« ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」 | トップページ | アウェイク/Awake »

2011年5月18日 (水)

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

Photo 人気劇作家・前田司郎の小説を映画化。新婚早々の倦怠期を迎えた夫婦が何と地獄への旅行を通じて愛情を取り戻すコメディー映画だ。主人公の夫には『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の竹野内豊がコメディ初挑戦。その妻に「のだめカンタービレ 最終楽章」シリーズの水川あさみ。共演に樹木希林、片桐はいり、でんでんら超個性的なメンバーが揃う。監督は本田隆一。
>>公式サイト

濃厚な個性派俳優が一挙集結!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

何とも楽しい作品でした。妙に芝居がかったコメディというか、意外性の面白さというか。そもそもどっからどうみても真面目な竹野内豊がコメディと言うのがイイ。同様にその妻役の水川あさみも、「のだめカンタービレ」シリーズのような笑える作品にも出演しているけれど、本人は真面目な役が多いし、どちらかと言えばクールビューティーなタイプです。大木信義(竹野内豊)と咲(水川あさみ)は、新婚カップルにして倦怠期。察する所、長い間同棲していて、いい加減結婚するかとしてしまったクチのよう。この2人がひょんなことから地獄旅行に出かけることになり、そこでお互いの愛情を再確認しあうというのが本作の流れです。ところがその“ひょんなこと”からして笑える。大体どんな話なのかイマイチわかっていない序盤の段階から登場する俳優が超濃い面々。

02 03

何故かエスカレーターでズブ濡れの柄本明(役:濡れた男)が炊飯ジャーを抱えて登場するわ、希木樹林や、片桐はいりがデパートの隅に店を構える怪しさ120%の占い師とその助手で登場するわ…。役名はあるのだろうけれど正直ご本人の名前で呼びたいぐらい。もう好きな人は彼らの小芝居で爆笑すること請け合いです。希木樹林は若干『ゴースト もういちど抱きしめたい』入ってましたが…。2人は彼女たちの勧めで地獄旅行に行くことになるのだけれど、何と地獄の入口は五反田のデパートの屋上のバスタブ。洗濯機がタイムマシーンな話は聞いたことがあるけれどこれは初耳です。で、地獄。信義と咲の2人は目的地であるホテル“いいじま屋”まで決して振り向かずに歩けと言われているのだけれど、そんな彼らを振り向かせようとまたしても濃い~面々が登場してくるのでした。

04 05

南海キャンディーズのやまちゃんこと山里亮太は何で地獄にいるのか良く解らないけれど信義の友人・浦澤役で、緋田康人と大堀こういちはメチャクチャ似合わない天使役で、その他意味不明な登場人物たちによる大パレードが2人の背後で繰り広げられ、気になって仕方のない2人は我慢できずに振り向くことに…。言うまでもなくこの逸話は古事記にあるイザナギがイザナミを黄泉の国から連れ戻す話と同じなのだけれど、振り向いたからと言って信義と咲が永遠の別れになるわけではありません。その代わり漏れなく赤いでんでんが登場します。一応“赤い人”と呼ばれていますが、実際問題赤いでんでんなのだから仕方ない…(苦笑)しかも赤いでんでんは何人も登場し、竹野内豊と水川あさみは大勢の赤いでんでんに追われるという、ある意味映画史に残る迷シーンが展開されます。

06 07

もし捕まったら“ボデーを透明に”されてしまうのか?!しかしそんな2人を助けたのが『アバター(2011)』の橋本愛扮する“青い人”ヨシコでした。もう何だか良く解らないけれどとにかく青い。モロに青絵の具かなんかで塗ってるだけなのだけれど、それでも橋本愛は可愛らしい。そう、たとえ赤くてもでんでんなのとそこは一緒なのだ…。後で解るのだけれど、普通の人間が地獄に長くいると“赤い人”か“青い人”になってしまうのだそうな。“赤い人”は言葉をはじめ色々なことを忘れてしまうけれど、芸術的なセンスに優れているんだとか。まあ地獄で赤と青と言ったら“鬼”しかいないワケですが、女性のムダ毛と同じくいつのころからか角の処理をするのが一般的になった……なんてことは全て“いいじま屋”の案内人の“青い人”イイジマに扮する荒川良々が教えてくれます。

08 09

そう、信義と咲は助けてくれたヨシコにそこまで送ってもらったのでした。ホテルについてからのしょーもない小芝居は、大爆笑とまで行かなくても「ぷっ」といったところか。ただそんなのが連発してくるのです。この辺り、竹野内豊も水川あさみもなれないコメディとはいえ、本人的には楽しんで演じているのが良く伝わってきます。彼のボケや間延びした台詞回しも、これをお笑い芸人がやったら大して面白くないでしょうが、彼ら2人だからこそ面白い。ちなみに台詞回しと言えば、信義と咲の会話劇もこの作品の見所の一つです。決して嫌い合っているわけではないけれど、出会った頃の熱々振りではない夫婦の会話、この何となく伝わってくる2人の間のけだるさがあるからこそ、この後のいわば地獄巡り通じて徐々に信義と先の距離感が縮まってゆくのが良く解ります。

10_2 11

もっとも、一緒にいて何年もたったカップルなど普通こんなもんだろうと思うのですが…。地獄の温泉、地獄甘えびの食べ放題、そしてヨシコたち姉弟と行くナイトマーケット、といった各シーンで繰り広げられるオバカネタはこれが実に楽しい。個人的にはビーフシチューの温泉ネタが結構ツボでした。さて、いざ地上に戻る段になると、今度は奈落の底に向かって歩けと言われます。奈落とは即ち地獄のこと。倦怠期のカップルは一度地獄を見れば復活するということなのか?(笑)もし次地獄に来たら“赤い人”か“青い人”になってしまうらしいから地獄旅行はこれが最初で最後、当然続編などないでしょうが竹野内豊と水川あさみのコメディ映画もこれが最初で最後ということなのかもしれません。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:笑いのポイントが合うかどうかだね
総合評価:74点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」 | トップページ | アウェイク/Awake »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/40028795

この記事へのトラックバック一覧です: 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇:

» 大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇(2011-030) [単館系]
大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は 新婚にもかかわらず、すでに倦怠(けんたい)期を迎えているような状態。 新居に引っ越しをしてみたものの雰囲気が良くなることもなく、痴話げんかが絶えない...... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 01時17分

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 晴れた日は映画を観よう [映画のブログ]
 「晴れた日は映画館へ行こう」というのは、『ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍が、ユナイテッド・シネマ浦和のオープンのために考えた惹句である。  天気の良い週末、別になんの予定があるわけでもなく...... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 02時14分

» 大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇(2011-030) [単館系]
大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は 新婚にもかかわらず、すでに倦怠(けんたい)期を迎えているような状態。 新居に引っ越しをしてみたものの雰囲気が良くなることもなく、痴話げんかが絶えない...... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 02時30分

» [映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆非常に面白かった。  ジャンルで言うと、ちょいハートフル・シュール・ファンタジー&コメディってとこか?  交際期間が長く、惰性で結婚、初夜にして倦怠期に突入してしまった二人が、ひょんなことから地獄を旅行することになり、そこでお互いの存在を再認識するに...... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 06時08分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [佐藤秀の徒然幻視録]
空気に流される日本人は地獄も平気で旅する 公式サイト。前田司郎原作、本田隆一監督、竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、片桐はいり、荒川良々、橋本愛、でんでん、山里亮太(南 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 07時37分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイトシュールな展開と濃い脇キャラが、愛を探す天然カップルの旅を彩る。いまひとつ笑えなかったのは私だけか??!!大木信義と妻の咲は、長い同棲生活の末に、なし崩し的 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 08時49分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [象のロケット]
長い同棲生活の末、なし崩し的に結婚した大木信義と咲は、新居に引越したものの既に倦怠期。 近所のスーパーで、胡散臭い占い師の女から「探し物なら地獄にあるわよ。」と勧められたのを機に、信義と咲は新婚旅行のつもりで、1泊2日の“地獄”旅行(温泉付き・甘エビ食べ放題)に行くことになったのだが…。 摩訶不思議コメディ。... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 17時22分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [シネマDVD・映画情報館]
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 監督:本田隆一 出演:竹野内豊/水川あさみ/樹木希林/片桐はいり/荒川良々/橋本愛/でんでん/山里亮太/柄本明 原作:前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 内容:大木信義と咲は、新婚なのに、もう倦怠期。新居に引越しをしてみたものの、特に気持ちが盛り上がることも無く、些細なことでの痴話喧嘩が絶えない。そんな中、近所のスーパーの怪しげな占い師に勧められ、2人は1泊2日の新婚地獄旅行に行く羽目に。...... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 21時41分

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 [・*・ etoile ・*・]
'11.05.03 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(試写会)@東商ホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。試写会応募する際には、そのタイトルやドタドタっぽいチラシが、竹野内豊のイメージと一致しないなと思いつつ、GW目の保養枠ということで行ってきた。 応募時には気づいていなかったのだけど、舞台挨拶つき試写会だった! 17:00開場の1時間前会場待ち合わせにしたけど、すでにかなり並んでる! 東商ホールって段差がないから、チビッコには辛い… 取れた席は後ろの方だったけど、通路側... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 01時01分

» 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 [てんびんthe LIFE]
「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 2011-046 竹野内初コメディーというので壊れぶりを見に行きましたが、全く壊れた様子はありませんでした。 どこ角度から見ても物凄く素敵よ! あんな、手ぬぐいで鉢巻したって全然壊れてない。 まさか耳栓の代わりとは思いませんでしたが。 竹野内さまと水川あさみちゃんの絶妙な会話から成り立つこの作品。 脇の方々も超豪華なのですが、ブラックユーモア満載で、そんなにどたばたした様子もなく、このテイスト好きです。 本田隆一監... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 21時01分

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(竹野内豊&水川あさみ) [ラムの大通り]
※追補でネタバレに触れているかも。ご注意を! ----この映画、キャスティングがオモシロいよね。 「うん。つい最近、 小出恵介 との熱愛が報道された水川あさみ (『彼岸島』『今度は愛妻家』)と、 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の熱演も記憶に新しい竹野...... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 23時22分

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 独創!絶妙!で、最後にほろりとやられちゃうコメディの傑作! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 (C)映画 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」製作委員会 新宿バルト9での初日舞台挨拶付きの回、観てきました! しかも最前列! 上映後には、キュートで気さくな主演のお二人と監督による舞台挨拶があり、楽しそうな撮影の裏... [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 07時24分

» 映画・大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [お花と読書と散歩、映画も好き]
原作の感想はこちらdarr; 前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 脚本は原作者でもある前田司郎さん こういう映画大好きです 夫、のほほんとした信義・竹野内豊 コメディを演じる竹野内さん ファンの方には受け入れOKなのでしょうか? 金城武...... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 12時08分

» 映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
ゴールデンウィーク明けの土曜日、母の顔を見に和歌山に行きました。 最近、途中で必ず立ち寄るのが「天理PA」(公式サイト) [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 20時10分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇/竹野内豊、水川あさみ [カノンな日々]
どこかで竹野内豊さんがコメディー映画に初挑戦したと聞いて、あの二枚目俳優が大丈夫かなと思いましたけど、劇場予告編を観たら案外イケるじゃないの?という感じだったので楽し ... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 07時39分

» 映画「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」次は天国編もあるのかな [soramove]
「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」★★★ 竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、 片桐はいり、荒川良々、柄本明 出演 本田隆一監督、 121分、2011年5月14日公開 日本,ギャガ (原作:原題:大木家のたのしい旅行)                      →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「傑作『ブラック・スワン』の余韻を引きずりながら そんな時は軽めのこんな映画が良いだろうと劇場へ、 長く付き合った末に結婚... [続きを読む]

受信: 2011年5月25日 (水) 20時30分

» 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2011年・日本/配給:ギャガ監督:本田隆一原作・脚本:前田司郎 劇団「五反田団」の人気劇作家、前田司郎の同名小説を、原作者自身の脚本により映画化。監督は「GSワンダーランド」の本田隆一。 同棲生活4... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 01時56分

» ■映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
竹野内豊と水川あさみが、長い同棲を経て、なし崩し的に結婚してしまった新婚カップルを演じたコメディ映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。 あんまりコメディのイメージが亡い竹野内豊ですが、テンション低めの脱力系演技が、妙にこの映画の世界観にハマっています。... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 04時24分

» 大木家のたのしい旅行 [映画的・絵画的・音楽的]
 『大木家のたのしい旅行』を新宿バルト8で見てきました。 (1)『太平洋の奇跡』では随分とシリアスな演技をしていた竹野内豊と水川あさみが、本格コメディに初めて出演するというので、新婚早々倦怠期に陥っている二人が「地獄」に行くとしても、そこは従来のものとは大...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 06時34分

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 [『映画な日々』 cinema-days]
同棲4年を経て成り行きで 結婚した二人の新婚旅行の 行き先はなんと地獄!! 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作・脚本:前田司郎 [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 02時19分

» 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」:瓦礫の中のゴールデン・リング [大江戸時夫の東京温度]
映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』は、かなり不思議な作品でした。今注目され [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 01時23分

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』をシネマート六本木2で観て、本田らしいなふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆押し寄せるような笑いじゃないから誉めづらいんだよなあ】 一番いいのがチラシのデザイン。 このチラシのデザインに こんな風に映画が作られるべきだとい ... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 03時24分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
地獄に落ちて、 シアワセになろう。 シアワセ探しに 地獄ツアーへ 劇作家・前田司郎の小説の実写映画化。1泊2日の地獄ツアーに行った新婚夫婦の珍道中を描いたコメディ映画。 長い同棲生活の末結婚した... [続きを読む]

受信: 2011年6月25日 (土) 00時44分

» 映画:大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [よしなしごと]
 暗い話題が多いので、楽しい作品を観たいということで、大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇を見てきました。まぁ、本音は水川あさみの入浴シーンなんですけどね(^^;; [続きを読む]

受信: 2011年7月12日 (火) 07時01分

» 大木家のたのしい旅行/新婚地獄篇 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
劇作家・前田司郎の同名小説を「市民ポリス69」の本田隆一監督が映画化。新婚ながら倦怠期のカップルが、ひょんなことから地獄へ新婚旅行に出かけることになる顛末を描く。出演は ... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 19時06分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [Memoirs_of_dai]
個性派俳優が味を出す 【Story】 大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は、新婚だがすでに倦怠期。新居に引っ越ししたものの雰囲気が良くなることもなく痴話喧嘩が絶えない。そんなある日近所...... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 23時38分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [A Day In The Life]
新作DVDで観賞 解説 岸田國士戯曲賞、三島由紀夫賞など、数々の賞に輝く人気劇作家・前田司郎 の小説を映画化したハートウオーミング・コメディー。 新婚にもかかわらず倦怠(けんたい)期のような雰囲気の夫婦が、愛と情熱 を取り戻すべく奇想天外な旅に出掛けるさま... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 21時39分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [いやいやえん]
すでに倦怠期のような新婚さんの大木信義と妻の咲。竹野内豊さんとか久々に見た気がする。妻は氷川あさみさん。 彼らが赴くことに成る「地獄」は、入り口がデパートの屋上のバスタブだったり血の池がビーフシチューだったりと、はちゃめちゃでゆる〜い作品になってました。荒唐無稽な展開とノリなのですが、なんだかまったりとしてしまう。ただ、(かなり濃い)脇役方は豪華ですよね〜。登場だけで笑ってしまう人も多々。 このカップル2人の会話だけでも結構面白い。慣れてしまったカップルってこんなものかもしれませんね。 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 09時09分

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [食はすべての源なり。]
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 ★★★★☆(★4つ) 面白いっ!これ。声出して笑っちゃった。 ゆる~い感じと、「そうそう!それ思う」っていうツボを押さえている。 細かい、くだらないことに男って「適当にそうだね、とか言っておけばいいのにいちいち突っ掛るじゃーん」て。...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 7日 (水) 11時35分

» 【大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇】地獄、往復19800円、こけし付き [映画@見取り八段]
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 監督: 本田隆一    出演: 竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、片桐はいり、荒川良々、でんでん、橋本愛、柄本明、鈴木福、平田敬士 公開: 2011年8月   ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 19時30分

» DVD「大木家のたのしい旅行 新婚地獄編」探していたもの [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
パパンが大絶賛して、300回くらい面白いから見ようよ~というので、ようやくDVDをレンタル。 ダルダルでゆるゆる加減が絶妙なハートウォーミング・コメディーは、ねえねも大気に入り♪... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 12時25分

« ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」 | トップページ | アウェイク/Awake »