« リメンバー・ミー/Remember Me | トップページ | サンクタム/Sanctum »

2011年9月16日 (金)

極道めし

Photo 土山しげるの同名漫画を実写映画化。三度の食事が何よりの楽しみという刑務所の受刑者たちが、年に一度お正月だけ出されるおせち料理を賭けて、想い出の“めし”についてのトークバトルを展開するというヒューマン・コメディだ。主演は『津軽百年食堂』の永岡佑。共演に勝村政信、麿赤兒、落合モトキ、コンドルズのぎたろーといったユニークな面々が揃う。監督は前田哲。
>>公式サイト

soon 9月23日(金)公開

麿赤兒さん味がありすぎます!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

娯楽が圧倒的に少ない刑務所の受刑者にとって三度の食事は何よりも楽しみ。その昔、映画化もされた安部譲二の「塀の中の懲りない面々」を読んで刑務所のお食事事情に感心した記憶があるが、今回はそんな受刑者たちが年に一度楽しみにしている正月のおせち料理争奪戦を繰り広げる。といっても物騒な手段ではなく、過去に食べた1番旨いと思った“めし”の想い出トークバトルだ。ただこれは受刑者全般の話ではなく、あくまでもとある刑務所の204房に伝わる伝統行事。(といっても二度目だが…)トークバトルのルールは簡単で、聴いている人間が「ゴクリ」と喉を鳴らしたら1点、4点満点で争う。物語はその204房にチンピラの栗原健太(永岡佑)が入ってきたところから始まった。

02 03

4人いる同房者は個性的ではあるのだが、正直言って勝村政信と麿赤兒以外はちと俳優としての存在感が弱いと思う。なんと言っても八戸役の麿赤兒はもうあの風貌が堂々たる威圧感を放っていて、しかし何気にコミカルというのが実にイイ。本当は大泥棒なのだが、何故か勝手にヤクザの大物と勘違いされているのだった。南役の勝村政信は的屋らしくやたらと仕切りたがるのだけれど、上に弱く下に強いキャラクターで5人の中のポジショニングが絶妙だ。後はホストの相田(落合モトキ)と元力士の覆面レスラーのチャンコ(ぎたろー)という2人なのだけれど、キャラクター設定としての面白さはあるのだが、演じている俳優の顔が見えてこない。簡単に言えば観終わって全く記憶に残らない。

04 05

この5人が順々に“めし”トークをして行くのだが、本作はその内容が各人の人生ドラマの一編になっていて、八戸以外の4人に関しては何故塀の向こうに落ちることになったのかという話も兼ねているところがミソ。ただ思うにその人生ドラマを見せたいのか、“めし”を見せたいのかが今一つ中途半端に感じた。一言で言うと、登場してくる“めし”がそんなに旨そうじゃないのだ。堺雅人主演の『南極料理人』で登場するアツアツのおにぎりと、ラーメンは堪らなく旨そうだった。とにかく観ている最中から食いたくて食いたくて仕方なくなったものだが、この作品ではそこまでのモノがない。強いて言うなら相田が紹介した黄金めしか、栗原の彼女のラーメン位だろうか。

06 07

他の3人の紹介するサザエのつぼ焼きやイカ焼き、特製オムライスにおっぱいプリン、すき焼きといった“めし”もそれそのものは旨そうではある。ただ見せ方としてそれらの“めし”に人生ドラマという調味料を加えようとしているのだが、その表現が今一つよろしくないのだ。コミカルであるのは構わないし、実際刑務所での様子がコミカルに描かれているのは面白い。しかしその人生ドラマにまでそれを持ち込むのはやり過ぎに思う。コミカルである部分とシリアスである部分の落差があるからこそ、そのドラマに込められた話し手の想いが強く伝わり“めし”の調味料になるのではないだろうか。何だかふざけたような人生話の中に登場する“めし”などその程度でしかないと思う。

08 09

もちろんおふざけ調の人生話もそれだけ取れば面白いし、観ていて楽しむことは出来る。しかしこちらは『極道めし』というタイトルである以上、やはり飛びっきり旨そうな“めし”を期待してしまう。残念ながら“めし”話はイマイチだったが、それ以外の部分の面白さは中々のもので、個人的には一生懸命話しているのに麿赤兒が素っ頓狂な声で「2点♪」なんて発表したりする姿は可笑しくて仕方がなかった。原作は未読なのでどんな話なのかは解らない。しかし栗原出所後の後日端など観る限りでは、やはり本作は“めし”に絡めた彼の人生ドラマと捉えた方が良いのかもしれない。設定的にも栗原が主人公であって、少なくとも“めし”が主人公ではないから。

soon 9月23日(金)公開

個人的おススメ度3.0
今日の一言:黒はんぺん最高!!
総合評価:63点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« リメンバー・ミー/Remember Me | トップページ | サンクタム/Sanctum »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41727747

この記事へのトラックバック一覧です: 極道めし:

» 極道めし [食はすべての源なり。]
極道めし ★★★☆☆(★3つ) 忘れられない、メシがある。 忘れられない、人がいる。 一日三度の食事が楽しみな刑務所の受刑者たちが、年に一度の豪華な食事、おせち料理を懸けて思い出の“めし”についての自慢話バトルを繰り広げるヒューマン・コメディー。 料理の魅力では「南極料理人」には到底及ばない。 でも、人が人生を振り返って思い出す料理って、1度行った高級料理店よりも、いつも食べてたお袋の味だったりするんだろうな~、という納得感。 料理以外の囚人の身の上話はつまらなかった&お下品な場面も多... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 09時50分

» 極道めし [あーうぃ だにぇっと]
『極道めし』9月13日(火)@なかのZERO。 思ったより面白かった。 [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 11時13分

» 極道めし [象のロケット]
的屋のミナミ、ホストの相田、元力士のチャンコ、極道の八戸、新入りの栗原の5人が収容されている刑務所の204房では、恒例のおせち料理争奪戦ゲームが始まった。 今までの人生で一番旨い! と感じた食いモノの話を各々が語り、聞き手が喉をゴクリと鳴らしたら一点獲得。 一番点数の多い人は、みんなから一品ずつ好きなおせち料理をもらうことができるのだ。 男たちの真剣勝負が始まったが…。 刑務所めし自慢バトル。... [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 00時50分

» 極道めし [うろうろ日記]
ネットの試写が当りました。刑務所に入った同じ部屋の人たちが、お正月の御節を賭けて [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 02時34分

» 極道めし [とりあえず、コメントです]
土山しげる著の同名コミックを原作に映画化したコミカルな人間ドラマです。 予告編を観ていて、どんな思い出のご飯が出てくるのか気になっていました。 たくさん笑って、切ない想いが心に残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 20時17分

» 「極道めし」お腹がぎゅうるる、胸がぎゅー [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
「空腹は最高の調味料」であると同時に、この映画では、「想い出も最高の調味料」だと言うことなのね☆ 土山しげるのグルメ漫画「極道めし」を実写映画化。 「美味しんぼ」とは対極にあるような、B級グルメなんだけど、『漫画のレシピどおりに料理を作ってみる』というサイトでは、見た目の残念さと裏腹に、本当に美味しいらしく・・・・... [続きを読む]

受信: 2011年9月20日 (火) 22時55分

» したまちコメディ映画祭in台東『極道めし』ティーチイン&舞台挨拶@浅草公会堂 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
木村文乃という名前を聞いて、顔を思い浮かべられるだろうかちふれ化粧品SAVE WOMAN、前髪を作るかどうか悩んでいるブルボン「フェットチーネグミ」、「焼肉屋さんの塩カルビ味でごわ ... [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 22時47分

» 映画『極道めし』 [健康への長い道]
 特に観に行くつもりはありませんでしたが、沢木耕太郎さんの連載「銀の街から」(朝日新聞)で、取り上げられていたので。 Story とある刑務所の204房。テキ屋の南(勝村政信)。客の取り合いで同僚と喧嘩、傷害罪で逮捕されたホストの相田(落合モトキ)。親しくなっ…... [続きを読む]

受信: 2011年9月26日 (月) 00時32分

» 極道めし [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
極道めしこれぞ最高の想い出めし話 (アクションコミックス COINSアクションオリジナル)刑務所を舞台にした異色のグルメ映画は、庶民の味と思い出をからませて描くヒューマン・コメデ ... [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 07時17分

» 極道めし/永岡佑、勝村政信、落合モトキ [カノンな日々]
土山しげるさんによる同名グルメ漫画を『猿ロック THE MOVIE』『ブタがいた教室』の前田哲監督が映画化した作品です。獄中の受刑者たちがそれぞれ思い出の料理を語りその自慢話でバト ... [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 23時55分

» 『極道めし』を新宿バルト9−7で観て、小さく可愛い男たちである事よのうふじき☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆男も女も役者が可愛い】 みんな役者が可愛い。 食に関する記憶を懲役の囚人が語り明かす、それだけの映画だ。 たったそれだけ。 天下国家を語るでも ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 01時48分

» 極道めし [映画的・絵画的・音楽的]
 『極道めし』を新宿バルト9で見てきました。 (1)東京ではこの映画館のみの上映で、また上映時間がいつも変わっているなどアクセスが難しかったのですが、連休を利用して何とか映画館に潜り込むことが出来ました。  物語は単純で、刑務所で同室となった5人が、年末行...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 06時33分

» 極道めし&前田監督とせんるいのりこさんのトーク [迷宮映画館]
きっちりしたリサーチが生きてる一本 [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 21時43分

« リメンバー・ミー/Remember Me | トップページ | サンクタム/Sanctum »