男・三浦貴大、その友人・駒井重格を演じているのは柄本明の次男・柄本時生、更に相馬と共に法律事務所を開く留学仲間・目賀田種太郎は役所広司の息子・橋本一郎。まだいます、相馬の妻・陸を演じるのが目黒祐樹の娘で松方弘樹の銘の近衛はな、相馬たちの留学仲間・鳩山和夫は橋爪功の息子・橋爪遼、親の七光りが本当にあるならばこれだけで既に何光り?っとまあ、余りに二世ばかりのせいか、ネット上では酷評されている本作ですが、私は観てみてそこまで酷い作品だとは思いません。辛うじて及第点は挙げられるレベルに仕上がっていると思います。

02 03

ちなみに原作があの志茂田景樹ですが、ご本人の格好とは違い(失礼!)本作は上山監督らしい実直で誠実な作りでした。さて、そもそも専修大学の130周年を記念して作られたこの作品は、その前身である専修学校を創立した日本法律会社の中心メンバーである4人の若者がアメリカ留学を通し、その志を成し遂げる姿を描いた物語です。4人とは相馬永胤、目賀田種太郎、駒井重格、田尻稲次郎(池上リョウ)。話は中心軸を相馬に置いた形で進みますが、序盤はひたすら相馬の話。戊辰戦争で活躍した彼が軍人になろうにも失敗し、西郷の勧めでアメリカ留学をするものの学費が無くて挫折、結局日本に戻ってきてしまいます。正直言ってこの序盤は退屈。

04 05

申し訳ないけれど彼程度の活躍は幕末のあのダイナミズムのなかでは大したものではないですし、留学中の苦労の話はそれほど珍しいものでもないですから。しかし、井伊家のおかげで再度留学、今度はコロンビア大学に在学する辺りから話が面白くなってきます。つまりそこで後の日本法律会社のメンバーたちとの出逢いが描かれるから。日本語なまりの英語でしゃべる彼らからはむしろ当時の日本人らしさが感じられ、日本の国を本当に憂える若者らしい強い想いが伝わってきました。当時は日本とアメリカの間には不平等条約が結ばれていた時代。それを撤廃するには早急に欧米列強と同じ法体系や法のシステムを整え、世界標準の経済知識を持たなくてはならないと言うのが彼らの共通認識です。

06 07

そのためには文字通り寝る間も惜しんで勉強に勤しむ彼ら。向学心とはこのことかとほとほと頭が下がると同時に、こういう志ある彼らが今の日本の礎を築いたのだと思うと非常に感慨深いものがあります。最初に二世だらけと書きましたが、確かに彼らの演技はまだ細かい部分で未熟な部分も多いです。しかし留学して一生懸命勉強している相馬たちの姿と、実際に演じながら成長していく若手役者たちの姿は、時代が違ったとしてもその姿勢において重なる部分が多いと思うのです。ただ残念だったのは、この日本法律会社を作ってから後はエピソードの過程をとばしてラストまで突っ走ってしまったこと。それは良いことも悪いことも両面で言えました。

08 09

例えば駒井と田尻が戊辰戦争のことで大喧嘩しても、次のシーンでは既に仲直りの手紙が送られていたり、帰国してからの相馬の結婚も突然決まって次のシーンではもう夫婦、専修学校を開校する予定の建物が仕えなくなっても、次のシーンでは別の場所が見つかる…。事実の起こりと結果の羅列だけでなく、その間を結ぶ彼ら自身の行動であったり、その時の想いをもっと深く観たかった。簡単に言えば、まるで歴史年表の映像版を観ているかのようなのです。もっとも、専修大学のための映画なのでそれで良いのかもしれませんが。世間一般では余り知られていない人物ですが、それでも明治維新を生き抜いた人々の伝記というのは実に面白いものです。

個人的おススメ度:3.0
今日の一言:ついでなんで他の大学の創始者の伝記も…
総合評価:60点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 死にゆく妻との旅路 | トップページ | ツーリスト/The Tourist »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39108838

この記事へのトラックバック一覧です: 学校をつくろう:

» 学校をつくろう [象のロケット]
1871年(明治4年)、彦根藩士・相馬永胤(ながたね)は、藩費留学生として渡米するが、希望した陸軍士官学校は外国人の入学が認められず志半ばで帰国。 再渡米し、コロンビア大学やエール大学で法律と経済を学んだ相馬は、留学生仲間の田尻稲次郎、目賀田種太郎、駒井重格らと、日本で法律や経済を教える学校を作ろうと意気投合するのだが…。 専修大学創立物語。... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 13時58分

» 『学校をつくろう』(2011)/日本 [NiceOne!!]
監督: 神山征二郎出演: 三浦貴大 、柄本時生 、橋本一郎 、池上リョヲマ 、近衛はな公式サイトはこちら。専修大学開学130周年記念として製作された映画です。 製作も専修大... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 06時24分

» 「学校をつくろう」 [みんなシネマいいのに!]
 専修大学130周年記念映画。 激動の明治維新期、アメリカで勉学に励み、後に専修 [続きを読む]

受信: 2011年3月20日 (日) 21時50分

« 死にゆく妻との旅路 | トップページ | ツーリスト/The Tourist »