« レッド・バロン | トップページ | アトムの足音が聞こえる »

2011年5月27日 (金)

恐怖新聞

Photo_2 つのだ次郎の同名のオカルト漫画を実写映画化。深夜2時になると配達され、1日読むと1年分の寿命が奪われる“恐怖新聞”が届くようになった主人公が、その周辺に起こる怪現象に立ち向かう姿を描く。主演はAAAの真司郎。共演に近野成美、相馬圭祐、宮川一朗太らが出演する。監督は『ライトノベルの楽しい書き方』の大森研一。
>>公式サイト

心理サスペンスじゃなく心霊サスペンスなのに…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

つのだじろうの「恐怖新聞」といえば私の世代では「うしろの百太郎」と並んでホラー漫画の名作。それが映画化されるということで、久しぶりに池袋まで遠征鑑賞です。劇場につくと、なんだか若い女性が一杯、しかもお母さんに頼んで連れてきてもらった様子の少女までいる。何故かと思ったら、どうやら主演の真司郎(AAA)と共演の相馬圭祐という若手イケメン俳優狙いらしい…。すいません、どちらもおじさん的には聞いたこともありませんでした。さて、主人公・鬼形(真司郎)は深夜1時59分45秒になると強烈な頭痛に見舞われ、2時ジャストに恐怖新聞がアパートの郵便受けに届きます。これが1日読めば1年分の寿命が奪われるらしい。

02_2 03_2

……多すぎ。原作では1日読むと100日でした。もっともそんなことは序の口だったことが後々明らかになります。ところでこの作品、結論から言うとあまり面白くなかったのですが、それは複数の要素が存在する割りに、そのうちの1つを除いて残り全てを放置したまま終わってしまっているから。その1つとは鬼形が密かに好意を抱いている大学の同級生・雨宮しずく(近野成美)にかけられた呪いを解く話。鬼形は最初に恐怖新聞が届くことで、雨宮に呪いの人形が届くことを知ります。何度捨てても戻ってきてしまう不気味な洋人形、そして雨宮の背後には貞子ばりの長い髪の毛で顔を隠した女性の霊が…。実は恐怖新聞の原作ではこの新聞を配達しているのはポルターガイストと言われる霊。

04_2 05_2

これがまた超強力な霊という設定なので、他の霊が鬼形に危害を加えようとすると「こいつの命はオレのものだ」とばかりに助けてくれるというのが面白い点の一つだったりします。ところが本作ではそのポルターガイストに代わって、恐怖新聞を配達しているのは少年時代に鬼形の目の前で怪死した親友に変更されています。それならばこの親友の霊が鬼形とどう関わってくるのか、或いは雨宮に憑いている女性の霊とどう絡んでくるのかと思って観ていたのですが…。物語はそうした霊的な要素を一切排除した形の結末が用意されていました。即ち何度捨てても人形が戻ってくるのは、鬼形と共に雨宮を助けようとしていた同級生の永森隆太(相馬圭祐)が自ら捨てて自ら拾うという自作自演をしていたから。

06_2 07_3

実は永森にも恐怖新聞が届いていて、呪いの人形を雨宮から引き離したら自分が死ぬという警告を受けていたのです。結局人形は鬼形によって、永森の知らない場所にすてられ、雨宮の呪いは解けることに。推理サスペンスならこの結末もありですが「恐怖新聞」はあくまでも心霊サスペンス。結末に心霊現象や霊そのものがダイレクトに関わってこないならわざわざ登場させた意味がありません。せっかく出て来た鬼形の親友の恐怖新聞配達人も恨みの篭ったセリフを鬼形に吐くものの、だからどうと言う話の広がりもなく終わってしまう…。女性の霊もタダそこに立っているだけで、別に何かする訳でもない…。特にこの女性の霊はゾクッとする気持ち悪さがあっただけに活かさない手はないと思うのですが。

08_2 09_2

更に言ってしまうと、物語に絡んでくる喫茶店の店長・高清水学(宮川一朗太)は、何故か随所随所で的確なフォローを入れ、ラストでは謎の存在だったことが明かされることになるのですが、そこら辺の掘り下げももうチョットしてくれると、物語の進行の中での怪しげな怖さが増したと思います。そして1番残念なのが恐怖新聞そのものが、単に他の心霊事件を解決するためのツールになってしまっていること。確かに“新聞”なだけに情報を得るツールとしての一面はあるのですが、タイトルが「恐怖新聞」というのは、あくまでもそれが軸であり主体であるから。新聞でありながら鬼形とならんで一方の主人公でなくてはならないはず。単に怪しい謎の新聞というだけでは本当の意味での「恐怖新聞」ではないのです。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:人形自体の見せ方も工夫が欲しかった
総合評価:44点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« レッド・バロン | トップページ | アトムの足音が聞こえる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/40134836

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖新聞:

» 『恐怖新聞』をシネマロサ2で観て、のれないAAAダメ人間ふじき☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆うーん、特にこれと言った取り柄もないし】 怖くないし、レイダースみたいなラストが何言ってんだかよく分かんないし。 ただ、映画館にAAA目当てで 凄えイ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月30日 (月) 13時03分

» 恐怖新聞 [銀幕大帝α]
11年/日本/71分/ホラー/劇場公開 監督:大森研一 原作:つのだじろう 出演:真司郎、近野成美、相馬圭祐、宮川一朗太 <ストーリー> 怪奇現象研究同好会に所属する鬼形経の下に、ある夜突然謎の新聞が届く。「購読料は1年分の寿命」という文字と共に掲載されて...... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 00時21分

» 恐怖新聞 [いやいやえん]
つのだじろう原作の「恐怖新聞」をもとにした作品。映画化となっていたけど「もとにした作品」のほうがあってると思う。原作の設定を元にしたオリジナル脚本で、鬼形家の子孫、鬼形経(大学生)が主人公。 少々声がこもり気味なのが気になった。字幕もないので聞き取りづらいです。0時じゃなくて真夜中2時に配達される「恐怖新聞」。「しんぶーん!」がないのがちょっと寂しい(笑)無理矢理配達されますが購読料は寿命一年です。 同級生の刺殺から始まり、同じ同好会の雨宮がメリーさんの人形の呪いに狙われたと知り、親友と... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 16時21分

» 【恐怖新聞】イケメン出しときゃいいだろって・・・ [映画@見取り八段]
恐怖新聞 監督: 大森研一    出演: 真司郎、近野成美、相馬圭祐、宮川一朗太 公開: 2011年5月        DVD鑑賞で・・・ 原作は、つのだじろう氏の「恐怖新聞」。 読...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 2日 (水) 21時27分

« レッド・バロン | トップページ | アトムの足音が聞こえる »