« 悪魔を見た/악마를 보았다 | トップページ | 学校をつくろう »

2011年3月 4日 (金)

死にゆく妻との旅路

Photo 末期がんの妻を連れて日本各地をさまよい、保護責任者遺棄致死の罪で逮捕された男性の手記を映画化。主演は『沈まぬ太陽』の三浦友和と『サヨナライツカ』の石田ゆり子。監督は『初恋』の塙幸成が務める。愛する妻に近づく死を感じながら9ヶ月もの間旅を続ける夫、少しでもそんな夫の傍を離れたがらない妻、2人の間を分かつのは死だけだろう。
>>公式サイト

何か違うと思うぞ、久典

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

原作未読なので実際はどんなものかは解りません。ただ正直言ってこれを感動しても良いものかどうかちょっと悩んでしまう作品でした。とは言いながらも、ラストで主人公・清水久典(三浦友和)が見せた慟哭には思わず涙がこぼれたのですが…。縫製工場を経営していた久典は、バブル崩壊で経営が傾き4千万円もの借金を抱えてしまう…と公式サイトのストーリーにはありますが、劇中では他人の借金の連帯保証人になって、それが元で1千万の借金を抱えてしまったと言っています。どちらが本当なのかは解りませんが、とにかく彼は借金を抱え、親族会議でどうするのかと相談している最中にトンズラしてしまうというところが映画の始まりでした。本来であればその借金問題が物語にどう絡んでくるのかも知りたい所ですが、これより後それに関しては殆ど描かれていません。

02 03

がんで入院していた妻・ひとみ(石田ゆり子)は退院すると、娘の沙織(西原亜希)の家で久典の帰りをひたすら待ち続けます。この待ち続けるという流れが、後々夫婦で旅にでても久典と離れるのが嫌で絶対に病院で治療を受けないというひとみの行動の大本となってくるのでした。しかしながら、出来れば事前にひとみが片時も離れたくないほど久典を愛していたのだということを少しでも見せて欲しかったところです。結婚してから20数年間の幸せだった月日を印象付けてくれるシーンが何も無いのは少々寂しい気がしました。タイトルからしてひとみが末期がんなのだろうと想像はつきますが、例えば1シーンでもいいので病院の医者と久典の会話のカットを挟んで印象付けておきつつ、幸せなシーンも見せておくことで、2人の気持ちに共感しやすくなるのではないかと思うのです。

04 05

序盤まだひとみが元気な時期は、ワゴン車に布団を持ち込んで寝ながら、キャンプ用品で自炊生活を送る2人が実に楽しそう。というより、私自身が時間が許すならこんな旅をしてみたいものです。一応行く先々のハローワークで仕事を探しながら、様々な観光地を巡ったりしているのですが、ひとみが「初めてのデートよ」と言うように、結婚してから今まできっと必死で脇目も振らず働いてきて、こんなにのんびりと夫婦で旅を楽しむことは無かったんだろうなと想像できます。病に冒されながらもいつも晴れやかで楽しそうな表情を浮かべ、「アイス買ってもいい?」とかスーパーでスカートを見ながら「一着だけ買ってもいい?」なんておねだりするひとみは時として少女のように可憐で可愛らしく、守ってあげたい気持ちにさせられます。

06 07

『サヨナライツカ』では強烈なインパクトのながらも好演が光った石田ゆり子ですが、今回は真逆の役に上手くシンクロしていたように感じます。しかし、突然彼女を襲う再発。ここで物語上では初めて“3ヶ月で再発する末期がんだった”ことが明らかになるのです。何やら唐突に昔の取引先の人間に漢方薬を譲ってもらうシーンが差し込まれ、そこで明らかになるのですが、そんな適当なことをしなくても先述したように、最初に短く医師と久典のシーンを挟めば、観ているほうはそれで自然に理解できたはずなのに。ここから先はどんどん衰弱していくひとみを看病しながら旅を続け、やがてとある港町に滞在することになります。実話に対して何をどういっても仕方ないのですが、私は病院に連れて行かないことが必ずしも彼女のためだったのかというと違うと思っています。

08 09

従って久典の行為には到底納得できません。何故病院で治療したらそれが即離れ離れになることを意味するのかが解らないのです。彼女が自分が入院したら、その間に夫がまたどこかに行ってしまうと不安になる気持ちはよく理解できますが、そんなことをしないのは久典自身が一番良く解っていたはず。私は闇雲な延命治療を良しとするものではありませんが、他に手段がありながら愛する人の苦しむ姿を観ていることには耐えられないです。その時彼女に対して出来る最高のことをしてあげたいと考えたのはもちろん久典も同じだったのでしょうけども、その中に自ら手首を切るほどの彼女の苦しみを取り除いてあげるという選択肢がなかったのが残念でなりません。旅の初めに2人で訪れた東尋坊に向かう最中にひっそりと息を引取る彼女。

10 11

結果的に久典は保護責任者遺棄致死で警察に逮捕されますが、それに関しては私は何の感慨も抱きませんでした。法の手続きの話と個人の感情の話はまた別の話で分けて考えるべきでしょうから。物語の構成的な部分と主人公への感情という2点で、この作品を無条件に賞賛する気持ちになれない自分がいます。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:でんでんさんが元に戻ってた…w
総合評価:63点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 悪魔を見た/악마를 보았다 | トップページ | 学校をつくろう »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39070456

この記事へのトラックバック一覧です: 死にゆく妻との旅路:

» 死にゆく妻との旅路/三浦友和、石田ゆり子 [カノンな日々]
多額の借金が原因で末期がんの妻を9か月もの間ワゴン車に乗せて日本各地を彷徨い放浪しそして亡くなった妻を葬ったことで保護責任者遺棄致死の罪で逮捕された男性の手記に基づいて ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 17時53分

» 死にゆく妻との旅路 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。清水久典原作、塙幸成監督、三浦友和、石田ゆり子、西原亜希、掛田誠、近童弐吉、黒沼弘己、でんでん、松浦祐也、十貫寺梅軒、田島令子、常田富士男。9か月に及ぶ末期 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 18時57分

» 死にゆく妻との旅路 [象のロケット]
石川県七尾市。 清水が営んでいた小さな縫製工場は経営が傾き、4千万円の借金をどうするかの親族会議が開かれたが、清水はその席から姿を消してしまう。 3ヶ月後、金策と職探しも成果なく戻ってきた清水を、大腸癌の手術をしたばかりの11歳年下の妻ひとみは笑顔で迎える。 なけなしの50万円を手に、当てのない二人のワゴン車での旅が始まったが…。 夫婦の愛の実話。... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 21時43分

» 死にゆく妻との旅路 [シネマDVD・映画情報館]
死にゆく妻との旅路 石川県七尾市で小さな工場を営んでいた清水久典は、11歳年下の妻ひとみと結婚して20年余り。平凡だが幸せな家庭を築いていた。しかし、バブル崩壊とともに工場経営がままならなくなり、4千万円の借金を抱える身に。大腸がんの手術をした......... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 23時25分

» [日々追いかける]『死にゆく妻との旅路』を観た方の意見 [女優石田ゆり子/いしらさんを追う]
映画『死にゆく妻との旅路』も都内、神奈川等で公開が始まって1週間以上が経過したので様々な方がブログ上でご意見を述べられているようです。夫婦としての愛情の到達点を肯定的に捉えている方もいらっしゃる一方で、求職活動も借金返済も妻の看病も結局全て中途半端にして... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 09時36分

» 『死にゆく妻との旅路』:どう死を迎えるか、どう死を受け容れるか @ロードショウ・ミニシアター [りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど]
末期癌の妻とともに9か月もボロのワゴン車で日本各地を彷徨した夫。 遂には、「保護責任者遺棄致死」の罪状で逮捕されてしまうのだが・・・ 実話、それも夫の手記を映画化したものです。 見るからにツライ映画のようなのだが、淡々とした語り口が、それほどツライとは感じることはなく、妻に寄り添う夫、夫に寄り添う妻、ふたりの道行のようで・・・ でも、なぜか幸せな死を迎えたと感じられました。... [続きを読む]

受信: 2011年3月26日 (土) 00時08分

» 死にゆく妻との旅路 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
二人でいることが、 なぜ、罪になるのですか? 1999年12月初老の音が逮捕された。罪状は保護責任者遺棄致死。 272日の旅、走行距離6,000km。壮絶なる愛の実話。 末期がんの妻をワゴン車に乗せ9か月もの間日本... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 22時35分

» 「死にゆく妻との旅路」保護者責任者遺棄致死罪なんてくそ喰らえ! [くまさんの再出発日記]
「死にゆく妻との旅路」 「逃げているといわれるわな。卑怯者だと……」 「私はあなたと居るだけでいい……」 監督 塙幸成 出演 三浦友和 (清水久典) 石田ゆり子 (ひとみ) 西原亜希 ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月19日 (火) 17時31分

» mini review 12549「死にゆく妻との旅路」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
末期がんの妻を9か月もワゴン車に乗せて日本各地をさまよい、保護責任者遺棄致死の罪状で逮捕された男性が事件の裏側をつづった手記を映画化。工場経営が傾き多額の借金を背負い、必死に職探しをする夫と末期がんの妻が、死を見つめながら続けた272日間、およそ6,000キロ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 19時27分

» 『死にゆく妻との旅路』 [cinema-days 映画な日々]
死にゆく妻との旅路 借金逃れの為、日本各地を放浪 50過ぎの旦那は職が見付からず 奥さんは癌が再発していた... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:清水久典 『死にゆく妻との旅路』... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 09時12分

» 死にゆく妻との旅路 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
末期がんの妻をワゴン車に乗せ、9か月もの間日本各地を彷徨い、夫は妻の願いを受け入れ、葬った。そして夫は逮捕された――罪状は「保護責任者遺棄致死」。2000年秋に雑誌「新潮45」 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 02時10分

« 悪魔を見た/악마를 보았다 | トップページ | 学校をつくろう »