« おじいさんと草原の小学校/The First Grader | トップページ | 親愛なるきみへ/Dear John »

2011年8月25日 (木)

神様のカルテ

Photo アフラックのCMで共演している櫻井翔と宮崎あおいが今度は夫婦役で共演。2010年の本屋大賞2位にノミネートされた同名原作を『60歳のラブレター』『白夜行』の深川栄洋が監督して映画化したヒューマンドラマだ。医療の現実に悩みながらも成長していく若手医師を描いている。共演に要潤や原田泰造、柄本明、吉瀬美智子、岡田義徳、加賀まりこら実力派が揃う。
>>公式サイト

心の繋がりの強さを感じるドラマです

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

001

今をトキメク櫻井翔と宮崎あおいが共演と来たらそれだけでも興味が湧くが、予告編を観る限りでは難病感動ストーリーなのかと思っていた。もっともそれはサラッと裏切られたのだけれど。ちなみに原作は例によって未読なのだが2010年本屋大賞の第2位だそうだ。更に余談だが大ヒットした『告白』はこの前年の本屋大賞の1位である。舞台となっているのは長野県松本市の本庄病院という地方病院で、そこに勤める5年目の青年医師・栗原一止(櫻井翔)がこの物語の主人公だった。まず気になるのはその名前の読み方で“いちと”という。本来は消化器内科の彼が救急外来の当直に入るところから物語は始まるのだが、意外だったのがこのシーンからあまり緊張感が感じられないことだった。

002 003

ただ本作をずっと観て行くと、実はこれが自然であり普通の様子なのではないかと思えてくる。よくドラマであるような修羅場ももちろんあるのだろうけれど、救急外来全てがまるで『ジェネラル・ルージュの凱旋』のようではないということなのだろう。救急外来だけでなく、主人公の一止自身にもそれは言える。彼は後で登場する信濃大学消化器内科教授・高山秀一郎(西岡徳馬)にその実力を認められ、医局に誘われるほどの実力を持った医師なのだが、だからと言っていわゆるどんな難病でも何とかして治してしまうようなスーパードクターではない。そもそも原作者が現役の医師であることを考えると、現実に近い医師像なのではないか。もっともその言葉遣いはフィクションだろうけれど。

004 005

夏目漱石が大好きな一止の喋り方は殆どの場合文語体なのが面白い。彼の妻・榛名(宮崎あおい)もとても丁寧な喋り方をする女性で、それだけに2人での会話劇はとても落ち着いた雰囲気を醸し出していた。というより彼らが住む古い旅館には学生の学士(岡田義徳)と画家の男爵(原田泰造)という共同生活者がいるのだが、この2人も含めた会話劇は昭和の初期を思わせるような日本語の美しさを感じる。いわゆる医療ドラマのように全てが病院で展開されずに、こうしたプライベートのシーンが存在するのも本作の特徴である。もっとも、常識的に考えれば医師だってプライベートはあり、妻や友の支えや理解がその成長に関わってくるのは当たり前と言えば当たり前だ。

006 007

その意味で学士が旅館を去るシーンはとても感動的だった。自分と違って夢の最前線にいるのだから頑張れという学士に対して、一止は医師としての無力さを感じる日々に一体何を頑張れというのかと訴える。だが彼はそれでも自分の信じる医師であり続けるしかないと解っているのだ。そして一止は学士に餞の言葉を送る―。このシーンに限らず本作を観ていると、人と人との心の繋がりが実に丁寧に描かれていることが解る。ある日、一止が信濃大学医局に研修で出かけたときに診察した末期ガン患者・安曇雪乃(加賀まりこ)が本庄病院までやってくる。大学病院で手の施しようが無いといわれた患者だ、当然一止に何かできる訳ではない。しかし彼は間を置いて「次の外来はいつにしましょうか?」と優しく語り掛けるのだ。

008 009

その時の雪乃の嬉しそうな表情が忘れられない…。さすがは名女優・加賀まりこの面目躍如である。彼女がモルヒネで意識朦朧とした中で、一止を亡き夫と勘違いしてカステラを買ってきたかと聞いた時は、榛名に言って本当にカステラを買ってきてあげたり、彼女が故郷を思い出していることを知ると何とか病院の屋上から外を見させてあげたり…。一止は彼女の命は救えなくても心は救っていた。生きるということが生物学的に生きるという意味ではないことは誰でも解っているだろう。当然医師だって解っている。しかしイザという時、人間として生きることをを望む人・家族もいればそうでない人・家族もいるのが現実だ。何が正解かなど誰にも解らない。

010 011

しかし最悪なのはそこで思考停止し、機械的に、事務的に患者に接することでしか対応できない医師だと思う。何も一人一人の患者に思い入れを抱けということではなく、あなたが相手にしているのは紛れもなく人間なのだということなのだ。少しでも医療の発展を目指し研究を続ける大学病院はなくてはならない存在なのは言うまでもない。本作でもそれは決して否定していないのは、高山教授の人格が好意的に描かれていることからも解る。本庄病院に残った一止の判断が正しかったのかどうか、柄本明演じる貫田医師は「後悔する」と言っていたが、それもきっと正しい。しかし本当の応えは一止が死ぬ瞬間まで出ないのではないかと思う。やはり彼は自分の信じる医師で在り続けるしかないのだから。

soon 8月27日(土)公開

個人的おススメ度4.0
今日の一言:原作では続編があるけど…
総合評価:79点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« おじいさんと草原の小学校/The First Grader | トップページ | 親愛なるきみへ/Dear John »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41346856

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のカルテ:

» 神様のカルテ [象のロケット]
長野県・松本市。 青年内科医・栗原一止(くりはらいちと)は、医師不足ながら「24時間、365日対応」を掲げる小規模病院・本庄病院に勤務して5年目。 妻・榛名(はるな)との結婚記念日を忘れるほど多忙な毎日を送っている。 ある日、県内随一の設備を誇る大学病院で研修中の一止の前に、どこの病院でも手術を断られたという末期ガン患者の女性が現れるのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年8月25日 (木) 20時55分

» 神様のカルテ [うろうろ日記]
試写会で見ました。原作を読んでからの映画なので、なんで、桜井君はこんなパーマに? [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 22時52分

» 「神様のカルテ」 迷え、悩め [はらやんの映画徒然草]
昨日、完成披露試写会に行ってきました。 栗原一止(櫻井翔さん)は松本の地方病院に [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 11時17分

» 【映画】神様のカルテ [★紅茶屋ロンド★]
<神様のカルテ を観て来ました> 制作:2011年日本 少し自粛していた試写会ですが、たまにはいいかなと思って久しぶりに一人で参加。 嵐の櫻井翔君が主演という事もあって、劇場には女性が目立ちました。そしてあまりそういう人って映画館に行かないのかな、上映中に携帯鳴らしたり、ビニール袋をずっとガサゴソやってたり、しゃべったり、スクリーンに指さしたり(笑)、なんか普段あまり見られない光景が繰り広げられておりました…w ジャニーズという事なので、今回の記事には櫻井君の写真はありません、ご了承くだ... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 11時56分

» 神様のカルテ [Akira's VOICE]
ハートフルで好き。   [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 17時03分

» 神様のカルテ [あーうぃ だにぇっと]
8月14日(日)@FM TOKYOホール。 この会場は1年1ヶ月ぶり。 久しぶりに来てみて、あらためてひどい会場だなと確認(笑)。 段差ゼロ、パイプ椅子で席のとりようがない。 最前列は前にさえぎるものはないがスクリーンが大きくて見難い。 前を気にせず見られるのは左右の通路沿い、外側だけだ。 かなり早めに会場に着かないと確保できそうにない。 おまけに本日は冷房が効き過ぎで寒くてたいへんだった。... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 20時59分

» 映画『神様のカルテ』 [よくばりアンテナ]
原作を読んだ時にもさんざん泣いちゃって、 映画にもきっと泣かされるんだろうなと予想はしてました。 原作がいいからといって、映画が必ずしも期待通りにはいかないことも多いのですが、 この作品は期待を...... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 21時02分

» 2011年8月19日 『神様のカルテ』 一ツ橋ホール [気ままな映画生活]
本日の2本目は、『神様のカルテ』 を試写会で鑑賞です。 泣けますよでもね... 【ストーリー】  自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、最愛の妻・榛名(宮崎あおい)らと語らうことが日々の楽しみだった。そんなある日、一止はある患者と出会い、人生の岐路に立つこととなり……。 宮崎あおいに期待していましたが、何だろうこのいまいち感・・・ 映画全体に魂がこもってないよ... [続きを読む]

受信: 2011年8月27日 (土) 23時59分

» 医療人って何だろう? 〜『神様のカルテ・感想』〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
家族の勧めで見た『神様のカルテ』 最初はだらだらした展開に眠くなりそうだったけど(ちょっと船こぎかけたからね。) 後半になるにつれて涙が流れましたね。 涙ぐんでた。 しかしイチもハルも下宿住ま...... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 00時52分

» 映画「神様のカルテ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「神様のカルテ」観に行ってきました。 医師でもある夏川草介原作の同名小説をベースとした、地方医療における現実と患者の心の問題を描いたヒューマンドラマ系の作品。 物語の舞台は長野県松本市。 ここにあるそこそこ大きな総合病院である本庄病院で多くの患者を診る勤続5年の若き医師・栗原一止が主人公となりま... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 02時27分

» 映画「神様のカルテ」を観ました!!(2011-09) [馬球1964]
映画「神様のカルテ」を観ました!! [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 19時49分

» 「神様のカルテ」最期の時まで患者と親身に接した内科医と写真家夫婦のおくりびとストーリー [オールマイティにコメンテート]
「神様のカルテ」は夏川草介原作の「神様のカルテ」を映画化した作品で、信州の松本市にある小さな病院に努める内科医が的確な診察で多くの患者が病院に訪れる。そんなある日末期 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 21時25分

» 神様のカルテ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
長野県松本市にある小さな病院を舞台に、孤軍奮闘する主人公が生き生きと描かれている。医者である栗原一止は救急担当の日になると限界までがんばり、末期がん患者には最期まで親身になって対応する。愚直なまでの患者に対する思いが、感動を引き出してくれる。辻井伸行のピ... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 00時11分

» 神様のカルテ(2011-067) [単館系]
自然あふれる長野・松本の本庄病院で、 内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。 24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、 前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、 最愛の妻・榛名(宮...... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 00時28分

» 『神様のカルテ』 [『映画な日々』 cinema-days]
地方の救急医療内科医が 一人の末期癌患者と出会い、 改めて医療と向き合い直す... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:夏川草介 2010年本屋大賞第2位 公式 twitter 公式 facebook... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 01時22分

» 神様のカルテ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
神様のカルテ オリジナル・サウンド・トラック地方医療の現実や医師としての悩みを真摯に描くヒューマン・ドラマ。人を生かす仕事である医者とは、“死”の在り方にも責任がある職 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 08時49分

» 『神様のカルテ』 ('11初鑑賞117・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:25の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 20時50分

» 「神様のカルテ」心洗われるヒューマンドラマ。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[神様のカルテ] ブログ村キーワード  長野県在住の現役医師、夏川草介さんのデビュー小説の映画化。「神様のカルテ」(東宝)。原作は“2010年度本屋大賞第2位”の泣ける物語らしいですが、当然の如く(?)吾輩は未読です。さあ、映画の方は泣ける出来になっておりますでしょうか?  長野県松本市。医師不足の中、24時間体制で患者の受け入れ対応に当たる本庄病院に勤務する内科医・栗原一止(櫻井 翔)は、激務に追われ、時には寝る暇も無いほどの多忙な日々を送っていた。そんな一止を、写真家である妻の榛名(... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 12時49分

» 神様のカルテ [勝手に映画評]
夏川草介原作の大ヒット小説の映画化。 小説では、『神様のカルテ3』のさわりまで書かれていますが、映画化に際しては、第1作である『神様のカルテ』をベースにしています。ただし、若干の設定変更があり、大狸先生しかおらず、古狸先生が薦めた信濃医大の研修は、大狸...... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 16時02分

» 劇場鑑賞「神様のカルテ」 [日々“是”精進! ver.A]
向き合う心を持つことが、大切・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108300003/ 神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 =SPECIAL EDITION= posted with amazlet at 11.08.24 辻井伸行 avex CLASSICS (2011-07-2... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 16時55分

» 神様のカルテ〜医療版草枕 [佐藤秀の徒然幻視録]
「正」から「一」が抜けた人々 公式サイト。夏川草介原作、深川栄洋監督。櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まり ... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 21時31分

» 『神様のカルテ』 [こねたみっくす]
医者が向き合うのは病気か、それとも患者か。そのどちらかを選ぶかで、その医者が人生で何を残すのかが決まる。 長野県在住の現役医師が書いた小説にして、本屋大賞にもノミネー ... [続きを読む]

受信: 2011年8月31日 (水) 19時49分

» 神様のカルテ [とりあえず、コメントです]
夏川草介著の同名小説を映画化した医療&人間ドラマです。 原作がとても良かったので、映画はどんなふうになるのかなと楽しみにしていました。 医療の難しさと厳しさを感じると共に、何が大切かを考えさせられる作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月31日 (水) 22時16分

» 「神様のカルテ」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜心は、きっと救える〜2011年  日本映画       (11.08.27公開)配給:東宝               上映時間:128分監督:深川栄洋原作:夏川草介「神様のカルテ」(小学館文庫) 脚本:後藤法子            医療監修:今井 寛音楽:...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 15時07分

» 映画「神様のカルテ」 [FREE TIME]
注目の映画「神様のカルテ」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 22時42分

» 「神様のカルテ」:演出力が足りてません [大江戸時夫の東京温度]
映画『神様のカルテ』は、「感動のベストセラーの映画化」としてあおってくる期待ほど [続きを読む]

受信: 2011年9月 2日 (金) 00時46分

» 映画「神様のカルテ」何て書いてあるかも良く分からないけれどそれは [soramove]
「神様のカルテ」★★★☆ 櫻井翔、宮崎あおい、加賀まりこ、 吉瀬美智子、岡田義徳、池脇千鶴、柄本明出演 深川栄洋 監督 128分、2011年8月27日公開 2010,日本,東宝 (原作:原題:神様のカルテ ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「タイトルから想像すると 神業的な技術を持った医師が 奇跡を起こすような気がするが 原作の持つ雰囲気をよく再... [続きを読む]

受信: 2011年9月 2日 (金) 07時05分

» 『神様のカルテ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「神様のカルテ」□監督 深川栄洋 □脚本 後藤法子□原作 夏川草介□キャスト 櫻井 翔、宮崎あおい、要 潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、       西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本 明■鑑賞日 8月27日(土)■...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 3日 (土) 09時01分

» 命は救えなくても、心は救える。〜「神様のカルテ」〜 [ペパーミントの魔術師]
宮崎あおいが使ってたのはやっぱりオリンパスのカメラだったな〜 踊る大捜査線の室井さんと青島じゃないが 医療の現場でも こういう教授とこういう医師が お互いのやらなきゃいけないことを理解し連携して はじめてたくさんの人が救えるんだと思う。 医者5年目で分岐...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 4日 (日) 13時10分

» 「神様のカルテ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
単なるアイドル映画だと思っていたでしょ。 だって、観客は若いカップルばっかりだぜ。俺たちのとやかく言う映画じゃないだろ。 ところがどっこい、人間こういう風に死にたいね、っていう映画でもあった。私たちおとなも他人事じゃない。 シニア料金には、まだまだだけど...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 6日 (火) 22時03分

» 神様のカルテ [りらの感想日記♪]
【神様のカルテ】 ★★★★  映画(44)ストーリー 美しい自然に囲まれた松本に暮らす栗原一止(櫻井 翔)は、本庄病院に勤めて5年目になる青 [続きを読む]

受信: 2011年9月 6日 (火) 23時12分

» (映画)神様のカルテ [ゼロから]
ほんわかした栗原榛名。カメラマンという設定は、日常を描いた部分にぴったりです。本旅館に住む設定も面白いですね。 [続きを読む]

受信: 2011年9月 7日 (水) 22時15分

» 神様のカルテ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベストセラーを映画化。夏目漱石の熱烈な読者である内科胃の主人公が、末期がん患者との触れ合いの中で、本物の医療とは何かと自問自答してい ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 9日 (金) 19時59分

» 「神様のカルテ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2011年・日本/配給: 東宝 監督: 深川栄洋 原作: 夏川草介 脚本: 後藤法子 音楽: 松谷卓 テーマ曲: 辻井伸行 製作: 市川南、小林昭夫、大西豊、藤島ジュリーK.、石田耕二、町田智子 現役... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 21時27分

» 深川栄洋監督 「神様のカルテ」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
昨日(2011年9月10日)1カ月ぶりに劇場で映画鑑賞。 選んだ映画が映画だっただけに、やっぱアベックや女の子同士で観にきてるのが多かった(^m^:) 公式サイト⇒http://www.kamisamanokarute-movie.jp/index.html 【あらすじ】 勤務5年目の青年内科医・栗原...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 12時29分

» 神様のカルテ [映画的・絵画的・音楽的]
 『神様のカルテ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVの前宣伝に煽られたことと、宮崎あおいを久し振りで見てみようということで、映画館に行ってきました。  映画は、松本市の本庄病院に勤務する医師・栗原(櫻井翔)を巡る物語です。  この病院は小規模ながら、...... [続きを読む]

受信: 2011年9月14日 (水) 05時58分

» 神様のカルテ [くまさんの再出発日記]
僻地の医療でもなく、大病院の医療でもなく、地域病院にスポットを当てている点が新鮮である。地方都市の救急病院の内科医として勤務している一止は、夜勤の日などは寝る間もないほど忙しい。 本当に満足な...... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 15時49分

» 神様のカルテ [シェイクで乾杯!]
現役医師、夏川草介によるベストセラーを映画化 [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 01時33分

» 神様のカルテ [だらだら無気力ブログ!]
日本ドラマ     * * * * * * * * 長野県在住の現役医師のデビュー小説にして2010年の本屋大賞にもノミネートされた同名ベストセラーを、「ハチミツとクローバー」「ヤッターマン」の櫻井翔と「ソラニン」「オカンの嫁入り」の宮崎あおい主演で映画化したヒュ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月24日 (土) 23時42分

» ■映画『神様のカルテ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
嵐の櫻井翔と宮崎あおいがほんわか夫婦を演じる映画『神様のカルテ』。 地域医療に真摯に取り組む青年医師・イチを櫻井翔が、そのイチを支える風景写真家の妻・ハルを宮崎あおいが演じています。 ある種の理想的な医師であり、ある種の理想的な夫婦であるこのふたり。 ちょ... [続きを読む]

受信: 2011年9月27日 (火) 17時06分

» 神様のカルテ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年9月28日(水) 18:15~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『神様のカルテ』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。11本目。 アフラックのコマーシャルでもお馴染みの可愛い二人が夫婦役。宮崎あおいには、高岡より翔のほうがお似合いだ。 可愛い二人の映画なので、ほんわかした、とても暖かく優しい映画となっている。 エンドロールで原田泰造とあったので、どこにいたんだよと思ったら、男爵という画家もどきの人の役だった。 全然気が付かなか... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 12時44分

» 神様のカルテ [5125年映画の旅]
24時間体制の病院に勤務する内科医、栗原一止。彼が夜間の当直の時に限って救急患者が殺到する事から周囲から「引きの栗原」と呼ばれていた。ある時、部長から大学病院への研修 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 08時07分

» 神様のカルテ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
神様のカルテ'11:日本◆監督:深川栄洋「洋菓子コアンドル」「白夜行」◆出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳◆STORY◆勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 16時19分

» 映画『神様のカルテ』を観て [kintyres Diary 新館]
11-57.神様のカルテ■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■入場料:0円(招待券)□監督:深川栄洋□原作:夏川草介□脚本:後藤法子□撮影:山田康介□美術:金勝浩一□音楽:松谷卓◆櫻井翔(栗原一止)...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 17時36分

» 映画「神様のカルテ」  ハチの宮崎あおいから年を重ねても魅力健在 [珍竹隣  ~映画とネットとi-Phoneやandroidなどモバイル端末の日々~]
ムービー・ウォーカーで評判が気になった「神様のカルテ」を見る。 救急医療病棟で日々仕事に追われる医師とその奥さんとまわりの人々の物語。 「NANA」の頃のハチとは違い、宮崎あおいの年齢が隠せなくなっている。 それでも、独特の魅力はまだ健在である。 敬語で... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 23時08分

» 映画「神様のカルテ」批評 ラストは泣けます(p´□`q)゜o。。 [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
神様のカルテ観ましたよー(◎´∀`)ノ 本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベスト [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 00時02分

» 映画「神様のカルテ」批評 ラストは泣けます(p´□`q)゜o。。 [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
神様のカルテ観ましたよー(◎´∀`)ノ 本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベスト [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 16時49分

» DVD『神様のカルテ』 [みかんのReading Diary♪]
nbsp;自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止。24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、最愛の妻・榛名らと語らうことが日々の楽しみだった。そんなある日、一止はある患者と出会い、人生の岐路に立つこととなり……。(シネマトゥデイ)  (2011/日本)... [続きを読む]

受信: 2012年3月17日 (土) 22時12分

« おじいさんと草原の小学校/The First Grader | トップページ | 親愛なるきみへ/Dear John »