« 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 | トップページ | アイ・アム・ナンバー4/I Am Number Four »

2011年7月 8日 (金)

チョン・ウチ 時空道士/전우치

Photo 『義兄弟 SECRET REUNION』のカン・ドンウォン主演作品。500年前に仙人に封印された道士が現代に甦り、妖怪とのバトルを繰り広げる歴史ヒーローアクションだ。共演には『チェイサー』のキム・ユンソク、『黒く濁る村』のユ・ヘジン、『あなたの初恋探します』のイム・スジョン、名脇役キム・サンホほか韓国の有名俳優が揃う。監督はチェ・ドンフン。
>>公式サイト

韓流アクションヒーローここにあり!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

韓国では道士は仙人より偉いのかしら?個人的には道士が更にその道を極めた結果仙人になり、仙術や不老不死の肉体を得るのだと思っていたのでちょっと意外。っとまあ単なるヒーローアクション映画に大真面目で考えても仕方がないですね。本作は500年前に掛け軸に封印されてしまった道士チョン・ウチ(カン・ドンウォン)が、現代に甦り妖怪退治に大活躍するというお話。昨年兵役に入ってしまった『義兄弟 SECRET REUNION』のカン・ドンウォンが、これまたファンが増えそうなカッコイイ道士役を演じています。相棒のチョレン(ユ・ヘジン)を従えて、護符を手に闘う道士チョン・ウチの姿は、修行者というよりはやはりヒーローそのもので観ているだけでテンションがあがります。

02 03

序盤では三匹の妖怪が仙人の表訓大徳(ピョンフンデドク)の吹く神秘の笛の音で封印されていたものの、門番仙人のミスで妖怪が解き放たれてしまった事実。そして妖怪を封印するために地上に降りた門番仙人が道士ファダム(キム・ユンソク)を頼るものの、実はファダムこそが妖怪であること。そしてファダムの策略でチョン・ウチが封印されてしまうことなどが描かれます。全編136分の中でこの昔のシーンは結構な時間を裂いているのですが、基本的にはこのシークエンスで語られるのは前段階。正直言うとちょっと長くも感じましたが、だからと言ってテンポが悪い訳でもなく、無くしてしまう訳にもいかないのも解ります。ここは日本の『陰陽師』的な雰囲気に入り込んで観るのが吉かも。

04 05

本作で嬉しいのがその著名な俳優陣。例えば『チェイサー』などで知られる名優でファダム役のキム・ユンソクは、相変わらず渋い演技が光り、対照的に『黒く濁る村』などで個性的な姿を見せてくれるユ・ヘジンは実にコミカル。名脇役でキム・サンホは今回は3人の門番仙人の一人ですが、まるで絵本か漫画から抜きでてきたような面白さです。何気にチョイ役でチュ・ジンモまで登場しているぐらい。しかしそんな中にあっても一際光るカン・ドンウォンの存在感は大きいのでした。単にカッコイイというだけでなく、クールなイメージと親しみやすいイメージが同居する魅力的なキャラクターつくりに成功しています。さあ、ストーリーは現代に入ってからが本題。

06 07

時代のギャップに戸惑いながらも、そこを埋めるのが500年間生き続けてきた3人の門番仙人たち。何故かこの時代になると、キム・サンホ演じる仙人はキリスト教の神父になっていると言うのがまた笑えます。チョン・ウチは昔の道士服から現代のファッショナブルな服装に着替えるのだけれど、やはりそこはカン・ドンウォン、実にお洒落に着こなしてくれるのがファンには嬉しい所でしょう。ユ・ヘジンの恐ろしく似合わない勘違いファッションがいい具合に2人の凸凹感を醸し出しています。妖怪とのアクションシーンは当然ながらワイヤー使いまくりのCG使いまくりなんですが、そもそもがファンタジーなんで全く気にならない。というよりワイヤーアクション本来の使い方はこうなのかも。

08 09

チョン・ウチはまたしてもファダムの策略で唯一の武器である護符を失うことになるのですが、ギリギリのところで成長し護符なしでも道術を使えるようになります。この辺の流れは想像の範囲内ではあるけれど、誰しもが観ながら期待している方向への流れなんで、むしろ「待ってました!」という感じ。ラストの妖術vs道術対決はこれが中々派手で見応えあります。総じて客観的に観ていると、キーアイテムである神秘の笛が一体どういうものなのかとか、ファダムはどういう妖怪だったのかなんて釈然としない部分も残るのですが、韓国や中国のヒーローものが好きな人、そして何より出演者のファンの人は十分に楽しめる作りになっています。案外夏休みに親子で見るのにも合っているかもしれません。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:護符とか堪らなく惹かれる…
総合評価:74点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

ポスター(クリックで拡大)

201 202 203

204 205 206

207 208 209

210 211 212

|

« 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 | トップページ | アイ・アム・ナンバー4/I Am Number Four »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/40719302

この記事へのトラックバック一覧です: チョン・ウチ 時空道士/전우치:

» チョン・ウチ 時空道士 [象のロケット]
朝鮮時代。 妖怪の魔力を封じる神秘の笛を手に入れるため、道士ファダムは、笛を持つ道士チョングァン大師を殺し、大師の弟子チョン・ウチにその罪を着せ、掛け軸に封印する。 しかし500年後、再び妖怪が現れたため、3人の仙人たちは、封印される直前にファダムから笛の半分を奪っていたチョン・ウチの封印を解き、彼に妖怪退治をさせようとするのだが…。 スーパーヒーロー・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2011年7月 8日 (金) 23時34分

» チョン・ウチ 時空道士 [だらだら無気力ブログ]
「デュエリスト」「義兄弟 SECRET REUNION」のカン・ドンウォン主演で 贈るファンタジー・アクション・コメディ。 現代によみがえった妖怪を退治するため、500年の眠りから復活した道士 チョン・ウチの活躍を描く。 共演は「チェイサー」のキム・ユンソク、「サイボーグ…... [続きを読む]

受信: 2011年8月 2日 (火) 00時24分

» チョン・ウチ 時空道士 まとめ [映画まとめてみました]
チョン・ウチ 時空道士 詳細   公開日:2011年07月02日   製作国:韓国   配 給:ツイン   上映時間:136分 チョン・ウチ 時空道士 公式サイト   カン・ドンウォン主演 映画『チョン・ウチ 時空道士』 7月2日 チョン・ウチ 時空道士 あらすじ・ストーリー 神…... [続きを読む]

受信: 2011年8月 6日 (土) 17時43分

» チョン・ウチ 時空道士/カン・ドンウォン、キム・ユンソク [カノンな日々]
ようやく日本でも公開されることになりました。ドンちゃんの主演作ですし昨年のうちに公開されてても良さそうに思うんですけど、まぁいいでしょう。韓国映画ではかなり珍しいジャ ... [続きを読む]

受信: 2011年8月10日 (水) 06時30分

» チョン・ウチ 時空道士/カン・ドンウォン、キム・ユンソク [カノンな日々]
ようやく日本でも公開されることになりました。ドンちゃんの主演作ですし昨年のうちに公開されてても良さそうに思うんですけど、まぁいいでしょう。韓国映画ではかなり珍しいジャ ... [続きを読む]

受信: 2011年8月10日 (水) 06時30分

» 「チョン・ウチ 時空道士」 [てんびんthe LIFE]
「チョン・ウチ 時空道士」シネマート六本木で観賞 2011-55 やっと観賞できました。 昨年の1月にソウルで観賞した時に、話の展開についていけず爆睡しました。 こんな話だったのね! あれから1年半たって、字幕入りでみても何のことやらさっぱりわからず、字幕読んでても何語話してるの?状態でした。 理解できたのは1割にもならないほどの当たり前のフレーズ。 入門で習うくらいの。 字幕あってもわからないのだから字幕なしなんて絶対ダメです。 しかしながら、字幕が入ったおかげでタイムス... [続きを読む]

受信: 2011年8月18日 (木) 17時03分

» チョン・ウチ 時空道士 [いやいやえん]
期待してたほど面白くはなかったのです…。神の力を持つ笛を巡って妖怪と道士が争います。3人の仙人たちがお茶目で可笑しい(笑) お調子者の道士チョン・ウチは、相棒の犬のチョレン(あ〜あの特徴ある顔の人だ!)と共に謎の笛を手に入れる。 ネズミやウサギなどの顔をした妖怪たちが良くできてるな〜。細かい所で「絵」の中に手を入れた時の墨の揺れ具合とか好きでした。 実は妖怪だったファダムに師匠殺しの濡れ衣をきせられたチョン・ウチは、仙人たちに二つに割れた片方の笛と共に封印され500年後の現代で蘇るのだ... [続きを読む]

受信: 2012年1月24日 (火) 09時37分

» チョン・ウチ 時空道士 [銀幕大帝α]
JEON WOO CHI/09年/韓国/136分/アクション・ファンタジー・コメディ/劇場公開 監督:チェ・ドンフン 過去監督作:『ビッグ・スウィンドル!』 脚本:チェ・ドンフン 出演: ◆カン・ドンウォン…チョン・ウチ 過去出演作:『デュエリスト』 ◆キム・ユンソク…フ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月24日 (火) 21時36分

« 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 | トップページ | アイ・アム・ナンバー4/I Am Number Four »