« 孫文の義士団/十月圍城 | トップページ | ヒューが!セロンが!マイケルが! »

2011年4月18日 (月)

キラー・インサイド・ミー/The Killer Inside Me

Photo 田舎の保安官助手を務める青年が、ひょんなことで知り合った娼婦との情事ををきっかけに、自らの内にある狂気を爆発させてしまう。ジム・トンプソンの「おれの中の殺し屋」の映画化だ。主演は「オーシャンズ」シリーズのケイシー・アフレック。共演に『NINE』のケイト・ハドソン、『マチェーテ』のジェシカ・アルバ。監督はマイケル・ウィンターボトムが務める。
>>公式サイト

物凄い嫌悪感+エンディング曲=あれ?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

既に「おれの中の殺し屋」というタイトルで日本語版が出版されているんですね。ただ殺し屋…うーん、どちらかと言うとイメージ的にはサイコ野郎に近い気がします。殺し屋というと殺しを生業としている人間に聞こえるけれど、本作の主人公は逆に保安官助手をしているルー・フォード(ケイシー・アフレック)という青年。ベン・アフレックの弟ですが、ちょっと甲高い声と南部っぽい話し方は『真夜中のカーボーイ』のジョン・ヴォイトを思い出したのでした。で、どこがサイコ野郎なのか。実は最初はどうと言うこともないのだけれど、ボスの命令で町外れに済む売春婦ジョイス(ジェシカ・アルバ)のもとを訪れたのがきっかけ。早い話が「町から出て行け売女!」と言いに来たワケなのだけれど、彼女にひっぱたかれて逆上し、今度は彼女のお尻をベルトでビシバシと…。「あれ?彼ってばそういう趣味?」なんて思ってしまったのですが…

02 03

これがまた驚いたことにジョイスの方もそれで欲情してしまうのです。こうしてメデタク性的な趣味の一致を見た2人はラブラブな関係へと発展していくのでした。まだこの時点ではサイコ野郎というより、人と変わった性癖の持ち主だというだけですね。ところでWikiによれば敬虔なカトリック教徒のジェシカはヌードやセックスシーンを拒否しているらしい。セックスシーンはともかくヌードを拒否して娼婦役ってのもどうなのよと思うのだけれど、あの愛くるしい笑顔と今回はお尻だけは見せているんで許します。それともアレはまた代役を立てたのでしょうか(笑)ちなみにルーにはエイミー(ケイト・ハドソン)という幼なじみの恋人もいますが、彼女の方もジェシカに合わせたのか今回はお尻だけ。というかケイト・ハドソンがやけにおばさんぽく見えてしまったのだけれどまだ31歳なんですね。

04 05

さて、SM趣味が合ってるだけなら良かったのだけど、町の建設業界を牛耳る実力者チェスター・コンウェイ(ネッド・ビーティ)にまでジョイスを追い出せと言われた辺りから雲行きが怪しくなってくるのでした。ジョイスはジョイスでチェスターの息子から金を巻き上げてルーと逃げようとしたり。後にルーの上司の保安官ボブが「チェスターの依頼は指示と同じだ。」と言っていますが、女と実力者の板ばさみでにっちもさっちも行かなくなったルーが取った行動が凄かった。追い詰められてプッツンしてしまったのか、ここからサイコ野郎の本領発揮です。何とジョイスをフルぼっこ、殴り殺してしまうのです。壁まで殴り飛ばしてひたすら顔面にパンチを入れるルーの姿には吐き気を催します。要するに、「ジョイスを始末→ジョイスのもとを訪れたチェスターの息子始末→その犯行を彼女押し付ける→息子の持ってきた金だけ頂き」という訳。

06 07

最初の1発目はプレイかと思い、2発目で驚きの表情に変わり、後は為すすべもなく顔の形が変わるほど殴られるジェシカ…annoy心の声:オレのジェシカに何してくれてんだよ!キサマゼッテーコロス!annoyこの時彼女は何とか一命を取りとめ病院に送られるのですが、ルーは彼女が病院で亡くなったことを知らされます。が、あまりに唐突なその知らせが嘘なのは明白。こういう見方をしては詰らないのだけれど、そもそもジェシカほどの女優がチョット出て殴り殺されて終わりな訳がない。きっと最後に出てくるんだろうなと想像していましたが、全くその通りだったのにはもう少し捻りを効かせて騙して欲しかったところです。古今東西、罪を犯したものはその罪を隠すために更に罪を重ねるもの。ルーの場合も典型的なパターンなのだけれど、彼の場合表情すら変えず、薄ら笑いすら浮かべているのがサイコ野郎たる所以。

08 09

そんなルーを最初から疑いの目で見ているのが検事ハワード(サイモン・ベイカー)。ただ検事と言う公正中立な存在は頼もしくもあると同時に、南部の田舎町の濃密な人間関係の中ではそれが邪魔にもなっているのがミソ。上司のボブも検事の質問を非難しルーを庇いまくり。この後、ルーの知り合いのジョニーが逮捕されたり、彼に恨みをもつ流れ者の男が登場したりと、彼はゆっくり追い詰められていきます。ルーはエイミーと駆け落ちすることで町から逃げ出そうとしますが、それを邪魔するのが流れ者の男。ルーの殺人の証拠を握るこの男を抹殺するために、何と彼は今度は婚約者エイミーまでも手にかけるのでした。このシーンもキツイ。駆け落ちするその日だけに、嬉しそうに今後の幸せで胸いっぱいなエイミーをいきなり殴り殺す…それも理由は自分を守るため。死に直結するほどの腹部への打撃ということは、内臓破裂は間違いないでしょう。

10 11

悶絶する苦しみにのたうちながら彼女は死んでゆくのです…。変な言い方かもしれませんが、これが銃殺ならここまで胸クソ悪くはなかったかも。ルーの子供時代の回想で彼の性癖の原因となる描写も登場しますが、恐らくはそれが女性を殴る行為の原点だという繋がりにしたいのでしょう。つまり彼は女性だけを“殴り”殺すのですが、これは性癖の延長に他ならなく、彼にとってはセックスも殺人も大差ないのかもしれません。最終的に追い詰められた彼はsecret自分や生きていたジョイス、検事、同僚保安官助手など含めて家ごと爆破するsecretという荒業に出ます。もはや余りの○チ○イっぷりにもう観ていたくない嫌悪感。ところが!直後のエンディングでは何とも牧歌的なウェスタン調のテーマ曲がかかり「なんてことをしてくれたんだ~♪」というすっとぼけた歌詞が連呼されるという…。一応気分の悪さを打ち消す演出なのでしょうか。(苦笑)

個人的おススメ度3.0
今日の一言:絶対的に受け付けない人はいると思う
総合評価:65点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 孫文の義士団/十月圍城 | トップページ | ヒューが!セロンが!マイケルが! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39650604

この記事へのトラックバック一覧です: キラー・インサイド・ミー/The Killer Inside Me:

» キラー・インサイド・ミー / THE KILLER INSIDE ME [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「私が出会った中で最高の、身も凍るような犯罪小説」by スタンリー・キューブリック 「間違いなくアメリカ文学の傑作である」byスティーヴン・キング とまで言わしめた、「このミステリーがすごい!」1位獲得のジ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 00時21分

» キラー・インサイド・ミー [Memoirs_of_dai]
ベルトで鞭打ち 【Story】 保安官助手として働くルー・フォード(ケイシー・アフレック)は勤勉で恋人(ケイト・ハドソン)とも仲良く、住民からも頼られる存在。そんなある日、ルーは娼婦のジョイス...... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 00時43分

» 映画レビュー 「キラー・インサイド・ミー」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
キラー・インサイド・ミー  原題:The Killer Inside Me 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ジム・トンプスンの「おれの中の殺し屋」をウィンター・ボトム監督が映像化したクライム・...... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 03時31分

» キラー・インサイド・ミー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:THE KILLER INSIDE ME。ジム・トンプスン原作、マイケル・ウィンターボトム監督、ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イラ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 07時25分

» キラー・インサイド・ミー [象のロケット]
1950年代、アメリカ西部テキサス。 29歳のルーは田舎町の保安官助手で、幼なじみの女性教師エイミーとは気ままな関係。 町の治安は良く、銃を持ち歩かなくても済むほど平和な毎日だった。 しかし、ジョイスという娼婦と深い仲になったことをきっかけに、ルーの心の奥底で眠っていた悪魔のような殺人衝動が目覚めてしまう…。 クライム・サスペンス。 R-15。... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 18時32分

» キラー・インサイド・ミー [だらだら無気力ブログ]
ノワール作家ジム・トンプスンの傑作犯罪小説『おれの中の殺し屋』 (『内なる殺人者』)を「イン・ディス・ワールド」「マイティ・ハート /愛と絆」のマイケル・ウィンターボトム監督が映画化した戦慄のクライム ・ドラマ。 好青年と評判の保安官が、ふとしたきっかけ…... [続きを読む]

受信: 2011年4月19日 (火) 00時18分

» キラー・インサイド・ミー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
The Killer Inside Me封印されていた暴力への激しい欲望に、答えなどない。共感できない主人公を、淡々と演じるケイシー・アフレックが不気味なほど上手い。1950年代のテキサスの田舎町。 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月19日 (火) 21時15分

» キラーズ・インサイドミー [ここにあるもの]
『おれの中の殺人者』を忠実に映画化…といわれましても… なんとも後味の悪い作品で… 水曜日、仕事を早く切り上げて久しぶりのウィンター・ボトム作品を観にいった。 今度は ... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 23時07分

» キラー・インサイド・ミー [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ&スウェーデン&イギリス&カナダ  犯罪&ドラマ  監督:マイケル・ウィンターボトム  出演:ケイシー・アフレック      ケイト・ハドソン      ジェシ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 21時47分

» キラー・インサイド・ミー [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ&スウェーデン&イギリス&カナダ  犯罪&ドラマ  監督:マイケル・ウィンターボトム  出演:ケイシー・アフレック      ケイト・ハドソン      ジェシ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 21時52分

» キラー・インサイド・ミー [映画的・絵画的・音楽的]
 『キラー・インサイド・ミー』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思い映画館に足をはこんだのですが、まずまずよくできた映画ではないかと思いました。  映画は、原作が書かれた1950年代を舞台としています。  ですから...... [続きを読む]

受信: 2011年4月27日 (水) 05時43分

» 『キラー・インサイド・ミー』 荒涼とした風景 [Days of Books, Films ]
The Killer Inside Me(film review) この映画、w [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 11時59分

» キラー・インサイド・ミー [ダイターンクラッシュ!!]
2011年5月5日(木) 16:10~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『キラー・インサイド・ミー』公式サイト あまり得意でないが、結構観ているマイケル・ウィンターボトム作品。 やはり得意でなかった。 生真面目な警察官がダークサイドに落ちていく話なのかと思いきや、この男は生まれながらの殺人者に過ぎなかった。しかしながら、その性癖が開花したのは小学生時代なのに、実際の犯行は最近と理解しがたいものがある。 この主役の男の感情が全く判... [続きを読む]

受信: 2011年5月 6日 (金) 02時52分

» キラー・インサイド・ミー [ケントのたそがれ劇場]
★★★  R16指定になっている通り、かなり残酷な映画である。男は射殺したり絞め殺したりするくせに、女に対しては徹底的に殴り続けて殺すのである。どうも底辺にサド・マゾという流れが見え隠れするのだが、常人には主人公の心情も全く理解出来ないだろう。  だからと... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 21時05分

» キラー・インサイド・ミー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(13) 悪くはないんだけど、最後の詰めの甘さが命取り。 [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 09時10分

» 映画『キラー・インサイド・ミー』を観て [kintyres Diary 新館]
11-31.キラー・インサイド・ミー■原題:The Killer Inside Me■製作年・国:2010年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ■上映時間:109分■字幕:高橋諭治■鑑賞日:5月1日、ヒューマントラストシネマ(渋谷)■料金:1,000円□監督:マイケル・ウィンタ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月25日 (水) 22時35分

» キラー・インサイド・ミー [心のままに映画の風景]
1950年代の西テキサス。 田舎町で保安官助手をするルー・フォード(ケイシー・アフレック)は、誰からも好感を持たれる真面目な青年。 長年の恋人、エイミー・スタントン(ケイト・ハドソン)と気ままな逢...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 3日 (金) 18時46分

» キラー・インサイド・ミー [Diarydiary! ]
《キラー・インサイド・ミー》 2010年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナ [続きを読む]

受信: 2011年6月 8日 (水) 21時35分

» 映画「キラー・インサイド・ミー 」心の奥底の狂気が動き出す [soramove]
「キラー・インサイド・ミー 」★★★☆ ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、 ジェシカ・アルバ、ビル・プルマン 出演 マイケル・ウィンターボトム監督、 109分 、2011年4月16日, 2010,アメリカ、スウェーデン、イギリス、カナダ,日活 (原作:原題:THE KILLER INSIDE ME)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「この映画は予告編に強く惹かれた... [続きを読む]

受信: 2011年6月 8日 (水) 21時46分

» キラー・インサイド・ミー(2010)☆★THE KILLER INSIDE ME [銅版画制作の日々]
        そして目覚める。もう一人の自分。 京都シネマにて鑑賞。ようやく鑑賞出来ました。 そうかこういう話だったんですね。事前チェックしないで観たので、どんな内容か知りませんでした。 主人公ル―・フォードを演じるのはあのケイシ―・アフレック。この人...... [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 08時26分

» キラー・インサイド・ミー [迷宮映画館]
久しぶり!こういうウィンターボトムが見たかった!! [続きを読む]

受信: 2011年7月18日 (月) 14時31分

» キラー・インサイド・ミー [銀幕大帝α]
THE KILLER INSIDE ME/10年/米・スウェーデン・英・加/109分/犯罪ドラマ/R15+/劇場公開 監督:マイケル・ウィンターボトム 原作:ジム・トンプソン『おれの中の殺し屋』 出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ビル・プルマン <...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 22時12分

» キラー・インサイド・ミー [いやいやえん]
見て最初に思ったのは、ケイトがブサイクすぎてるって事。太っちゃったのが原因かな?何か違う。ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ。 舞台はちょっと昔のアメリカの田舎。何か特別なことがあったわけじゃなく、少しの「きっかけ」で、自分の中にあった暴力性が目覚めたというのは、なんだかわかる気もしないでもない。けれどそこでストップをかけるのが理性ってもの。主人公のルーはそのタガが外れちゃったんですね。 とにかくジョイスを撲殺する、その有様が異様で悲惨でどうしようもないです。可愛い... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 11時10分

» キラー・インサイド・ミー [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE KILLER INSIDE ME】 2011/04/16公開 アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナダ R15+ 109分監督:マイケル・ウィンターボトム出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イライアス・コティーズ、トム・バウアー、サイ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 16時43分

» キラー・インサイド・ミー(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
田舎街の保安官助手の好青年が、ある娼婦(しょうふ)との出会いを契機に内に秘めた殺意を爆発させてしまうサスペンス・ドラマ。アメリカを代表するノワール小説の帝王ジム・トン ... [続きを読む]

受信: 2011年11月24日 (木) 17時17分

» 『キラー・インサイド・ミー』 [cinema-days 映画な日々]
キラー・インサイド・ミー 1950年代テキサスの田舎町 保安官助手が売春婦を殴殺し 殺しの連鎖が始まる... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:ジム・トンプスン 原題:The Killer Inside Me... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 01時20分

» キラー・インサイド・ミー The Killer Inside Me [映画!That' s Entertainment]
●「キラー・インサイド・ミー The Killer Inside Me」 2010 アメリカ Hero Entertainment,Muse Productions,Stone Cayon,109min.R15+ 監督:マイケル・ウィンターボトム 原作:ジム・トンプソン「おれの中の殺し屋」 出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティー他 <評価:★★★★★★★☆☆☆> <感想> ふとしたことで目覚めてしまった心の狂気。留まることをしらない、殺人へ... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 09時47分

» 「キラー・インサイド・ミー」 [或る日の出来事]
人間の残酷な一面を見たショック。考えさせられることを思えば価値のある映画といえるが、やはり大嫌いだ。 [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 09時27分

« 孫文の義士団/十月圍城 | トップページ | ヒューが!セロンが!マイケルが! »