« アメリ/Le fabuleux destin d'Amélie Poulain | トップページ | グリーン・ランタン/Green Lantern »

2011年9月 1日 (木)

ハウスメイド/하녀

Photo 1960年のキム・ギヨン監督『下女』のリメイク作品。とある富豪の家に若く素直なメイドがやってくる。彼女に家の主人が手を出したことから、欲望と狂気のドラマが始まるのだった…。主演は『素晴らしい一日』のチョン・ドヨン。共演をイ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョンらが演じる。
>>公式サイト

女性は怒らせたら怖いぞ~

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

『素晴らしい一日』でハ・ジョンウと共演したチョン・ドヨンの主演作品。元々は1960年のキム・ギヨン監督『下女』のリメイク作品ということだが、原作は未見だ。愛らしい笑顔がとても素敵な彼女目当てでの鑑賞だったが、今回は大胆な下着のシーンやヌードシーンまで披露してくれる。しかもタイトル通り上流階級のメイド役とくれば、何も言わずともそこには危険な香りが漂うというものである。余談だが、チョン・ドヨンが今年38歳と知って驚いた。てっきりアラサーだと思っていたから…。ストーリー展開そのものは60年の作品が元とあって奇をてらった感じはない。超セレブの邸宅でメイドとして働くことになった主人公ウニ(チョン・ドヨン)が一家の主人フンのお手付きになり妊娠。

02 03

それを知った妻のヘラ(ソウ)と姑に酷い仕打ちを受け、結果流産させられた彼女が一家に復讐するという流れだ。フン(イ・ジョンジェ)とウニの出会いの演出が上手かった。たまたま浴槽の掃除をしていたウニ、当然ながら濡れないように太ももも露わな生足である。そうとは知らず浴室の扉をあけるフン。双子を妊娠中でおなかの大きい妻ヘラが向かって左の部屋に、成熟した女の色気を漂わせる生足メイド姿のウニが右の部屋にと同時に映し出される映像は、フンが自分の身近にいる女性を見比べているかのようである。ヘラを演じているのが若手女優ソウなのだが、これがまたとてもかなり美しく愛らしい。ところがこんなに美人の妻がいても妊娠中のSEXでは夫を満足させられない。

04 05

その満たされない性欲をウニで満たそうというのだから男とはどうしようもない生き物なんだろう。これは何もフンが超セレブだからというワケではないと思う。実際同性として気持ちはよく解る。初めてウニの寝室にやってきたフンが彼女自身に布団をめくらせ、その体を視姦する様子が実にエロい。カメラアングルも下半身を中心に上半身を映しているのだが、まるで舐めるような視線であった。が、60年代の作品だからだろうか、ウニの下着がまるで小学生のグンゼパンツのようだったのには思わず失笑してしまった…。ウニもまた吹っ切れたように欲望を丸出しにするのだが、そこまでの清楚でまじめなお姉さんの印象とのギャップがまた良い。男はこういうギャップにもそそられるものだろう。

06 07

彼女は2度フンに抱かれるのだが、その様子を同じメイドの先輩ビョンシク(ユン・ヨジュン)に見られてしまう。ベテランの彼女がウニの妊娠に気づいたのと、フンが小切手をウニに渡し体の関係を清算しようとしたのがほぼ同タイミングだというのが皮肉である。のちにウニ自身も「あなたは私を人間扱いしてくれなかった」と言っているように、フンがお金で清算することに露程の罪悪感も感じていないのが恐ろしい。あまりに普通過ぎて、「何てヤツだ!」とすら思えないのだ。ただ逆に言うとこのドライな関係で済んでいればある意味幸せだったのだと思う。心はともかく大金は手に入るのだから。ところが、女性陣はそう簡単にはいかない。夫を恨みつつ同性だからこそより一層嫉妬深さを感じさせるヘラ。

08 09

そしてヘラの想いや夫の非道などよりも、それによって失うお金を気に掛ける姑。ビョンシクの想いに至ってはもっと複雑で、仕事に対するプライドにかこつけた、女としてのプライド、それは自分にない若さを持ったウニに対する嫉妬と言い換えても良いかもしれない。いずれにしてもウニを流産させるために姑は彼女を2階から突き落とし、ヘラはウニが健康のために飲んでいた漢方飲料に毒を混ぜる。結果彼女は流産し、自分に対して行われた全てを知ることになるのだった。フンがましか女性陣がましか、どちらにせよ彼女にとって自分の子供を殺されたことに他ならない。ショックを受けた彼女が一家に対して仕掛けた復讐はあまりにも壮絶だった。が、個人的には少しここで覚めてしまった。

10 11

(ここからネタバレ含む)
というのも、ウニは一家団欒の前に現れ、目の前で首を吊りさらに体に火をつけるのだが、CGで表現された燃え上がる姿があまりにもチープで嘘っぽいのだ。しかも飛び降りてからしばらくもがくというのもちょっと不自然だし、糞尿を垂れ流さないのも疑問である。もっともそこまでしたウニだったが、その後の一家の様子が映し出されると、心の底まで腐った連中にとっては、この程度では何ら痛痒を感じていないことが解り愕然とさせられる。ただ一人、ウニが可愛がっていて、ウニのことが好きだった娘のナミ(アン・ソヒョン)の目が死んだようだったのが印象的だ。けれどこうして彼女も心の腐った大人へと成長していくのだろう。それもまたウニの復讐の一部なのかもしれない。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:たまには古典的な愛憎劇も悪くないです
総合評価:68点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アメリ/Le fabuleux destin d'Amélie Poulain | トップページ | グリーン・ランタン/Green Lantern »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41441570

この記事へのトラックバック一覧です: ハウスメイド/하녀:

» ハウスメイド [あーうぃ だにぇっと]
『ハウスメイド』8月18日@東商ホール。 [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 05時31分

» ハウスメイド [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
無垢なメイドが禁断の愛から狂気へ至る物語。ベテランメイドの冷徹な観察眼が効いている。韓国の鬼才キム・ギヨンの「下女」(60)のリメイク。裕福な上流階級の邸宅で住み込みのメイ ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 07時07分

» ハウスメイド [象のロケット]
上流階級の邸宅で、メイドとして働くことになったウニ。 家事全般の他に、双子を妊娠中の女主人ヘラと6歳になる娘ナミの世話も彼女の仕事だった。 子ども好きのウニには理想的な職場に思えたが、ある日、普段は礼儀正しい主人のフンに迫られて、男女の関係を持ってしまう。 古株のメイド、ビョンシクは、ヘラの母親にウニがフンの子を妊娠しているかもしれないと密告するのだが…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 18時07分

» ハウスメイド・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
欲望渦巻く虚飾の館は、一人の女の“愛”によって崩壊する。 「ハウスメイド」は、1960年に大ヒットした故・キム・ギヨン監督の古典「下女」を、「ディナーの後に」などで注目されたイム・サンス監督がリメイク...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 19時08分

» ハウスメイド [とりあえず、コメントです]
カンヌ国際映画祭で話題になった韓国映画です。 予告編が怖そうだったので観に行くまいと思っていたのに、友達に誘われてチャレンジしてしまいました~ 観終わった後、何とも言えない不気味さが心に残るような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 2日 (金) 00時10分

» 「ハウスメイド」 [てんびんthe LIFE]
「ハウスメイド」TOHOシネマズシャンテで鑑賞 2011-061 待ちに待った1年半。 先ずショックだったこと映画が始まってエンドロールが流れ終わってもとうとう「下女」というタイトル現われず、最後にこっそり「THE HOUSEMADE」 「下女」から「ハウスメイド」に生まれ変わったということでしょう。 冒頭の女性の自殺のシーンはラストのウニさんへと引っ張られるわけで落とせませんが、結構そぎ落とされてる気配。 オリジナルを見たとき、言葉はわからないまでもエロさは感じたんだけど、その... [続きを読む]

受信: 2011年9月 2日 (金) 10時23分

» ハウスメイド [ダイターンクラッシュ!!]
2011年8月27日(土) 19:30~ TOHOシネマズシャンテ1 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『ハウスメイド』公式サイト 「下女」という1960年の韓国映画が元ネタだそうだ。 「母なる証明」「息もできない」を超える衝撃とか言っているしで、メイドが暴れるサイコ・ホラーみたいなのを、勝手に想像していたのだが、「母なる証明」「息もできない」みたいに猟奇的なところは無い。 心理的に陰湿なダウナーな作品だった。メイドが暴れるのでなく、雇い主から苛められる状... [続きを読む]

受信: 2011年9月 2日 (金) 13時58分

» ◆『ハウスメイド』◇ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:韓国映画、イム・サンス監督&脚本、キム・ギヨン原案、チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン出演。 [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 00時11分

» 下女〜『ハウスメイド』 [真紅のthinkingdays]
 THE HOUSEMAID  ウニ(チョン・ドヨン)は上流階級の瀟洒な邸宅で、住み込みの家政婦として 働くことになる。そこには双子を妊娠中の若い妻(ソウ)と夫(イ・ジョンジェ)、 その娘ナミ(...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 9日 (金) 06時43分

» 『ハウスメイド』 ('11初鑑賞121・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 9月10日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 12:25の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 21時00分

» ハウスメイド(2010)◆Ha-nyeo [銅版画制作の日々]
 この家の欲望には、果てがない。 評価: (60点) 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 1960年の映画『下女』のリメイク作品。カンヌ国際映画祭 コンペティション部門にノミネートされた。 カンヌでノミネートされたということと韓国映画ということもあって気になり、、...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 19時50分

» ハウスメイド [そーれりぽーと]
メイドが旦那さんと関係を持って、ドロドロな展開! てな予告編で楽しみにしていた『ハウスメイド』を観てきました。 ★★★★★ 惜しい!あと一歩で今年観た中の最高クラスだったんだけど、クライマックスが奇をてらい過ぎていて「あららー」な後味。 そこまではもうむちゃく...... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 09時50分

» 「ハウスメイド」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
いくら韓国映画贔屓のお前でも、さすがにこれはダメだろう。 別に韓国映画贔屓じゃないけど。 だって、あの流血映画を絶賛してたじゃないか。 だって、あれはウォンビンが出てたから。 あ、本音を言った。じゃ、これは、ウォンビンが出てないからダメだろ。 大富豪の家庭...... [続きを読む]

受信: 2011年9月23日 (金) 23時02分

» ハウスメイド [まてぃの徒然映画+雑記]
韓国映画『下女』のリメイクらしいですが、当然オリジナルは観ていません。本国では有名なんでしょうか?主演は『シークレット・サンシャイン』のチョン・ドヨン。 冒頭、いきなり飛び降り自殺のシーンから始まりますが、この飛び降りシーンがストーリーとどう絡んでい...... [続きを読む]

受信: 2011年9月24日 (土) 23時43分

» ハウスメイド(R15) 突飛と衝撃は紙一重??? [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
もっきぃです。 今日の映画は韓国官能サスペンス「ハウスメイド」(R15)。 昨今、家電業界、歌にテレビとコリアンパワーはすざまじいものが ありますが、特に私が、凄いと思うのが、プロモーション。 KARAにしても、少女時代にしても、一瞬のインパクトがあり みてし...... [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 00時31分

» ハウスメイド [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(13) ウニのキャラのお陰?作品全体に漂う陰惨さが感じられない。 [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 00時36分

» ハウスメイド [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE HOUSEMAID】 2011/08/27公開 韓国 R15+ 107分監督:イム・サンス出演:チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン、パク・チヨン、アン・ソヒョン この家の欲望には、果てがない。 キム・ギヨン監督『下女』のリメイク作品。ひとりの新人メイドが現...... [続きを読む]

受信: 2011年10月19日 (水) 12時52分

» ハウスメイド [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
故キム・ギヨン監督の『下女』を「ユゴ 大統領有故」のイム・サンスがリメイクしたサスペンス。豪華な邸宅に雇われた従順なメイドをめぐる狂気と欲望を描く。出演は「素晴らしい ... [続きを読む]

受信: 2011年12月22日 (木) 11時45分

» ハウスメイド [銀幕大帝α]
THE HOUSEMAID/10年/韓国/107分/エロティック・サスペンス/R15+/劇場公開(2011/08/27) −監督− イム・サンス 過去監督作:『浮気な家族』 −脚本− イム・サンス −出演− ◆チョン・ドヨン…ウニ 過去出演作:『血も涙もなく』 ◆イ・ジョンジェ…フン 過去出演作:...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 3日 (火) 22時01分

» ハウスメイド [A Day In The Life]
DVDでの鑑賞作品 解説 芸術品に埋め尽くされた豪華な邸宅で、無口で素直な若いメイドをめぐる 狂気と欲望のドラマが展開するサスペンス。 故キム・ギヨン監督の『下女』を、『浮気な家族』のイム・サンスがスタ イリッシュにリメイク。 無邪気なメイドを『シークレッ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 6日 (金) 23時22分

» ハウスメイド [こんな映画見ました〜]
『ハウスメイド』---THE HOUSEMAID---2010年(韓国)監督:イム・サンス 出演:チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ 、ソウ、ユン・ヨジョン 、パク・チヨン、アン・ソヒョン 韓国映画史上に残るカルト的傑作と呼び声の高い1960年のキム・ギヨン監督作「下女」の...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 22時54分

» ハウスメイド [いやいやえん]
これ基にしたオリジナルがあったんですね〜(「下女」) 上流階級の人間の、下級階層は人間とも思っていないような部分がみえていて、いてもいなくても同じ、「物」と一緒なのでしょうか。 仕える主人と関係をもってしまったウニは妊娠し、古参のメイドがそれを密告したことで巻き起こるサスペンスと復讐譚。これがね〜実にいやらしいネチネチとした関係性なんですよ。古参のメイド、奥様、奥様の母親。 特に特筆したいのがこの古参のメイド。彼女は奥さんの母へ妊娠を密告しながらもウニに優しくしたりと二面性のある行動を... [続きを読む]

受信: 2012年4月11日 (水) 09時26分

» 「ハウスメイド」  金で何でも解決できると思うな!(`Д´) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
ハウスメイド観ましたよ~(◎´∀`)ノ ハウスメイドとか皆さんの家に居ますか? [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 00時02分

» ハウスメイド [ゴリラも寄り道]
ハウスメイド [DVD](2012/04/03)チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ 他商品詳細を見る内容(「Oricon」データベースより) 従順だったメイドの、恐ろしい復讐が始まる―。 キム・ギヨン監督の傑作『下女』のリメ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 04時46分

» ソープオペラに洗剤 『ハウスメイド』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:イム・サンス出演:チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン韓国映画 2010年 ・・・・・・ 5点 [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 17時19分

« アメリ/Le fabuleux destin d'Amélie Poulain | トップページ | グリーン・ランタン/Green Lantern »