« レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳/精武風雲・陳真 | トップページ | ザ・ウォード 監禁病棟/The Ward »

2011年9月20日 (火)

スイッチを押すとき

Photo 『リアル鬼ごっこ』の原作者・山田悠介の同名小説を実写映画化。若者の自殺を防止するための理不尽な国家プロジェクトに翻弄される子供たちの姿を描いたサスペンスミステリーだ。主演は『ROOKIES』の小出恵介、共演に『風が強く吹いている』の水沢エレナ、佐野和真、真司郎ら若手俳優に加え西村雅彦、田中哲司らベテランも出演している。監督は『RISE UP ライズアップ』の中島良。
>>公式サイト

脳内マルチエンディング作品?!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

『リアル鬼ごっこ』の山田悠介原作と聞いては観ない訳にいかない。結論から言うとまあまあ楽しませてもらった。このある種独特のパラレルワールド感が個人的に好きだ。物語の舞台となっているのは、10代の自殺が激増した近未来の日本。国は青少年自殺予防プロジェクトを発足させるのだが、それはなんと10歳の子供をランダムに収容所に連行し、その心臓に起爆装置を埋め込む手術を施した上で、それぞれに自分用の起爆スイッチを持たせるというものだった。要するに、それを押せば楽に死ねるということで、自殺に到る心理状態を観察しデータとして蓄積しようと言うワケだ。どことなく設定が『バトル・ロワイアル』を思わせるのだが、本作の方はサスペンス要素の強い作品だと思う。

02 03

最初は相当の人数がいたらしいが7年後の現在はYSC横須賀に6人を残すのみとなっている。ここに新任看守として南洋平(小出恵介)が赴任してくるところから物語が始まるのだが、前後のストーリーや南が異様に少年たちに優しい様子を観ていれば、これはもう彼は少年たちを自殺させるために来たのは明白だ。ただそれが解っていたとしても、それならばどうやって彼らにスイッチを押させるのかという部分に見入ってしまった。もっとも映画とはいえ、人を自殺に追いやる方法に興味津々というのもどうかと思わないでもないのだが…。人を自殺に追いやる方法、それを南は「人は絶望した時に死ぬんじゃない。希望を失った時に死ぬんだ。」と言い表していた。

04 05

少年たちに希望を抱かせ、それを無残に打ち砕く。これ以上ない惨いやり方だが、個々人の事情に合わせた計画は上手いものだと思う。ちょっと残念なのが、せっかく6人の生き残り少年たちがいるのだが、当然順々に自殺してゆくことになるため、一人当たりの人物に感情移入し難い点。序盤に次々死んでゆく愛子(菅野莉央)、直斗(佐野和真)、尋(真司郎)の3人はあくまでも南という人間を描くための材料的な扱いでしかない。南の正体を暴くきっかけとなった亮太(太賀)もまた同様だ。最終的に残る真沙美(水沢エレナ)、君明(阪本奨悟)は登場シーンも多いため必然的に馴染んでくるが、真沙美に関してはその背景は殆ど解らないまま終わってしまう。

06 07

(ここから先ネタバレ含む)
これは要するに本作は6人の生き残り少年たちがどうこうするという話ではなく、“自殺に追い込む職人”としての南が何故そんな人生を送っているのかという話なのだ。言い換えれば本作における彼の秘密は“自殺に追い込む職人”ということではないということになる。実は彼もYSCに収容された少年の生き残りだった。彼は既に15年に渡って生き残り、全ての被験者を自殺に追い込んだならば、彼だけは生きて社会復帰させてもらえることになっていたのだった。YSC横須賀から脱走した南と真沙美、君明の3人の内、君明は自宅に帰り母とひと時の団欒を過ごす。が、次の瞬間には母親と心中していた。この辺はちょっと描写不足でよく解らない。

08 09

南が真沙美に恋をしてしまうのは想定の範囲内で、2人の逃避行はその恋を深めるという意味では効果的に描かれていた。ただ途中で自殺スイッチを海に投げ捨ててしまうのは頂けない。それが可能なら皆捨ててしまえば良いのだから。バトロワの首輪にしても無理に取ろうとすれば爆発するようになっていたように、本来の使い方以外を封じておかなければ。2人の行き先はGPSで監視されていて、結果的に2人はYSC横須賀に連れ戻される。しかしこの作品の肝はここからラストまでの短い部分に凝縮されているといってもいいだろう。結局、真沙美は全ての希望を失い自殺するのだ。ということは、南は結果的にその任務を果たしたことになる。

10 11

ただし、その後の南に関しては描かれずに作品は終わってしまう。もしも真沙美の自殺までもが南の書いた絵図通りだとしたら、彼は相当酷いヤツだということになるし、その愛もウソだったということだ。また、逆に彼の任務が完了したからといって彼が自由の身になる保障など何処にもない。つまり、最後の生き残りの彼から、“自分以外の生き残りを全て自殺に追い込めば自由の身になれる”という希望を奪えば、彼は自殺に追い込まれるかもしれないのだ。ここら辺の結末を観客に全て委ねたところが怖くもあり面白くもある。このラストに込められた多彩なストーリーの結末をどう受け取るかで、この作品を好きになれるかなれないかが決まりそうだ。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:何気に福士くんの看守がイイ奴だ(笑)
総合評価:64点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳/精武風雲・陳真 | トップページ | ザ・ウォード 監禁病棟/The Ward »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41841163

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチを押すとき:

» スイッチを押すとき [象のロケット]
20XX年。 10代の自殺が激増し、自殺に至る心理を解明するため、国家は全国各地に青少年自殺抑制プロジェクト・センター(YSC)を設立。 10歳の子どもたちを選出して監禁し、自殺装置のスイッチを持たせるという“自殺実験”を行っていた。 多くが2〜3年で自殺する中、YSC横須賀には7年もの間生き続けている6名の子どもたちがいた。 そこへ新しい看守・南洋平が赴任してくるのだが…。 近未来サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年9月20日 (火) 02時59分

» スイッチを押すとき/小出恵介、水沢エレナ [カノンな日々]
山田悠介さんの同名小説を原作に『RISE UP ライズアップ』の中島良監督が映画化した作品です。原作は読んでいませんが、予告編はいかにも山田悠介ワールドなお話だなぁという印象で ... [続きを読む]

受信: 2011年9月20日 (火) 23時55分

» スイッチを押すとき [佐藤秀の徒然幻視録]
近未来ディストピアを気取ったおバカ映画 公式サイト。山田悠介原作、中島良監督、小出恵介、水沢エレナ、佐野和真、真司郎(AAA)、阪本奨悟、太賀、菅野莉央、福士誠治、鈴木砂 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 18時41分

» スイッチを押すとき(2011-071) [単館系]
スイッチを押すとき 原作はリアル鬼ごっこの山田悠介 2011年に青少年の自殺者が後を絶たないことから 10歳の無差別に選んだ少年たちを横須賀にある某施設に集め 起爆装置を埋め込む手術を施した上で、...... [続きを読む]

受信: 2011年9月24日 (土) 00時11分

» スイッチを押すとき [映画的・絵画的・音楽的]
 『スイッチを押すとき』を新宿武蔵野館で見てきました。 (1)チョット時間が空いたので映画でも見ようかなと思って、小出恵介が主演だということの他は、ほとんど情報なしに映画館に飛び込んだ次第です(注1)。  物語は、10代の青少年の自殺率が激増した原因を探るべ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 05時57分

» スイッチを押すとき☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『リアル鬼ごっこ』と同じ山田悠介原作だそうです。子供の自殺が増えたので、原因究明の為に無作為に選ばれた子供たちの心臓に起爆装置を埋め込み、そのスイッチをそれぞれに渡して、自らスイッチを押して自殺するまで観察しましょうって、、、あまりにも悪趣味な設定。しか... [続きを読む]

受信: 2011年10月 5日 (水) 00時22分

» 「スイッチを押すとき」 [みんなシネマいいのに!]
 「リアル鬼ごっこ」の人気作家・山田悠介の同名小説を実写映画化。 10代の自殺が [続きを読む]

受信: 2011年10月 5日 (水) 06時47分

» スイッチを押すとき/生きたいと願うのは、いけないことですか? [映画感想 * FRAGILE]
スイッチを押すとき監督:中島良/2011年/日本 自殺を撲滅するために、少年少女を監禁して自殺させます。 「リアル鬼ごっこ」の山田悠介原作「スイッチを押すとき」の映画化です。原作は読んでいません。 あらすじ:自殺しろって言われるので、逃げます。 10代の自殺を減らすため、ランダムに選ばれた子供たちに、手術で器具をつけます。手元のスイッチを押すと心臓がすぐに止まる自殺スイッチです。 で、集団生活をさせて、自殺をしたら、その原因をデータにして、えーと、子供の自殺のパターンをみつけて... [続きを読む]

受信: 2011年10月 5日 (水) 12時08分

» 『スイッチを押すとき』を新宿武蔵野館3で観て、後半たりーなーふじき☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆太賀の乱までかな】 水沢エレナ可愛い。 小出恵介いい人パターンの時のルーチン演技だな。服がコスプレっぽい。 太賀、小出恵介よりいい仕事してる。 小出 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 09時41分

» 映画『スイッチを押すとき』を観て [kintyres Diary 新館]
11-68.スイッチを押すとき■配給:フェイス・トゥ・フェイス/リベロ■製作年・国:2011年、日本■上映時間:110分■鑑賞日:10月23日、新宿武蔵野館(新宿)■入場料:1,800円□監督:中島良□脚本:岡本貴也□原作:山田悠介□撮影:猪本雅三□照明:松隈信一□美...... [続きを読む]

受信: 2011年12月11日 (日) 23時10分

» スイッチを押すとき [だらだら無気力ブログ!]
水沢エレナが可愛いだけの映画だった。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 01時23分

« レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳/精武風雲・陳真 | トップページ | ザ・ウォード 監禁病棟/The Ward »