« 愛しきソナ | トップページ | 歓待 »

2011年5月 5日 (木)

ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男/The Hoax

Photo_2 2006年公開のリチャード・ギア主演作品。1970年代にアメリカで実際に起こった詐欺事件の犯人クリフォード・アーヴィングの同名原作をベースに映画化したものだ。大富豪ハワード・ヒューズのニセの自伝を出版すアーヴィングの鮮やかな手腕を描き出す。共演には『17歳の肖像』のアルフレッド・モリナ。監督は本作後にも『HACHI 約束の犬』でリチャードとコンビを組むラッセ・ハルストレム。
>>公式サイト

ただの詐欺事件じゃなかった!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_3

何と5年前の作品。随分遅れての公開となりましたが、配給会社が付かないほど詰らない作品ではなく、むしろ結構面白い。またぞろ『アメイジング・グレイス』のように配給権をふっかけられたのでしょうか…。そもそもは作家でありながら希代の詐欺師として歴史に名を刻むこととなってしまったクリフォード・アーヴィングの物語です。彼は何をしでかしたのか。それはかの大富豪ハワード・ヒューズの自伝をいかにも本人に依頼されたかのようにでっち上げ出版社から当時の金額で110万ドル、日本円にして3億9千6百万円(固定相場制時)を騙し取ったのです。この詐欺事件自体は実話であり、アーヴィングはこの事件で逮捕された出所後に回顧録「THE HOAX」を出版、それをベースに制作されたのが本作と言うワケ。ちなみに「THE HOAX」とは“でっちあげ”という意味です。

02_2 03_2

この作品の面白いところは、嘘で嘘を塗り固め、更に嘘も100回付いていると真実に思えてくるという人間の心理が上手く描かれている点と、ハワード・ヒューズという謎に包まれた大富豪と当時のニクソン大統領という政治と経済の2大パワーの狭間で翻弄される個人を上手くサスペンスタッチに描かれている点でした。そもそもアーヴィング(リチャード・ギア)は売れない作家。ところが珍しく自分の作品が出版されることになり大喜びします。ところが、出版社側の都合で突如その話はお流れに、頭に来たアーヴィングは悔し紛れに今世紀最大の作品を持ってくると啖呵を切ってしまうのでした。で思いついたのがハワード・ヒューズの自叙伝を書こうということ。要するに当時すでに公の場に姿を現さず隠遁生活を送り謎の多い彼ならばごまかせるだろうと思ったのでした。

04_2 05_2

早速親友のディック・サスキンド(アルフレッド・モリナ)と組んでヒューズの資料集めに入るのですが、公文書館の本を写真に撮る程度はともかく、ペンタゴンから資料を盗みだしたりするシーンは面白いけれど「ほんまかいな?」と思わずにいられません。しかもヒューズの筆跡や筆圧まで真似て本人から自叙伝の依頼を受けた手紙を作ってしまうのですが、これが何と筆跡鑑定をクリアしてしまうのです。そんなに上手い話あるのか?と思わないではないけれど、今から40年前という時代と事件そのものが事実であるという2つの要素で何だか上手いこと丸め込まれてしまうのでした。更にいうと、出版社の社長役のスタンリー・トゥッチを始めとして、アーヴィングに懐疑的な人たちが実に嫌な人間として好演を見せてくれるせいか、自然に心情はアーヴィング寄りに誘導されてゆくのです。

06_2 07_2

順調に騙せているうちはこれが痛快。しかし元々嘘で構築した絵図、随所にほころびが生じてきます。遂には出版間際になって、実際に最後にヒューズにインタビューしたジャーナリストがヒューズからの電話を受けてアーヴィングの嘘を暴こうという事態にまで発展。ディックあたりは既にもう正直に話して降りようとするものの、アーヴィングはそれを頑なに拒むのでした。実は本作の面白いのはここから。自叙伝を書くにあたってアーヴィングはヒューズの口調を真似て彼の考え方に同化し、まるで彼のモノマネをするかのようにテープに言葉を吹き込み、それをディックが文字に起していました。それにしてもこの成り切りヒューズを演じている時のリチャードがお見事。喋り方を真似るだけならともかく、声の質感や発音・イントネーション、更には身振り手振りまでもが同化していくのが目に見えて解るほどの熱演です。

08_2 09_2

しかし余りにのめり込み過ぎた彼は時として自分を見失います。嘘の上に嘘を重ねた砂上の楼閣を維持するためには彼はもはや自分自身にすら嘘をつくしかなかったのかもしれません。ところがそんな彼の苦悩すら実はもっと大きなパワーバランスの中では折込済みの事だったとしたらどうでしょう。当時アーヴィンの元に送られてきた差出人不明の資料には、ヒューズからニクソン大統領への資金提供の事実が克明に記されていました。ニクソン大統領陣営としてはこれが出版されて明るみに出ては大問題。一方、ヒューズはTWA(トランスワールド航空)から訴訟を受けて莫大な賠償金を支払わなければならない危機に陥っていました。そして出版の直前にアーヴィンの詐欺行為がばれて彼は逮捕されるはめになります。すると程なくその訴訟で裁判所はヒューズ側有利の判決が…。

10_2 11_2

これらの事実から導き出される答えは「ヒューズが訴訟を有利に運ぶために、おりしも自分を利用しようとしたアーヴィングを使い、ニクソン側を揺さぶった。」ということ。もちろん真実かどうかなど解るはずはありませんが、歴史に残る詐欺事件が実は国家的な陰謀のなかの一部でしかなかったという本作の描き方は実に興味深いものです。惜しむらくは最初からそれを匂わせた形で作品の流れが形作られているならばともかく、途中までは完全に売れない作家の詐欺事件を描いた作品になってしまっていること。どうせなら原作がそうなのだから仕方ありませんけども。とはいえ、こういった陰謀説はアメリカという大国ならではのお話であって、サスペンスストーリーとしてとても愉しめる一作だと思います。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:日本ではあっても表に出てこなそう…
総合評価:72点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 愛しきソナ | トップページ | 歓待 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39860523

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男/The Hoax:

» ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 [象のロケット]
1970年代、アメリカ。 売れない作家クリフォード・アーヴィングは、何のプランもないままマグロウヒル出版に「今世紀最大」の作品を書いていると言ってしまい窮地に立たされる。 有名な大富豪ハワード・ヒューズが変わり者で隠遁生活を送っていることに目を付け、彼の偽りの伝記を執筆することにしたのだが…。 詐欺師となった作家の真実の物語。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 22時14分

» 映画『ザ・ホークス〜ハワード・ヒューズを売った男〜』を観て [kintyres Diary 新館]
11-33.ザ・ホークス〜ハワード・ヒューズを売った男〜■原題:TheHoax■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:116分■鑑賞日:5月7日、シアターN渋谷(渋谷)■料金:1,800円□監督:ラッセル・ハルストレム□原作:クリフォード・アーヴィング「The Hoax」□...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 14時17分

» 映画「ザ・ホークス~ハワード・ヒューズを売った男~ 」頼まれてもない伝記を勝手に書く男 [soramove]
「ザ・ホークス~ハワード・ヒューズを売った男~ 」★★★☆ リチャード・ギア、アルフレッド・モリナ、 マーシャ・ゲイ・ハーデン、ジュリー・デルピー、 ホープ・デイヴィス、スタンリー・トゥッチ 出演 ラッセ・ハルストレム監督、 116分、2011年4月30日, 2006,アメリカ,ファインフィルムズ (原作:原題:THE HOAX)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1971... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 21時10分

» ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE HOAX】 2011/04/30公開 アメリカ 116分監督:ラッセ・ハルストレム出演:リチャード・ギア、アルフレッド・モリナ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ホープ・デイヴィス、ジュリー・デルピー、スタンリー・トゥッチ 伝説の大富豪ldquo;ハワード・ヒューズの偽り...... [続きを読む]

受信: 2011年9月30日 (金) 12時52分

» 映画評「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督ラッセ・ハルストレム ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 11時31分

» ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 The Hoax [映画!That' s Entertainment]
●「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 The Hoax」 2006 アメリカ Miramax Films,Bob Yari Productions,and others;116min. 監督:ラッセル・ハルストレム 原作:クリフォード・アーヴィング 出演:リチャード・ギア、アルフレッド・モリナ、マーシャ・ゲイ・ハーディン    スタンリー・トゥッチ他 <評価:★★★★★★★☆☆☆> <感想> いかに、ハワード・ヒューズが世の中に現れない引きこもり生活をしていたとはいえ、 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 10時00分

« 愛しきソナ | トップページ | 歓待 »