« 朱花(はねづ)の月 | トップページ | ライフ -いのちをつなぐ物語- »

2011年9月 7日 (水)

サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-

Photo_2 チェコの異才、アートアニメーションの巨匠と呼ばれるヤン・シュヴァンクマイエル監督の5年ぶりの新作。夢と現実の双方で生きる男を、そのシュールな感覚で描き出す。主人公の男が夢の中で出会い恋をした女性は一体何なのか…。実写と写真を組み合わせたカットアウトアニメーションが醸しだす独特の世界観に惹き込まれる。
>>公式サイト

観たまま楽しんだ方が無難だと思う…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ヤン・シュヴァンクマイエル初体験。何ともユニーク、何ともシュールだ。こういうのが好きな人は堪らなく好きなのだろうと思う。ひたすら個性的な作品なので確実に好き嫌いは分かれるとは思うが。冒頭いきなり監督ご本人登場。予算不足で尺が足りないから仕方なく自分で喋ることにしただの、コメディ映画だけどあんまり面白くないだのと語り始めたのが可笑しかった。もっとも監督の言うことは本当で、確かにコメディではあったが、いわゆる大笑いするようなタイプの作品ではない。そもそも本作は実写映像と写真によるカットアウトアニメーションを組み合わせた独特の映像手法で作られているが、アニメーションにすると尺が短くなるというのだから何をかいわんやである(笑)

02_2 03_2

監督は舞台挨拶の席上で自らの妄想や執着について語っているが、それにしてもこの方の頭の中にはこんな映像が渦巻いているのかと思うと呆れるやら笑えるやらだ。ブルドッグが頭の人間だったり、ニワトリの頭で下半身が裸の女性だったり、アパートから手だけがニョキニョキ出てきたり、とにかく奇想天外な映像表現が目の前に繰り広げられる。主人公エフジェン(ヴァーツラフ・ヘルシュス)は冴えないサラリーマンだが、ある日夢の中で出会ったエフジェニエ(クラーラ・イソヴァー)という若い女性に恋してしまう。彼女の事が気になる彼は精神分析の専門家であるホルボヴァー医師(ダニエラ・バケロヴァー)を訪ね彼女のカウンセリングを受けるのだった。

04_2 05_3

このカウンセリングのシーンもシュールで面白い。壁にかかっているのはフロイトとユングの肖像写真なのだが、ホルボヴァー医師が的確なことを言うと拍手をしたりするのだが、先に進むとどうやらフロイトとユングの意見が対立しケンカをしたりし始めるという何ともバカバカしい映像が繰り広げられるのだ。やがてエフジェンは夢を操る方法を習得し、エフジェニエと付き合いながらなんと夢の中で子供まで作ってしまう。こののめり込み方が尋常ではないのだが、考えてみれば夢の中で自らの妄想を実現させるというのは人間にとってはそう珍しいことではない。というより誰しも一度は望むはずだ。しかし夢をコントロールなど出来ないから、夢が夢であり続けられるのである。

06_2 07_2

ではエフジェンのように自由に操れてしまうとどうなるか。当然夢に入り浸りになる。やがて彼の妄想は現実世界を蝕み始めるのだった。即ち仕事にも行かず、余りにおかしな生活態度から妻には浮気を疑われることになる。観ているほうにもそれと気付かせない間に夢と現実の境目があやふやになっていたのには少々驚かされた。例えばエフジェンは夢の中で宝くじに当たり大金を手にするのだが、夢の中の紙幣を現実の世界で買い取らせ、それをボーナスだといって妻に渡したりするのだ。さて、話が進み一枚の写真をきっかけとして夢の中の女性とその息子の存在の秘密が明かされてゆく。もっともこの手の種明かしは知ってしまえば何と言うこともないものではあるのだが。

08_2 09_2

サブタイトルにあるように、エフジェンの夢は彼の第二の人生ではあるものの、その終着点が第一の人生に繋がっていた。ということは夢は第一の人生なのだろうか。はたまた人間の人生そのものが夢のようなものなのか…。そもそも監督自らが妄想だと言っているのだから、人の妄想を論理的に理解しようとすること自体無理な相談というものだ。本作はスクリーン一杯に繰り広げられる奇怪で、ユニークな映像を見たままに楽しんだ方がよいと思う。もちろん哲学的な思考が得意な方はそうした見方もありだ。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:うーんシュールとしか言いようが無い
総合評価:64点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 朱花(はねづ)の月 | トップページ | ライフ -いのちをつなぐ物語- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41541887

この記事へのトラックバック一覧です: サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-:

» サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生― / SURVIVING LIFE /Prez#237;t svuj zivot [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click 「ルナシー」から、5年ぶり。チェコのヤン・シュヴァンク・マイエル監督最新作 公開日は朝の1回目とお昼の回にそれぞれヤン監督の舞台挨拶があったので 朝から行って来た★ら、上映は狭いイメージフォーラムだか...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 7日 (水) 09時09分

» ヤン・シュヴァンクマイエル 映画と展示会 [beatitude]
今日は上の娘とヤン・シュヴァンクマイエル三昧!まずは映画、シアター イメージフォーラムでの上映。『サヴァイヴィング ライフ −夢は第二の人生−』チェコのシュルレアリストでアートアニメーションの巨匠、今年77歳になるヤン・シュバンクマイエル監督の最新作。夢の...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 8日 (木) 01時30分

« 朱花(はねづ)の月 | トップページ | ライフ -いのちをつなぐ物語- »