« イースターラビットのキャンディ工場/Hop | トップページ | アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!/The Other Guys »

2011年8月21日 (日)

うさぎドロップ

Photo 宇仁田ゆみ原作の人気コミックを『蟹工船』のSABU監督が実写映画化。祖父の隠し子を引き取って育てることになった主人公が四苦八苦しながらも親になることの意味を悟ってゆくハートフルドラマだ。主演は『GANTZ』『ノルウェイの森』の松山ケンイチとドラマ「マルモのおきて」が大ヒットし、今ノリにノッている芦田愛菜。共演に香里奈、桐谷美玲、中村梅雀、風吹ジュンらが出演している。
>>公式サイト

親になるってこういうことか

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

参った。もう芦田愛菜ちゃんの尋常じゃない可愛らしさはもうそれだけで満足だ。正直彼女の演技を観ているだけで頬が緩みニコニコ顔になってしまう。上映終了後の観客の反応を観ても、恐らくみな同じ気持ちだったのではないだろうか。もちろん松ケンの演技はいつもながら実直で上手い。いわゆるイクメン役など始めてだろうに、初めて子供を育てることになった戸惑いや、喜びが体中から滲み出る芝居だったと思う。事の発端は主人公ダイキチ(松山ケンイチ)が祖父の葬式に出席したときの事だ。そこで彼は亡き祖父の隠し子であるりん(芦名愛菜)と出会う。親戚中から邪魔者扱いされる彼女に同情したダイキチは自分が引き取ると宣言してしまうのだった。

02 03

ここでミソなのは彼が祖父の家を訪れた時の親戚の反応だろう。どうやらダイキチは祖父と生き写しらしいのだ。それでなくても唯一頼れる人を失ったりんの悲しみは察して余りあるし、その前に現れた父親そっくりのダイキチに彼女が簡単に打ち解けて行くのも無理はない。女の子だということを差し引いても、しっかり者のりんは実際にあの年で女優として活躍している芦田愛菜ちゃんの姿と重なり、これが本当に等身大で演じているとしか言いようがなかった。それだけに非常にリアルである。しかし愛菜ちゃん本人に対してもそうだが、6歳の少女は6歳の少女、それ以上でも以下でもない。一人抱える悲しみはオネショの形になって現れ、しかしそれを汗だと言い張る彼女の姿が健気でならなかった。

04 05

子供はどんな状況でも親に頼るしかないのは当たり前。それに無償の愛で応えるのが親と言うものであり、それを失った彼女の心の傷はそう簡単には癒えないだろう。「ダイキチも死んじゃうの?」と聞くりんに、「大丈夫だ、当分は死なないよ。頑丈だからな!」と笑って応えるダイキチ。2人が心を通わせていく過程の1シーンだが、一生懸命りんに愛情を注ごうとするダイキチと、本当にダイキチを頼って良いのか戸惑うりんの気持ちが痛いほどに良く解る。りんのために頑張るダイキチだが、仕事と育児の両立は非常に厳しかった。同じ男性の立場として彼の姿を観ていると、日頃自分の職場で女性がどれだけ苦労をしながら子育てをしているのか、それが少しだけ解ったような気がする。

06 07

結局彼は残業のない部署に異動を希望して叶えられるのだが、果たして同じことを自分が出来るかと考えると正直悩ましいところだ。りんが保育園に通うようになると、コウキ(佐藤瑠生亮)という友達ができる。ダイキチは彼の母親ゆかり(香里奈)と知り合い、彼女から子を持つ親の基本的なことを多くを学ぶのだった。前半はなんとかりんとの生活を安定させようとドタバタするダイキチだったが、この頃からりんとの今後に関して悩み始めることになる。確かにりんはとても可愛い。しかし、このままずっとこの状態で良い筈がない。そんなタイミングでコウキとりんが保育園から消え、職場の友人や実家の父母も含めた大騒ぎに発展してしまうのだった。

08 09

まあ結局何と言うこともなく2人は家に帰ってくるのだが、この事件を通してダイキチがゆかりに言った言葉「子供が出来たら強くなるって思ってたけど、めちゃくちゃ臆病になった。」というのが実に印象的である。筆者には子供はいないが、特に一人目の子供にはそうなのかもしれない。いずれにしてもダイキチを観ていると実に多くの事をりんから学んでいるのが見てとれる。親は最初から親なのではなくて子供を育てながら親になると聞いたことがあるが、なるほどこういうことなのかと感じた。りんの本当の母親に対しては言いたいことも色々あるが、それはりんが大きくなった時に自分のなかで消化できればよいことなのだと思う。子を思わない親がいないことが解っただけでも救いだった。

10 11

お遊戯会の舞台から満面の笑みで「ダイキチー!」と手を振るりんと、それに応えてやはり笑顔で手を振るダイキチ。このシーン、予告編にも使われている大好きなシーンなのだが、松ケンの笑顔がどうしても演技に見えないのは筆者だけだろうか。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:愛菜ちゃんの愛らしさでおススメ度UPsign03総合評価:78点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« イースターラビットのキャンディ工場/Hop | トップページ | アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!/The Other Guys »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41295335

この記事へのトラックバック一覧です: うさぎドロップ:

» 「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから [はらやんの映画徒然草]
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 06時41分

» 映画『うさぎドロップ』 [よくばりアンテナ]
松ケンファンの私はずいぶん前から楽しみにしてました、この作品。 普通の会社員ダイキチは祖父の葬儀で、 祖父の隠し子だという6歳のりんを預かることになってしまう。 子育て経験のない独身の青年が育...... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 07時41分

» 2011年7月12日 『うさぎドロップ』 ヤクルトホール [気ままな映画生活]
今日は、『うさぎドロップ』 を試写会で鑑賞です。 これは 超お勧め 【ストーリー】  27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父の隠し子だということで親族一同がパニックに陥ってしまう。ダイキチは施設に入れられそうになっていたりんをふびんに思い、つい自分が彼女を引き取って育てると言ってしまい……。 やっと夏映画でお勧めがキターーーーー 芦田愛菜ちゃんを期待して観たのですが、彼女よりも... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 08時23分

» 映画「うさぎドロップ」を観ました!!(2011-08) [馬球1964]
映画「うさぎドロップ」を観ました!! [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 08時56分

» 「うさぎドロップ」 [みんなシネマいいのに!]
 死んだ祖父の隠し子であるわずか6歳の少女は、当然親戚中から邪魔者扱い。 そんな [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 09時37分

» うさぎドロップ [とりあえず、コメントです]
宇仁田ゆみ著の原作コミックを松山ケンイチ&芦田愛菜主演で映画化した作品です。 この二人が縁側に並んだチラシを観た時から、観たい~!と思っていました。 二人のクルクル変わる表情と元気な演技に、心がほっこりとするような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 10時06分

» うさぎドロップ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
独身サラリーマンがひょんなことから“イクメン”に。松ケンが走る、走る!27歳の独身サラリーマン、ダイキチは、祖父の葬儀でりんという名前の少女に出会う。孤独で悲しげな彼女 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 10時26分

» うさぎドロップ [あーうぃ だにぇっと]
『うさぎドロップ』@ヤクルトホール。 今回で最後という、ぴあの三連夜試写会二日目で鑑賞。 雑誌が終わるからといって三連夜試写会までやめることないのに。 意味わかんない。 [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 11時45分

» 「うさぎドロップ」ほのぼの愛菜ちゃん、無敵! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[うさぎドロップ] ブログ村キーワード  人気大爆発中の芦田愛菜チャンと、新婚で絶好調の松山ケンイチの共演で描く、ハートウォ~ミング・ストーリー。「うさぎドロップ」(ショウゲート)。大人気コミック原作の実写映画化なんだそうですが…、吾輩やっぱり未読です…(>_<)。  27歳、独身サラリーマンのダイキチ(松山ケンイチ)は、亡くなった祖父の告別式で、見慣れない1人の女の子と出会う。その6歳の女の子りん(芦田愛菜)は、実は祖父の隠し子だった(血縁関係では、りんはダイキチにとっては叔母に当たる... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 15時14分

» 『うさぎドロップ』・・・原作前半のダイジェスト的な印象 [SOARのパストラーレ♪]
映画化の話を聞くまで全く知らなかった原作コミックの存在。最近になって映画館配布の小冊子にて試し読みしたその第1話にたちまち惹かれてしまい、気付けば全9巻まとめて大人買いというにわか「うさドロ」ファンの私。 やはり5巻以降で描かれる10年後のストーリー(予備知識ナシで5巻の表紙を見たときはタマゲタ)があってこその「うさドロ」だと思うのだが、本作はその序盤、まずは大吉に引き取られることになったりんの保育園時代のお話。... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 17時38分

» 映画『うさぎドロップ』(お薦め度★★) [erabu]
監督、SABU。脚本、林民夫、SABU。原作、宇仁田ゆみ。2011年日本。ヒュー [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 18時01分

» 「うさぎドロップ」子供を引き取って初めて知った子育ての大変さと家族の愛情 [オールマイティにコメンテート]
「うさぎドロップ」は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、自ら引き取る事になった青 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 19時08分

» うさぎドロップ [佐藤秀の徒然幻視録]
お父さん、あのね 公式サイト。宇仁田ゆみ原作、SABU監督。松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、池脇千鶴、木村了、キタキマユ、風吹ジュン、中村梅雀。祖父鹿賀宋一はジジイになるま ... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 20時21分

» 映画「うさぎドロップ」 [ぷくの日記]
27歳、彼女なし。ごくフツーのサラリーマンであるダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬儀のために久しぶりに訪れた実家で、一人の不思議な6歳の少女と出会う。孤独で悲しげなその少女りん(芦田愛菜)は、実は祖父の隠し子だった。引き取り手がなく、りんを施設に入れようと言う親族たちの意見に反発したダイキチは、勢いで自分が引き取って育てると宣言してしまう。こうしてその日から、不器用な男としっかり者の少女とのちょっとちぐはぐな共同生活がスタートする。慣れない子育てにアタフタしながらも、一生懸命にりんを...... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 00時43分

» うさぎドロップ [食はすべての源なり。]
うさぎドロップ ★★★☆☆(★3つ) この作品、何回か試写会の応募に外れてしまっていて諦めていたのですが、滑り込みで当たりました! そして、事前告知はなかったのですが、松ケンと芦田愛菜ちゃん、SABU監督の舞台挨拶がありました! はがきの終了予定時刻が遅かったので、なんでだろうと思っていたのですが、会場に沢山のマスコミが来ていて「もしや・・・」と(笑) 愛菜ちゃんの浴衣姿かわいかったです 内容は、気軽に観れる、笑いあり涙ありのドタバタ(?)コメディ。楽しい作品になっています。まぁ「愛菜... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 12時04分

» 松ケンと愛菜ちゃん最高!! 【映画】うさぎドロップ [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】うさぎドロップ 宇仁田ゆみ原作の人気コミックを、 『蟹工船』のSABU監督が映画化。 【あらすじ】 27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 20時37分

» 映画「 うさぎドロップ」感想 [★ Shaberiba ]
松山ケンイチamp;芦田愛菜が贈る子育て賛歌にほっこり--♪ [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 22時33分

» うさぎドロップ [象のロケット]
27歳の独身サラリーマン、ダイキチが祖父の葬式で出会った悲しげな6歳の少女・りんは何と祖父の隠し子だった。 引き取り手のない彼女を、つい男気を見せて連れ帰ったものの、慣れない男の子育ては3日で限界! ダイキチは残業のない部署に異動し、りんは近隣の保育園に入所。 少しは楽になったと思った矢先、りんがおねしょをするようになってしまう…。 ハートウォーミング・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 22時34分

» うさぎドロップ [I LOVE 韓流]
よかったです。 [続きを読む]

受信: 2011年8月23日 (火) 07時35分

» 『うさぎドロップ』 ('11初鑑賞115・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月20日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年8月23日 (火) 20時50分

» うさぎドロップ [りらの感想日記♪]
【うさぎドロップ】 ★★★☆  映画(43)ストーリー 27歳の河地ダイキチ(松山 ケンイチ)は、会社では部下からの信頼も厚い働き盛りの独身 [続きを読む]

受信: 2011年8月24日 (水) 20時15分

» うさぎドロップ [tom's garden]
監督SABU 原作宇仁田ゆみ 出演松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、風吹ジュン、中村梅雀、池脇千鶴、綾野剛、木村了 「まわりを見渡せば、世界は愛で溢れてる」 良い! 思った以上に良かった。 ケンイチくん観たさに鑑賞したけど、たくさん元気をもらって帰った。 「頑張って生きなきゃ」 って思えた。 ダイキチは彼女なしの独身サラリーマン。 祖父の葬儀で彼の隠し子りんと出会い、親戚の押し付けあいに思わず 「俺んち来るか?」 と言ってしまう... [続きを読む]

受信: 2011年8月25日 (木) 00時58分

» うさぎドロップ [だらだら無気力ブログ]
宇仁田ゆみの人気コミックスを「GANTZ」「ノルウェイの森」の松山ケンイチ とTV「Mother」「マルモのおきて」の芦田愛菜主演で実写映画化した ハートフル・ドラマ。 ひょんなことから亡き祖父の隠し子である少女を引き取ることになった 独身サラリーマンが、子育てとい…... [続きを読む]

受信: 2011年8月25日 (木) 02時01分

» うさぎドロップ [voy's room]
nbsp; 祖父の葬式で久しぶりに実家に訪れていた27歳の独身&彼女なしのダイキチ(松山ケンイチ)は、そこで不思議な6歳の少女・りん(芦田愛菜)と出会う。実は、その少女は祖父の隠し子だった。親族たちはりんを施設に入れようとしていたのだが、ダイキチはそのことに納得できず、自分が引き取ると宣言してしまう。そしてその日から、不器用な男としっかり者の少女とのちょっとおかしな共同生活がはじまった。慣れないながらも一生懸命にりんを育てようとするダイキチ。そんな様子に、次第にりんは心を開いていく。... [続きを読む]

受信: 2011年8月25日 (木) 08時44分

» うさぎドロップ/子育てファンタジーと働くワタシのアコガレ [映画感想 * FRAGILE]
うさぎドロップ監督:SABU/2011年/日本 松山ケンイチがおろおろしながら子供を育てます。 原作はフィール・ヤング連載の漫画で、ノイタミナ枠でアニメ化もされていますが、わたしは原作もアニメも見ていません。ですので原作やアニメなどとまったく切り離した感想として読んでいただければと思います。 あらすじ:ひょんなことから6歳の少女と暮らすことになった独身サラリーマンがあたふたします。 河地ダイキチ(松山ケンイチ)が祖父の葬式で出会った6歳の少女、鹿賀りん(芦田愛菜)は、祖父の隠し子... [続きを読む]

受信: 2011年8月25日 (木) 12時35分

» うさぎドロップ [LIFE ‘O’ THE PARTY]
昔から子役と動物には勝てない 大人の役者泣かせだなんてことを [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 05時22分

» 『うさぎドロップ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「うさぎドロップ」□監督 SABU□脚本 林民夫、SABU □原作 宇仁田ゆみ □キャスト 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、       綾野剛、木村了、高畑淳子、池脇千鶴、風吹ジュン、中村梅雀■...... [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 08時20分

» うさぎドロップ [シネマDVD・映画情報館]
うさぎドロップ 監督:SABU 原作:宇仁田ゆみ 出演:松山ケンイチ/香里奈/芦田愛菜/桐谷美玲/キタキマユ/佐藤瑠生亮/綾野剛/木村了/高畑淳子/池脇千鶴/風吹ジュン/中村梅雀 内容:祖父が亡くなったことで久しぶりに訪れた実家で、27歳の独身&彼女なしの青年ダイキチは一人の不思議な6歳の少女と出会う。実はその少女・りんは、祖父の隠し子だった。りんを施設に入れようと言う親族たちの意見に反発したダイキチは、つい、りんを自分が引き取って育てると宣言してしまう。そしてその日から、不器用な男としっか... [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 17時26分

» うさぎドロップ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
祖父の幼い隠し子と、その子を引き取る独身男の、涙と笑いの交流ドラマ。原作は宇仁田あゆみの大人気コミックの実写映画版で、「DRIVE」の個性派監督SABUが得意の疾走シーンを ... [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 20時41分

» 「うさぎドロップ」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は未読。でもノイタミナで放送中のアニメは視聴中のため鑑賞保留も考えたが、松山くんに愛菜ちゃんだし、とりあえず観ておくことにした。やっぱ愛菜ちゃんは可愛いいね。それに”ロップイヤーうさぎ”(特に黒)... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 09時31分

» うさぎドロップ [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  祖父が死んで6才の隠し子がいることが判明。親戚の誰もがこの子の存在を煩わしく思っている。それで正義感と行きがかり上の意地も手伝って、袒父と瓜二つの河地ダイキチが、芦田愛菜ちゃん紛するりんを引き取ることになってしまう。 そしてこの6才の女の子りん... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 11時09分

» 映画「うさぎドロップ」松山ケンイチと芦田愛菜の芸達者ぶりを見る [soramove]
「うさぎドロップ」★★★☆ 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、 池脇千鶴、木村了、キタキマユ、 風吹ジュン、中村梅雀出演 SABU 監督 114分、2011年8月20日公開 2011,日本,ショウゲート (原作:原題:うさぎドロップ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「主人公ダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬儀で祖父に幼い隠し子が居ることを知り、 6... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 17時25分

» 映画「うさぎドロップ」松山ケンイチと芦田愛菜の芸達者ぶりを見る [soramove]
「うさぎドロップ」★★★☆ 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、 池脇千鶴、木村了、キタキマユ、 風吹ジュン、中村梅雀出演 SABU 監督 114分、2011年8月20日公開 2011,日本,ショウゲート (原作:原題:うさぎドロップ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「主人公ダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬儀で祖父に幼い隠し子が居ることを知り、 6... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 00時37分

» うさぎドロップ [to Heart]
まわりを見渡せば 世界は愛で溢れてる――。 製作年度 2011年 上映時間 114分 原作 宇仁田ゆみ 脚本 林民夫/SABU 監督 SABU 主題歌 PUFFY 『SWEET DROPS』 出演 松山ケンイチ/香里奈/芦田愛菜/桐谷美玲/キタキマユ/佐藤瑠生亮/秋野太作/木村了/綾野剛/高畑淳子/池脇千鶴/風...... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 12時23分

» うさぎドロップ(2011-066) [単館系]
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。 彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、 何と彼女は祖父の隠し子だということで 親族一同がパニ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 00時48分

» うさぎドロップ [Diarydiary! ]
《うさぎドロップ》 2011年 日本映画 27歳独身のダイキチは、なりゆきでおじ [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 21時21分

» 『うさぎドロップ』 [beatitude]
27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖父の葬儀で、祖父の隠し子りんと出会う。わずか6歳の少女が親戚中から邪魔なお荷物扱いされるのに怒りを覚え、両親や妹の反対を押し切ってりんをひとり暮らしの借家へ連れ帰る。保育園探しに始まり、残業のない部署への異動や、おね...... [続きを読む]

受信: 2011年8月31日 (水) 22時16分

» うさぎドロップ [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
まわりを見渡せば 世界は愛で溢れてる――。 亡くなったおじいちゃんの隠し子を引き取った、独身男の運命は!? 宇仁田ゆみの同名人気コミックスの実写映画化。 祖父の隠し子と独資のとこの奇妙な親子物語。... [続きを読む]

受信: 2011年9月 4日 (日) 00時11分

» 「うさぎドロップ」:愛菜ちゃん無敵! [大江戸時夫の東京温度]
映画『うさぎドロップ』は、SABU監督がこの題材?という疑問を吹っ飛ばすウェルメ [続きを読む]

受信: 2011年9月 4日 (日) 23時31分

» 映画「うさぎドロップ」 [FREE TIME]
先月の話になりますが、映画「うさぎドロップ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2011年9月 6日 (火) 21時35分

» うさぎドロップ [シネマDVD・映画情報館]
うさぎドロップ 監督:SABU 原作:宇仁田ゆみ 出演:松山ケンイチ/香里奈/芦田愛菜/桐谷美玲/キタキマユ/佐藤瑠生亮/綾野剛/木村了/高畑淳子/池脇千鶴/風吹ジュン/中村梅雀 内容:祖父が亡くなったことで久しぶりに訪れた実家で、27歳の独身&彼女なしの青年ダイキチは一人の不思議な6歳の少女と出会う。実はその少女・りんは、祖父の隠し子だった。りんを施設に入れようと言う親族たちの意見に反発したダイキチは、つい、りんを自分が引き取って育てると宣言してしまう。そしてその日から、不器用な男としっか... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 11時39分

» ■映画『うさぎドロップ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
松山ケンイチと芦田愛菜が急ごしらえの親子になっていく様子を描く映画、『うさぎドロップ』。 宇仁田ゆみの人気コミックスを映画化した作品ですが、普段はオトコくさい作品ばかりを手がけているSABU監督の作品だけあって、スウィートでキュートなだけではない作品に仕上がって... [続きを読む]

受信: 2011年9月12日 (月) 01時54分

» うさぎドロップ [Peaceナ、ワタシ!]
まわりを見渡せば、 世界は愛で溢れてるー。 レディースデーにK子ちゃんと一緒に『うさぎドロップ』を観てきました。 原作は途中迄(第1部)しか読んでいないのですが、深夜枠のアニメも観ていたし、何よりもあの松ケン(!)が主演なので絶対観たかったんですコレ・笑(松ケン目当てと思われても) ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月20日 (火) 23時15分

» 【うさぎドロップ】大吉さんがとにかくカッコいいっす! [映画@見取り八段]
うさぎドロップ 監督: SABU    出演: 松山ケンイチ、芦田愛菜、香里奈、桐谷美玲、風吹ジュン 公開: 2010年8月             ひよこの着ぐるみを着て チっキンラー...... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 01時26分

» 映画『うさぎドロップ』| 松山ケンイチ、黒歴史がまた1ページ。 [23:30の雑記帳]
私は松山ケンイチのファンですが、 今回は厳しいものがありました。 (以下、ネタバレと批判が続きます) あらすじは、松山ケンイチ演ずる独身男性の大吉が 自ら6歳女児(芦田 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月13日 (木) 23時52分

» うさぎドロップ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
うさぎドロップ'11:日本◆監督:SABU「蟹工船」「ホールドアップダウン」◆出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、佐藤瑠生亮◆STORY◆27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 16時44分

» 『うさぎドロップ』『マイ・バック・ページ』を三軒茶屋シネマで観て、もふもふバタンキューふじき★★★★,★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
三軒茶屋の戦前からありそうな映画館でマツケン2本立て。 マツケンはどっちも主役の筈なのに食われまくり。 椅子が昭和映画館椅子で硬くって尻泣きまくり。 そうだそうだ。昔は ... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 09時01分

» うさぎドロップ [銀幕大帝α]
11年/日本/114分/ドラマ/劇場公開 監督:SABU 過去監督作:『疾走』 原作:宇仁田ゆみ 脚本:SABU 主題歌:PUFFY『SWEET DROPS』 出演: ◆松山ケンイチ…河地ダイキチ 過去出演作:『ノルウェイの森』 ◆香里奈…二谷ゆかり 過去出演作:『あしたのジョー』 ◆芦田...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 23時51分

» 映画「うさぎドロップ」 批評 芦田愛菜ちゃんの演技に注目(◎´∀`)ノ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
感動のお話[E:sign01] うさぎドロップ観ましたよ~(◎´∀`)ノ 松山ケ [続きを読む]

受信: 2012年2月 6日 (月) 07時11分

» 映画「うさぎドロップ」 批評 芦田愛菜ちゃんの演技に注目(◎´∀`)ノ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
感動のお話[E:sign01] うさぎドロップ観ましたよ~(◎´∀`)ノ 松山ケ [続きを読む]

受信: 2012年2月 6日 (月) 16時32分

» 映画:うさぎドロップ [よしなしごと]
 去年の夏頃公開された映画ですが、DVD発売直前に劇場で見てきました。と言うわけで今回の作品は2本だての1作目、 うさぎドロップです。 [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 11時48分

« イースターラビットのキャンディ工場/Hop | トップページ | アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!/The Other Guys »