« 素晴らしい一日/멋진 하루 | トップページ | 終わらない青 »

2011年4月20日 (水)

木洩れ日の家で/Pora umierac

Photo 今年95歳になるポーランドの大ベテラン女優ダヌタ・シャフラルスカの主演作品。長い人生を生きてきた女性が、その最晩年を飾るために奮闘する。ドロタ・ケンジェジャフスカ監督は彼女の為に脚本を当て書きしたという。モノクロで描かれる世界にも関わらずそのコントラストの鮮やかさ、煌きが美しい。思いのほか元気な主人公のチャキチャキ振りには思わず笑いがこぼれた。
>>公式サイト

アニェラばあちゃんと過ごす104分

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

光と陰のコントラストが鮮やかで、木漏れ日の煌きにはカラー以上の眩しさを覚える。なんとも素敵な作品でした。個人的にはアンジェイ・ワイダ監督の『カティンの森』、イエジー・スコリモフスキ監督の『アンナと過ごした4日間』に続いて3本目のポーランド映画ですが、この作品も実に完成度が高い秀作です。物語には何人かの登場人物が出てきますが、殆どは主人公の老婆・91歳のアニェラ(ダヌタ・シャフラルスカ)とその愛犬フィラデルフィアという1人と1匹で展開されてゆくのでした。更に言えば劇中殆どのシーンは彼女が生まれ育った古い家の中です。ちなみにダヌタ・シャフラルスカはこのとき実際に91歳で、95歳になる今もまだまだお元気。

02 03

さて、老婆と書くと弱々しい感じを受けますがこれがまた予想外に元気。いや大抵の場合元気といっても、91歳のそれは病気をしていないという意味なのですが、彼女の場合杖もつかずスタスタと姿勢良く歩き、家の結構急な階段も普通に登って生活しているぐらい。耳が遠いこともなく言語も極めて明瞭で本当に91歳なのかと思うほどです。夫は既に他界し、息子家族も家を出ている今、彼女の楽しみは両隣の家を双眼鏡で覗く事ぐらい。別にそこで衝撃的な出来事が展開される訳でもなく、勝手に庭に子供が入り込んでブランコで遊んだり、音楽クラブで子供たちの奏でる楽器の音が煩かったりと、極日常的な描写が続きます。フィラデルフィアに話しかけながら進む物語はまるで彼女の一人芝居のよう。

04 05

面白いのがそんな時必ずと言っていいほど、アニェラのアップの切り返しでフィラデルフィアがアップになること。このワンコがまた実に表情豊かで、彼女との会話が成立しているのです。もちろんセリフなどないですからそれは私たちの脳内補完ですが、多分そう違ってはいないだろうという雰囲気があるんです。会場でも老婆と犬の会話に笑いがこぼれることが度々。ところがそんなのんびりした日常を破るのが隣の金持ちでした。使いの人間が彼女に家を売るように迫ります。彼女の希望が生まれ育ったこの家で、フィラデルフィアと一緒に静かに生活することだけだというのは一目瞭然。しつこい電話攻勢のせいなのか、彼女は体調を崩すようになります。

06 07

彼女は自分亡き後のこの家の事を気にかけていました。それにしてもこの古い家、森の中にヒッソリと建っている姿はなにやら長い年月をかけて家そのものが命を得ているようにも見えます。劇中、何度も窓越しにアニェラやフィラデルフィラがアップになりますが、窓ガラス自体の微妙なゆがみ具合が内と外をまるで別世界のように隔てていました。実際、彼女は家の中から窓越しに、恐らくは息子の子供の頃の姿を目にします。それは家ごとタイムスリップしたのか、それとも長きに渡る家そのものの記憶を彼女の脳裏に反映させたのか……。モノクロ映像で描かれるある種幻想的ともいえる映像表現に、観ている方も思わずアニェラと同じ視線を感じることが出来るのでした。

08 09

息子に家で同居することを持ちかけるも、何とその息子は愚かにも勝手に金持ちの隣人に家を売る話を進める始末。嫁も彼女を非難し、孫娘は家そっちのけで彼女の指輪を欲しがる、彼女の孤独感はいかばかりか…。ただこのシーンを観ていて思ったのは、何だか日本の話のようだということ。ドロタ監督はインタビューの中で「年長者への尊敬よりも、若い力とお金がより重要視される現代社会の傾向をとても憂慮している」と語っていましたが、遠く離れた日本とポーランドに哀しい共通点があるとはちょっと驚きです。しかし、それで唯黙っていないのがアニェラらしいところ。彼女は家を音楽クラブを主宰する隣人カップルに譲ることにするのです。二階に自分が住み続けることを条件に。

10 11

その日、その時は唐突にやって来ます。しかし人間なんてそんなものなのかもしれません。アニェラは唯一気がかりだった家の行く手も決まり、安心したのでしょう。彼女の膝に手をかけるようにして、彼女の顔を見つめるフィラデルフィアは主人の死を理解したのか。あなたも天国に来なさいとフィラに話しかける彼女のナレーションとともに映し出される古ぼけた家。ワイワイ騒がしい音楽クラブの子供たちの声はこれからの生であり、つまりこの古い洋館はこれまでもそうであったように、生と死の両方を包み込みながら森の中にヒッソリと建ち続けるのでしょう。優しい感動に包まれたラストシーンでした。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:モノクロの美しさの何と素晴らしいことよ
総合評価:80点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 素晴らしい一日/멋진 하루 | トップページ | 終わらない青 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39676708

この記事へのトラックバック一覧です: 木洩れ日の家で/Pora umierac:

» 映画:木漏れ日の家で あえてモノクロにしたことで生まれた映像美に痺れる。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ポーランド映画。 主演は、当時91歳 ダヌタ・シャフラスカ(写真) 老女と犬の、古い一軒家での生活を淡々と描く。 (前半はほとんどがその生活の描写) そして最近の映画にもかかわらず、全編モノクロ。 このモノクロによる撮影が、実に美しい。 こんなに豊かな表現が...... [続きを読む]

受信: 2011年4月20日 (水) 21時47分

» 木漏れ日の家で [象のロケット]
91歳の女性アニェラは、ポーランド・ワルシャワ郊外の緑に囲まれた木造の古い屋敷に住んでいる。 愛犬フィラデルフィアと暮らす彼女は、息子一家との同居を望んでいるが、息子は年に数回しか顔を見せない。 やがて金持ちの隣人が、アニェラに家を売って欲しいとしつこく迫るようになるのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 03時47分

» 映画・木漏れ日の家で [お花と読書と散歩、映画も好き]
原題 Pora umierac(死んだ方がまし) 2007年 ポーランド モノクロ 邦題「木漏れ日の家で」はヒットですね 「死んだ方がまし」では観客の足が向かないような気がします ポーランド、ワルシャワ郊外の森の中 古いけれども立派な一軒の木造の屋敷で愛犬・フィラ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 17時53分

» 「木洩れ日の家で」 [みんなシネマいいのに!]
 この映画にドラマチックな展開を期待しても無駄だ。 何しろ、ワルシャワ郊外の林の [続きを読む]

受信: 2011年6月23日 (木) 06時49分

» 木洩れ日の家で [とりあえず、コメントです]
老年の女性を主人公に、人生の機微をじっくりと描いたポーランド映画です。 岩波ホールでの公開だったのですけど、近くの劇場にも来たので早速、見てきました。 モノクロの映像が本当に美しくて、切ないけれど優しい余韻の残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月24日 (金) 08時27分

» 木洩れ日の家で [迷宮映画館]
意外にコメディだった。。。 [続きを読む]

受信: 2011年8月11日 (木) 09時37分

» 『木洩れ日の家で』/『グッド・ハーブ』 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
高齢者映画二作品?『木洩れ日の家で』2007年:ポーランド映画、ドロタ・ケンジェルザヴスカ監督、ダヌタ・シャフラルスカ、 クシシュトフ・グロビシュ、パトリツィア・シェフチク、カミル・ビタウ、ロベルト・トマシェフスキ出演 ?『グッド・ハーブ』2010年:メキシコ映...... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 18時04分

» 木洩れ日の家で [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
木洩れ日の家で [DVD]老婦人の人生最後の日々を、コントラストの強いモノクロ映像で描く、ポーランド映画の秀作。芸歴80年を超えるポーランドの大ベテラン、ダヌタ・シャフラルスカ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月27日 (火) 09時22分

» 『木洩れ日の家で』をギンレイホールで観て、犬可愛いなふじき★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★すんません。退屈して舟を漕いで、多分、イビキもかいてます】 死期の近い婆ちゃんの愚痴がスクリーンに炸裂する。 うーん、ちょっと合わんなあ。 ばら ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 00時42分

» mini review 12551「木洩れ日の家で」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
芸歴80年を超えるポーランドの大ベテラン、ダヌタ・シャフラルスカを主演に迎えた心にしみる人生賛歌。人生の喜びも悲しみも知り尽くした女性が、素晴らしい終幕を迎えるために奮闘する様子を陰影に富んだモノクロームの映像でつづる。メガホンを取るのは、『僕がいない場...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 01時36分

» 映画評「木洩れ日の家で」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年ポーランド映画 監督ドロタ・ケンジェジャフスカ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 10時34分

» 木洩れ日の家で [RE940の自作DVDラベル]
2007年 ポーランド 109分 監督:ドロタ・ケンジェジャフスカ 出演:ダヌタ・シャフラルスカ クシシュトフ・グロビシュ パトリツィヤ・シェフチク カミル・ビタウ ロベルト・トマシェフスキ  「僕がいない場所」のD・ケンジェジャフスカ監督が、自身の隣人だった女性をモデルに生み出した1本。監督は「ディアブリィ・悪魔」で組んだベテラン女優D・シャフラルスカを主演に迎え、全編モノクロというスタイリッシュな映像美の中、老いたヒロインが自身の人生を振り返るという、小さくて地味...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 2日 (水) 18時48分

« 素晴らしい一日/멋진 하루 | トップページ | 終わらない青 »