« 世界侵略:ロサンゼルス決戦 | トップページ | ミケランジェロの暗号/Mein bester Feind »

2011年9月11日 (日)

探偵はBARにいる

Bar 札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『まほろ駅前多田便利軒』の松田龍平。共演は小雪、西田敏行、高嶋政伸、竹下景子といった豪華な布陣だ。監督は「相棒」シリーズの橋本一。
>>公式サイト

探偵&高田のキャラクターがイイ!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

この妙に昭和テイストな作品は今となっては東映か角川映画ぐらいでしかお目にかかれない気がする。なにしろ主人公の探偵(大泉洋)が仕事が無ければ必ずいるバー“KELLER OHATA”の電話は未だに黒電話だ。更に、どことなく角川映画『笑う警官』に登場するバー“ブラック・バード”を思い出させる雰囲気がある。よくよく考えるとどちらも札幌が舞台であり、主人公が時としてハードボイルドになるという部分も良く似ていた。それはそうと、こちらの主人公に名前はなく全編に渡って“俺”で通している。そしてこの“俺”とその相棒・高田(松田龍平)のキャラクターの面白さが本作の魅力の多くを占めているといっても過言ではないと思う。

02 03

そもそも本作は「黒幕は誰だ?」という意味でのミステリーとしては成立していない。とある依頼が探偵のところに舞い込むことが話の発端であり、全て電話だけで姿を見せないその依頼者と探偵との繋がりが物語を進めてゆく。ところが肝心の依頼者の正体が最初の電話でほぼバレバレなのだ。何故なら声が余りにも特徴的過ぎだから…。しかも、その動機も中盤までには大体想像がついてしまう。従って本作は「誰?」でも「何故?」でもなく「どのように?」の部分に注目して観て行く事になる。それにしてもこの手のミステリーは難しい。メインとなる登場人物の数が少ないと結局こうなってしまうのだ。もうちょっと誰が依頼者かを解らなくする工夫をするだけでもっと楽しめた気がする。

04 05

とはいえ探偵と高田のユニークさはその欠点を補って余りある。そもそも大泉洋にハードボイルドは似合わないのは当然なのだが、序盤にチンピラとケンカして相手を次々のして行くのだから意外だ。その割りに依頼人のコンドウキョウコからの電話には自らノリツッコミをしたり、ヤクザのカトウ(高嶋政伸)にやられそうになるとペコペコしたりと何ともまあ忙しい男である。一方の高田だが、北海道大学農学部の助手で空手道場の師範代という肩書きを持っていた。従ってケンカになると探偵以上に無類の強さを発揮するのだが、松田龍平の放つ回し蹴りなこれがまた中々堂に入っていていい。ところが普段は殆ど寝ているか「北海道開拓おかき」を食べているという変わりだったりする。

06 07

ハードボイルドを謳っているだけあって、探偵の内に秘めた優しさがとても暖かいのが嬉しい。彼は自分が聞き込みに行ったせいでカトウに殺されたオヤジの事を身内のように嘆き、依頼人を守るという探偵の大義名分を立てつつ、コンドウキョウコを名乗る女性の身を本気で案じるのだ。高田は高田で、面倒くさそうにしつつも探偵のためなら怪我もいとわず、たった一人の友達である彼の事を本気で心配しているあたり意外に頼りになる。もっとも少々『まほろ駅前多田便利軒』のキャラと被っている感じもしなくも無かったけれど。余談だが、松田龍平が映画でメガネをかけるのは初めてなんだそうだ。それはさて置き、コンドウキョウコは探偵を利用する形で自らの計画を実行に移してゆく。

08 09_2

物語中盤で実際にはコンドウキョウコは既に死んでおり、実は霧島の娘だったということが解る。そして物語冒頭に殺された霧島(西田敏行)の未亡人・沙織(小雪)、関西の大物ヤクザ岩淵(石橋蓮司)と息子・貢、その顧問弁護士の南という4者の関係が明らかになると、自ずから答えは導かれクライマックスへと話は進んでゆくのだった。ただ個人的にはsecret沙織と貢の結婚式でその関係者を銃殺しなくてもいつでも殺せたんじゃない?実際問題自分のクラブに全員集まってるんだから…。secretと思わなくもないのだが。探偵&高田にグイグイ引っ張られ中々に熱中して魅入ってしまう作品なのだが、ミステリーとしては今一つの脚本だったと思う。エンドロール後に続編を匂わせるようなボケがあるのでご注意あれ。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:地味に吉高由里子ちゃんが!
総合評価:73点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 世界侵略:ロサンゼルス決戦 | トップページ | ミケランジェロの暗号/Mein bester Feind »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41619204

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵はBARにいる:

» 映画『探偵はBARにいる』 [闘争と逃走の道程]
 東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)東 直己 ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 01時54分

» 探偵はBARにいる [象のロケット]
アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノのBAR“ケラーオオハタ”の黒電話でいつも仕事を受けている探偵の俺は、“コンドウキョウコ”と名乗る女からの奇妙な依頼を引き受けた。 ところがすぐに俺はその筋の男たちに拉致され、雪原で生き埋めにされてしまう。 相棒兼運転手の高田に救出され、自力での報復に動き出すうちに、沙織という謎の美女と4つの殺人事件に行き着いたのだが…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 03時08分

» 「探偵はBARにいる」依頼人の調査を受けて死にかけた先にみた愛された女の復讐劇 [オールマイティにコメンテート]
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 07時57分

» 探偵はBARにいる [Akira's VOICE]
地味だぁ・・・   [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 10時25分

» 探偵はBARにいる [とりあえず、コメントです]
東直己のすすきの探偵シリーズの『バーにかかってきた電話』を原作に映画化したサスペンスです。 原作はずっと前に読んでいたので、あのハードボイルドがどんな作品なったのか楽しみにしていました。 全体的に雰囲気が“大泉洋”色に染まっていました~ ... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 12時10分

» 探偵はBARにいる [佐藤秀の徒然幻視録]
吉高由里子はどこにいる 公式サイト。東直己原作、橋本一監督、大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、野村周平、カル ... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 15時01分

» 大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて早速行動... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 15時21分

» 探偵はBARにいる [to Heart]
何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/野...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 17時49分

» 探偵はBARにいる(2011-069) [単館系]
映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は読ん...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 21時10分

» 『探偵はBARにいる』 [『映画な日々』 cinema-days]
ススキノの探偵が 謎の女の一方的な依頼に 翻弄され辛酸を舐める事になる... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:東直己 『バーにかかってきた電話』 [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 21時20分

» 探偵はBARにいる [悠雅的生活]
黒電話。缶ピース。時計を止めて [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 22時29分

» 「探偵はBARにいる」みた。 [たいむのひとりごと]
舞台が北海道とあって、主演の探偵役に大泉洋が起用された理由は分からなくはないけれど、これまでの大泉キャラとハードボイルドはどうにもギャップがあり過ぎて、私にはどうもなじまなかったかな?と。松田龍平演じ... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 22時48分

» 探偵はBARにいる [マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)]
「探偵はBARにいる」監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸配給:東映概要:行きつけの ... [続きを読む]

受信: 2011年9月12日 (月) 13時08分

» 映画『探偵はBARにいる』 [よくばりアンテナ]
まぁ、とにかく、 昭和テイストなんですね(^_^;) 探偵の物語でハードボイルドだとこうなるんです!って言わんばかりの ベタな展開で(^_^;) 懐かしい「探偵物語」とか「太陽にほえろ」とか30年前...... [続きを読む]

受信: 2011年9月12日 (月) 13時37分

» 探偵はBARにいる [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
バーにかかってきた電話だけで仕事を引き受ける探偵は、自分の身の安全を守るのが非常に難しい。でも、助手の高田(松田龍平)が強いので可能なのだろう。登場人物を丁寧に描いているので、2時間の上映時間退屈しないで楽しめた。小雪がなぞめいた女性を好演していて、高嶋政... [続きを読む]

受信: 2011年9月12日 (月) 23時08分

» 「探偵はBARにいる」 [みんなシネマいいのに!]
 ここ最近、気楽に大人が観る映画がないなあとお嘆きの貴兄にオススメの一本。  札 [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 06時53分

» 探偵はBARにいる [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
「探偵はBARにいる」VISUAL BOOK (ダ・ヴィンチブックス)名無しの探偵を演じる大泉洋がハマリ役。ススキノを舞台に、コミカルな味を加味して描くハード・ボイルドの快作だ。札幌の歓楽 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 09時13分

» 映画 「探偵はBARにいる」 [ようこそMr.G]
映画 「探偵はBARにいる」 [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 13時13分

» 探偵はBARにいる [勝手に映画評]
東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。 「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大スター大泉洋が主演です。この人は、基本・・・って言うか、絶対コメ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 18時18分

» シリーズ化希望! 〜『探偵はBARにいる』 [真紅のthinkingdays]
 札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」と名乗る謎の女性から電話...... [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 19時50分

» 「探偵はBARにいる」 (2011 東映) [事務職員へのこの1冊]
ハードボイルドミステリの主人公は、とにかく渋くなければならない。 だってそうでし [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 22時15分

» 探偵はBARにいる・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
昭和テイストの和製ハードボイルド。 北の大地の歓楽街、札幌はススキノを舞台とした東直己の小説、「バーにかかってきた電話」を原作に、あの「相棒」を大ヒットさせたチームが新たに作り上げた「探偵はBAR...... [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 22時45分

» 「探偵はBARにいる」:いいね!ぜひ続編を! [大江戸時夫の東京温度]
映画『探偵はBARにいる』は、かなりの拾いもの。非常によく出来た和製ハードボイル [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 23時14分

» ★探偵はBARにいる(2011)★ [Cinema Collection 2]
何かあったら 電話してくれ。 上映時間 125分 製作国 日本 初公開年月 2011/09/10 ジャンル ミステリー/サスペンス/犯罪 映倫 PG12 【解説】 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”を 「アフタースクール」の大泉洋と「まほろ駅前多田便利軒...... [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 23時16分

» (映画)探偵はBARにいる  [ゼロから]
小説を読んでいるようなストーリーのテンポの良さは心地よかったです。アクションシーンも笑いもあり冬の札幌は、懐かしかったです。 [続きを読む]

受信: 2011年9月14日 (水) 05時14分

» 『探偵はBARにいる』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、田口...... [続きを読む]

受信: 2011年9月14日 (水) 08時20分

» 探偵はBARにいる [Diarydiary! ]
《探偵はBARにいる》 2011年 日本映画 探偵はある日バーに掛ってきた電話で [続きを読む]

受信: 2011年9月14日 (水) 22時01分

» 『探偵はBARにいる』 [beatitude]
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへldquo;コンドウキョウコrdquo;と名乗る女から電話がhellip;hellip;。職業柄、...... [続きを読む]

受信: 2011年9月14日 (水) 22時51分

» 探偵はBARにいる [新・映画鑑賞★日記・・・]
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 何かあったら電話してくれ。 札幌在住の作家・東直己のldquo;ススキノ探偵シリーズrdquo;か...... [続きを読む]

受信: 2011年9月15日 (木) 12時55分

» 探偵はBARにいる [りらの感想日記♪]
【探偵はBARにいる】 ★★★☆ 映画(47)ストーリー 札幌のススキノでグータラな男・高田(松田 龍平)を相棒に探偵稼業を営む“俺” (大 [続きを読む]

受信: 2011年9月15日 (木) 21時43分

» 「探偵はBARにいる」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2011年・日本/配給: 東映 監督: 橋本 一 原作: 東 直己 (「バーにかかってきた電話」)脚本: 古沢良太、須藤泰司 音楽: 池 頼広 エグゼクティブプロデューサー: 平城隆司 プロデューサー... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 02時01分

» 探偵はBARにいる [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
東直己のススキノ探偵シリーズ『バーにかかってきた電話』を原作に「茶々 天涯の貴妃」の橋本一監督が映画化。謎の美女との接触が呼び寄せた殺人事件の謎を追う探偵とその相棒兼 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 18時39分

» 探偵はBARにいる [うろうろ日記]
試写会で見ました。タイトルがストーリーをすべて語っていますね。BARに掛かってく [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 19時53分

» 探偵はBARにいる [迷宮映画館]
バランスの悪い乗りだったなあ。 [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 07時59分

» 「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り [はらやんの映画徒然草]
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、 [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 08時47分

» 探偵はBARにいる [ダイターンクラッシュ!!]
2011年9月18日(日) 18:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『探偵はBARにいる』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。2本目。 東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」というのが原作だそうだ。 第1作が「探偵はバーにいる」だそうだ。原作は、例によって未読。 冒頭にカルメン・マキが出てきた時から、作品の並みでないセンスを感じた。 東映らしからぬセンスのいい映画で、想定の5倍くらい面白かったね。元... [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 10時58分

» 探偵はBARにいる 2011年日 [映画に浸れ。]
2011/9/19  Movie heart beat vol.1181 ++++++++++++++++++++++++++++  2つ前の配信で、この作品を新作情報で扱った記述で探偵モノについて「いわゆる『 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 21時35分

» 探偵はBARにいる☆独り言 [黒猫のうたた寝]
原作をうまーく公開前に図書館で借りられてラッキー読み始めたのはいいのですが、、、気がつくと返却期限1週間近く過ぎていて、びっくりしました。まだ、読み切ってないのを斜め読みして返却してあとはもう、劇場行って映画観ちゃえっと映画館へ。お馴染み大泉洋が主役の探偵... [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 22時25分

» 探偵はbarにいる [tom's garden]
監督: 橋本一 原作: 東直己 脚本: 古沢良太 / 須藤泰司 音楽: 池頼広 キャスト 大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、安藤玉恵、カルメン・マキ、田口トモロヲ、波岡一喜、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 他 面白かった! こういう映画は好きv すすき野の探偵とその助手高田。 探偵への仕事の依頼は、彼がいつもいるbar「KELLER OHATA」への電話。 或る晩、かかってきた正体不明の女性からの依頼を請けたことで、暴力団絡みの事件へと巻き込まれていく。... [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 18時40分

» 「探偵はBARにいる」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
評判がいいんで、続編もつくるらしいな。 タイトルは、「探偵はBARBERにいる」。 はい、ちょっとこの天然パーマなんとかならない・・・って散髪中かよ! 冗談はともかく、続編ができるのも納得できるほど、愉快な映画だった。 探偵が大泉洋。その相棒が松田龍平。こういうハ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月25日 (日) 21時59分

» 探偵はBARにいる [だらだら無気力ブログ!]
二人のキャラクターが面白かった。 [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 02時11分

» 探偵はBARにいる  監督/橋本 一 [西京極 紫の館]
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の匂...... [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 03時13分

» 『探偵はBARにいる』を109シネマズ木場7で観て、空気に拍手ふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆普通に面白かったけど、どこかで抑制が働いてしまった】 「夜は大概ここにいるから電話してくれ」 「電話したらどうなるの?」 「君を明るくしてあげるの ... [続きを読む]

受信: 2011年9月29日 (木) 00時43分

» 「探偵はBARにいる」やわらかいハードボイルド [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
学生時代、ススキノの飲み屋に新聞配達のバイトをしていたパパン。 きっとススキノが舞台で懐かしいよ?と、最近めっきり私の映画に誰も付き合ってくれないので、こんな誘い文句で連れ出してみた。... [続きを読む]

受信: 2011年9月29日 (木) 07時44分

» 探偵はBARにいる [みすずりんりん放送局]
 『探偵はBARにいる』を観た。  【あらすじ】  舞台は札幌・ススキノ。  この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を...... [続きを読む]

受信: 2011年9月29日 (木) 22時08分

» [映画『探偵はBARにいる』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆今夜は、気楽に見れる作品を求めましたら、この作品と相成りました^^  予告編を見ていた時点で、C調ハードボイルド風な物語だと予想できた。  その度合いによっては、傑作になり得ると思ったが、残念ながら、その期待には沿うことはなかった。  序盤、一仕事を...... [続きを読む]

受信: 2011年9月30日 (金) 06時28分

» 探偵はBARにいる(ネタバレあり) [エミの気紛れ日記]
どうも、エミです(・∀・)つ 旦那が珍しく公開初日に見に行きたいと言っていた 『探偵はBARにいる』 ですが、私がバタバタしていたので見に行けなかったんですが 先日ようやく見 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月30日 (金) 18時11分

» 探偵はBARにいる [映画的・絵画的・音楽的]
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 05時16分

» 映画『探偵はBARにいる』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
大泉さんと松田お兄ちゃんのコンビ。 探偵モノそのもののタイトルロゴ。 初めて目にした時から、首を長くして待ってました! [続きを読む]

受信: 2011年10月 4日 (火) 08時21分

» 【探偵はBARにいる】 [日々のつぶやき]
監督:橋本一 出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行 何かあったら 電話してくれ。 「札幌ススキノのとあるBARを拠点にしている探偵、ある日BARにコンドウキョウコという女性から電話がかかってきた。彼女からの依頼を引き受けると、命が狙われて・・・・」... [続きを読む]

受信: 2011年10月 5日 (水) 10時56分

» 探偵はBARにいる [メルブロ]
探偵はBARにいる 376本目 2011-36 上映時間 2時間5分 監督 橋本一 出演 大泉洋(探偵<俺>) 、 松田龍平(高田)     小雪(沙織) 、 西田敏行(霧島敏夫)      ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 6日 (木) 00時01分

» 「探偵はBARにいる」 [管理人の極私的日誌 [四代目]]
公式サイト そろそろ、公開終了かな?と、あんまり期待しないで観たら、予想より面白かった系。 冒頭からバイオレンス度は気持ち高めなので、そういうのが嫌いな人は注意。 堺 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 6日 (木) 12時05分

» No.258 探偵はBARにいる [気ままな映画生活]
【ストーリー】 作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍す ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 7日 (金) 23時32分

» モジャモジャ頭はススキノ探偵〜『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。モジャモジャ頭はススキノ探偵〜♪(吉田拓郎「旅の宿」のメロディでw)←こんな替え歌を思いついてしまうぐらいモジャモジャ頭の(←褒め言葉です)大泉洋主演による東映プログラムピクチ... [続きを読む]

受信: 2011年10月16日 (日) 23時48分

» ■映画『探偵はBARにいる』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
“ハードボイルドな探偵映画”って、日本ではなかなかはまらないような気がしてました。 まず、探偵が似合いそうな俳優がいないし、探偵が似合いそうな場所がないし。 「なんかとりあえず、探偵と言えば“浮気調査”とか“身上調査”くらいしかしてなさそう」みたいなイメージ。... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 10時24分

» 探偵はBARにいる [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 2日 (水) 15時20分

» 【探偵はBARにいる】思っていたよりハードボイルドだった [映画@見取り八段]
探偵はBARにいる 監督: 橋本一    出演: 大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、松重豊、高嶋政伸、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、石橋蓮司、竹下景子 公開: 2011年9月10日      ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 02時39分

» 探偵はBARにいる [銀幕大帝α]
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:橋本一 原作:東直己『バーにかかってきた電話』 出演: ◆大泉洋…探偵<俺> 過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 ◆松田龍平…高田 過去...... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 18時38分

» 映画「探偵はBARにいる」批評 意外とハードボイルド( ̄ー  ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
探偵はBARにいる観ましたよ~(◎´∀`)ノ 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 00時03分

» 探偵はBARにいる [A Day In The Life]
新作DVDにて観賞 解説 『アフタースクール』の大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの松田龍平が演じる 探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。 東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基に、テレビドラマ「相棒」シリ ーズの橋本一がメガホ... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 19時20分

» 探偵はBARにいる 大泉洋 松田龍平 カルメン・マキ [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
  シドニーのmasaさんにおすすめ頂き、あと見た人にも「なかなかよかったよ~カワベさん好きそう!」などとも言われ、ずっと気になっていた映画「探偵はBARにいる」を観ました。 タイミング良くきくさんのレビューを読んだばかりなところで、借りに走りました! ハードボ... [続きを読む]

受信: 2012年2月25日 (土) 15時55分

» 映画「探偵はBARにいる」批評 意外とハードボイルド( ̄ー  ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
探偵はBARにいる観ましたよ~(◎´∀`)ノ 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 15時54分

« 世界侵略:ロサンゼルス決戦 | トップページ | ミケランジェロの暗号/Mein bester Feind »