« 津軽百年食堂 | トップページ | ほしのふるまち »

2011年4月 5日 (火)

ミツバチの羽音と地球の回転

Photo_14

山口県田ノ浦で進んでいる上関原発建設に反対しながら日々の生活を送る祝島の人々や、2020年までに原発に依存しない社会を目指すスウェーデンの人々の取り組みを追いかけることで、日本人が今後進むべき一つの方向性を提示したドキュメンタリー。監督は『六ヶ所村ラプソディー』の鎌仲ひとみ。福島第一原発事故が起こったこのタイミングだからこそ余計に観るべき作品だ。
>>公式サイト

原発が悪じゃない。選択できないシステムが悪だ。

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

地震と原発事故の影響が考慮されて上映が一時中止になっていた本作、一足早く川崎で再開されたので観て来ました。この作品は、原発に賛成反対関係なく、これから先の日本を、日本人の生き方を考える上で全ての人が観るべきものだと思います。むしろ有料の映画ではなく、NHK辺りが買い取って地上波で放送したほうがよいのではないかとすら思いました。主な話は山口県田ノ浦に建設予定の上関原発計画に向き合う祝島の人々の姿に密着したもので、途中に2020年には脱原発宣言をしたスウェーデンにおけるエネルギー問題への取組が紹介されています。つまり本作では単純に祝島の人々の反原発運動を紹介しているのではなく、原発を無くすのであれば、私たちはどういった行動をし、生活を送るべきなのかという選択肢の一つを提示しているのです。

02_2 03_2

私個人としては原発は今現在は必要悪だと考えています。単純に危険だから、怖いから、事故が起こったからという理由でそれが直ちに全ての原発を無くす、止めることに繋がるのは現実的ではないとも思っています。風力発電、地熱発電、波力発電など、エコエネルギーを代替とする案もそれそのものの存在価値だけを理由に主張されても到底納得は出来ません。しかし、本作を観て痛切に感じたのは、そもそも私たちには選択する自由が無いことこそが問題なのだと言うことでした。コスト高になろうと原発よりもそちらを選びたい人、危険を承知で原発を選びたい人、きっと色々いるでしょう。しかし今現在は火力・水力以外は原子力しか道筋が用意されていません。祝島の住人にも当然そうした選択の自由はない訳で、国の原子力政策に後押しを受けた県と中国電力は建設ありきで島民たちと接するのでした…。彼らは抗議行動をしている島民たちに対して言います。

04_2 05_2

「このまま、本当に農業とか、第一次産業だけで、この島が良くなると、本当にお考えですか?」

「みなさんが心配しておられるような、海が壊れることは絶対にありません。絶対と言っていいほど壊れません。」

ちなみにこれは中国電力の担当者の言葉を要約したものではなく、実際にスクリーンに映っている担当者が言っていることそのママです。なんと傲慢な発言なのか…。軽々しく“絶対”などという言葉を使う人間など信用できるはずも無く。作品は、そんないい加減な言葉に対して、実際の島民の生活ぶりや考え方、或いは現実に変化した映像を見せることで静かに反論をしています。最年少の島民である山戸孝さんの言葉と、漁師で60歳になる岡本さんの言葉はとても印象的でした。

06_2 07_2

山戸孝「原発推進派の人に、前にビワだけで喰って行けるわけがないだろう、とか、言われるんでね、そりゃそうですよと。(中略)だって、祝島は祝島だったら、この島というもので、全体で生きていくんじゃから」

岡本「この歳になって、はあ60になったんじゃが、まだ、それでも流れいうのはわからん、読みきれんのよ。まだまだわからんこといっぱいある」

さて、この山戸孝さんの言葉には、今後私たち日本人がエネルギー問題に関して進む上での一つのヒントが含まれていました。それは“島全体で生きていく”ということ。劇中紹介されるスウェーデンのエネルギー問題への取組は、正にそれを実践したものでした。即ち「地域自立型エネルギー」への取組です。不要となった木の屑をペレットとして燃やし温水暖房として地域で利用したり、豊富な風資源がある地域では風力発電を利用したり、たった4人で運営している酪農経営システムでは、それに費やす電力を家畜自体のし尿を基にしたメタンガスから生み出す試みが続けられています。こんな取組を実現できるのも、全て“電力の自由化”がなされているから。競争のある社会ではサービスの拡充が図られる、それは電力会社の利益(利権)を第一に考えている現在の日本とは全く異なります。

08_2 09_2

原発の反対を、危険性を声高に叫んだとしても、この枠組みが変わらない内は絶対になくならないでしょう。例え今回のような事故が起こっていても。競争に晒された企業がどう変わって行くのかは、例えば携帯電話キャリアなどをみていれば明らかです。不幸なのはこうしたシステム的な不備、いや過ちを、私を含め多くの人間が知らないこと。だからこそ私はこの作品を出来るだけ多くの人が観て“学ぶ”必要があるのだと思うのです。日本で電力の自由化がなされていないことを知ったスウェーデン人に「そんなはずはないだろう。」と言われた時、正直苦笑いするしかありませんでした。つまり彼らからしたら世界トップクラスの経済大国で先進国の日本がそんなことすら出来ていないはずがないと思っていたということだから。

10_2 11_2

話しは逸れますが、東京都の石原都知事は自ら原発推進論者を標榜し、過去には「完璧な管理技術を前提とすれば、東京湾に立派な原子力発電所を作ってもよいと思っている」と語っています。大間違い。前提とするのは「完璧な管理技術」ではなく、「東京都民がそれを選択した場合」です。「完璧な管理技術」は前提ではなく当たり前のこと。(完璧などありえませんが。)キチンと選択肢を与えられた上で、リスクを甘受しても地域住民が原発を望むのならそれも一つの道であると私は考えます。しかし、都民はそこまでバカでも楽天的でもないと思いますが。それは現在原発がある地域の住民や、建設予定地の住民も同様でしょう。繰り返しになりますが、“選択できること”これが何より重要であって、単純に原発そのものに対して賛成だ反対だを論じることには意味がありません。結局は私たち個々人が何に対してプライオリティを置くのかということでしかないのだから。話しを戻します。先に登場した山戸孝さんはこうも言っています。

12 13

「自分の子供に何を残すかって言ったら、やっぱり、きれいな海とかそういう、その、なんていうかな、色んなもんを生み出してくれる自然環境を残したいっていうのが、優先順位としては高いんですよね。」

彼のこの考え方、単に環境保護的に受け止めてはいけません。何故なら彼はその為の生活スタイルで生きている、いや祝島全体で生きているのだから。ともすれば反原発=電力足りない=質素な生活と考えがち。しかし彼も、スウェーデン人の人々も殊更豪華ではありませんが、だからと言って赤貧生活を送っているわけではありません。映像から見る限りごく普通に生活しています。もちろんそれはそれぞれの地域にあったスタイルの中で。原発賛成でも反対でもどちらでも構いません。しかしその判断はきちんとした知識を持った上での話しなのか、ステレオタイプな意見に流されていないのか、今一度考えてみるべきではないでしょうか。

soon 4月16日(土)~オーディトリウム渋谷

movie 劇場公開リスト

個人的おススメ度5.0
今日の一言:祝島の方々は広島弁ぽいな…
総合評価:94点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 津軽百年食堂 | トップページ | ほしのふるまち »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39491897

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチの羽音と地球の回転:

» 『ミツバチの羽音と地球の回転』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
だからさぁ、この地震大国に原発は危険が多すぎるよ。-3月12日 am ともあれ、このタイミングで観て考えることができてよかった1本。-2011.3- ... ・・・ 何かできることはあるのかもしれないと思わせられてくるような。涙に明け暮れ、たっぷり考えさせられた意義深い時間だったよ。 山口県上関原発の問題と向き合う祝島の人々と、スウェーデンでの、地域自立型のエネルギーを創り出し持続可能な社会を模索する人々の取り組みを追ったドキュメンタリー。 先日、上関、田ノ浦の中国電... [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 07時08分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [まてぃの徒然映画+雑記]
中国電力の上関原発建設予定地である田ノ浦の向かい、3.5kmにある祝島。ここのひじき漁から映画が始まる。 漁業と農業で生計を立てる島の人たちは、上関原発の建設に当初から反対してきて、漁業補償金も受け取っていない。生物多様性の宝庫である田ノ浦は、祝島の漁民の...... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 22時49分

» ミツバチの羽音と地球の回転(2011-020) [単館系]
2/19からユーロスペースで公開されていたこの作品。 震災が起きても起きなくても3/11でユーロスペースでの上映は終了し 3/12からはオーディトリウム渋谷で公開予定でした。 震災の影響と映画の内容を考慮...... [続きを読む]

受信: 2011年4月19日 (火) 00時52分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ずっと以前から、推進と反対、原発問題は大問題となっているけど 3月11日のこの震災で福島の原発が今まさに危機に陥って、それまで関心を示していなかった 知らなかったという人たちも現実の、目の前に迫った事実...... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 00時10分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [Men @ Work]
現在公開中の邦画、「ミツバチの羽音と地球の回転」(監督:鎌仲ひとみ)です。オーディトリウム渋谷で観賞しました。 ちょうど震災の1ヶ月ほど前、2/19に公開されたものの3/11の震災&その後の原発事故で「自粛」ということになってしまい、4/16にようやく再公開となった作品。私は4/17(日)の午後の回に行ったのですが、会場はほぼ満席、上映前の観客の話題は原発&放射線用語が飛び交うという、やや異常とも言える熱気?の中での観賞となりました。 「世界遺産級の自然」に囲まれた祝島と田ノ浦。この地に中国電力が上... [続きを読む]

受信: 2011年4月30日 (土) 16時34分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [Men @ Work]
現在公開中の邦画、「ミツバチの羽音と地球の回転」(監督:鎌仲ひとみ)です。オーディトリウム渋谷で観賞しました。 ちょうど震災の1ヶ月ほど前、2/19に公開されたものの3/11の震災&その後の原発事故で「自粛」ということになってしまい、4/16にようやく再公開となった作品。私は4/17(日)の午後の回に行ったのですが、会場はほぼ満席、上映前の観客の話題は原発&放射線用語が飛び交うという、やや異常とも言える熱気?の中での観賞となりました。 「世界遺産級の自然」に囲まれた祝島と田ノ浦。この地に中国電力が上... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 13時52分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [Men @ Work]
現在公開中の邦画、「ミツバチの羽音と地球の回転」(監督:鎌仲ひとみ)です。オーディトリウム渋谷で観賞しました。 ちょうど震災の1ヶ月ほど前、2/19に公開されたものの3/11の震災&その後の原発事故で「自粛」ということになってしまい、4/16にようやく再公開となった作品。私は4/17(日)の午後の回に行ったのですが、会場はほぼ満席、上映前の観客の話題は原発&放射線用語が飛び交うという、やや異常とも言える熱気?の中での観賞となりました。 「世界遺産級の自然」に囲まれた祝島と田ノ浦。この地に中国電力が上... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 14時25分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。鎌仲ひとみ監督の原発建設問題に反対する瀬戸内海の山口県・祝島の島民の生活を中心にしたドキュメンタリー。ちなみにほとんど同じテーマを扱ったドキュメンタリー映 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 22時18分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [Men @ Work]
現在公開中の邦画、「ミツバチの羽音と地球の回転」(監督:鎌仲ひとみ)です。オーディトリウム渋谷で観賞しました。 ちょうど震災の1ヶ月ほど前、2/19に公開されたものの3/11の震災&その後の原発事故で「自粛」ということになってしまい、4/16にようやく再公開となった作品。私は4/17(日)の午後の回に行ったのですが、会場はほぼ満席、上映前の観客の話題は原発&放射線用語が飛び交うという、やや異常とも言える熱気?の中での観賞となりました。 「世界遺産級の自然」に囲まれた祝島と田ノ浦。この地に中国電力が上... [続きを読む]

受信: 2011年5月31日 (火) 23時43分

» ミツバチの羽音と地球の回転 [Men @ Work]
現在公開中の邦画、「ミツバチの羽音と地球の回転」(監督:鎌仲ひとみ)です。オーディトリウム渋谷で観賞しました。 ちょうど震災の1ヶ月ほど前、2/19に公開されたものの3/11の震災&その後の原発事故で「自粛」ということになってしまい、4/16にようやく再公開となった作品。私は4/17(日)の午後の回に行ったのですが、会場はほぼ満席、上映前の観客の話題は原発&放射線用語が飛び交うという、やや異常とも言える熱気?の中での観賞となりました。 「世界遺産級の自然」に囲まれた祝島と田ノ浦。この地に中国電力が上... [続きを読む]

受信: 2011年6月 3日 (金) 10時51分

» 徳島でも映画『ミツバチの羽音と地球の回転』自主上映会 [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
ミツバチの羽音と地球の回転 - goo 映画 ミツバチ@徳島県 日時2011年 6月 18日 (土曜日) 【会場】徳島ホール/徳島市幸町#8203;1-6 【プログラム】第1回上映10:#8203;00/第2回上映14:00/監督トーク#8203;16:25/第3回上映18:3#8203;0(開場…...... [続きを読む]

受信: 2011年6月14日 (火) 17時40分

» 『ミツバチの羽音と地球の回転』をユーロスペース1で観て、まあ面白いやんふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆もっと退屈するかと思ったけど、意外に面白かった。ちゃんと人間が撮れている事と、論点が明確だからだと思う】 映画は面白いし、その内容には肯定される ... [続きを読む]

受信: 2011年6月25日 (土) 10時07分

» 「ミツバチの羽音と地球の回転」鎌中ひとみ監督、ありがとう! [迷宮映画館]
鎌仲監督のお話がたっぷり聞けた、貴重な時間でした。 [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 15時12分

» 映画:ミツバチの羽音と地球の回転 [よしなしごと]
 映画館ではないですが、世田谷区で自主上映が行われたミツバチの羽音と地球の回転を見てきました。今でも各地で自主上映が行われていますので、公式サイトからスケジュールを確認してみてはどうでしょう?... [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 18時10分

« 津軽百年食堂 | トップページ | ほしのふるまち »