« メアリー&マックス/Mary and Max | トップページ | ガリバー旅行記/Gulliver's Travels »

2011年4月15日 (金)

引き裂かれた女

Photo フランス本国では2007年に公開された作品。昨年9月に亡くなった巨匠クロード・シャブロル監督の遺作だ。中年作家と若きセレブという対照的な2人の男に愛された心揺れるヒロインが、やがては悲劇的な結末を迎えてしまう姿を描く。出演は『スイミング・プール』のリュディヴィーヌ・サニエ、『トランスポーター』のフランソワ・ベルレアン、『ピアニスト』のブノワ・マジメル。
>>公式サイト

美人お天気お姉さんガブリエルがイイ

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

お目当てはリュディヴィーヌ・サニエ。彼女の作品をそれほど観ている訳ではないけれど、『スイミング・プール』、『モリエール 恋こそ喜劇』そして『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編』でその素敵な可愛らしさがすっかり気に入ったのでした。本作はどうやらその彼女が中年のおっさんと若手イケメンの2人の間で揺れ動くらしい。シチュエーション的には別に珍しくはないものの、フランス映画だけにどこか背徳的で毒を含んだ恋愛模様を期待してしまいます。ちなみに彼女が演じているのはローカルテレビ局のお天気キャスターガブリエル。これがまたすこぶるキュートで、いわゆる日本で言う所の“美人お天気お姉さん”。

02 03

彼女はテレビ局で新作のインタビューを受けに来ていたシャルル・サン・ドニと偶然出会います。このシャルルというのが中年のおっさん。『トランスポーター』シリーズで日本でも有名なフランソワ・ベルレアン演じるところの人気作家という設定で、それがシックリくる知的な面持ちと年齢から来る落ち着きは確かにナイスミドル(死語?)を醸し出していました。ただし彼は既婚者です。ガブリエルの母のやっている書店のサイン会で再会を果たした2人はあっという間に恋に堕ちるのだけれど、おっさんシャルルはともかく、若くて美しいガブリエルがいきなり好きになるとは。どんな男を好きになっても構わないけれど、彼のどのあたりに惹かれたのかが今ひとつ良く伝わってこなかったのでした。

04 05

一方若手イケメン、ポール・ゴダンスを演じるのはブノワ・マジメル。確かに元々ハンサムガイなのだけれど、ポールの微妙なヘアスタイルとぼっちゃんぼっちゃんした言動が、いかにも金持ちの御曹司そのもので観ているだけで実に滑稽。「チョットだけでもボクの事を好きになって」なんて笑っちゃう言葉を平気で吐けるのだけれど、ガブリエルもそれに乗って「好きよ」なんて言ってしまうのだかこの子ちょっと頭悪いのじゃないかと思ってしまう…。ただ物語上では彼女が一途に愛しているのはシャルル。ところが、最初のうちは可愛がっていたシャルルが少しづつ変わってくるのです。というより、元々彼は妻を愛しているし、離婚するつもりなどないことは観ていれば明白。

06 07

簡単に言えばシャルルにとってガブリエルはあくまで女遊びの一人でしかない訳です。しかしガブリエルはそんなことは知る由もなく…。ただのセックスに飽きたシャルルは彼女を行きつけの社交場に連れて行くのですが、どうやら彼女を他の男に抱かせてそれを観ていたらしい。らしいというのは、この作品、露骨な性描写が全くないのです。乱交どころか愛し合う2人のベッドシーンすらありません。もっともだからこそ想像力が刺激されるというものですが。結局彼は、彼女から逃げるかのように出張と偽って姿を消してしまうのでした。ショックで寝込んでしまったガブリエルの救いになったのがポール。彼が彼女を旅行に連れて行きプロポーズするとなんとOKが…。

08 09

正直言ってリュディヴィーヌ・サニエでなかったらフザケンナってなもんですが、あの笑顔を見せられたら許せてしまう…。ただそもそもシャルルがダメだったからポールなんて結婚が上手く行く訳がないですよね。この時点ではガブリエルの余りに身勝手な態度に若干イラツキも覚えていたのは事実。しかし、いつまでたっても彼女の心の中にシャルルがいることに怒ったポールの一言を聞いた瞬間彼女に同情を覚えたのでした。「体が目当てだったんだよ!」もちろん怒りに任せた感情的な言葉とも受け取れますが、結局散々繰り広げられていた恋愛ゲームは単純に2人の男たちがガブリエルとヤリたかっただけということなのか?もしかして美人は3日で飽きるとはこのことを言うのかも。(3日じゃないけど。)

10 11

ラストシークエンス、シャルルが招かれたパーティーに夫婦で訪れる2人。既にその時のポールの表情を観ていれば彼が何をしようとしているかはほぼ想像がつきます。従ってこれ自体は驚きの結末!というほどの事はありません。問題は本当のラスト。これは何と説明したらよいのか…。文字通り『引き裂かれた女』を表現したラストシーンは当然ながら彼女の恋の結末のメタファーなのだけど、いずれにしたところで引き裂かれることを自ら選択してしまうのがガブリエルという女性なのか…。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:リュディヴィーヌに★0.5
総合評価:70点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« メアリー&マックス/Mary and Max | トップページ | ガリバー旅行記/Gulliver's Travels »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39613880

この記事へのトラックバック一覧です: 引き裂かれた女:

» 引き裂かれた女 [シネマDVD・映画情報館]
引き裂かれた女 監督:クロード・シャブロル 出演:リュディヴィーヌ・サニエ/ブノワ・マジメル/フランソワ・ベルレアン 内容:田舎町モンヴァランに妻と暮らす高名な作家シャルル・サン・ドニは、新作を出版したばかり。編集者の頼みで新刊PRのためTV局へやってきたシャルルは、お天気キャスターのガブリエルと出会い、心惹かれる。翌日、書店のサイン会でガブリエルと再会したシャルルは、オークション会場へ一緒に行こうと彼女を誘う。会場にスポーツカーでやってきた若いハンサムなポールに強引に言い寄られるが、さりげな... [続きを読む]

受信: 2011年4月15日 (金) 22時44分

» 引き裂かれた女 [あーうぃ だにぇっと]
3月28日(月)@日仏会館エスパス・イマージュ [続きを読む]

受信: 2011年4月16日 (土) 11時43分

» 引き裂かれた女(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
20世紀初頭のアメリカで起きた事件を元に描くサスペンス・ラブストーリー。2人の男から愛された女が次第に自分を見失い、過酷な運命に翻弄されていく。監督はヌーヴェル・ヴァーグ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 22時09分

» 映画評「引き裂かれた女」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年フランス映画 監督クロード・シャブロル ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 09時43分

« メアリー&マックス/Mary and Max | トップページ | ガリバー旅行記/Gulliver's Travels »