« 台北の朝、僕は恋をする | トップページ | ファンタスティック Mr.FOX/Fantastic Mr. Fox »

2011年3月22日 (火)

お家をさがそう/Away We Go

Photo_2 妊娠6ヶ月の妻とその夫が、産まれてくる子供のためにベストな環境を探してアメリカ中を旅して回るロードムービー。主演は『恋するベーカリー』のジョン・クラシンスキーとマーヤ・ルドルフ。共演にジェフ・ダニエルズ、マギー・ギレンホールといった実力派が揃う。監督は『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のサム・メンデス。
>>公式サイト

何のための旅だったのだろう?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ちょっと変わったロードムービーでした。バート(ジョン・クラシンスキー)とヴェローナ(マーヤ・ルドルフ)は結婚していないパートナー。妊娠6ヶ月になった彼女たちはバートの両親がいるコロラドに引っ越してきます。実はヴェローナの両親は彼女が大学時代に亡くなっていて、家族で子供を育てることを考えたら祖父母が近くにいたほうが良いから。ところが、ある日突然バートの両親がベルギー引っ越すと言い出したからさぁ大変。わざわざコロラドまで来たのに話が違うじゃない!っとヴェローナはおかんむりです。それじゃこれで夫婦、もといカップル仲が悪くなってしまうのかといえばそんなことは全く無い。本作を通じてこの2人はお互いの気持ちを思いやりながら常に仲の良い姿をみせてくれるのが、観ている人間に安心感を与えてくれます。

02_2 03_2

という訳で、ここからこの2人の“お家(うち)をさがす”旅が始まるのでした。彼らは自分たちの兄弟であったり、友人であったりといった人づてでそれぞれの土地に向かうのだけれど、行く先々で出会う人は何がしか問題がある人なのです。最初に向かったのはアリゾナ州フェニックス。ヴェローナの元上司・リリー(アリソン・ジャネイ)は子供たちを前にしてレズの話をしたり、子供たち自身をボロクソにけなしたりともおう無茶苦茶。ただ観てる分にはケッサクなんですけれど。で、結局バーととヴェローナは戸惑いながら今度は彼女の妹のいるツーソンへ。ここでは特に妹カップルが出てくると言う訳ではないのですが、後から考えてみると一応ラストへの伏線になっています。次に訪れるのはウィスコンシン州マディソン。バートの幼なじみLN夫妻との再会です。

04_2 05_2

このLNがまたワケのワカラナイ哲学なのか宗教なのかに被れている最悪の女性。乳母車を嫌っているのだけれど、その理由が“子供を押し出す”からというのですから、バートたちだけでなく私たちも「はぁ?」ってなもんです。ちなみにこのLNを演じていたのがマギー・ギレンホールだったりするんですね。地味な脇役ながらさすがはオスカーノミニー。見事にムカツク女性を演じてくれてます。かくしてLNと喧嘩別れした2人は、今度はカナダのモントリーオールに向かうのでした。…っとこの辺でハタと気がついたのですが、そもそも何故バートとヴェローナは自分たちの住む場所を決めるのに、幼なじみや上司の存在だけしか考慮しないのでしょう?つまりリリーの家庭がぶっ壊れていても、LNが変人でも、それはその街の住人の一人に過ぎないと思うのです。

06_3 07_2

どんな街にだっておかしな人間もいれば、素敵な人間もいるはず。もっと言えば良い面しかない人間などいるはずもなく、逆に悪い面しかない人間もいないはずです。モントリオールに住む大学時代の友人トム(クリス・メッシーナ)とマンチ(メラニー・リンスキー)がまさにその典型だったのでした。高級住宅に幸せな家庭、しかし実はマンチは数日前に流産したばかりでした。養子は可愛いけれどやっぱり自分の子供が欲しいと告白するトム。結局その様子に居たたまれなくなった2人は、バートの兄コートニーに呼ばれたこともあって一路マイアミへ。居たたまれなくなる気持ちは解ります。悪気は無いとはいえ、流産したばかりのマンチの元を妊娠6ヶ月の女性が訪ねるのはブラックジョークにしてもちときつい。でもそれとモントリオールの街の良さとは何の関係もないのに…。

08_2 09_2

結局家庭が壊れる寸前の兄の下ですっかり不安になったバートはヴェローナに捨てないでくれなんて懇願するのですが、もはやこの辺の心理的な移り変わりは共感しにくいものでした。実は旅の中では“一般的に”成功している家族とは一度も出会っていません。しかしよく考えると成功しているのかしていないのかはその家族だけが判断できることで、バートとヴェローナが、まして私たちが決めることではないはず。法律を犯したり、他人に迷惑をかけていない限り、その家族がそれで良ければ別に何ら問題ない訳でです。要はそこからこの2人が何を学んだのかと言うのが重要なのだと思うのですが、どうもその部分が良く伝わってきません。訪問先のそれぞれのカップルが見せてくれるブラックジョーク的な個性は非常に楽しいのですが。

10 11

そのせいか、結局最後に向かったヴェローナの出身地サウスカロライナの生家について、2人が晴れやかな表情を見せる意味がいまいち良く理解できませんでした。まさか扉を開けた外の風景が美しかったからだとか、久しぶりに生家に戻ってこれたからとかそんな即物的な理由ではないと思いますし。初っ端のベッドシーンで「アソコの味が変わる理由は…」だとか妙に理屈っぽいHシーンを見せてくれたり、子供の心拍数を上げるためにわざと大声でケンカしたりと、とぼけたポイントで笑わせてくれるのは確かに楽しいです。更に旅の過程でバートとヴェローナの信頼関係の強さが増していく姿は見ていて気持ちよいのですが最後の最後で「結局何だったんだろう?」という作品でした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:まあ地味だね…
総合評価:68点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 台北の朝、僕は恋をする | トップページ | ファンタスティック Mr.FOX/Fantastic Mr. Fox »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39316481

この記事へのトラックバック一覧です: お家をさがそう/Away We Go:

» お家をさがそう [ダイターンクラッシュ!!]
2011年3月21日(月) 15:10~ ヒューマントラストシネマ渋谷1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『お家をさがそう』公式サイト 33歳の保険会社契約社員と妊婦のカップル。妊婦は頑なに入籍しようとしない。しかしながら、深く愛しているようである。近くに住んでいた亭主の父母がいきなりベルギーで住むと言い始めたので、もう近くにいる必要もなし、閉塞感のある亭主の仕事もリセットで、新しく住む家を探し始める。というロード・ムービーだ。 男女の葛藤とい... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 13時11分

» お家(うち)をさがそう [象のロケット]
恋人バートと同棲中のヴェローナが妊娠。 しかし子どもの面倒を見てくれると思っていたバートの両親が突然ベルギーへの移住を宣言し、二人はコロラド州に住み続ける理由がなくなってしまう。 もう30代半ばだというのに、生活基盤を築けていない自分たちの現状に愕然とした彼らは、理想の新天地と隣人を求め、北米各地の知人たちを訪ねる旅に出るのだが…。 ロード・ムービー。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 20時08分

» お家(うち)をさがそう [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  ドラマ&コメディ  監督:サム・メンデス  出演:ジョン・クラシンスキー      マーヤ・ルドルフ      ジェフ・ダニエルズ      マギー・ギレンホー ... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 10時41分

» お家(うち)をさがそう/ジョン・クラシンスキー、マーヤ・ルドルフ [カノンな日々]
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のサム・メンデス監督の最新作です。30代未婚カップルが妊娠をきっかけに北米各地を旅して巡る姿を通じて幸せとは何かを問うロ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 23時23分

» 『お家(うち)をさがそう』 (2009) / アメリカ [Nice One!!]
原題: AWAY WE GO 監督: サム・メンデス 出演: ジョン・クラシンスキー 、マヤ・ルドルフ 、ジェフ・ダニエルズ 、マギー・ギレンホール 、アリソン・ジャネイ 鑑賞劇場 : ヒューマントラストシネマ渋谷 公式サイトはこちら。 「監督主義プロジェクト...... [続きを読む]

受信: 2011年4月16日 (土) 04時22分

» お家(うち)をさがそう(2009)◆◇AWAY WE GO [銅版画制作の日々]
                           さがしていたのは、とびっきりのしあわせ。 そうかとびっきりのしあわせね、、、、。京都シネマにて鑑賞。 サム・メンデス監督といえば、奥さんはケイト・ウィンスレット。でもすでに別居しており、離婚に向けて...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 00時25分

» 「お家をさがそう」 [みんなシネマいいのに!]
 愛し合う若いカップルが、生まれてくる子どものために理想の環境を求めて北米各地の [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 06時34分

» 映画評「お家をさがそう」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督サム・メンデス ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 10時56分

» 「お家(うち)をさがそう」 [アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!]
「お家(うち)をさがそう」(2009年) ■出演■ ジョン・クラシンスキー マヤ・ルドルフ ジェフ・ダニエルズ マギー・ギレンホール アリソン・ジャネイ 出産を控えたカップルが、幸せな家庭を築ける場所を求めて 各地を旅するロードムービー。『アメリカン・ビュ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 8日 (木) 18時09分

« 台北の朝、僕は恋をする | トップページ | ファンタスティック Mr.FOX/Fantastic Mr. Fox »