« 木洩れ日の家で/Pora umierac | トップページ | 岳 -ガク- »

2011年4月21日 (木)

終わらない青

Photo_3 20代前半女性の7人に1人が経験するという自傷行為。少女たちをそんな行為へと駆り立てる想いとは一体何なのか。実際にリストカットの経験をもつ着エロアイドル水井真希を、父親から性的虐待うける主人公にすえ、リアルな心情を描くべく挑戦した作品だ。デビュー作がゆうばり国際ファンタスティック映画祭でコンペ部門にノミネートされた緒方貴臣。
>>公式サイト

監督の理想は解るが演出は違うと思う

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_3

監督自ら試写会にお呼び頂き、上映前に少しご挨拶させてもらったことを考えると少しでも好意的に書きたいところではある。しかしながら私とて制作者の端くれだったことを考えたら、自分で良いと思ってもいない作品にお世辞を言うことはできない。この作品は元々自傷行為に偏見のある大衆に対して作られたものだという。私自身は自傷行為そのものに対して特段の偏見はないが、そうしてしまう気持ちを理解は出来ない。この作品を観てみようと思ったのは、観ればどうしてそんな行為に及んでしまうのかと言うことが私なりに理解できるかと思ったからだ。結論から言うと、何も伝わってこなかった。いや、正確にいうと、何かを伝えたいことは解るけれど、結局何が言いたいのかが解らなかった。何故リストカットするのか。死にたいから?生きたいから?哀しいから?誰も解ってくれないから?

02_4 03_3

主人公・楓を演じる水井真希は私は着エロアイドルとして良く知っている。作品も観たし持ってもいる。彼女は実際にリストカット経験者であり、だからこそ彼女の演技には自然な説得力が“元々”備わっていた。では何故解らないのか。それは監督の演出力不足に他ならない。監督はエンタテインメントの要素は極力避けたらしい。例えばお涙頂戴な作品にすると観客は、涙を流した後は現実の世界に戻って作品の世界を忘れてしまうからだそうだ。観客をみくびっちゃいけない。お涙頂戴な作品で忘れられるのはその程度の作品でしかない。だったら忘れられない作品を作れば良いのだ。実際そういう作品はある。監督は自らが映画人でありながら映画の力を否定するのか。まあいい。ともかく監督は感情移入を極力避け、常に客観的な視点、傍観者の立場から楓を見せたかったと言う。傍観させてしてどうするのだろう。

04_3 05_3

父親に犯される娘の姿を、腰を動かしている父親の姿を傍観しろというのか。確かに酷い暴力だ。なればこそ楓の気持ちと観客の気持ちを同化させる、或いはその気持ちが何もなくとも伝わってくる演出をすべきではないのか。私はあの時彼女の顔が観たかった。ずっと観たかった。空虚なのか、哀しいのか、ムカツクのか、感じていたのか、彼女の気持ちを読み取りたかった。水井真希は着エロアイドル、いや半ば以上はAVアイドルに近い。彼の業界に入る女性は多かれ少なかれ心に何がしかの想いを抱いていると聞く。彼女ならば自分の想いに重ねた演技が出来るはずだし、実際していたのだと思う。しかしカメラはひたすら楓に覆いかぶさって腰を振る父の姿を映し出していた。さて、時計をぐるっと戻す。観初めてすぐに気付いたのが音声の酷さ。

06_3 07_3

そういえば観る前に監督は技術的に到らないところがあると言っていたがこのことだったのか。登場人物のセリフが殆ど聞き取れない上に、整音が出来ていないからノイズがやたらと煩い。これは何故なのだろう。私は音は映像以上に大事だと思っている。たとえ低予算でもここを外してはだめだ。逆にここがしっかりした作品は、実際の出来以上に仕上がりが良くなる。特に今回はあえてBGMを一切排除するという演出にしているのだから、通常以上に気を使う必要がある。もっともこんなことを監督が知らないはずはないので何か理由があるのかもしれない。本作はワンシークエンスごとに黒味を挟むという構成なのだが、これはこの音の欠点を更に増幅していた。黒味で無音になり絵が出るごとにレベルの違う音を聞かされるのは非常に辛い。

08_3 09_3

ついでに言うならば、この黒味を挟む構成自体も正直頂けない。シークエンスごとに全部切れてしまうと、観ている側の気持ちの繋がりが持続できないのだ。毎回リスタートして、その前のレベルまで自らの気持ちを持っていかなくてはならない。作品として1本ではないのか。最初に書いたように監督はあえて観客を傍観者のいちに置きたいらしい。つまりこれはそのための手法なのかもしれない。私は人の痛みを自分のものと感じられる心が、その人を深く理解してあげられる心こそが、無関心を無くすのではないかと思う。何故なら今だってこういう事象があることはみな知っているのだから。傍観するだけなら今と同じだ。

soon 5月公開予定

個人的おススメ度2.0
今日の一言:直せるなら公開までに音だけでも。
総合評価:45点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 木洩れ日の家で/Pora umierac | トップページ | 岳 -ガク- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39652113

この記事へのトラックバック一覧です: 終わらない青:

» 終わらない青 /NEVER ENDING BLUE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click そこまでとは知らなかった、自傷行為は今、20代前半の女性7人に1人が経験するという。 邦画は話題作やホラーなど、興味を持ったものしか観ないわたしだけど 今回は普通ならスルーしてたであろうテーマを持った...... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 08時47分

» 終わらない青 [シネマDVD・映画情報館]
終わらない青 監督・脚本・撮影:緒方貴臣 出演:水井真希/小野孝弘/三村純子/池崎みなみ/八木亜由美/樋口海生 実父に性的虐待を受け続けて育ち、精神のバランスを保つために日常的にリストカットを繰り返す女子高生が、新しい命が体に宿ったことで、過酷な現実に立たされる姿を描く衝撃ドラマ。実際に自傷行為を経験した過去がある着エロアイドルの水井真希が、迫真の演技で女子高生役を熱演。過激な描写に映画祭で発作や号泣する観客が続出した......... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 22時14分

» 緒方貴臣監督インタビュー:映画『終わらない青』について【1/2】 [INTRO]
20代前半女性の7人に1人が自傷行為を経験している。この事実に衝撃を受けて制作された映画『終わらない青』は、鮮烈な色彩表現と、仮借ない描写で観るものにリストカットと性虐待の現実に否応なく向き合わせる。本作が最初の作品となる緒方貴臣監督に、作品の背景を伺った。(page1) 2011年6月4日(土)より、渋谷アップリンクにて3週間レイトショー上映!... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 17時16分

» 終わらない青(2011-040) [単館系]
テーマは自傷行為。 リストカット。 主演の水井 真希さんは過去に自傷行為の経験が有るそうな。 この映画の目的というか伝えたいことが自分にはわからなかった。 物語の展開で主人公が自傷行為に走...... [続きを読む]

受信: 2011年6月20日 (月) 03時14分

» 【終わらない青】リストカット、父の虐待、母の鬱をリアルに描いた衝撃作 [シネマ★コロポックル]
昔読んだちびまるこちゃんで、まるこが鼻血や骨折に憧れる話があった。 ケガ人にみんなが寄ってきて心配してくれるのが羨ましいという気持ちは 自分も超健康体だったが故にわからなくはない。 自らやるかや...... [続きを読む]

受信: 2011年11月24日 (木) 03時35分

» 『終わらない青』... ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、緒方貴臣監督、水井真希、 小野孝弘、三村純子、池崎みなみ、八木亜由美出演。 ≪DVD観賞≫ [続きを読む]

受信: 2011年12月11日 (日) 13時23分

« 木洩れ日の家で/Pora umierac | トップページ | 岳 -ガク- »