« マッハ!参 | トップページ | リメンバー・ミー/Remember Me »

2011年9月14日 (水)

スマーフ/The Smurfs

Photo 1958年にベルギーで誕生して以来世界中で愛されてきた小さな青い妖精“スマーフ”たちが、ひょんなことから迷い込んでしまった現代のニューヨークで巻き起こす大騒動を描いたファンタジーコメディーだ。スマーフの声をアントン・イェルチンやケイティ・ペリーらが担当している。監督は『ビバリーヒルズ・チワワ』のラージャ・ゴスネルが務める。
>>公式サイト

中々スマーフな作品だよね!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

もとの話は1958年にベルギーで誕生したのだそうだ。実写映像を観ている間は気付かなかったのだが、エンドロールで漫画のキャラクターを観た時に、そういえば観たことがあると気がついた。全員ブルーの肌、同じ背丈はリンゴ3個分、お尻には小さな丸っこい尻尾がついている。見た目にももちろん愛らしいのは言うまでもないのだが、特筆すべきはその会話だろう。とにかくやたらめったら“スマーフ”という単語が会話の中に登場するのである。それも形容詞や動詞がその時々で置き換わり、一つの意味に固定されることは無い。最初は何が言いたいのか解らないのだが、これが不思議なことに102分間お付き合いしていると、何となく意味が通じた気になってしまうのだから面白いものだ。

02 03

彼らには敵がいる。魔法使いガーガメルだ。ガーガメルはスマーフたちの体から青いエキスを採取し、それを元に魔法を使うのである。早い話がガーガメルの魔法力の源泉がスマーフたちだということ。そんなヤツに狙われて逃げていた6人のスマーフが、ひょんなことからワープして現代のニューヨークに来てしまう。たまたま出逢ったパトリック(ニール・パトリック・ハリス)やグレース(ジェイマ・メイズ)の自宅に居候しながら、ガーガメルに囚われる前に何とかスマーフ村に帰ろうとする彼らだったが、彼らの前に立ちはだかるガーガメルが立ちはだかるのだった。物語は彼らの巻き起こす大騒動を実にコミカルに描いている。その騒動も大まかに2つに分けられるだろう。

04 05

最初は初体験の人間界でも自由に振舞うスマーフとそれに困惑させられる人間という図式だ。一応6人の仲にはパパスマーフという村の長老(何と542歳!)がいて、一行のリーダーになっているのだが、これが意外に話が通じそうで通じていないのが楽しい。例えば、他の人間に見つかったら大騒ぎになるからパトリックは家に言えるようにいうのだが、パパスマーフはいとも無邪気にその言いつけを無視してしまうのだ。人間の思惑など関係なく、そのとき欲するがままに行動するところは正に妖精そのもので、決して悪気が合ってやっているわけではないからこそ憎めない。もっともパトリックは自分の仕事で昇進がかかっているだけあってイライラし通しなのだけれど(笑)

06 07

もう一つの図式は、人間界に追ってきたガーガメルにスマーフたちが見つかってしまうというものだ。また彼とても人間界の事など何も知らないわけで、スマーフたち同様にそこら辺のギャップがコミカルに描かれていた。例えば恐らく地下鉄から出ている水蒸気の煙の中から登場するのが大層お気に召して、何度も繰り返すところなど思わず笑ってしまった。更にガーガメル自身は人間なので妙な形でニューヨーカーたちと絡むことになるのも面白い。物語的にはパパスマーフがガーガメルに囚われ、それをパトリックと残りのスマーフたちで取り戻そうと試みるシークエンスがクライマックスだ。一応スマーフの中でも主人公扱いであるクラムジー最大の活躍シーンでもある。

08 09

ガーガメルとの戦いはもちろん子供向け作品らしく血なまぐさいシーンなど一切ないし、当然スマーフたちが勝利して村へと帰ってゆく。ただパパスマーフのパパとしての心構えが、新しくパパになるパトリックへしっかりと受け継がれるあたりは大人向けの感動作としても仕上がっていた。ところで劇場にやたらと女子中学生・高校生が多く、下手をしたら子供たちよりも多かったのだが、それは日本語版主題歌がジャニーズのHey! Say! JUMPが歌う「Magic Power」であり、吹替えもクラムジーを山田涼介くんが、ブレイニーを知念侑李くんが担当しているからだと知ったのはエンドロール後だった…。別に吹替え自体は下手だとは思わなかったが、露骨に宣伝要素込みのキャスティングはやはり疑問だ。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:スマーフェット可愛いw
総合評価:66点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« マッハ!参 | トップページ | リメンバー・ミー/Remember Me »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41679437

この記事へのトラックバック一覧です: スマーフ/The Smurfs:

» 映画『スマーフ』 3D [よくばりアンテナ]
平日の昼間から映画を観る人は、土日の人よりも圧倒的に少ないんですけど、 少ないって言っても、1回の上映で10人以下のことも何度もありましたけど、 ひとりぼっちは初めてです(¨;) 怖い映画じ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 18時15分

» スマーフ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年9月19日(月) 16:00~ TOHOシネマズ有楽座 料金:300円(フリーパス+メガネ持参3D料金) パンフレット:未確認 『スマーフ』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。4本目。 フリーパスでなければスルーしていた。 よってもって、事前の情報は、青い妖精みたいな奴が出ているということのみ。 3D字幕版。 冒頭の3Dアニメが素晴らしい。 と思ったら、直ぐに実写とアニメの合成になって、3D効果は無くなった。 話は、現代社会に紛れ込んだ、人に有らざる者が、現代社会... [続きを読む]

受信: 2011年9月20日 (火) 00時01分

» スマーフ [みすずりんりん放送局]
 『スマーフ』を観た。  【あらすじ】  遠いどこかの森にある村で、小さな青い妖精スマーフたちは幸せに暮らしていた。  ところが、魔法使いガーガメルに追いかけられ、突然開いた大きな穴からワープ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月25日 (日) 13時00分

» 映画「スマーフ」批評 カワイイ青い小人( ̄▽ ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
可愛い青い小人達のお話「スマーフ」観ましたよ~ 2月3日レンタル開始となってます [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 00時02分

» スマーフ [銀幕大帝α]
THE SMURFS/11年/米/102分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ラージャ・ゴスネル 出演: ◆ニール・パトリック・ハリス…パトリック 過去出演作:『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』 ◆ジェイマ・メイズ…グレース 過去出演作:『モール★コップ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 14時52分

» 映画「スマーフ」批評 カワイイ青い小人( ̄▽ ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
可愛い青い小人達のお話「スマーフ」観ましたよ~ 2月3日レンタル開始となってます [続きを読む]

受信: 2012年2月27日 (月) 06時20分

» スマーフ [ゴリラも寄り道]
スマーフ スペシャル・エディション【特典DVD付き2枚組】(2012/02/03)ニール・パトリック・ハリス、ジェイマ・メイズ 他商品詳細を見る内容(「Oricon」データベースより) 小さな青い妖精、スマーフ。僕たち...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 7日 (水) 04時13分

» 映画評「スマーフ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ラージャ・ゴスネル ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 10時39分

« マッハ!参 | トップページ | リメンバー・ミー/Remember Me »