« 大鹿村騒動記 | トップページ | 蜂蜜/Bal »

2011年7月21日 (木)

いのちの子ども/Precious Life

Photo ガザ地区で20年以上取材を続けてきたイスラエル人のテレビジャーナリスト、シュロミー・エルダールが初監督を務めたドキュメンタリーフィルムだ。先天的な重病で放置すれば余命僅かと診断されたパレスチナ人の赤ん坊を必死で救おうとするイスラエル人の医師と赤ん坊の家族の様子を映し出す。国と国の争い、信仰の狭間で板ばさみになる母親の葛藤に注目だ。
>>公式サイト

人間の良心は全てを超越する

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

第二次世界大戦のホロコーストに端を発しユダヤ人が現在の地域にイスラエルを建国、しかしその地に住んでいたパレスチナ人の土地を無理矢理奪うその行為が今現在のイスラエル問題の大本になっている…という極々基本知識を映画本編の前にAFP通信社の山路徹氏が解説してくれる。正直言ってそこまで問題の大本に遡る意味があるのか疑問を抱いたのだが、観てゆくうちに納得できた。それは本作を観る上で特にパレスチナ人のアイデンティティに深く触れられているからだ。日本人からしたら2000年前に祖国を追われ流浪の民になったユダヤ人と、イスラエルに土地を追われたパレスチナ人は殆ど世界史レベルの話かもしれないが、彼らにとってこれは今そこにある現実なのである。

02 03

本作はガザ地区に住む生後4ヶ月の赤ん坊が骨髄移植が必要な重い病に罹り、イスラエル人医師ソメフが懸命にその治療にあたる様子を映し出したドキュメンタリーフィルムだ。イスラエル人のテレビジャーナリスト、シュロミー・エルダールが、彼らに密着し、時として彼らの輪の中に入り込むようにして撮影されている。言葉で書くと簡単だが、イスラム原理主義組織ハマスがガザ地区を武力制圧していることで、現在イスラエルは彼の地を封鎖しており、原則的にガザ地区に住むパレスチナ人は閉じ込められた状態になっている。そんな状況下で母親ラーイダと赤ん坊のムハンマドは恐らく人道的な見地からイスラエル側への滞在が許されているのだろう。

04 05

最も気になるムハンマドの治療に関しては、治療費5万5千ドルを寄付してくれたイスラエル人の篤志家のおかげで無事に骨髄移植手術を受け成功する。もっとも親戚まで含めた家族の血液検査をするという、いくつかの厳しいハードルを越えなければならなかったのだけれど。しかしこの作品の肝は治療そのものよりも、パレスチナ人でありながらイスラエル人のお金でイスラエル人の治療を受けることになったラーイダの微妙な立場を赤裸々に描き出していることだと思う。その最たるシーンがあった。彼女がエルダールとの対話の中で聖地エルサレムに対する決して譲れない想いを語るのは当然だが、彼女はムハンマドを含め「命は尊くなんかない」と言い放つのだ。

06 07_2

それだけではない。必死の治療で一命を取り留めたムハンマドが「殉教者になることもいとわない」と言う。このシーン、実は理由があるのだけれどその時には監督含め見ている我々もそこには想いが到らないだろう。映像を通じて伝わってくるエルダール監督の怒り、私とて命に対する価値観は信仰を越えると信じていただけに同じ怒り、そして現実の厳しさに打ちのめされる想いで一杯だったのだ。しかしここで私たちは重要なことを忘れていた。ラーイダたちはいずれはガザ地区に帰り、パレスチナ人コミュニティの中で生きてゆかねばならないのである。それでなくても裏切り者呼ばわりされている彼女が、テレビで放送される映像に対して全面的にイスラエル寄りの発言など出来る訳がないのだ…。

08 09

「命が尊くない」わけがない。増して愛する我子の命ならなおさらだ。彼女がパレスチナ人コミュニティと、信仰と、彼女自身のアイデンティティと現実の狭間で悩み苦しみ葛藤していたことに気付いた時、パレスチナ人であろうがイスラエル人であろうが同じ人間なのだという至極当然の事が改めて突きつけられる。エルダール監督はテレビジャーナリストだけに、音楽の使い方や演出の方法がドキュメンタリーと言うには若干ドラマチックに振られている。しかし、敢えて言うならば本作はドキュメンタリーでありながら人間ドラマなのだと思う。今そこで現実に苦しみ悩む人間の心の内に迫る真実のドラマなのだ。厳しい現実は確かにある。しかし希望の芽も確かにある。あとは我々も含めて、それをどう育てるかだ。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:戦争が日常という一面に触れた感じ
総合評価:81点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 大鹿村騒動記 | トップページ | 蜂蜜/Bal »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/40894646

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの子ども/Precious Life:

» 『いのちの子ども』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:アメリカ+イスラエル合作映画、シュロミー・エルダール監督&撮影&ナレーション。 [続きを読む]

受信: 2011年8月11日 (木) 01時43分

» いのちの子ども/シュロミー・エルダール、ラーイダ [カノンな日々]
イスラエル人テレビジャーナリストのシュロミー・エルダールが長年に渡ってパレスチナのガザ地区で取材した映像を自身で監督を務め映画化したというドキュメンタリー作品です。私 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月12日 (金) 08時58分

» いのちの子ども [とりあえず、コメントです]
イスラエルにある病院を舞台に、一人の赤ちゃんを助けようと頑張る人々の姿を描いた作品です。 ずっと気になっていたドキュメンタリーをようやく観ることが出来ました。 知っているようで知らなかったイスラエルとパレスチナの現実と問題の難しさを実感させられる作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 23時12分

» 『いのちの子ども』 [シネマな時間に考察を。]
パレスチナに産まれたひとつの命が、 イスラエルの未来を変える可能性が在ることを。 命についての命題に、 やがて1つの答えを得られる幸福な瞬間を見届けて。 『いのちの子ども』 2010年/イスラエル・アメリカ/90min 監督・ナレーション:シュロミー・エルダール... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 14時32分

« 大鹿村騒動記 | トップページ | 蜂蜜/Bal »