« アンノウン/Unknown | トップページ | 4月の涙/Käsky »

2011年5月 9日 (月)

生き残るための3つの取引/부당거래

Photo 世の中を騒がせている女児連続殺人事件、出世をエサに上司から“早急な犯人の検挙”を命じられた刑事と、自らも不正に手を染めている検事の対立を中心にその裏に蠢く権力の腐敗を描いたサスペンスドラマだ。主演は『ユア・マイ・サンシャイン』のファン・ジョンミン、共演に『クライング・フィスト』のリュ・スンボム。監督は『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』のリュ・スンワンが務める。
>>公式サイト

絶妙なパワーバランスが見もの

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

いやはや救われない気分になる作品。観終わってすぐ浮かんだのが「(主人公が)哀れな男だな…」ということと、韓国の警察はホントとことん腐敗して描かれるなぁということ。本作の特徴はメインとなる登場人物が全員善人ではないということです。というよりよくもまあここまで色んな腐れ方をした男たちを考えたものだと感心します。事の起こりからしてもう酷い。大統領まで関心を示すほどの女児連続殺害事件、ところが警察は有力容疑者を誤って射殺してしまう、しかも射殺した刑事が被害者の女児の1人の叔父だったというから洒落にならない。警察上層部はこの事実を隠し、尚且つ“犯人の早急な検挙”を目指すのですが、白羽の矢が立ったのが優秀な刑事だけども警察大学を出ていないために昇進できないでいた主人公、チェ・チョルギ(ファン・ジョンミン)でした。

02_2 03_2

主人公だけあって彼の描かれ方が、最初はこれが案外共感が持てるようにしてあるのがミソ。先に昇進する警察大卒の後輩に不遜な態度をされ、妹の亭主が建設会社社長から現金を受け取っていたことで監察に身分証を剥奪される。同じノンキャリアの仲間たちのためにも出世したいという想いや、先輩後輩の序列が厳しい韓国社会で後輩から受けた屈辱感というのは、彼が犯人でっち上げに手を染めても仕方ないと思える説得力がありました。更にいうと、チョルギの部下で後輩のデホ(マ・ドンソク)の存在が、寡黙だけれど部下からの信頼が厚いノンキャリアのリーダー・チョルギの存在を強調しています。さて、チョルギが不正に手を染め始めると話がちとややこしくなってくる。彼は有力容疑者イ・ドンソクを犯人にでっち上げようと決め、それを裏組織の人間に依頼します。

04_2 05_2

その上意外な場面でチョルギの名前が登場してくることに。そこで登場するのが検事のチュ・ヤン(リュ・スンボム)。実は彼のパトロンの不動産業界の大物・キム会長が以前チョルギに逮捕されていたのです。そしてこのキム会長のライバルが表向きは建設会社社長、実は裏組織のボスであるチャン・ソック(ユ・ヘジン)。そうチョルギに犯人でっち上げを依頼された裏組織の男が正に彼。ここから先の話はチョルギ刑事・ヤン検事を軸にキム会長・チャン社長が絡んで展開されていくので、この四者のパワーバランスに注目です。例えばヤンはチョルギの犯人でっち上げに気付きますが、本作は単純にそれを追求する話じゃないというのが面白い。要するにヤンはチョルギの「犯人でっち上げ」という弱みを握るけれど、逆にチョルギもヤンの「キム会長との癒着」という弱みを握るのです。

06_2 07_2

更に言えばチャン社長に到ってはチョルギとヤンの両者の弱みを握っているという状況。ただし彼もある意味イ・ドンソク当人に弱みを握られているのですが。即ちこの状態で誰か一人の弱みが露見すると芋づる式に全部が明るみにでてしまう、人の不利益は自己の不利益であり、逆もまた然りなのです。しかしこの中でキム会長だけは誰の弱みも握っていません。彼が早々に舞台から退場してしまうのはこのパワーバランスの中からすれば当然の事でした。こんな状況で一体オチはどうすんの?っと思ったときに話は動き始めます。微妙なバランスを崩したのはイ・ドンソク。検察に自白しようとした彼をチャン社長は組織の殺し屋に殺らせます。この結果、チャン社長だけが弱みがなくなる、つまりチョルギやヤンに対する立場が強くなる訳です。

08_2 09_2

もちろん2人の弱みは自分の弱みでもありますが、チョルギやヤンの失うもの=権力の方が遥かにダメージが大きいのは自明の理ですね。チョルギは最早チャン社長を実力で排除するしかない状況に…。巡りが悪い時はとことん上手く行かないもので、チャン社長殺害時のアクシデントとはいえ、もっとも信頼している部下のデホを自らの手で殺害してしまうに到ってはもはや完全ドツボ。しかし事件そのものはチョルギの隠蔽工作で幕引きとなり彼は無事昇進します。ただ今ひとつ解りにくかったのはチョルギとヤンの関係。お互いに弱みを握り合うものの、一時はヤンの方が別口の弱みを握ることで優位に立っていたハズ。劇中チョルギがヤンに詫びを入れるシーンはありますが、まさかそれで手打ちにするほど甘くはないと思うのですが…。

10_2 11_2

いずれにしてもこの後、死んだイ・ドンソクがDNA鑑定の結果真犯人だったことが判明…。結局散々大騒ぎして多くの死人をだしたにも関わらず、実は偶然にも最初から真実の道を歩んでいたというのだからこれはもうチョルギとしてはやりきれない…。この時点では当初彼に対して抱いた共感などとっくに消えうせていますから、自業自得だとしか思えません。もはや自分で自分の命を断つことでしか彼の苦悩は消えないだろうし、それも出来ないとなれば冒頭に書いたとおり「哀れな男だな…」と思のみ。そしてラスト。韓国人検事が日本の特捜検察が巨悪を追い詰めることが出来るのを羨ましいと言っている何かの記事を読んだことがありますが、成程と思わせる結末に、結局は権力者のみが得をする社会なのかとやるせない気持ちになったのでした。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:珍しくヒロインなしの硬派なドラマでした
総合評価:77点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アンノウン/Unknown | トップページ | 4月の涙/Käsky »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39886707

この記事へのトラックバック一覧です: 生き残るための3つの取引/부당거래:

» 生き残るための3つの取引 [だらだら無気力ブログ]
世間が注目する重大事件を巡り、出世をエサに上司から命じられた犯人 ねつ造の悪事に手を染めた叩き上げの敏腕刑事と、それを察したエリート 検事の対立を軸に、権力組織の腐敗とその中で懸命にもがく男たちの姿を 二転三転する緻密な構成と力強い演出でスリリングに描き…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 00時34分

» 生き残るための3つの取引 [ダイターンクラッシュ!!]
2011年5月1日(日) 15:10~ 銀座シネパトス2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:600円(買っていない) 『生き残るための3つの取引』公式サイト 韓国の犯罪映画なので、過度なバイオレンスを期待するが、その手のタイプでは無かった。 出世のできない刑事が、上官の命令により、裏社会の人間の協力の元に、幼児殺害犯の犯人を捏造するも、検事に捏造の企みがバレ、どんどん追い込まれていくというサスペンスな内容だ。 韓国で大ヒットしたとの触れ込みだが、パトスの刑をくらっているが証... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 01時11分

» 生き残るための3つの取引 [映画尻エリカ]
『生き残るための3つの取引』 (2010・韓国) 1h59 監督 : リュ・スンワン 出演 : ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・ヘジン 韓国社会を揺るがす連続幼女殺害事件。世論の矛先をかわすためだけに韓国警察のトップは一人の刑事に犯人を仕立て上げさせる。 その事に刑事が四苦八苦。が見所の作品なのかと思ったけど、確かに色々と苦労していたけど、その水面下で繰り広げられる訳あり刑事と訳あり検事の暗闘の方が面白かった。 訳あり検事役のキャラクターが面白い。高学歴を鼻にかけるヤな奴だけ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 02時55分

» リュ・スンボム 最新情報 - これ好き! KoreaFan [これ好き! KoreaFan]
リュ・スンボム の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 04時37分

» 生き残るための3つの取引 [あーうぃ だにぇっと]
4月21日@一ツ橋ホール。 予想通り常連さん大集合。(笑) 横入りしたT橋厨房が席をガメていてうっとおしい。 別の試写でも、席をガメるのに夢中で(笑)とってもジャマだった。 席を取ったら座ればいい。 立って席押さえてるから中の席に入って行かれなかったのだ。(巨体だしね) 通行妨害はやめましょう。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 05時26分

» 生き残るための3つの取引/ファン・ジョンミン、リュ・スンボム [カノンな日々]
『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』のリュ・スンワン監督が挑んだ社会派サスペンス作品です。主演は『星から来た男』のファン・ジョンミンさんとリュ・スンワン監督の弟でもある ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 07時36分

» 生き残るための3つの取引 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★【2点】(10) 人物相関図が事前に入ってないと、似たような役名で混乱する。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 22時10分

» 生き残るための3つの取引 [まてぃの徒然映画+雑記]
韓国の検事ってあんなに嫌みったらしいものなのかな。 警察広域捜査チームのチェ班長は、警察学校出身ではないため、優秀な実績を上げながら昇進できないでいた。大統領が注目する幼児虐殺事件の有力容疑者を射殺してしまった警察は、昇進と引き換えにチェ班長に別の容...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 22時47分

» 生き残るための3つの取引 [象のロケット]
女児連続殺人事件の有力容疑者を射殺してしまった警察は、出世を条件に刑事チョルギに犯人のでっち上げを命じる。 チョルギは裏組織に通じた建設会社社長チャン・ソックに頼み、ニセの容疑者イ・ドンソクを逮捕した。 チャン・ソックと対立する不動産業界の大御所キム会長から資金提供を受けている担当検事チュ・ヤンは、犯人でっち上げを見抜くのだが…。 クライム・サスペンス。 PG-12。... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 21時29分

» 映画「生き残るための3つの取引 」ワルイ奴ら勢ぞろい [soramove]
「生き残るための3つの取引 」★★★☆ ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・ヘジン出演 リュ・スンワン監督、 119分、2011年4月29公開 2010,韓国,CJ Entertainment Japan (原作:原題:THE UNJUST )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「名作『クライング・フィスト(2005)』の監督作品なんで 今度はどんなだろうかと期待して劇場へ、... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 22時54分

» 生き残るための3つの取引 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。韓国映画原題:不当取引、英題:THE UNJUST。 リュ・スンワン監督、ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・ヘジン、チョン・ホジン、チョン・マンシク、マ・ドンソク。 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 23時33分

» 「生き残るための3つの取引」 [てんびんthe LIFE]
「生き残るための3つの取引」シネマート新宿で観賞 2011-041 リュ・スンワン監督の社会派サスペンス。 アクションもあるけれど、警察、検察、悪い奴が絡み合い絡みあう糸をほぐすと何が残るか…。 みたいなお話ですが、台詞を手繰っていくので役者が何の役なのかを把握できないと難しい。 日本では警察と検事は同じような趣旨で動くような感じがしてますが、こちらは敵対視しています。 検事×弁護士ならわかるんだけど。 人のいい刑事さんはファン・ジョンミン。 エリート検事のリュ・スンボム。 ま... [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 10時03分

» 生き残るための3つの取引 第176回 連続する、悪い男達の駆け引きと逆転 [うまい棒めんたい味の如く映画を語る]
「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」等でアクション映画ファンの心を鷲掴みにした リュ・スンワン監督の新作、「生き残るための3つの取引」鑑賞致しました。 さて、今作は腐敗した警察社会を舞台...... [続きを読む]

受信: 2011年5月12日 (木) 07時21分

» ■『生き残るための3つの取引』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:韓国映画、リュ・スンワン監督、ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・ヘジン、チョン・ホジン、マ・ドンソク出演。 [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 01時43分

» 『生き残るための3つの取引』 [こねたみっくす]
犯人捏造、検事買収、証拠隠滅。その3つの取引の先にあるのは皮肉という名の哀れな結末。 韓国のタランティーノという異名を持つリュ・スンワン監督が挑むこの社会派クライムサ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 09時21分

» 生き残るための3つの取引 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイト法と正義を司るはずの組織は、非情な弱肉強食の世界。正義や良心の“居場所”はない。袋小路に追い詰められる刑事役のファン・ジョンミンのやるせない表情がいい。誰よ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 3日 (金) 09時36分

» 生き残るための3つの取引 [いやいやえん]
全ての取引の発端となる「犯人捏造」…出世を望む刑事 ×対立する検事×弱みを握る裏組織の3つ巴の駆け引きの中、必死であがく人間模様を描く。 そもそもは「女児連続殺人」の容疑者を警察が射殺してしまった事に始まる。でもいくら世間の非難を浴びようとも、犯人でっちあげはさすがにまずいよ^;映画作品なんかではその無能ぶりを披露している韓国の警察組織、実際にはどうなんでしょうね。この作品に関しても、容疑者を絞っていく過程が粗くてそんなのでいいのか?と疑問に思ってしまう描写だった。 検事買収、証拠隠蔽、... [続きを読む]

受信: 2011年10月26日 (水) 10時56分

» 生き残るための3つの取引 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【BAD DEAL】 2011/04/29公開 韓国 PG12 119分監督:リュ・スンワン出演: ファン・ジョンミン、リュ・スンボム 、ユ・ヘジン、チョン・ホジン、マ・ドンソク、チョン・マンシク 出世を望む刑事times;対立する検事times;弱みを握る裏組織三者の思惑と欲望が...... [続きを読む]

受信: 2011年11月13日 (日) 23時52分

» 【生き残るための3つの取引】人間はみんな弱くてお馬鹿さん [映画@見取り八段]
生き残るための3つの取引〜 不当取引  〜 監督: リュ・スンワン    出演: ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・ヘジン、チョン・ホジン、チョン・マンシク...... [続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 13時52分

» 生き残るための3つの取引/ジャンケンで一番強いのはどの手か? [映画感想 * FRAGILE]
生き残るための3つの取引BAD DEAL/#48512;#45817;#44144;#47000;/監督:リュ・スンワン/2010年/韓国 まったく、どいつもこいつもみんな悪いやつばっかりですよ! 深夜、寝る前にアップルTVでなにか借りて見て、眠くなったらそのまま寝ちゃえばいいやーっと思いながら選んだのが、韓国映画「生き残るための3つの取引」です。「死ぬまでにしたい10のこと」とか「幸せになるための27のドレス」とかみたいなタイトルだなーっと思いつつで... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 00時05分

« アンノウン/Unknown | トップページ | 4月の涙/Käsky »