« 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 | トップページ | アジャストメント/The Adjustment Bureau »

2011年5月19日 (木)

アウェイク/Awake

Photo_2 全身麻酔で体は動かないが意識だけはハッキリしている、そんな状態で心臓手術が行われたら…。しかし主人公の青年は手術の痛み以上の衝撃を味わうことになる。主演は『スター・ウォーズ』シリーズのヘイデン・クリステンセンと『キラー・インサイド・ミー』のジェシカ・アルバ。共演にテレンス・ハワード、レナ・リオンといった実力派が揃う。監督はジョビー・ハロルド。
>>公式サイト

真相には驚いたが話としては…?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_3

予告編で見せている内容……、それは主人公クレイトン・ベレスフォード・Jr(通称クレイ!!)が心臓手術で全身麻酔がかかっているけれど、意識だけが覚醒している状態に陥るということ。そしてその意識だけが肉体を抜け出てしまう、いわゆる幽体離脱状態になってしまうこと。そんな状況下で果たして新妻サム(ジェシカ・アルバ)は一体どういう行動にでるのだろう?っとまあそんなところでした。結論から言うと、アイディア的には成程そうくるかという感じではあったものの、全体としてはそんなに面白い話だろうか?と思ってしまうという、どうもすっきりしない作品でした。ジェシカ・アルバ目当てとすれば彼女の相変わらずキュートな笑顔が拝めたのは嬉しいのですが、冒頭から例によって絶対脱がないおざなりな文字通りの濡れ場を見せてくれます…。

02_2 03_2

クレイとサムの関係は亡父から継いだ会社を経営する青年実業家とその秘書という間柄。婚約はしているものの、母親には身分違いの恋だけに中々切り出せないでいます。クレイは移植手術が必要な心臓病を抱えているのですが、そんな彼の主治医ジャック(テレンス・ハワード)とは親友でした。彼の血液型は母リリス(レナ・オリン)と同じO型のRH-でこれが実に希少な血液型のため、適合する心臓が中々見つからないという状態。余談ですが、確かにこれ稀な血液型で、私の母が全く同じ。献血も必要な時にしてもらうため、普段はしないで欲しいと日赤からお願いされているくらいだそうな。話を元に戻すと、ある夜突然クレイはリリスにサムを紹介し、そのまま結婚式を挙げてしまうのです。病気に対する不安があったからとはいえ、余りにも急展開過ぎる気も…。

04_2 05_2

まあ全体でわずか85分しかありませんから、とっとと手術に入らないことには本作の本題が始まらないってことでしょう。実は最初予告編から想像していたのは、全身麻酔で体は動かないけれど、麻酔そのものは効いているとうことでした。よもや痛みまで感じるとは…。要するにそれは体の自由がないだけで“麻酔なし”と同じこと。無論経験などしたことがないので解りませんが、素朴な疑問として、一体人間は“麻酔なし”のまま心臓手術の恐らく大激痛など耐えられるものなのでしょうか?メスで胸を切り開き、胸骨をノコギリで切断、おまけに胸腔を広げる時に肋骨骨折。調べてみると心臓そのものには痛覚神経がないため痛みはないそうですが…。残念ながらヘイデン・クリステンセンのナレーションからは、そんなに大激痛には感じられませんでした。

06_2 07_2

大激痛どころか、途中から幽体離脱してあっちウロウロこっちウロウロ。要するに何とか自分が覚醒していること、そしてジャックたちが自分を術中死に見せかけて殺そうとしていることを誰かに知らせようとしているのです。どうせ痛みに関しては無視してしまうなら最初からその辺は曖昧にしておけばよいのに。観ているとどうやらジャックとパットナム医師(フィッシャー・スティーヴンス)、看護師のカーバー(ジョージナ・チャプマン)の3人はグルらしい。でもどうして彼らがクレイを殺さなくてはならないのか…。その秘密は意外にもサムによって明らかにされることになります。それは要するにお金のためなのだけれど実はsecretサムも共犯だったsecretのでした。secret結婚した上で夫のクレイが死ねば、財産は全てサムのモノsecretというワケ。これは上手く騙されました。

08_2 09_2

というか本作はこの謎の真相が唯一にして最大のウリと言って良いと思います。実はこの先、サムに対する謀略は成功するのですが、正直いってオチはもう途中で解ってしまう程度のもの。命だけでなく、文字通り全てを奪われたクレイの絶望を救ったのは母親のそれこそ無償の愛だった…ということになるのでしょう。ただその〆に持ち込むために、クレイの父親に関するエピソードを入れたかのような。具体的には、どんなに頑張っても大実業家である父に追いつけない引け目を感じているクレイと、それに対して父親と息子を引き比べる母親という設定が劇中には盛り込まれているのですが、全体の流れの中でこの設定が活かされているのは、それが理由でクレイが母親に反発することのみなのです。サスペンスの流れを母子の愛情物語で終わらせているのもどうもすっきりしない原因の一つかもしれません。

soon 5月21日(土)公開

個人的おススメ度3.0
今日の一言:テレビドラマっぽいな…
総合評価:62点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 | トップページ | アジャストメント/The Adjustment Bureau »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/40042607

この記事へのトラックバック一覧です: アウェイク/Awake:

» アウェイク [象のロケット]
青年社長クレイトンは、心臓疾患で移植手術を必要としているが、珍しい血液型のためドナーがみつからない。 今を精いっぱい生きようと、厳格な母親に紹介できないでいた女性秘書サムと二人だけで結婚式を挙げた日、ドナーが見つかったとの連絡が入る。 だが全身麻酔後、手術が始まっても意識は覚醒していた。 身体が動かせないため激痛を訴えられない彼に、更なる衝撃の事実が襲いかかる…。 医療サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 01時06分

» アウェイク [Memoirs_of_dai]
すべてお見通し 【Story】 投資会社の重役であるクレイ(ヘイデン・クリステンセン)は、母の秘書であるサマンサ(ジェシカ・アルバ)と内々の婚約をしている。しかし、彼女との交際に対して厳しい母親(レナ・オリン)には伝えられないでいる…。 評価 ★★☆☆☆(2.8P) 【感想】 時間が解決する more...の前にRanking   ... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 22時55分

» アウェイク/ヘイデン・クリステンセン [カノンな日々]
2007年の作品なんだそうですが、どうして今頃になっての公開なんでしょうね?ジェシカ・アルバも出演している作品でそれと新宿武蔵野館で鑑賞するとなると頭を過るのが『噂のアゲメ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月21日 (土) 22時59分

» アウェイク [あーうぃ だにぇっと]
5月17日(火)@なかのZERO大ホール。 アウェイクの試写会は少なかった? マニアおばさん達が大集合。 喫煙所近くのコーナーにたむろしていた。 オイオイ(笑) 50円に、交換品は銭湯の券をあげたらいい なんて書かれていた人も発見。 なんて目立つ人たちなんだろう。 どうでもいいけど(笑)... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 13時34分

» アウェイク(Awake)/麻酔なしで心臓移植手術?! [映画感想 * FRAGILE]
アウェイクAwake/監督:ジョビー・ハロルド/2007年/アメリカちょ、ちょっと待ってよ、まだ意識あるってば! ギャー! 痛い痛い痛い痛い! 全身麻酔を打ったのに、意識があるのです。体は動かないけれど、意識はあるのです。麻酔なしとあんまり変わらんので、タイトルは大げさに書いてみましたよ。 あらすじ:全身麻酔が効かず、身体は麻痺しているのに意識だけある状態、アネセシア・アウェアネス(術中覚醒)に陥る患者がいる。周囲の声も聞こえているし痛みもあるのに、まぶたひとつ動かすことが出来ないの... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 11時59分

» ■映画『アウェイク』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
師匠の言うことを聞かない“パダワン”アナキン・スカイウォーカー役でおなじみのヘイデン・クリステンセンが、ママの言うことを聞かないワガママ息子を演じる映画『アウェイク』。 彼は、こういうダメ息子的な役がやっぱりよく似合うなー。 大人になりきれない感じがいいんで... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 13時25分

» アウェイク [食はすべての源なり。]
アウェイク ★★★☆☆(★3つ) 毎年、2100万人以上の人が全身麻酔で手術を受ける。大部分は穏やかに眠り、何も覚えていない。 しかし、運の悪い3万人の患者は「術中覚醒」という状態に陥る。 周りの声が聞こえ、痛みを感じるが、体は動かず助けを求めることができない。 あぁ、想像しただけで拷問!! さらに、術中に聞こえる周りの声から明らかになる真相 主人公の命はどうなるのか・・・。 ひっさしぶりに試写会に当たりました 普段なら絶対みない、スリラーですが、ジェシカアルバの名に惹かれて応募しちゃ... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 16時43分

» ★アウェイク(2007)★ [Cinema Collection 2]
AWAKE 秘められた愛、隠された真実 術中覚醒した男が、彷徨う運命 ーーあなたの心も打ち砕かれる・・・ 映時間 85分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ショウゲート) 初公開年月 2011/05/21 ジャンル サスペンス 映倫 G 【解説】 「スター・ウォーズ」シ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月28日 (土) 00時58分

» アウェイク [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:ブログ更新はPC? 携帯? スマホ? 参加中 ブログ更新はPCです。 長文を携帯で推敲するのは大変。 スマホは持ってません。 って、スマホって一般用語になってるの?( ^ _ ^; この作品は、オンライン試写会で観ました。 その後、すぐに記事もかけるし... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 16時12分

» アウェイク / Awake [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click もし、手術中に麻酔が全く効かず、目が覚めたまま感覚もあって、でも何も出来ないとしたらホント恐怖 実際、毎年2100万人の人が手術で全身麻酔をし、そのうち3万人の人が最悪にもこの 「術中覚醒」になると...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 2日 (木) 15時57分

» アウェイク [だらだら無気力ブログ]
「スター・ウォーズ」シリーズのヘイデン・クリステンセン主演で贈る サスペンス・スリラー。全身麻酔の手術中に意識が覚醒したままの状態に 陥ってしまった主人公を待ち受ける苦痛と恐怖、そしてやがて明らかとなる 衝撃の真実を、迫真の手術シーンとともにスリリングに…... [続きを読む]

受信: 2011年7月22日 (金) 00時51分

» アウェイク [キノ2]
★ネタバレ注意★  テレンス・ハワードの出演作が久々にスクリーンで観られる上に、社会的責任ある役を演じさせればピカイチのハワードが今作では医師の役を演じるとあっては、期待するなというのが無理!  ワクワクして劇場に足を運んだわけですが、新作とはいってもこの作品の製作は2007年、四年もお蔵に入っていた事情が、観れば即刻納得の映画でありました(ホロリ)。監督はジョビー・ハロルドという新人の方らしいのですが、監督の手腕が云々という前に、脚本の時点でこいつはダメだと気づくだろーと思ってしま... [続きを読む]

受信: 2011年7月29日 (金) 22時16分

» アウェイク [銀幕大帝α]
AWAKE/07年/米/85分/サスペンス/劇場公開 監督:ジョビー・ハロルド 脚本:ジョビー・ハロルド 出演:ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ、テレンス・ハワード、レナ・オリン <ストーリー> 身分違いの恋人・サムとの恋愛と、自らの重い心臓病に悩ま...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 7日 (水) 17時26分

» 映画『アウェイク』 を観て [kintyres Diary 新館]
11-38.アウェイク■原題:Awake■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:85分■鑑賞日:6月4日、武蔵野館(新宿)■料金:1,800円□監督・脚本:ジョビー・ハロルド□美術:ディナ・ゴールドマン□撮影監督:ラッセル・カーペンター□編集:クレイグ・マッケイ□音...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 7日 (水) 20時42分

» アウェイク [いやいやえん]
手術中に意識だけが覚醒してしまうという術中覚醒をメインにもってきたことで面白くなったサスペンス作品。年間3万件もあるんだそうで、そう考えると、簡単に手術なんて受けられないなって思っちゃう。 身分違いの恋愛と心臓病、二つの悩みを抱えるクレイトンは若くして亡き父から大会社を受け継いだ青年。母親に反対されるので交際は秘密にしてたのですが、打ち明けたら案の定反対され無理矢理結婚しちゃうんですね。 そして術中覚醒により周囲の声が聞こえることもあって、彼が巻き込まれた陰謀が暴かれていくのですが…その... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 18時25分

» 術中覚醒『アウェイク』にはインフォームドコンセントもなし!? [Healing ]
アウェイク ★★★ 3.5 実際の医療現場でも起こりうる 術中覚醒をモチーフにした医療サスペンス・スリラー!? 久々な印象のヘイデン・クリステンセンと 『キラー・インサイド・ミー』が公開中のジェシカ・アルバ共演です。 全身麻酔の手術中なのに、意識を取り戻してしまったという……。 意識はあり、周りの音や声も聞こえるのに、体の自由が... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 15時26分

» アウェイク [新・映画鑑賞★日記・・・]
【AWAKE】 2011/05/21公開 アメリカ 85分監督:ジョビー・ハロルド出演:ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ、テレンス・ハワード、レナ・オリン 青年実業家クレイトンは、サムとの結婚を母に打ち明ける決断ができずに悩んでいた。しかし、重い心臓病で移植手...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 20時43分

» 【映画】アウェイク…ジェシカ・アルバはイケる女優枠なのかと考察 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
先週末の話(近況報告までが遅れがち) 我が家では、息子が高校入学が決まった時に息子用としてパソコンを買い与えた時からなので…5年ぐらい前になるのかな…結構前から無線LANを活用しているのですが、最近どうもスペック不足が気になっていました。関係あるのかどうか微...... [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 12時44分

» 映画「アウェイク」痛い!怖い!まさに衝撃! [soramove]
「アウェイク」★★★☆WOWOW鑑賞 ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ、 レナ・オリン、テレンス・ハワード、 クリストファー・マクドナルド出演 ジョビー・ハロルド監督、 85分、2011年5月21日公開 2007,アメリカ,ショウゲート (原題/原作:AWAKE ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「心臓移植の最中に... [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 15時17分

» 『アウェイク』 [cinema-days 映画な日々]
アウェイク 大会社の御曹司が心臓移植手術 だが麻酔が効かず、痛み、 術後に隠された陰謀を知ってしまう... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Awake(術中覚醒) [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 09時03分

« 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 | トップページ | アジャストメント/The Adjustment Bureau »