« 東京人間喜劇 | トップページ | シャンハイ/Shanghai »

2011年8月 4日 (木)

『シャンハイ』 あらすじ・作品情報

あらすじ
1941年、上海。米国諜報員ポール・ソームズ(ジョン・キューザック)は、英仏米日4か国が睨み合うこの街を任務で訪れる。同僚コナー(ジェフリー・ディーン・モーガン)とカジノで落ち合う予定だったが、コナーは現れない。代わりに出会ったのは、美しい中国人女性。やがて海軍情報部で彼を待っていたのは、コナーの遺体だった。リチャード・アスター大佐(デヴィッド・モース)によると、コナーは日本と繋がりのある裏社会のボス、アンソニー・ランティン(チョウ・ユンファ)について捜査を進めていたという。ソームズは知り合いを頼ってランティンが出席するドイツ領事館のパーティに出席し、日本軍大佐タナカ(渡辺謙)とランティンの妻アンナ(コン・リー)と出会う。このアンナこそ、カジノで出会った女性だった。そして明らかになる、コナーの愛人だった日本人女性スミコ(菊池凛子)の存在。さらに目にする新たな事実。タナカが海軍と空軍を掌握する日本軍情報部のトップであること。政治家だったアンナの父親は南京事件を非難し、日本軍に殺されていたこと……。アンナは、ランティンと結婚して日本軍から逃れていたのだ。そしてついに、事件が発生。反日組織であるレジスタンスが、日本軍が訪れるクラブでテーブルに爆薬を仕掛けたのだ。繰り広げられる激しい銃撃戦の最中、それがアンナの計画であることを見破るソームズ。父親の遺志を継いだ彼女は、夫に隠れて革命の指導者として活動していたのだ。理想に燃えるアンナに惹かれ、協力を申し出たソームズは、レジスタンスが1人の女を隠れ家から移動させる現場を目撃。そこへタナカも姿を現す。その女こそスミコだった。アンナへの想いを抑えきれないソームズと、妻の秘密を知ってもなお、命懸けで守ろうとするランティン。さらに、執拗にアンナを追うタナカ。果たしてスミコは、日米いずれのスパイなのか?コナーの死に隠された秘密とは……?
(MovieWalkerより)

作品情報
キャスト:ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、フランカ・ポテンテ、ジェフリー・ディーン・モーガン、菊地凛子、ベネディクト・ウォン、ヒュー・ボネビル、デビッド・モース、渡辺謙
監督:ミカエル・ハフストローム
製作:マイク・メダボイ、バリー・メンデル、ドナ・ジグリオッティ、ジェイク・マイヤーズ
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、ケリー・カーマイケル、デビッド・スウェイツ、アーノルド・メッサー、スティーブン・スクィルランチ
脚本:ホセイン・アミニ
撮影:ブノワ・ドゥローム
美術:ジム・クレイ
編集:ピーター・ボイル、ケビン・テント
衣装:ジュリー・ワイス
音楽:クラウス・バデルト
原題:Shanghai
製作国:2010年アメリカ・中国合作映画
配給:ギャガ
上映時間:104分
映倫区分:PG12

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ

|

« 東京人間喜劇 | トップページ | シャンハイ/Shanghai »