« マイティ・ソー/Thor | トップページ | アンダルシア 女神の報復 »

2011年6月26日 (日)

酔拳 レジェンド・オブ・カンフー

Photo 『ドランク・モンキー/酔拳』のユエン・ウーピン監督作品。その作品でジャッキー・チェンの師匠役として登場した伝説の武術家・蘇乞兒の反省を描いたカンフーアクション伝記映画だ。主演は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズのチウ・マンチェク。共演にジェイ・チョウやミシェル・ヨー、デヴィッド・キャラダインといった香港スターが勢揃いした。
>>公式サイト

酔拳?殆ど出てきません…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

うーん、何だか騙されたような作品。そもそも酔拳なんて最後のほうで唐突に出てくるだけで、物語本線には何にも絡んでこないし。原題の「蘇乞兒」についてチョット調べてみたら、清朝末期に武術の達人とされた10人「広東十虎」の内の1人で、酔拳を完成させたという実在の人物のことだそうな。『ドランク・モンキー/酔拳』でジャッキー・チェンに酔拳を仕込んでいた赤鼻のオッサンが正に当人なのだそうだけれど、時代的にはフィクションということらしい。乞食のような格好で息子と共に国中を旅していたから“乞兒”で、姓である“蘇”と合わせて「蘇乞兒(スー・チー・アル)」ということなのでしょう。要するに、本作は蘇乞兒の伝記物語ということなのです。

02 03

従って『ドランク・モンキー/酔拳』のように、主人公が酔拳を会得して敵を倒してゆくということは全くなく、その意味でこの邦題はとてつもなくミスリードだと思います。上映時間は116分と、今時の映画としては特に長いワケではないのだけれど、見終わってみると2時間半ぐらいあったのではと感じました。というのもこの作品、何故だかストーリーが2つあるから。最初は戦士スー・サン(チウ・マンチェク)と兄ユアン(アンディ・オン)の骨肉の争いを描いています。五毒邪拳を用いてスー・サンに襲い掛かるユアン。一度は戦いに敗れるも九死に一生を得て、森の中で武神(ジェイ・チョウ)と修行を始めます。当然期待しているのは、いつで酔拳を習い始めるんだろう?ということ。

04 05

特に香港カンフー映画や中国の拳法に詳しいくもないので、当然ここで酔拳を学びリベンジを果たす物語だと思っていたのだけれど、酔拳の“す”の字も出てこない(笑)大体、五毒邪拳はいわゆる毒手拳というやつで、猛毒を含んだ手に撃たれるとそれだけで死に結びつくという強力な拳法。そんな特殊な拳法に対抗するならこちらも何か特殊な拳法をもってすると考えても無理ないと思うのですが。結局全うに修行して普通にリベンジを果たすのだけれど、この時点で「酔拳どーなってんだよ!」と…。一応チウ・マンチェクとアンディ・オンのカンフーアクションはそれなりに迫力があるのだけれど、ユアンの方は何だか体に金属を埋め込んで鎧にした挙句、五毒邪拳のお陰で死人のような顔色。

06 07

ついでに言うと、修行の時からそうなのだけれど、余りにワイヤーアクションを全面的に使いすぎて、まるで武術家同志の戦いというより『霊幻導士』でも観ているかのようだったりします。要するに重力が全く感じられないという…。『イップ・マン』や『処刑剣』あたりでもワイヤーは使ってましたが、基本は己の肉体ベース。この辺り少し演出的にワイヤーは控えて欲しかったところです。反面、投げた短刀が敵に向かって飛んでゆくようなCGベースの演出はこれが結構迫力があってイイんですけど。結局この後普通の拳法でスーがユアンを倒すクライマックスで終わりかと思いきや、ここから次のお話に進むのでした。エピローグ的な話ではなく、思いっきり話は続くのです。

08 09

先の戦いの結果妻を亡くし、そのショックから立ち直れないままに乞食同然に国中を放浪するスー。たまたま酒場で出会った男が使う酔拳を見て、自らもその動きを即座にコピーするのでした。この物語で初めて酔拳が登場した瞬間です。何の説得力もなく唐突過ぎるにも程がありますが、まあようやくお目当てのモノが観られたので良しとしましょう。で、あとはその酔拳の見せ場だけ。中国人武術家を試合という名の下に殺しているロシア人レスラーたちと戦い次々倒してゆくのだけれど、どうしてもジャッキー・チェンの酔拳のイメージが強いせいか、全然それらしく見えなかったり。やっぱり「酔えば酔うほど強く」なって欲しいところなんですが、これが案外そうでもない…。

10 11

結局最後の最後で彼を支えたのは亡き妻だったという締め方はそれはそれで良いと思います。しかし作品全体としては、家族の絆を描いて見せたかったのか、「蘇乞兒」の人生を見せたかったのかが中途半端でどっちつかずになっていました。とりあえず、兄弟の闘いより以降はなんだか時間稼ぎ的に無理矢理つけたようなエピソードで苦しいと言わざるを得ません。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:期待してたんだけどなぁ…
総合評価:55点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« マイティ・ソー/Thor | トップページ | アンダルシア 女神の報復 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/40550744

この記事へのトラックバック一覧です: 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー:

» 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー/チウ・マンチェク [カノンな日々]
「酔拳」といえば真っ先に思い出すのがジャッキー・チェンの『ドランクモンキー/酔拳』です。TVで何度か観た覚えがありますけど、私はジャッキー映画の中ではこれが1番好きかもしれ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 22時34分

» 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー [象のロケット]
1861年、清朝戦乱期。 戦士スー・サンは、親王を救出した功績を義兄ユアンに譲り、妻子と故郷で平穏に暮らしていた。 だが5年後、長官となったユアンが一家の元に現れ、かつて実父を殺したスーの父親を邪悪な“五毒邪拳”で殺害し、息子を連れ去ってしまう。 スーは瀕死の重傷を負い一時は酒に溺れるが、妻の励ましで立ち直り武術の稽古を始める。 稽古の相手は野で出会った武神だったのだが…。 カンフー・アクション。... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 23時44分

» 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー [だらだら無気力ブログ]
ジャッキー・チェンが一躍有名になった『ドランク・モンキー/酔拳』を監督 したユエン・ウーピン監督が今度は、ジャッキー・チェン扮するウォン・ フェイフォンに酔拳を伝授した蘇化子のモデルとなった伝説の武術家・蘇乞兒 が酔拳を完成させるまでの半生を描いたカンフ…... [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 19時23分

» 酔拳 レジェント・オブ・カンフー 蘇乞兒 [まてぃの徒然映画+雑記]
酔拳って、最後にちょこっと出てくるだけじゃーん。 清朝末期、猛将スー・サン(チウ・マンチェク趙文卓)は戦勝の功を義兄のユアン(アンディ・オン安志杰)に譲り、軍を辞して実家に戻り武術の道を歩んでいた。5年後、出世したユアンは猛毒を使う五毒邪拳を身につけて...... [続きを読む]

受信: 2011年7月23日 (土) 23時03分

» 映画「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー」今時のカンフー映画として楽しめる [soramove]
「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー」★★★★ チウ・マンチェク、ジョウ・シュン、 アンディ・オンジェイ・チョウ、ミシェル・ヨー出演 ユエン・ウーピン監督 116分 、2011年6月25日, 2010,中国 (原作:原題:蘇乞兒/TRUE LEGEND )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 映画としての出来はメタメタ けれどその熱い意気込みに感激! 「酔拳を完成させたとい... [続きを読む]

受信: 2011年7月26日 (火) 20時02分

» 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー まとめ [映画まとめてみました]
酔拳 レジェンド・オブ・カンフー 詳細   公開日:2011年06月25日   製作国:中国   配 給:ツイン   上映時間:116分 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー 公式サイト   映画『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー あらすじ・ス…... [続きを読む]

受信: 2011年8月 3日 (水) 16時34分

» 『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』をシネマート六本木1で観て、思った以上かなふじき☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆予告見て映画としては大惨敗かと思ってたけど、そんなに最低ではなかった】 おお、2カ月以上前に書いてる書きかけの記事発見。 妻と子を義理の弟に盾に取 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 23時12分

» 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー [銀幕大帝α]
TRUE LEGEND 蘇乞兒/10年/中国/115分/格闘技アクション/劇場公開 監督:ユエン・ウーピン 出演:チウ・マンチェク、ジョウ・シュン、ジェイ・チョウ、ミシェル・ヨー <ストーリー> 妻の兄・ユアンに息子を奪われ自身も瀕死の重傷を負ったスー。自責の念に駆...... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 00時10分

» 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー [ダイターンクラッシュ!!]
2012年4月19日(木) レンタルDVD 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー [DVD]出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパンメディア: DVD 『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』公式サイト 去年の6月公開したばかりなのに、今月号の映画秘宝で、スナイブスの兄貴やヴァンダムさんらと共に復活して欲しい役者にあげられたチウ・マンチェク主演。 復活も何も、普通の人はチウ・マンチェクなんぞ知らない。 リンチェイの後のツイ・ハーク版ウォン・フェイフォンであり、「ブレー... [続きを読む]

受信: 2012年4月23日 (月) 02時11分

« マイティ・ソー/Thor | トップページ | アンダルシア 女神の報復 »