« スイッチを押すとき | トップページ | ラビット・ホラー3D »

2011年9月21日 (水)

ザ・ウォード 監禁病棟/The Ward

Photo 『ハロウィン』、『遊星からの物体X』の巨匠匠ジョン・カーペンター監督の10年ぶりとなる最新作。放火現場で逮捕された主人公の女性が精神病院の監禁病棟に収容され、そこからの脱出を試みるのだが、彼女の目の前に謎の人物が現れる…。主演は『ドライブ・アングリー3D』のアンバー・ハード。共演にメイミー・ガマー、ダニエル・パナベイカー、リンジー・フォンセカらが出演している。
>>公式サイト

何の変哲もないホラー映画

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

物語の設定自体が既視感ありありで、やけに今更感が漂う作品だった。脱出したくでも出来ない焦り・恐怖の見せ方、登場してくる化け物らしきものの登場のさせ方、そしてその容姿、その全てに対して私の体の中に抗体が出来ているようで全く怖さは感じない。ただ話そのものに関してはオーソドックスながらもきっちりと仕上げてきたあたりは流石はカーペンター監督だ。若い女性主人公クリステン(アンバー・ハード)は身に覚えのない放火の罪で精神病院の監禁病棟に収容される。最近では『ドライブ・アングリー3D』『ゾンビランド』に出演しているアンバーはブロンドヘアーでこれぞハリウッド的な美貌を持つ女優だけに、その顔が恐怖に染まる様子はある意味セクシーですらあった。

02 03

ただこの設定、ついこの間公開された『エンジェル・ウォーズ』とそっくりである。しかしあちらが主人公の妄想の中で素晴らしくカルトな映像センスを披露し遊びまくってくれるのに対して、こちらは何の変哲もなく手堅いシーンが続く。院内で出会う4人の患者たちにしてもそれほどエキセントリックというワケでもない。強いて挙げればぬいぐるみを抱えて少女のような精神状態に陥っているゾーイ(ローラ・リー)が目立つぐらいか…。4人のうちの一人、サラ役のダニエル・パナベイカーはリメイク版『13日の金曜日』『クレイジーズ』といったホラー映画にも出演している清楚で可愛らしい女優で、余談だが私はドラマ「SHARK ~カリスマ敏腕検察官」時代から好きだったりする。

04 05

クリステンは収容されてすぐに得体のしれない顔が崩れた女の化け物を目撃し怯えるのだが、医者や看護師には狂人の妄想として処理されてしまう。ところが話が進んでいくうちに、どうやら他の患者たちもその女のことを知っているらしいことが解ってくる。やがて、その謎の女は患者を捕えては一人ずつ殺してゆくのだが、それは劇中の人物にとっては行方不明という形でしか表面化しないのだった。どうもスッキリしないのは、最初はこの病院から出て行こうとする人間を殺すのかと思いきや、必ずしもそうでないという点だ。クリステンは病院を脱走しようとして襲われ、アイリス(リンジー・フォンセカ)は退院間近になり殺される。しかしサラは別に何もしていないのに殺されてしまうのである。

06 07

必ず脱出してやるというクリステンに対して、ゾーイの「彼女が逃がさないわ!」なんてセリフもあるのだけれど、どうも話のつじつまが合わない。ただこれは程なく理由が解った。謎の女はアリス・ハドソンといい、入院患者たちの集団リンチで殺されてしまった女性だったのだ。なるほどそれで復讐してるというワケだ。…と思ったのもつかの間、殺しに加わってないクリステンが襲われるのは何故か?更に脱走して捕えられたクリステンに対する医師の態度が妙に親切…というか真っ当だったりするのも奇妙な感じを受ける。そもそもアリスは実在するのかしないのか、そこが本作のキモとなってくるのだが、その答えは言うなれば“実在するけど実在しない”というものだった。

08 09

(この先ネタバレ含む)
そう、彼女は多重人格者なのである。そしてアリス・ハドソンは彼女の本人格であり、クリステンを含む残りの5人は全て副人格なのだ。そして副人格が共謀して本人格を殺そうとしたものの失敗し、逆に本人格に復讐されていたというワケなのである。ただ副人格の内のクリステンを主人公に据えたのが、単純に最後に出てきた人格が強くなったからとしか説明されていないのがちょっと弱いと思う。更にいうと、どうして多重人格になってしまったのかの背景の説明や描写もちょっと弱い。自分を守るために恐怖を複数の人格で負担したというのは理屈ではよく解るけれど、それはでは一般的な学術説明にしかなっていない。全体的に恐怖を感じさせる演出や映像に物足りなさを感じてしまったのが残念に思う。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:アンバーが見れたからいいや♪
総合評価:58点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« スイッチを押すとき | トップページ | ラビット・ホラー3D »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41871499

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ウォード 監禁病棟/The Ward:

» ザ・ウォード 監禁病棟 [象のロケット]
1966年。 20歳のクリステンは下着姿のまま森の中を走り抜け、たどり着いた一軒の農家に放火。 警察に身柄を拘束された彼女は過去の記憶の一切を失っており、精神病院の監禁病棟に収容される。 そこには同年代の女性4人の患者がいたが、病棟のことを尋ねても何も答えてはくれない。 脱走を試みて失敗したクリステンは、廊下を歩くおぞましい女の姿を目撃するのだが…。 サイコ・ホラー。 R-15。... [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 18時49分

» ザ・ウォード 監禁病棟 / JOHN CARPENTERS THE WARD [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click 近年リメイクもされた 傑作「ハロウィン」、「遊星からの物体X」などのジョン・カーペンター監督10年ぶりの最新作  メス持つお姿もキマってます ホラーファンはお待ちかね、巨匠の久々の新作ってことでも...... [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 17時46分

» 【映画】ザ・ウォード/監禁病棟 [★紅茶屋ロンド★]
<ザ・ウォード/監禁病棟 を観て来ました> 原題:The Ward 制作:2011年アメリカ 鬼才ジョン・カーペンター監督の、10年ぶりになる長編劇場映画がついに日本で公開です! 私は「遊星からの物体X」がmy favoriteなくらい大好きで、だけど実はあんまりカーペンター作品は観てないんだけど、観た作品はやっぱりどれも好きで、なんかこう、自分の心のツボをピンポイントで押してくれるような作品を作ってくれている監督だなぁと、思ってました。 初めて監督の作品をスクリーンで観ることが出来る!... [続きを読む]

受信: 2011年9月25日 (日) 19時05分

» 「ザ・ウォード/監禁病棟」 [或る日の出来事]
小気味よくまとまった、味のある一品。 [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 23時25分

» ザ・ウォード/監禁病棟/ジョン・カーペンターの「エンジェルウォーズ」 [映画感想 * FRAGILE]
ザ・ウォード/監禁病棟The Ward/監督:ジョン・カーペンター/2010年/アメリカ 美少女だらけの精神病院!(でも主人公は男前です) 「ニューヨーク1997」「遊星からの物体X」「ゴースト・オブ・マーズ」などの人気監督、ジョン・カーペンター9年ぶりの新作映画です。タイトルには「エンジェルウォーズ」って書きましたけれど、ほんとはもっと似ている映画があるんです、あるんですが、書いてしまうと即ネタバレなので…。 あらすじ:放火事件を起こし精神病院へ搬送されたクリステンは、院内をうろつく... [続きを読む]

受信: 2011年10月 4日 (火) 12時37分

» ザ・ウォード/監禁病棟 [だらだら無気力ブログ!]
何度も眠気に誘われる全く怖くないホラー。 [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 17時55分

» 『ザ・ウォード 監禁病棟』を銀座シネパトス3で観て、ウトウトふーんふじき☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆腑に落ちるけどそれだけ】 カーペンターの新作なので、できれば誉めたかったが 残念な結果に終わった。 観終わった後「凄く腑に落ちた」と感じたのだが、 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 02時05分

» ザ・ウォード/監禁病棟 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★【2点】(10) 少女ばかり5人の監禁病棟って、、、どこかで見たぞ! [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 21時19分

» 映画『ザ・ウォード/監禁病棟』を観て [kintyres Diary 新館]
11-60.ザ・ウォード/監禁病棟■原題:The Ward■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:89分■字幕:種市譲二■鑑賞日:9月19日、銀座シネパトス(銀座)■料金:1,800円□監督:ジョン・カーペンター□脚本:マイケル・ラスムッセン、ショーン・ラスムッセン□...... [続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 23時20分

» ザ・ウォード 監禁病棟 [佐藤秀の徒然幻視録]
エンジェル ウォード 公式サイト。原題:The Ward。ジョン・カーペンター監督、アンバー・ハード、メイミー・ガマー、ダニエル・パナベイカー、ローラ=リー、リンジー・フォンセカ、 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月12日 (木) 22時39分

» 『ザ・ウォード/監禁病棟』 [La.La.La]
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場未公開  上映時間:89分  原題:THE WARD  配給:ハピネット  監督:ジョン・カーペンター  主演:アンバー・ハード      メイミー・ガマー      ダニエル・パナベイカー      リンジー・フォンセカ クリステン(アンバー・ハード)は、放火の罪で特に異常のある者のみ収容する 監禁病棟へと送られる。そこには同じような境遇の少女4人。自分だけは正常だ と信... [続きを読む]

受信: 2012年3月 4日 (日) 10時48分

» ザ・ウォード/監禁病棟 [銀幕大帝α]
JOHN CARPENTERS THE WARD/10年/米/89分/サスペンス・ホラー/R15+/劇場公開 −監督− ジョン・カーペンター 過去監督作:『グッバイ・ベイビー』 −出演− ◆アンバー・ハード…クリステン 過去出演作:『ドライブ・アングリー』 ◆メイミー・ガマー…エミリー ◆...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 4日 (日) 20時08分

» ザ・ウォード 監禁病棟 [いやいやえん]
ホラー的な要素もあったりするけれど、これはオチが「アイデンティティ」でしたので、サイコ・スリラーでしょう。「今回はクリステン」と言ってた看護婦さんがいましたね。 ジョン・カーペンター監督の10年ぶり新作という事で俄然期待しちゃいますが、音楽や演出、雰囲気はいいのですがあんまり衝撃的なオチではなかったなー。主演はアンバー・ハードさん。 クリステンの前はタミーという子がいたそうだけれど、クリステンが監禁病棟に入所してから、そこにいた少女たちが次々と姿を消して行きます。彼女たちは退院したとされ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 09時05分

» ザ・ウォード/監禁病棟 (John Carpenter's The Ward) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョン・カーペンター 主演 アンバー・ハード 2010年 アメリカ映画 89分 ホラー 採点★★★ ロブ・ゾンビの『ハロウィン』や『アサルト13 要塞警察』など、一時リメイクバブルに湧いてたジョン・カーペンター。それはそれでカーペンターが再認識されるって…... [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 13時23分

» ザ・ウォード/監禁病棟(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
身に覚えのない罪で精神病棟に隔離され、奇妙な出来事に巻き込まれるヒロインの姿を描く「ゴースト・オブ・マーズ」のジョン・カーペンター監督作。出演は「ドライブ・アングリー ... [続きを読む]

受信: 2012年3月21日 (水) 11時01分

» ザ・ウォード 監禁病棟 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【JOHN CARPENTERS THE WARD】 2011/09/17公開 アメリカ R15+ 89分監督:ジョン・カーペンター出演:アンバー・ハード、ダニエル・パナベイカー、ローラ=リー、ジャレッド・ハリス、メイミー・ガマー、リンジー・フォンセカ 1966年。20歳のクリステンは、火災現...... [続きを読む]

受信: 2012年3月23日 (金) 10時56分

» ザ・ウォ-ド 監禁病棟 [ゴリラも寄り道]
ザ・ウォード 監禁病棟 [DVD](2012/03/02)アンバー・ハード、メイミー・ガマー 他商品詳細を見る内容(「Oricon」データベースより) 逃げることは許されない、本当の恐怖を知るまでは―。 ジョン・カーペン...... [続きを読む]

受信: 2012年3月27日 (火) 20時56分

» 『ザ·ウォード/監禁病棟』批評 あっ!なるほどね~( ̄▽ ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
『ザ·ウォード/監禁病棟』観ましたよー(◎´∀`)ノ 皆さんジョン・カーペンター [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 00時02分

» ザ・ウォード/監禁病棟 [A Day In The Life]
DVDでの観賞 解説 『ハロウィン』『遊星からの物体X』など映画史に残る傑作を 世に送り出してきたジョン・カーペンター監督が、 前作『ゴースト・オブ・マーズ』から約10年ぶりに放つサイコ ・ホラー。 身に覚えのない罪で精神病棟に隔離されたヒロインが味わう恐怖... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 00時56分

» ザ・ウオード/監禁病棟(DVD) [ぷち てん てん]
ジョン・カーペンター監督って、お久しぶりなのね。10年ぶりの映画なの? [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 20時20分

» 『ザ·ウォード/監禁病棟』批評 あっ!なるほどね~( ̄▽ ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
皆さんジョン・カーペンター監督ってしってます? 「ハロウィン」「遊星からの物体X [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 02時39分

« スイッチを押すとき | トップページ | ラビット・ホラー3D »