« ライフ -いのちをつなぐ物語- | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »

2011年9月 9日 (金)

あしたのパスタはアルデンテ/Mine vaganti

Photo 南イタリアのレッチェを舞台にしたヒューマンコメディ。一家の次男坊がローマから帰郷し、家族に重大な秘密を打ち明けようとするのだが、ひょんなことから大騒動に発展してしまう。主演は『輝ける青春』のリッカルド・スカマルチョ、共演に『副王家の一族』のアレッサンドロ・プレツィオージ、『シチリア!シチリア!』ニコール・グリマウドらが出演。監督はフェルザン・オズペテクが務める。
>>公式サイト

幸せは自らの手で掴み取らないとね!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

『あしたのパスタはアルデンテ』というこの解ったような解らないようなタイトル。パスタをアルデンテに茹でるのはコツがいる、でもきっと明日は上手くアルデンテにできるさ!という意味が転じて、明日は今日よりもいい人生がきっと待っているだろうという意味だと筆者は邪推する。若干クサいと思うのだが、本編を観終わるとこのタイトルがフィットする実に暖かい感動にに包まれる作品だった。物語のプロットは予告編を見ると全部解ってしまう。ローマに住む作家志望の青年トンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)の兄アントニオ(アレッサンドロ・プレツィオージ)が実家のパスタ会社の社長に就任した晩餐会で、とある重大発表をしたことから家族関係がめちゃくちゃになってしまう。

02 03

実はトンマーゾはゲイでそれをこの晩餐会で発表しようと思っていたのだが、何とアントニオも同じくゲイだったのだ。勘当されたアントニオ、そしてショックで倒れた父の代わりに、トンマーゾはローマに戻ることも出来ず止む無くパスタ会社の共同経営者となる羽目に…。本作で面白いのは個性的な大家族たちと、その家族間に交錯する想いが複雑なところだ。父と母は身内にゲイがいるなんてとひたすら世間体を気にしているが、長女は自分は自分と別にあまり気にした風もない。叔母はそんなことよりも自分が男を漁るのに夢中で、唯一祖母だけが事実を知って尚アントニオのことを理解し受け入れていた。これには理由があって、祖母は自分の生き方と彼の生き方を重ねていたのだ。

04 05

随所に挿入される花嫁衣裳の女性とタキシードの男性、その意味が徐々に明らかになるにつれて、ゲイ云々がこの作品のテーマではなく、人間は誰しも自分の望む通りの人生を送ることが、それが例え困難な道であったとしても幸福なのだということを教えてくれる。その一例が共同経営者のアルバ(ニコール・グリマウド)だ。彼女は美しい女性だ。しかし子供の頃から変わり者で情緒不安定だと言われてきた彼女は、そう言われ苦しみながらも本当の自分を解放しながら生きてきたのである。そんな彼女にトンマーゾは自分がゲイであることを話しつつも、相変わらず父のため家族のためというがんじがらめの生活を送っている。ある意味似た者同士の2人だが、その生き方は対照的というワケだ。

06 07

ともすれば重くなりがちなこの手の話なのだが、本作はイタリア映画らしくとても陽気に表現している。特にトンマーゾの恋人マルコと友達たちが週末に彼の家を訪れて海に繰り出す下りは、単純にコメディとしてケッサクだった。彼らは全員ゲイである。当然トンマーゾの家族にはそれは秘密なのだが、隠そうとしても思わず出てしまったり、家族たちとのトンチンカンな会話に思わず笑ってしまうのだ。海で遊ぶ友人たちとアルバ、そしてそれを黙って見つめているトンマーゾ。周りが自分をどう思うかではなく、自分がどう生きたいかを実践している彼らの楽しそうなことといったら!そしてトンマーゾはある決断をすることに。しかしその決断が悲しい決断も生んでしまうとはこの時想像する由もない。

08 09

実は祖母は好きな人がいたけれど結婚した相手はその兄だった。そしてどうやら今は糖尿病を患っていて、甘いものを禁止されているらしい。トンマーゾが工場を辞め作家になることを家族の前で宣言したことは、祖母にとってとても嬉しいことだったに違いない。孫が自分の思い通りの人生を歩もうと決意したのだから。しかし同時に自分に課せられたくびきを解き放つ機会としてしまったのは残念でもある。彼女は大好きなケーキを暴食し、言ってみれば覚悟の自殺をするのだった。それは表面上は禁止されていた甘いものを食べたということだが、本質的には死して愛する人の元へ旅立ちたいという想いに他ならないのだと思う。自由に生きることは時として自由に死ぬことと同義なのかもしれない。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:ニコールって鈴木紗理奈に似てない?
総合評価:76点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ライフ -いのちをつなぐ物語- | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41584144

この記事へのトラックバック一覧です: あしたのパスタはアルデンテ/Mine vaganti:

» あしたのパスタはアルデンテ [とりあえず、コメントです]
イタリアの小さな町を舞台に、それぞれの愛に悩む一家の姿を描いた作品です。 予告編を観て、久々にイタリア映画も面白そうだなと楽しみにしていました。 愛と家族の狭間で揺れる想いを切なくも優しく描いている物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 12時14分

» あしたのパスタはアルデンテ [風に吹かれて]
自分らしく自分が決めた人生を公式サイト http://www.cetera.co.jp/aldente老舗パスタ会社の次男トンマーゾ(リッカルド・スカルマチョ)は、故郷での共同経営者一族の晩餐会で、み [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 16時40分

» 人生も家族も終わらない〜『あしたのパスタはアルデンテ』 [真紅のthinkingdays]
 MINE VAGANTI  ローマで恋人と暮らす作家志望のトンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)は、 南イタリアの美しく保守的な街・レッチェに帰省する。家族の前で自分がゲイ であることを告白しよ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 11時02分

» 映画『あしたのパスタはアルデンテ』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
予告を観て、バックに流れる「50mila」(YouTube)が、すごく耳に馴染み 『人生、ここにあり!』と同じくイタリア [続きを読む]

受信: 2011年10月18日 (火) 17時48分

» 映画・あしたのパスタはアルデンテ [お花と読書と散歩、映画も好き]
2010年 イタリア原題 Mine Vaganti(歩く地雷) やはり邦題はいただけません イタリアン人情喜劇という話だったのですが映画冒頭ウェディングドレスを着た美しい女性が後ろを気にしながら足早に歩く姿廃墟のような教会の中に入った彼女は、若者の前でピストル自殺を...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 18時12分

» あしたのパスタはアルデンテ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭グランプリ「向かいの窓」のフェルザン・オズペテク監督による人情コメディ。老舗パスタ会社の後継者がゲイを告白したことで、騒動が起こる。出演は ... [続きを読む]

受信: 2011年12月21日 (水) 17時21分

» あしたのパスタはアルデンテ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
あしたのパスタはアルデンテ 10:イタリア ◆原題:MINE VAGANTI ◆監督:フェルザン・オズペテク「向かいの窓」 ◆出演:リッカルド・スカマルチョ、ニコール・グリマウド、アレッサンドロ・プレツィオージ、エンニオ・ファンタスキーニ、ルネッタ・サヴィーノ ◆STORY◆南イ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 6日 (月) 21時56分

» あしたのパスタはアルデンテ [ダイターンクラッシュ!!]
2012年3月17日(土) 16:20~ キネカ大森2 料金:1000円(Club-C会員料金) あしたのパスタはアルデンテ [DVD]出版社/メーカー: オンリー・ハーツメディア: DVD 『あしたのパスタはアルデンテ』公式サイト キネカ大森 名画座 家族もの特集。 イタリアの田舎のパスタ会社一族。 ローマ在住の大学生の次男が一時的に帰ってくる。 一族の会社で働く長男に「俺はゲイだ。家は継がない。作家になる。」と皆の前でカミングアウトするぞと宣言するも、その長男が一族の前で「俺はゲイだ... [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 02時44分

» 『あしたのパスタはアルデンテ』をギンレイホールで観て、ホームドラマやねえふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★雑然として整理が効いてないけど面白い】 これは、日本では絶滅したと信じられている「ホームドラマ」という奴である。 頑固な男親は寺内貫太郎・小林亜 ... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 02時14分

« ライフ -いのちをつなぐ物語- | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »