« 婚前特急 | トップページ | 津軽百年食堂 »

2011年4月 3日 (日)

SOMEWHERE

Somewhere_2

典型的なセレブの生活を送る映画スターの下に、前妻との間にできた思春期の娘がやってくる。娘との瑞々しい交流を描きつつも、彼は己の心の空白に気付くのだった…。『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが送る最新作は2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品だ。主演は『パブリック・エネミーズ』のスティーヴン・ドーフ、共演にエル・ファニング。
>>公式サイト

凄く素敵な父娘関係だったのに…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

予告編を観た段階で娘クレオ役のエル・ファニングの可愛らしさに一目惚れし、彼女目当てで鑑賞です。というか知らなかったのですが、彼女はあのダコタ・ファニングの実妹なんですね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』でケイト・ブランシェットの幼少期を演じたり、他にも『バベル』や人気テレビドラマに出まくっている人気子役、1998年生まれの13歳です。透き通るような白い肌にとてもキュートなその笑顔、そんな少女と父親の瑞々しい交流シーンを早く観たいと思えどもこれが、交流どころか彼女自身が中々でてこないのでした。オープニングカットはどこぞのサーキットを疾走する黒いフェラーリを定点撮影したもの。これがまあ呆れるほど長い。別に何か絵的な特徴があるとか、ナレーションが入るとかそういうことも一切なし。

02_2 03_2

響き渡るのはフェラーリのエンジン音だけと、ティフォシならば聞き惚れてしまうかもしれません。乗っているのは映画スターのジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)。といってもどんな映画に出ているのかといえば、辛うじてアクション系らしいことが記者会見シーンのポスターから覗われる程度です。失礼ながら、映画のパブリシティでイタリアに出向くシーンでは、空港から超VIP扱いで警官の護衛がホテルまでつくほどの歓待ぶりですから、これはもう相当のスターじゃないのかと想像できるのですが、申し訳ないけれどスティーヴン・ドーフ自身がそこまでのスターだとは思えず…。いずれにせよ前半の殆どは、彼のセレブな生活の描写に費やされ、ろくにセリフもないといった有様でした。後から考えると、それはジョニーの空虚で孤独な生活を描いていたのだと解ります。

04_2 05_2

そしてそれは娘クレオとの短いけれど輝くように活き活きとした生活をより際立たせていたのでした。ただそうはいっても如何せんワンシークエンスが冗長的に過ぎる。例えばポールダンスのシーンなどはどんだけ見せたら気が済むのかってぐらい踊ってるシーンが長かったりするほど。もっともおかげで携帯用ポールなんてものがあるのかと初めて知ったりもしたのですが。(苦笑)ちなみにジョニーが宿泊しているホテルはシャトー・マーモントといって、実際にセレブ御用達の高級ホテル。その証というワケでもないでしょうが、ジョニーがエレベーターに駆け込んで挨拶した相手がなんと私服のベニチオ・デル・トロだったりするのが面白い。監督自らの交渉で5階のフロアを3週間借り切ったんだそうな。さて、最初にクレオが登場したのは、彼女がフィギュアスケートを習いにいく送り迎えを頼まれた時。

06_2 07_2

彼女が3年前から習っていたという事実を知らなかったジョニー、一体どれほど家庭を顧みない生活を送っていたのでしょうか。エル・ファニングはこのシーンのために6週間の訓練を積んだそうですが、流石にちょっとぎこちなさは否めないと見えてしまうのはフィギュア王国日本人が観ているからか…。ちなみにこの時の2人のシーンは、ジョニーの生活スタイルの中の一コマといった位置づけでしかありません。従って、彼女を家に送り届けたらそれで終わり。それにしても最近のハリウッドセレブは家族を大事にしている姿が多く見受けられるだけにこれはちょっと以外な感じがしました。ところが、それから暫くしたある日、母レイラが家を空けるため、クレオは再びジョニーの元にやって来ます。ようやくここに来て、本作で1番観たかった父娘の生活シーンが繰り広げられるのでした。

08_2 09_2

2人でテレビゲームに興じて大喜びしたり、出演作の授賞式にクレオを伴ってイタリアへと旅立ったり。父の栄誉を心から喜ぶクレア、ところが父が見知らぬ女性と夜を過ごしたと知るととたんに不機嫌な顔になったり。ホテルに帰って来てからも、一緒にプールで遊んだり、昼寝をしたり、ジョニーの寝ている間に朝食を作ったり…。別にコレと言ってドラマチックな展開があるわけでもなく、交わす会話も他愛もないものばかり。でもその他愛もない父娘の日常は何にも変えがたく貴重で美しくて輝いていて…。スティーヴン・ドーフとエル・ファニングの父娘ぶりがとても自然で無理がないのです。2人の間の空気に緊張は全く存在しません。娘がいる父親も、娘がいない父親も、はたまた子供がいない男性も、自分の娘とこんな風に過ごせたらどれだけ幸せだろうと感じられるはず。

10_2 11_2

それだけに、不本意な別れには思わず涙がこぼれました。レイラに電話をして泣きながら自らの空っぽの心と孤独を訴えるジョニー。しかしだからと言って今更家族が一つに戻ることはできない…。正直言って前半の冗長的な部分はもう少し短くすることは出来ると思うし、ストーリー自体もあやふやで抽象的なのですが、この父娘のシーンを見ることが出来ただけでもう本作に対する期待は満たされていると感じます。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:セレブってすげぇなぁ…
総合評価:70点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 婚前特急 | トップページ | 津軽百年食堂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39464892

この記事へのトラックバック一覧です: SOMEWHERE:

» SOMEWHERE [シネマDVD・映画情報館]
SOMEWHERE ハリウッド伝説のホテルシャトー・マーモント。フェラーリを乗り回し、退廃的に暮らす映画スター、ジョニー・マルコのもとへ、前妻と同居する11歳の娘クレオがやって来る。久しぶりに娘と過ごす親密な時間の中、ジョニーはやがて気付いていく。自堕落な......... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 00時14分

» SOMEWHERE [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ソフィア・コッポラ監督、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス、ベニチオ・デル・トロ、ミシ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 07時55分

» SOMEWHERE [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
映像センスには定評があるソフィア・コッポラらしいドライな感覚の人間ドラマだ。映画業界ならではのセレブな空気と、そこに潜む孤独には、巨匠フランシス・フォード・コッポラの ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 09時28分

» SOMEWHERE /サムウェア [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ヴェネチア映画祭、金獅子賞受賞で箔がついた、ソフィア・コッポラの4年振りの新作 nbsp; むむむ、感想から言っちゃうと そんなとるほどの話じゃない。 タラちゃんが審査委員長で今回ひいき目だという声...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 17時39分

» ソフィア・コッポラ監督『SOMEWHERE』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督『 SOMEWHERE 』 主演は「バック・ビート」「ブレイド」の スティーヴン・ドーフと... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 18時47分

» SOMEWHERE [象のロケット]
ロサンゼルスの有名ホテル“シャトー・マーモント”で生活しているジョニー・マルコは、フェラーリを乗り回し、酒と女に溺れ、毎日が乱痴気騒ぎのハリウッドの映画スター。 ある日、前妻レイラから頼まれて11歳の娘クレオをしばらく預かることになったジョニーは、ひさしぶりに娘と過ごす何気ない時間に、かつてない心の安らぎを覚えるのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 21時10分

» SOMEWHERE [ここにあるもの]
ソフィア・コッポラが正解な理由が、明確になる映画。 光と音楽と家族と素敵にバランスよく全編を覆う感じにふわっとできる。 待ちに待ったソフィア・コッポラの新作『SOMEWHERE』を ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 11時24分

» SOMEWHERE(2010) [銅版画制作の日々]
nbsp;どうしてだろう、娘との時間が美しいのは。 MOVX京都にて鑑賞。ソフィア・コッポラ監督の待望の新作。 2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作だそうです。ということでかなり期待度高い作品でしたが、、、、。う〜ん特に大きな展開があるわけではなく、...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 21時24分

» 【SOMEWHERE】 [日々のつぶやき]
監督:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、ミシェル・モナハン、ベニチオ・デル・トロ 父にとって、それは忘れかけていた日常。 娘にとって、それは忘れられない時間―。 「人気俳優のジョニー・マルコはハリウッドにあるホテルに... [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 15時49分

» シャトー・マーモントホテル〜『SOMEWHERE』 [真紅のthinkingdays]
 SOMEWHERE  ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAの ホテル「シャトー・マーモント」で暮らし、空虚な日々を過ごしていた。そこへ、 前妻と暮らす...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 20時36分

» SOMEWHERE [心のままに映画の風景]
ハリウッドスター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”に住み、酒と女に明け暮れ、高級車を乗り回し、孤独を紛らわす生活をおくっていた。 ある日...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 21時58分

» 映画「SOMEWHERE」満ち足りた、何もない毎日 [soramove]
「SOMEWHERE」★★★☆ スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス出演 ソフィア・コッポラ監督、 98分 、2011年4月2日公開 2010,アメリカ,東北新社 (原作:原題:SOMEWHERE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「スティーヴン・ドーフといえば ヴァンパイアや暴力的な映画の印象が強いが、 今回はハリウッドスターを演じている、 どうや... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 11時05分

» SOMEWHERE/スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング [カノンな日々]
2010年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したソフィア・コッポラ監督が手がけたこの作品はハリウッドスターの主人公の光と影、孤独な生活や家族との絆を描いた人間ドラマです。 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 15時30分

» 『SOMEWHERE』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
音楽がバツグンなのはいつものこと。ガス・ヴァン・サント作品でおなじみのハリス・サヴィデスの撮影もステキだ。限りなく透明なパステルトーンの空気をが心地よい。 ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”で暮らすハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴ・ドーフ)のもとを、ある日、前妻レイラと同居する11歳の娘クレオ(エル・ファニング)が訪れる。11年前にシネマライズで観た『ヴァージン・スーサイズ』予告の青空を今も忘れられない。あの時以来、ソフィア・コッポラの映画が大好きだ。『マリー・ア... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 00時28分

» SOMEWHERE [風に吹かれて]
娘と過ごして気づいた事公式サイト http://somewhere-movie.jp監督: ソフィア・コッポラハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAにあるホテル“シャ [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 08時51分

» 映画レビュー 「SOMEWHERE」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
SOMEWHERE  原題:SOMEWHERE 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ソフィア・コッポラ監督のヒューマン・ドラマ。台詞が極端に少ない構成が特徴的。主演は「パブリック・エネミーズ」の...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 12時06分

» 『SOMEWHERE』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:SOMEWHERE監督:ソフィア・コッポラ出演:スティーブン・ドーフ 、エル・ファニング 、クリス・ポンティアス 、ベニチオ・デル・トロ 、ミシェル・モナハン公式サイトはこち... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 18時29分

» SOMEWHERE [とりあえず、コメントです]
ソフィア・コッポラ監督がヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したドラマです。 監督の作品は『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』の前2作を観ていたので、 今回はどんな作品を創り上げたのかなと楽しみにしていました。 主人公の孤独さをしみじみと感じるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 00時24分

» Some where [ケントのたそがれ劇場]
★★★  フランシス・F・コッポラの娘であるソフィア・コッポラが『ロスト・イン・トランスレーション』、『マリー・アントワネット』に続いて撮った三作目の映画である。本作は『ロスト・イン・トランスレーション』同様、ドキュメンタリータッチのけだるい雰囲気が漂う。... [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 10時45分

» ■映画『SOMEWHERE』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ソフィア・コッポラ監督の新作映画『SOMEWHERE』。 これは巨匠と言われる映画監督フランシス・フォード・コッポラの娘である彼女、映画業界の表と裏、光と影、華やかさの裏にある空虚さを知り尽くしている彼女だからこそ作れた作品だと思います。 派手なストーリー展開はな... [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 13時48分

» No.252 SOMEWHERE [気ままな映画生活]
【ストーリー】 「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が、父フランシス・フォード・コッポラとの思い出や、2児の母となった自らの経験を投影して製作。 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 05時16分

» Somewhere [映画的・絵画的・音楽的]
 『Somewhere』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)映画を制作したソフィア・コッポラ監督については、少し前にDVDで見たことがある『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)が、東京を舞台にした大変興味深い作品だったこともあり、今回の作品にも期...... [続きを読む]

受信: 2011年4月23日 (土) 05時56分

» 『SOMEWHERE』 メローな空虚 [Days of Books, Films ]
SOMEWHERE(film review) 「俺は空っぽの男だ」。ハリウッドの [続きを読む]

受信: 2011年4月23日 (土) 14時08分

» 『SOMEWHERE/サムウェア』 [まいふぇいばりっと ゆる日記]
     ソフィア・コッポラ監督・脚本・製作   ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品 この作品がヴェネチアでタランティーノ絶賛で賞を獲ったのは知ってたけど、 キャストまではよくわかってなかった。 『英国王のスピーチ』の時だったかスクリーンで予告を見て、... [続きを読む]

受信: 2011年4月23日 (土) 15時40分

» 隙間を埋める存在 [笑う学生の生活]
15日のことですが、映画「SOMEWHERE」を鑑賞しました。 ホテル シャトー・マーモントで暮らしている映画スター、ジョニー 孤独で空虚な生活な彼の前に 娘クレオが現れて・・・ ジョニーの孤独な日々、クレオと一緒な日々 淡々と、詩的に描かれていく 本当に ただそれだ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 11時08分

» SOMEWHERE [5125年映画の旅]
優雅なホテル暮らしを満喫するハリウッドスターのジョニー・マルコは、離婚した妻から突然「しばらく家を出るから娘のクレオを預かって欲しい」と頼まれる。久しぶりの娘との生活 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月29日 (金) 08時29分

» 「SOMEWHERE」 淡々とした生活、だが大切な日々 [はらやんの映画徒然草]
ヴェネチア国際映画祭で受賞したのは元カレのタランティーノが贔屓目でみたからとか言 [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 07時23分

» 「SOMEWHERE」 [てんびんthe LIFE]
「SOMEWHERE」新宿ピカデリーで観賞 2011-035 スティーブン・ドーフ好きでした、かつて。 ある日突然映画の中で見なくなりました、何で? 暴れん坊というかやんちゃ坊主というか、そんなスティーブンが好きでした。 個性的な役が多かったよね、すごい2枚目なのに。 今回、映画俳優という役どころで、普通にお父さん。 結構癒し効果あるみたい。 決して悪いお父さんではないと思う。 娘役にはダコタの妹エル・ファニング。 ダコタちゃんがヴァンパイアとかやってるので、かわいい金髪系の... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 20時04分

» 「SOMEWHERE」 [みんなシネマいいのに!]
 映画の親子は なかよしこよし。 いつでも一緒に コッポラ、コッポラ歩く。  と [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 10時34分

» SOMEWHERE [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、空虚な日々を送るハリウッドスターと、別れた妻と暮らす娘とのひと時の交流を優しい眼差しで描いたドラマ。出演は ... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 20時12分

» SOMEWHERE [Diarydiary! ]
《SOMEWHERE》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - SOMEWHER [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 22時32分

» SOMEWHERE:孤独と天使 [大江戸時夫の東京温度]
映画『SOMEWHERE』、好きですね。オープニングの、切り取られた画角の中をフ [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 23時57分

» 「SOMEWHERE」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
(殴)  …痛、痛いです、ごめんなさいホント、すみません。ちょっとやってみたかっただけなんです、ゴメンナサイ…。    ハイ、本物はコッチ。  気を取り直して。  「マリー・アントワネット」「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 23時01分

» SOMEWHERE [voy's room]
タブロイド紙を頻繁に賑わす俳優ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ハリウッドにある伝説的なホテル、シャトー・マーモントで暮らしている。フェラーリを乗り回し、ホテルで一緒に過ごす女性にも事欠かず、ふわふわと漂うように毎日を過ごしている。そんな中、前妻との間にできた11歳の娘・クレオ(エル・ファニング)が、不意にジョニーの前に現れる。クレオと過ごす時間によって、ジョニーは自分の現状を見つめ直し始めるが…。(CINEMA CAFE NET)★★★+0.5誰もがうらやむ様なセレブな生活を送っ... [続きを読む]

受信: 2011年5月21日 (土) 15時04分

» [映画『SOMEWHERE』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆うん、分かる分かる、映評ブロガー・セレブとして名高い私の、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作の感想を聞きたいんだろう?  でもね、私、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを一作も見たことがないんだわ^^;  一週間程前に、前三作を借りてきて見...... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 06時26分

» SOMEWHERE [迷宮映画館]
だめだ。。やっぱりソフィアとは性が合わない。 [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 20時50分

» 『SOMEWHERE』 [だらだら無気力ブログ]
「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」の ソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スターと、 前妻との娘である思春期の少女との束の間の心のふれあいを綴るハートフル ・ヒューマン・ストーリー。 主演は「パブリック・エネ…... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 01時10分

» 『SOMEWHERE』 [シネマな時間に考察を。]
かけがえのない、 という言葉をシンプルに映像化すると、 きっとこういうことなのかもしれない。 『SOMEWHERE』 2010年/アメリカ/98min 監督・脚本:ソフィア・コッポラ 出演:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング 疾走するオープニングの無意味な周回が、... [続きを読む]

受信: 2011年7月27日 (水) 14時34分

» 『アメイジング・グレイス』『SOMEWHERE』をギンレイホールで観て、なるほど、そして横でガーガーふじき☆☆☆☆,☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『アメイジング・グレイス』 五つ星評価で【☆☆☆☆ちゃんと面白くて新たな知識も頭に入ってきてお得な感じ】 ※ 核心みたいなものは書かないけど ネタバレ っぽい部分 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月 6日 (土) 09時58分

» SOMEWHERE [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
SOMEWHERE'10:米◆原題:SOMEWHERE◆監督:ソフィア・コッポラ「マリー・アントワネット」「ロスト・イン・トランスレーション」◆出演:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポ ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 12時53分

» DVD:SOMEWHERE なぜか「あとをひく」L.A.版「甘い生活」 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラの最新作。 ほとんど「何も起こらない映画」という噂を聞いていたので、かなり警戒して鑑賞。 ところが、そこまでではなかった。 主人公(スティーブン・ドーフ)は、たいした努力もせずとも運よく出世し、今...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 03時53分

» どこかでファイター [Akira's VOICE]
「SOMEWHERE」 「ザ・ファイター」  [続きを読む]

受信: 2011年11月10日 (木) 14時40分

» SOMEWHERE [こんな映画見ました〜]
『SOMEWHERE』---SOMEWHERE---2010年(アメリカ)監督:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ 、エル・ファニング「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スター...... [続きを読む]

受信: 2011年11月24日 (木) 23時12分

» SOMEWHERE [だって興味があったから 【映画と本と、日常日記】]
どうしてだろう、娘との時間が美しいのは。 2010年 アメリカ  日本公開日2011/04/02 somewhere <初回限定仕様> [DVD]/スティーヴン・ドーフ,エル・ファニング,クリス・ポンティアス 監督 ソフィア・コッポラ 脚本 ソフィア・コッポラ 出演 スティーヴン... [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 00時00分

« 婚前特急 | トップページ | 津軽百年食堂 »