« 神々と男たち/Des hommes et des dieux | トップページ | 大韓民国1%/대한민국1% »

2011年3月19日 (土)

落語物語

Photo 落語家の林家しん平が監督を務める落語映画。そのものズバリ入門したての新米落語家を主人公に、落語界のしきたりなどその日常生活を描き出す。主人公・小春を柳家わさび、師匠の小六を電気グルーヴのピエール瀧、その妻を『さんかく』の田畑智子が演じる。落語協会の全面協力もあって、春風亭小朝、柳家喬太郎ら人気落語家が多く出演している。
>>公式サイト

落語界の豆知識が楽しい

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

一度も寄席には行った事はないけれど、よく行く映画館シネマート新宿から程近い場所に“末廣亭”があるのは知っていました。観に行って観たい気持ちは有るのだけれど、何だか微妙に敷居が高いんですよね。最初から一人で行くのが憚られるみたいな…。子供の頃から落語の本は一通り読んではいるし、古谷三敏が描いている漫画「寄席芸人伝」は全部読んで、落語界のしきたりだとか符丁なんかも知識としては持っていたのですが、やはりそれを実際に目に出来たと言うのが本作を観た一番の収穫だったかも。高座に上がる時間を早めてそれをやりくりしたりなんて今でも普通にあるんでしょうか?出囃子を叩いたり、師匠たちが着替えるスペースが思っていたよりずっと狭かったのもトリビア。

02 03

更に冷静に考えたら当たり前ですが、普通に私服で来て着物に着替えるというのもちょっと意外。何となく噺家さんは常に着物で生活しているイメージがついてました。(苦笑)そういえば劇中では小春を含めて3人程度の前座がそれぞれの仕事をしていますが、あの3人というのはどういった割り振りで決められるんでしょうか。落語協会の理事会?は寄席の席亭さんたちも参加しているものの、なにやら町内会の寄合のような規模で行われていたのもちょっとした驚き。もっともどこまで本当なのか実際を知らないので何とも言いようがないのですが。ともあれ舞台裏も含めて落語に対する距離感がグッと縮まったのは間違いありません。さて、では物語本線。

04 05

メインストーリーは異常に引っ込み思案な春木真人(柳家わさび)が今戸家小六(ピエール瀧)に弟子入りし、小六の家の内弟子として生活していく姿を描いたというもの。小春という芸名を与えられ毎日を送る中で起こる様々な出来事を彼の目線で綴った、いってみれば小春の簡易自叙伝のような流れ。楽しいこと、驚くこと、悲しいことも色々あるけれど、どこかユーモアを含めつつも描かれている本作はこれ自身が落語で言うところの人情噺のようでもありました。ただいかんせん淡々とし過ぎているうえに、エピソードの羅列に終始してしまった感があるのが残念。描きたい根本は師匠と弟子の間の強い結びつきであったり、昔とは違う両者の在り方だったりというのは解るのですが。

06 07

山海亭文酒(嶋田久作)と心酒(隅田川馬石)師弟で芸の厳しさを描き、鶴家朝丸(三遊亭小円歌)と丸千代(春風亭ぽっぽ)師弟でテレビと演芸の関係性を描く。テーマそのものは興味深くて面白いと思います。余談ですがこの春風亭ぽっぽは弟子入り前にAKBのオーディションを受けて落ちたんだとか。これがまた可愛い!普通に彼女の高座を聞きに行きたくなりました。ええ、ミーハーですから。(笑)ちなみにそれぞれのエピソードの終わりに、いかにも落語的なコメントがスーパーで表示されるのだけれど、正直言ってそれは大して上手くも面白くもないです…。更に、今ひとつ滑ってる感があったのは師匠小六のキャラクターにも言えました。

08 09

いつだって洒落が付きまとっているような小六の言動は、落語家に対するステレオタイプなイメージそのまま。しかし演じているピエール瀧自身のキャラクターと食い合ってしまっています。ピエール瀧は電気グルーヴでも解る通りとこかエキセントリックな個性が魅力。しかしおかげで今回は“演じている感”がアリアリでした。劇中登場する噺家さんたちは、一目でそれと解る佇まいであり、演技にも粋が感じられるのだけれど小六には全くそれが無い。というより無理矢理作り出そうとしている姿が痛々しいのです。小六の妻である田畑智子の方がよっぽど噺家の妻という立場での粋を掴んでいたように思います。まあこの辺が田畑智子の上手さでもあるのでしょうけども。

10 11

この田畑智子演じる葵は、へタレの小春の応援団長。話を全部忘れてすっ飛んだデビュー高座から彼の事を見守っています。物語終盤はsecret彼女が病気で急死してしまうという、secret伏線も何も全くない急展開を見せますが、secret死して尚彼を見守り続ける葵のおかげでsecret小春が噺家として一皮剥けるというのが落としどころ。流石に強引過ぎで感動も何もないのですけども、ハナからそういう物語ではないのでまあよしという感じ…。もうちょっと全体的な脚本の作り方でもっと面白い作品になったように感じます。噺家目線での展開はとても面白かったので。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:寄席っていくら位なんだろ?
総合評価:56点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 神々と男たち/Des hommes et des dieux | トップページ | 大韓民国1%/대한민국1% »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39258109

この記事へのトラックバック一覧です: 落語物語:

» 電気グルーヴ 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
電気グルーヴ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2011年3月19日 (土) 06時51分

» 落語物語 [象のロケット]
寄席で初めて聴いた落語に惹かれ噺家を志した青年・春木真人は、今戸家小六師匠に入門を許され、住み込みの内弟子となる。 普段はノホホンとしている小六と、チャキチャキの下町っ子でしっかり者の女房・葵は結構アツアツ。 和気あいあいとした雰囲気の中で稽古に励み、真人は前座・今戸家小春として、初高座の日を迎えるのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年3月19日 (土) 20時50分

» 落語物語 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ドラマ  監督:林家しん平  出演:ピエール瀧      田畑智子      柳家わさび      柳家権太楼       【物語】  引っ込み思案な若者・春木真人は、 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月20日 (日) 17時33分

» 落語物語 [だらだら無気力ブログ]
昭和の爆笑王・初代林家三平門下だった林家しん平が監督を務め、社団法人 落語協会の全面バックアップを得て製作されたヒューマンドラマ。 一人前の落語家へと成長していく若者の目を通し、落語の世界と温かく 感動的な人生賛歌が描かれる。主人公を導く師匠・小六役を、…... [続きを読む]

受信: 2011年4月29日 (金) 18時24分

» 落語物語 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
涙もやがて 笑顔にかわる、 下町人情物語。 特撮映画「深海獣レイゴー」「深海獣雷牙」を監督した落語家・林家しん平が、本職の落語家を主人公にした人情ドラマ。 引っ込み思案な若者・春木真人は、たまたま寄... [続きを読む]

受信: 2011年9月 3日 (土) 23時25分

» 落語物語 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
落語物語'11:日本◆監督:林家しん平「深海獣雷牙」◆主演:ピエール瀧、田畑智子、柳家わさび、柳家権太楼、春風亭小朝◆STORY◆引っ込み思案な若者・春木真人は、たまたま寄席で聴い ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 9日 (金) 16時58分

» 落語物語 [映画とライトノベルな日常自販機]
“映画の場面を思い起こすたびにニヤニヤして暖かな気持ちになります” “映画の場面を思い起こすたびにニヤニヤして暖かな気持ちになります” おおらかで貫禄のある小六を演じるピエール瀧、小六の一枚上手を行く気丈さとユーモアのセンスを持つ葵を演じる田畑智子は本当に好演でした。小春役の柳家わさびは名前からわかるように、正真正銘の落語家です。彼のキャラクターは小春そのものということでこの映画に抜擢されたとのことです。でもさすがに落語家だけあって間のとり方がとてもうまいです。 また、監督の林家しん平は落語家であり... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 08時50分

« 神々と男たち/Des hommes et des dieux | トップページ | 大韓民国1%/대한민국1% »