« ミス・ギャングスター/육혈포강도단 | トップページ | 引き裂かれた女 »

2011年4月14日 (木)

メアリー&マックス/Mary and Max

Photo 第76回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞したアダム・エリオット監督の長編デビュー作。ひょんなことから文通を始めたオーストラリアに住む少女とニューヨークに住むアスペルがー症候群の中年男。彼ら2人の20年以上にも渡る交流を描いたクレイアニメーションだ。フィリップ・シーモア・ホフマン、トニ・コレット、エリック・バナといった豪華な声優陣が揃った。
>>公式サイト

情緒豊かなクレイアニメの傑作!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

製作にほぼ5年を費やし、一日に約4秒しか撮影できないというほど繊細にして手のかかっている本作は、その甲斐あって素晴らしく情緒豊かでキャラクターの心が伝わるクレイアニメに仕上がっていました。それだけではなく、監督のアダムエリオットの実体験を反映させたその脚本は、人と人との絆の固さやモロさを見事なまでに描いた正に傑作と言って良いと思います。主人公は2人。オーストラリアのメルボルンに住む8歳の少女メアリー(声:トニ・コレット)とニューヨークに住む44歳の肥満体の中年男マックス(声:フィリップ・シーモア・ホフマン)です。それにしてもこのキャラクター造形のシュールなことといったら!特にメアリーは最初はやたらと個性の強い見た目だとしか思えないのだけれど、観ているうちにどんどん可愛らしく見えてくるから不思議。

02 03

額にウンコ色の痣があり、泥の水溜り色の瞳であることで自分に自信が持てないメアリーは独りぼっちで引っ込み思案。学校でも苛められっ子です。母親のベアラはシェリー酒をお茶だといって飲んだくれ、父親のノエルは唯一の趣味が鳥の剥製作りというかなりドン引きな両親なのに案外上手くやっているのでした。これはやはり友達がいない孤独感を和らげてくれるのは家族だと見るべきなのか。しかし見ようによってはそれが余計に彼女の孤独感を増しているようにも思えます。そんな彼女が思い切って文通を始める相手がマックスなのでした。別にマックスに接点があった訳じゃなく、単に電話帳から適当に選んだだけ。ところがこのマックス・ホロウィッツさんがメアリーとよく似た孤独な中年男だったりするのです。こうして2人の文通が始まるのでした。

04_2 05

当然ながら2人は文通でのみ繋がっているので会話はありません。じゃあどうするのか。何と2人が手紙に書いた内容をひたすら映像とナレーションで見せるだけ。しかしそれぞれの手紙の内容が実にその人物を的確に表現していて、下手に会話を交わすよりもよく伝わってくるのです。面白いのがメアリーの側がセピアカラーで描かれ、マックスの側がモノクロで描かれていること。例えばメアリーが手紙に同封したり送ったりしたモノは、マックスのモノクロ世界の中でもカラーで描かれているのです。彼女の手紙は少女らしくとても無邪気な内容で、書くことだってホントに身近な他愛もないことでした。チョコとコンデンスミルクが好きだとか、自分の親の事だとか、友達に苛められただとか。少女らしい視点で書かれた手紙は、素直で無邪気な暖かさに溢れていてそれは正にセピア色。

06 07

反面大人のマックスはタイプライターを使ってキッチリ論理的な文章を書いてきます。手紙の中で彼は自分がアスペルガー症候群であると告白しますが、例えばタバコのポイ捨てに異様に嫌悪感を示したりと、彼を取り巻く大都会の環境は彼にとってグレー一色でしかありえないことがキッチリと描かれているのです。この対照性は最後の最後まで続くことに。文通のやり取りはメアリーが大人になるまで20年に渡って続いてゆくのですが、子供時代のエピソードの中で個人的に1番響いたのが“メアリーの涙”でした。「僕は泣いたことがないんだ」と手紙に書くマックス。アスペルがー症候群故に、感情表現が困難な彼に対して、メアリーは何と自分の涙を瓶につめて送るのです。何と子供らしい優しさに満ち溢れたプレゼントなのか…。

08 09

メアリーは成長して痣を手術で取り去ると別人のように活き活きとし始め遂には結婚までします。マックスはマックスで何と宝くじに大当たり。大好きなチョコレートを一生分買い込んで、毎日悠々自適の生活を送れるようになるのでした。各々の人生でようやく嬉しい出来事が起こり始めたのにも拘らず、この後重大な事件が起こります。それはこの2人の関係に限らず人と人との関係性の中ではよく起こりうることでした。即ちメアリーはマックスの病気を治そうと研究していた内容を、彼に断りなく本にして出版してしまうのです。これはマックスにとっては完全な裏切り行為。つまり、それまでの手紙のやり取りやそれに伴うマックスの描写を観ていると解るのですが、彼は一度だって自分の障害を恥じたりしていないし、それどころかそもそも障害が悪いとも思っていません。

10 11

彼が望んでいたことは唯一つ“本当の友人が欲しい”これだけだったのですから。子供だったメアリーは彼のちょっと変わった手紙にも普通に返事を書き、他の人が自分を観るような奇異な目を向けませんでした。だからこそ彼は彼女の事を“本当の友人”だと思ってきたのに、結局は彼女も自分の周りにいる他の人々と同じだった…。彼女にタイプライターの“M”の部分をへし折って送りつけるマックス。言うまでもなく「マックス&メアリー」の頭文字であって、これがなければもう手紙のやり取りはできません。一体どうなってしまうのか…。マックスはひょんなことからそれに気付きます。つまり「完全な人間などいない」ということ。誰にだった過ちはある、メアリーだってそう。彼女が自分に対してこれまで一杯の優しさをくれたことを彼は思い出すのです。

12 13

マックスは言います。「人は自分の欠点を選ぶことはできない。でも友達は選ぶことが出来る」何と素晴らしいセリフなのか。しかしこの作品の凄いのは更にこの先。「こうして2人は仲直りしましたとさ、メデタシメデタシ。」ではないのです。どういうラストになるのか、それは是非劇場で観て欲しいと思います。驚き、哀しみ、そして希望、胸が苦しくなるほど熱い涙がこぼれます。ブログ、ツイッター、facebook、携帯電話と様々なコミュニケーションツールが氾濫する現代ですが、最もオーソドックスな“手紙”という方法。それは単なる通信の手段ではなく、時として人の人生を変える程の力があるものだということを、再認識したのでした。

soon 4月23日(土)公開

個人的おススメ度4.5
今日の一言:『ハーヴィー・クランペット』を観なくては…
総合評価:92点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ミス・ギャングスター/육혈포강도단 | トップページ | 引き裂かれた女 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39601305

この記事へのトラックバック一覧です: メアリー&マックス/Mary and Max:

» メアリー&マックス [象のロケット]
オーストラリア・メルボルンに住んでいる8歳のメアリーは空想好きな女の子。 ある日メアリーは、アメリカの誰かさんに手紙を送ろうと思い立ち、郵便局にあった分厚い電話帳から、“マックス・ホロウィッツ”さんという風変わりな名前を選び出した。 ニューヨークで暮らす44歳のマックスは肥満体の中年男。 はるばる届いた手紙に早速返事を書くのだが…。 クレイ(粘土)アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 03時22分

» メアリー&マックス [あーうぃ だにぇっと]
4月11日(月)@文京シビック小ホール。 帰宅直前に強い揺れ。 エレベーターが停止。 おまけに雨まで降っている。 [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 05時58分

» メアリー&マックス・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
セピア色の世界に住む少女と、モノクロの世界に住む中年男の、20年間以上に渡る不思議な絆を描いた異色のクレイ・アニメーション。 「メアリー&マックス」は、2003年の短編、「ハーヴィー・クランペット」で...... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 13時48分

» 「メアリー&マックス」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
クレイアニメは好きだけど、正直この「メアリー&マックス」は、あまり可愛らしくない登場人物だったので、それほどソソられることはなかったのです。でも、王様のブランチでの紹介を見て、興味が沸いて見るに至ったのですが、予想以上に良い映画でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 10時42分

» メアリー&マックス [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。クレイアニメあるいはクレイメーション。原題:MARY AND MAX。アダム・エリオット監督(声)フィリップ・シーモア・ホフマン、トニ・コレット、エリック・バナ、バリー・ハン ... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 23時39分

» メアリー&マックス/フィリップ・シーモア・ホフマン [カノンな日々]
最初に予告編を目にしたときはキャラクターの造形はちょっと好みじゃないなぁと思ったのですが、新宿武蔵野館に展示されていた実物(レプリカかもしれませんが)の人形を見たら細か ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 09時43分

» 『メアリー&マックス』:人間観察が深いクレイアニメ @ロードショウ・シネコン [りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど]
オーストラリアに住む8歳の少女メアリーと、ニューヨークに住む40歳過ぎのマックス。 ふとしたキッカケで二人は文通をして、20年以上も離れた土地で友情を育んできました・・・ と書くとホノボノとしたヒューマンドラマを想像しますが、いやぁ、人間観察が奥深いクレイサニメーションでした。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 11時18分

» 『メアリー&マックス』 [beatitude]
まだ携帯もインターネットもメールも当たり前ではない時代。オーストラリアのメルボルンに住む8歳の少女メアリー(声:トニ・コレット)は、万引きに夢中でシェリー酒中毒の母ベアラと、死んだ鳥を使った剥製の製作が趣味の父ノエルと暮らしていた。空想好きだが、本物の...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 18時30分

» メアリー&マックス [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 オーストラリア  アニメ&  監督:アダム・エリオット  出演:フィリップ・シーモア・ホフマン      トニ・コレット      エリック・バナ      バリー・ハンフ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 15時18分

» 『メアリー&マックス』・・・手紙だからこそ伝わるもの [SOARのパストラーレ♪]
パソコンやケータイが当たり前になる前、大抵の雑誌には文通コーナーがあったものだ。郵便という手段を使って手から手へ物理的なやりとりを行う“手紙”は、相手の元に残り続けるのが魅力のひとつ。そしてインターネットを介した交流では味わえない温もりや、時には感情すらもいっしょに伝えてくれる。大きな文字、優しい文字、筆跡のかすかな乱れ、涙でにじんだインク・・・。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 10時09分

» あなたから届いたエアメール アダム・エリオット 『メアリー&マックス』 [SGA屋物語紹介所]
今から約一年半前の東京国際映画祭で、好評を博した一本のクレイアニメがありました。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 21時36分

» メアリー&マックス [Memoirs_of_dai]
人間は不完全 【Story】 メルボルンに暮らす8歳の少女メアリー(トニ・コレット)は、ある日アメリカに住む誰かに手紙を送ろうと思い、電話帳から選び出したニューヨークに住む中年男マックス(フィリ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 22時08分

» 『メアリー&マックス』を新宿武蔵野館3で観て、そんなでもなかったからちょっと書きづらい男ふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆普通にいいけど熱狂は湧かない】 評判がいい映画なので、滅多な事を書いてしまうと、 後ろから羽交い絞めにされて、薬物を嗅がされた上、 日の当たらない ... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 00時57分

» 『メアリー&マックス』 Mary and Max [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
大人のための、今年の極上アニメ。 海をこえるもの。 オーストラリアのメルボルンに住む少女メアリーはニューヨーク在住のマックスに手紙を送る。 アヌシー国際アニメーション映画祭最優秀長編映画賞。おととしの東京国際映画祭で出会って、とても心打たれて大のお気に入りとなった本作『メアリー&マックス』。多くの人に観てほしいと願っていた作品なので、配給されることになったのは本当に嬉しい。アニメ大国ニッポンでは多様なアニメ映画が豊富に上映されてはいるけれど、多くの人のもとに届けられるのは、人気のジャパ... [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 08時59分

» 映画:メアリー&マックス [よしなしごと]
 どんな映画か全然知らなかったんですが、ツイッターやネットでの評判がすこぶるいいので観に行くことに。と言うわけで今回の記事はメアリー&マックスです。 [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 23時30分

» メアリー&マックス [ダイターンクラッシュ!!]
2011年5月18日(水) 21:30~ チネ3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:1000円(買っていない) 『メアリー&マックス』公式サイト クレイ・アニメ。 意固地で根性の悪い中年男が、何故か孤独な少女からの手紙が送られてきて、人生が変わっていくスクルージ状態と、勝手に内容を想像していたのだが、そんな安易なものでなかった。 中年男と孤独な少女は合っているが、中年男はアスペルガー症候群という設定であり、20年以上に渡る交流で少女が大人になってから大事件発生。 主役どこ... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 12時49分

» メアリー&マックス [だらだら無気力ブログ]
前作「ハーヴィー・クランペット」でアカデミー短編アニメ賞に輝いた オーストラリア人監督アダム・エリオットが、20年来の文通相手という ニューヨークに暮らすアスペスガー症候群の男性との交流を基に紡ぎ上げた 珠玉のクレイ・アニメーション。 ともに孤独を抱えたオ…... [続きを読む]

受信: 2011年7月11日 (月) 00時25分

» メアリー&マックス [黒猫のうたた寝]
クレイアニメーションでキャラクターデザインは可愛いというよりもシュール。うーーん、ファーストインプレッションでは選択するかどうか悩みそうな印象もある。でも公式サイトで観た予告・・・ちょっといい感じ。オーストラリアの8歳の少女メアリーは、泥の水たまり色の瞳を... [続きを読む]

受信: 2011年7月26日 (火) 22時30分

» メアリー&マックス(2008)☆★MARY AND MAX [銅版画制作の日々]
 ある日、しあわせの手紙がやってきた──不器用だけどあったかい―そんな2人のほんとうにあったお話。 評価:+5点=95点 ジーンときました。ホロっと涙も出たり、、、、。こんなに素晴らしいアニメーションに出会えたことに感謝! 主人公の2人がまた良いですよね。...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 01時19分

» メアリー&マックス [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
メアリーマックス [Blu-ray]クチコミを見るオーストラリア出身のアダム・エリオットはこれが長編映画監督デビューとなるが、初監督とは思えない完成度の高さ。決して可愛いとはい ... [続きを読む]

受信: 2012年1月27日 (金) 10時31分

» 映画評「メアリー&マックス」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年オーストラリア映画 監督アダム・エリオット ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 17時01分

« ミス・ギャングスター/육혈포강도단 | トップページ | 引き裂かれた女 »