« ヒューが!セロンが!マイケルが! | トップページ | 木洩れ日の家で/Pora umierac »

2011年4月19日 (火)

素晴らしい一日/멋진 하루

Photo_2 平安寿子原作の短編小説を『アドリブ・ナイト』のイ・ユンギ監督が映画化。借金返済を迫ってきた元彼女とそれを様々な人に借金しながら返済していく元彼の珍道中を描いたロードムービー。主演は『シークレット・サンシャイン』のチョン・ドヨンと『ノーボーイズ,ノークライ』のハ・ジョンウ。ゆったりとした一日を共に過ごすかのような演出に引き込まれる。
>>公式サイト

憎めない男っているよね!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

何ともゆったりとしたロードムービーでした。チョン・ドヨンとハ・ジョンウの自然体の演技で知らず知らずのうちに彼らと共に一日を過ごしている自分がいたようにも思います。物語の始まりは競馬場から。まなじりを吊り上げて誰かを探していたのはヒス(チョン・ドヨン)。彼女が探していたのは1年前に別れた元彼ビョンウン(ハ・ジョンウ)でした。彼を見つけるなり放った第一声が「一年前に貸した350万ウォンを返して」。一瞬、そんな大金!と思ったものの、そう言えばウォンは10で割れば大体日本円と以前教えてもらったことがある、ってことは円に直したら約35万円?記事執筆時点で調べたら約27万円だったけれど、いずれにしてもその程度の額でと思わずにいられません。

02_2 03_2

もちろんお金の価値観は人それぞれですが、1年間ほったらかしで急にどうしたというのか…。っと赤の他人の私がそう思うのに、当事者のビョンウンはいたって冷静かつのほほ~んとしているのだから面白い。結局本作は全編を通してこのビョンウンの良く言えば大らかな、悪く言えばテキトウな空気感が支配するのです。「今は金がない」というビョンウン。しかし今じゃなくてずっとないであろうことは明白。(笑)そこで彼とヒスは彼がお金を借りる友達の元を巡る一日をスタートさせるのでした。これ350万元というところが絶妙です。これ以上多かったら多分1日では無理だし、少なかったら説得力がない。車の中でも全く口を利いてくれないヒスと対照的にビョンウンは携帯電話で話しまくり。

04_2 05_2

面白いのは彼が頼るのが全員女性だということ。女社長、大学の後輩、幼なじみのシングルマザー、ホステス、スキー教室の生徒の女の子…。最初の女社長を尋ねた段階で、ヒスは社長と寝てるのかと問いただすのだけれど、恐らく観客は皆彼女と同じように思うのじゃないでしょうか。俗に言うジゴロというやつですね。ところが、彼曰く「社長は金に厳しい。男女関係で貸してくれるほど甘くない。」ときます。この言葉の信憑性は、時間の経過と共に証明されてゆくことになるのですが、要はヒスがそれを納得していく過程は、私たちにも全く同じことが言えるのでした。このヒスと私たちの心情のシンクロ具合がなんとも心地良いのです。

06_2 07_2

それにしても、ビョンウンにお金を貸す女性たちは皆一様ににこやか。渋々貸すのではなくて喜んで貸している。まるでビョンウンの役に立てることが嬉しいとでも言うように…。彼の言動を聞いていると、はっきり言ってヘコヘコしているし、調子のいいことしか言ってないのです。そして言われている方も当然そんなことは解ってる。ただ言えるのは決して卑屈にはなっていないこと。そして、それぞれの女性に感謝する時の笑顔は、本当に心から感謝しているのが解る笑顔だということです。このあたりのハ・ジョンウの微妙な演技が素晴らしい。わざとらしくなるギリギリで、全く嫌味を感じさせないのです。むしろお金を貸している側のヒスが嫌な奴に見えるほど。

08_2 09_2

もっとも嫌な奴に見えるように演じているチョン・ドヨンもまた上手いのですが、彼女の真骨頂は最終的にビョンウンの存在感の心地良さに同化していくまでの微妙な心情の変化とそれに伴う表情の変化を的確に表現していること。実はヒスはヒスで恋人も仕事もお金も失ったどん底の状態だったことが終盤明かされますが、要するに彼女は無意識のうちに彼の支えを必要としていたのでしょう。彼は彼で全ての女性に対するのと同じように、お金を返すのに様々な人に借金を重ねるというその行為そのもので、彼女の為に全力で尽くしていることになっている、それが本作で描いてきた全てなのだと思うのです。日本人の原作なのに、日本人監督が映画化しないのがちょっと寂しく感じました。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:韓国の普通の街並みが見えるのもイイ
総合評価:72点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ヒューが!セロンが!マイケルが! | トップページ | 木洩れ日の家で/Pora umierac »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39652085

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしい一日/멋진 하루:

» 【韓国映画ショーケース】『素晴らしい一日... [NiceOne!!]
原題:MyDearEnemy監督:イ・ユンギ出演:チョン・ドヨン、ハ・ジョンウ、キム・ヘオク、キム・ジュンギ、キム・ヨンミン観賞劇場 : 有楽町スバル座韓国映画ショーケース2009 公式サ... [続きを読む]

受信: 2011年4月19日 (火) 00時57分

» 親愛なる天敵〜『素晴らしい一日』 [真紅のthinkingdays]
 MY DEAR ENEMY  ある冬の土曜日。ヒス(チョン・ドヨン)は競馬場にやってくる。一年前、350万 ウォンを貸したまま別れた男、ビョンウン(ハ・ジョンウ)を探し、金を取り立てる ために。  ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月20日 (水) 18時48分

» 素晴らしい一日 [象のロケット]
30代の女性ヒスは、貸したままの350万ウォン(約25万円)を返してもらうため、1年前に別れた男ビョンウンを探しに競馬場へ向かった。 すぐに見つけたものの、近いうちに返すと言う男の返事を信用できるはずがない。 ヒスは、返す金を作るためのビョンウンの新たな借金行脚に付き合うことになるのだが…。 ロード・ムービー。... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 03時30分

» 素晴らしい一日 [シネマDVD・映画情報館]
素晴らしい一日 監督:イ・ユンギ 出演:チョン・ドヨン/ハ・ジョンウ/キム・ヘオク/キム・ジュンギ/キム・ヨンミン/シン・ヨンジン/チョ・シネ 内容:競馬場にいたビョンウンの元に、一年前に別れた恋人のヒスが現れた。彼女は付合っていた頃に貸していた350万ウォンを返せと言い、返すまではそばを離れないと言い張る。手持ちの現金もないビョンウンは、ヒスの車に同乗し、友人たちから金を借りるためにソウル市内を回る事に。年上の女社長、ホステス、学生時代のスキー教室の教え子など、女性たちから調子よく金を借りる... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 20時28分

» 〜『素晴らしい一日』〜 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:韓国映画、イ・ユンギ監督、チョン・ドヨン、ハ・ジョンウ、キム・ヘオク、 キム・ジュンギ、キム・ヨンミン出演。 [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 00時56分

» ■映画『素晴らしい一日』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ハ・ジョンウのダメ男な魅力全開の映画『素晴らしい一日』。 女性たちを口先ひとつで丸めこむ、いい加減でお調子者、でも憎めないダメ男・ビョンウン(ハ・ジョンウ)がね…、なんともいい味を出しているのです。 “可愛いオデコちゃん”というイメージがあったチョン・ドヨ... [続きを読む]

受信: 2011年4月28日 (木) 10時47分

» 素晴らしい一日 [だらだら無気力ブログ]
「チャーミング・ガール」のイ・ユンギが前作「アドリブ・ナイト」に続き、 再び平安寿子作品を映画化したハートウォーミング・ストーリー。 平安寿子の同名短編を基に、一年前に別れた能天気男のもとに貸した金を 取立てに向かったヒロインが、金策に走る男に同行する奇…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 23時21分

» 「素晴らしい一日」 [てんびんthe LIFE]
「素晴らしい一日」シネマート新宿で観賞 2011-036 一昨年のFILMEXでチケットを取っておきながら見られなかった痛恨の1作。 ハ・ジョンウ×チョン・ドヨン 演技派の二人が繰り広げるある1日。 名前を聴いただけで見ないわけにはいかないと思わせる作品です。 原作は平安寿子の短編小説。 イ・ユンギ監督は「アドリブナイト」に続きこの作品を手がけました。 「アドリブナイト」も変わった作品でしたが、これも演技派の二人が主演を務めているのに随分静かな作品になっています。 その分少し物足... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 19時55分

» 素晴らしい一日/チョン・ドヨン、ハ・ジョンウ [カノンな日々]
平安寿子さんの短編作品『アドリブ・ナイト』を映画化したイ・ユンギ監督が再び平安寿子さんの同名短編小説を『シークレット・サンシャイン』のチョン・ドヨンさんと『チェイサー ... [続きを読む]

受信: 2011年5月27日 (金) 23時21分

» 素晴らしい一日 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
素晴らしい一日 韓国映画OST(韓国盤)韓国映画らしからぬ抑えた演出が好印象。人間描写も巧みで、ラブ・ストーリーとも人間ドラマとも判別しにくい物語の中から、生きていくやるせな ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 9日 (木) 09時36分

» 「小川の辺」 [みんなシネマいいのに!]
 もうそろそろ原作がなくなるんじゃないかと思われる藤沢周平の同名短編を映画化。  [続きを読む]

受信: 2011年7月30日 (土) 21時27分

« ヒューが!セロンが!マイケルが! | トップページ | 木洩れ日の家で/Pora umierac »