« 星を追う子ども | トップページ | 30デイズ・ナイト2:ダーク・デイズ »

2011年5月13日 (金)

ゲンスブールと女たち

Photo フランスのカリスマ、ジェーン・バーキンの元夫で、シャルロット・ゲンズブールの父親であるセルジュ・ゲンズブールの生涯を描いた伝記映画。独特の色気で女性と浮名を流す主人公セルジュを演じるのは『あの夏の子供たち』のエリック・エルモスニーノ。共演にレティシア・カスタ、ルーシー・ゴードン。監督・脚本:ジョアン・スファールが務める。彼の破天荒な人生は実に興味深い。
>>公式サイト

こんなお父上だったのね、シャルロット

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

セルジュ・ゲンスブール(タイトルに合わせて“ス”で表記)、華麗な女性遍歴を持ち、エキセントリックな行動が有名ですが、私にとっての彼は大好きな女優シャルロット・ゲンズブールのお父さんということが大。しかしだからこそ彼女の父親がどんな人物だったのかと言う点に興味深々なのでした。本作でセルジュを演じるのはエリック・エルモスニーノ。ホンモノのセルジュのほうがもうちょっと色気があるように感じられましたが、それでも見た目はとても良く似ていて、完全になりきった芝居はお見事です。余談ですが彼はオリヴィエ・アサイヤス監督の妻であるミア・ハンセン=ラブ監督の『あの夏の子供たち』でも主人公の部下である映画プロデューサー“セルジュ”を演じていたりします。

02 03

少年時代、つまり本名リュシアン・ギンズブルグ時代の彼は実にませた男の子。ユダヤ人の両親をもち、ピアニストの父親から厳しいレッスンをうけるも、それに反発して絵を描くことに没頭するのでした。どう見ても小学生なのにタバコを吸い、絵のモデルの裸に興味津々で、自らヌードモデルになってくれるようにお願いするなど、とてもませた子供なのですが、愛くるしい笑顔で堂々と言われるとこれがまあ憎めない。そしてこれは生涯にわたって同じで、簡単に言えばセルジュはこの子供がそのまま年をとっただけで中身は何も変わっていないようにすら思えます。きっと母性本能をくすぐるフェロモンが強烈なんでしょう。やがて彼はピアノ弾きで生計を立てながら美術学校に通うように。

04 05

この後最初の結婚をし、音楽で生きていくことにするのだけれどその辺はあまり興味が湧きません。それよりも作曲を始めセルジュ・ゲンスブールと名乗り、売れ始めてからが凄かった。この頃恋人にしたのがブリジット・バルドー(レティシア・カスタ)。これがまたもう見た瞬間にその人だと解るはまりっぷりです。ピアノの上に毛布だけ羽織って座る姿のセクシーなこと!2人で歌う「ボニーとクライド」はこれがまた中々いい。個人的には「ボニーとクライド」と言えば『俺たちに明日はない』なのですが、映画がアメリカン・ニューシネマの先駆的な作品だとすれば、セルジュのどこか反社会的な生き方は相通じるものがあるような気もします。しかし蜜月は終わります。

06 07

ブリジットとは不倫であり旦那の怒りにビビッてお別れ。次に当時まだ20歳だった英国人女優のジェーン・バーキン(ルーシー・ゴードン)と付き合い始めるのでした。ようやくここでシャルロットのお母さんの登場です。ルーシー・ゴードンはバーキンにスタイルは似ているけれど顔はちょっと…やけにエラが張って見えるんですが…。それにしても今までの女性と違い、今度はセルジュのほうがバーキンにメロメロだったんですね。彼女の言うとおりに崩してシャツを着たり、髪の毛を伸ばしたり。そもそもブリジット・バルドーと別れの原因になったと言われる「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」をバーキンとともに歌うというエピソードもちゃんと入っていました。

08 09

2人の声が実に色っぽくて、そりゃレコード会社の社長だって「こんなの発売していいのか?」と思うはずだと納得。ルーシーもさることながらエリック・エルモスニーノのかすれ気味の低音が実にセクシーなんです。結婚した2人の間にシャルロットも生まれ、まだ幼い彼女も登場しますが、うん、これが中々彼女の特徴を備えた子役のキャスティングでGOOD。しかし、彼が心臓発作で倒れると2人の間にひびが入ってゆくのでした。子供が出来たことで、割と普通のお母さんをするバーキンに対して、セルジュは何も変わりません。ヘビースモーカーにヘビードランカー、結果愛想を付かされて2人は離婚します。で、申し訳ないけれど私の興味もここまで。

10 11

一応この後、有名なフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」のレゲエバージョンの発表だとか、3度目の結婚だとかの話もあるのだけれど、最初に書いた通り私の興味の対象はあくまでもシャルロットの父親としてのセルジュ・ゲンスブールであって、作曲家・歌手としての彼じゃないから仕方ない…。ところで、劇中随所に彼自身の分身として、耳と鼻を強調したソックリさんのオバケが登場するのだけれど、それは気になるようなならないような。自問自答を表現する手法としては別にそれほど奇抜なものでもないので、慣れればどうということもないと思いますが。アメリカのアーティストのドラッグに溺れる破滅的な伝記とはまた違い、アーティスティックな香りのする堕ち方は、流石はセルジュ・ゲンスブールと言うべきなのでしょうか。

soon 5月21日(土)公開

個人的おススメ度3.0
今日の一言:シャルロットとバーキンて似てるなぁ
総合評価:68点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 星を追う子ども | トップページ | 30デイズ・ナイト2:ダーク・デイズ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39967174

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンスブールと女たち:

» ゲンスブールと女たち [象のロケット]
作詞家・作曲家・歌手・映画監督・俳優・画家とマルチな才能をもちながらも、反体制的で強烈な作風で常にセンセーションを巻き起こしたセルジュ・ゲンスブール。 その破天荒でセンセーショナルな生涯、そして今なお色褪せることのない伝説が、数々のシャンソン、ジャズ、フレンチ・ポップに彩られスクリーンに甦る…。 カリスマ芸術家の生涯。... [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 01時32分

» 映画:ゲンスブールと女たち スキャンダラスであり続けることが宿命の男の一生。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
せルジュ・ゲンスブールの伝記映画。 なんけれど、タイトルのように「女性」との交際を核として、話が展開するところが面白い。 というのは、ブリジット・バルドーや 3人目の妻に納まった若き日のジェーン・バーキン(急遽来日アリガトウ!)、ジュリエット・グレコなど...... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 01時03分

» ゲンスブールと女たち/エリック・エルモスニーノ [カノンな日々]
ゲンスブール?私はずっとゲンズブールだと思ってましたけど外国人の名前はややこしいですね。私の好きなフランスの至宝・大女優にして歌手でもあるシャルロット・ゲンズブールの ... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 22時46分

» ◆『ゲンスブールと女たち』◆ [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:フランス+アメリカ合作映画、ジョアン・スファール監督、エリック・エルモスニーノ、ルーシー・ゴードン、レティシア・カスタ、ダグ・ジョーンズ、アナ・ムグラリス出演。 [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 22時14分

» 『ゲンスブールと女たち』(2011) / フランス・アメリカ [Nice One!!]
原題: GAINSBOURG (VIE HEROIQUE) 監督: ジョアン・スファール 出演: エリック・エルモスニーノ 、ルーシー・ゴードン 、レティシア・カスタ 、ダグ・ジョーンズ 、アナ・ムグラリス 公式サイトはこちら。 観終わって1週間も経ってしまいました。 なかなかbl...... [続きを読む]

受信: 2011年5月29日 (日) 06時54分

» 『ゲンスブールと女たち』 Gainsbourg, vie héroïque [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
フレンチ・ポップスとバンドデシネ風味なセルジュもいいじゃない。 ミュージシャン、映画監督、俳優、画家とマルチな才能をもつアーティスト、セルジュ・ゲンスブールのセンセーショナルな生涯を恋の遍歴とともに描く。今年はセルジュ・ゲンスブールの没後20周年。フランス映画とおフランス文化を愛するならば、興味を持たずにはいられない、多才なアーティストで伊達男のセルジュ・ゲンスブール。去年のフランス映画祭の団長ジェーン・バーキンの思い出話から、シャルロット・ゲンズブールのLIVEでの「Couleur cafe... [続きを読む]

受信: 2011年5月30日 (月) 18時46分

» ゲンスブールと女たち [とりあえず、コメントです]
フランスでカリスマ的人気を誇ったセルジュ・ゲンスブールの人生を描いた作品です。 予告編を観て、そんなに有名な女性たちと浮名を流した男とはどんな人物だろうかと気になっていました。 軽快なアニメの映像が広がるオープニングと、ちょっとファンタジーの雰囲気が漂う展開が面白かったです。 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 4日 (土) 22時41分

» ゲンズブールと女たち(R15+) 新宿バルト9他 [マチルダベイビー!]
フランス映画もフレンチポップスも好きではない僕がわさわざ映画館に足を運んでこの映画を見た動機はモザイクなしの性器が見たかったからではありません。 [続きを読む]

受信: 2011年6月25日 (土) 12時22分

» ゲンスブールと女たち [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
数々の名曲を送り出し、様々な女性と浮名を流してきた作曲家セルジュ・ゲンズブールのセンセーショナルな生涯を描いたドラマ。セルジュ・ゲンズブールを演じるのは「あの夏の子ど ... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 17時45分

» 映画評「ゲンスブールと女たち」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年フランス=アメリカ映画 監督ジョアン・スファール ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年6月13日 (水) 10時54分

» 『人生はビギナーズ』『ゲンスブールと女たち』をギンレイホールで観て、うんなかなかふじき★★★,★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
『人生はビギナーズ』 五つ星評価で【★★★いい話だけど、ユアンは合ってないんじゃないかな】 ユアンはちゃんと的確に演じているんだけど、 もてないユアンって説得力ないん ... [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 23時49分

« 星を追う子ども | トップページ | 30デイズ・ナイト2:ダーク・デイズ »