« アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!/The Other Guys | トップページ | おじいさんと草原の小学校/The First Grader »

2011年8月23日 (火)

行け!男子高校演劇部

Photo_2 『シーサイドモーテル』など個性派俳優として知られる池田鉄洋が脚本を手掛けた学園コメディーだ。監督は『ハンサム★スーツ』の英勉が務める。廃部寸前の男子高校演劇部が演劇の面白さに目覚めていく姿を描いている。主演は『BECK』の中村蒼。共演に『ダイブ!!』の池松壮亮、『劇場版 怪談レストラン』の冨田佳輔らフレッシュな若手が揃った。池田鉄洋自身も演劇部顧問として出演している。
>>公式サイト

最初は笑いの波に乗りにくい作品かも

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

『シーサイドモーテル』など個性派俳優として知られる池田鉄洋が初めて映画脚本を書いた作品。とにかく独特の存在感がユニークな人だけに、その人が書く脚本もやはり面白かった。とはいえ序盤から中盤、中村蒼が扮するオガと自称イケメンのジョー(金子直史)、異常に薄い存在感の上田(冨田佳輔)の3人が演劇部に入部し、廃部にならないために残り2人の部員を集めるあたりまでは、そのあまりに下らなくてバカバカしい流れに少々乗り切れなかった部分はある。この手のコメディというのは、バカをする奴ばかりではなく、ワンポイントアクセントとして普通の奴がいることで、クドイ面白さではなく楽しい面白さに変わるのだ。本作で言うならそれはカジ(池松壮亮)に他ならない。

02_2 03_2

例えばオガが先輩部員の演じるジュリエットを好きになり大ボケをかましている時も、側にはカジがいて的確かつ冷静にツッコミを入れているからこそ笑える。ところが、肝心要のカジが父親が厳しいという理由に当初は演劇部に入らず、前半はスクリーンに登場する頻度が減るのだ。残りの連中は面白いキャラクター揃いではあるが、それだけでは出オチにしかならない。というより出オチで存在感を示せるほどの個性を持った俳優はこの中では池田鉄洋その人だけだ。かくしてしばらくはアホラシイ話を黙ってみているしかなくなってしまう。ところが、彼らが演劇の大会に出場することを決めたあたりから、徐々にカジの出番も増えそれに比例して話が面白くなってくる。

04_2 05_2

ちりばめられた小ネタを回収してくれる人の存在は大きいのだ。一応大会出場の動機として、見学に行った豪徳寺女学園の演劇部に所属する柏木舞(新川優愛)にオガが一目ぼれしたということはある。彼女が顧問の先生にボロクソにけなされて泣いている様子をみたオガは、演劇はもっと楽しいものだということを見せつけようとするのだ。もっとも、話全体を俯瞰してみればこんなことは単なる切っ掛けにしか過ぎないのは明らかで、実際彼女とオガの関係はラブストーリーにもなっていないほどサラリと描かれている。大会までの特訓の様子には何故かランニングやら懸垂やらが含まれていて、その時には「演劇にも体力は必要だしね。」程度に見ていたのだけれど、これが大きな伏線なのが面白い。

06_2 07_2

(ここからネタバレ含む)
実は大会用の演目の脚本を書いたのはカジだった。題材にしたのはO・ヘンリー作「最後の一葉」。「あの一葉が落ちたら私は死んでしまうの…」というアレだ。誰でも知っているお話をどう演じて見せるのかと思いきや、始まった瞬間登場人物はマネキンなのに虚を突かれる。声だけは彼らが演じているのだが、じゃあここから一体どう持ってゆくの?と気分はもはや観客と同化してしまった。すると…天井からバトンが下りてくるではないか。しかもそこには5人が葉っぱの衣装を着てぶら下がっている。そう、つまり彼らが演じたのは最後の五葉だったのだ。なるほど体を鍛えていたワケはこれかと、思わず喝采したくなった。池田鉄洋の笑いのアイディアは大したものだと思う。

08_2 09_2

もっともアイディアだけで綺麗に笑わせるようなことはない。これから巻き起こる予想外の展開をどのように乗り切ってゆくのか。そしてそこにカジがどう関わってくるのか。相変わらずバカバカしいネタ満載なのだが、ベースにしっかりとした話があるだけに安心して観ていられる。大会終了後に意外なオチが2つほど用意されているが、個人的にはカジの親に関する部分はともかく、もう一つの方は必要だったのか疑問だった。『少女たちの羅針盤』のような演劇にかける熱意がよく伝わってくる作品も良いけれど、あくまでも演劇を舞台装置にしたコメディドラマと捕えた方がこの作品は楽しめると思う。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:ジュリエットの男が意外に綺麗…
総合評価:65点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!/The Other Guys | トップページ | おじいさんと草原の小学校/The First Grader »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41238756

この記事へのトラックバック一覧です: 行け!男子高校演劇部:

» 行け!男子高校演劇部 [象のロケット]
男子校に入学した小笠原〔オガ〕は「女子にモテる」ことを第一条件に入部するクラブを物色中、演劇部の勧誘公演に出演していたジュリエット役の美女に一目ぼれ。 即入部したものの、美女の正体は何と(というか、当然)先輩男子だった! そして一年なのに、いきなり部長に抜擢されてしまう。 更に、今月中に部員を5人揃えないと廃部になるという危機的状況! まずは部員獲得に奔走するオガだったが…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年8月23日 (火) 20時55分

» 『行け!男子高校演劇部』をシネリーヴル池袋1で観て、なかなかええやんふじき☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆おんどれら男子やのう】 くだらない映画が好きだ。 だから、これも好き。 コカコーラのCMで 「男でごめんなさい」というコピーが流れているが、 本 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 00時47分

» 「行け!男子高校演劇部」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
明らかに「ウォーターボーイズ」の線だ。 お気軽な男子高校生たちがひょんなことから演劇を始める、恋あり笑いありの青春コメディー。 ただ、「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督よりこの映画の英勉監督のほうがヤブレカブレで、節操に欠けるところがある。 これに比べ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月31日 (水) 20時42分

» 行け!男子高校演劇部 [迷宮映画館]
身につまされるというか、何というか。。。いやはや。 [続きを読む]

受信: 2011年10月 6日 (木) 13時50分

» 行け!男子高校演劇部 [銀幕大帝α]
11年/日本/86分/青春・学園コメディ/劇場公開 −監督− 英勉 過去監督作:『高校デビュー』 −脚本− 池田鉄洋 −主題歌− GOING UNDER GROUND『RAW LIFE』 −出演− ◆中村蒼…小笠原元気(オガ) 過去出演作:『パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT』 ◆池...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 00時34分

« アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!/The Other Guys | トップページ | おじいさんと草原の小学校/The First Grader »