« カウントダウンZERO | トップページ | 朱花(はねづ)の月 »

2011年9月 5日 (月)

ハンナ/Hanna

Photo 『ラブリー・ボーン』のシアーシャ・ローナン主演最新作。フィンランドの山奥で幼い頃から殺人者としての訓練を受けてきた少女ハンナとそれを追うCIA女性捜査官との戦いをを描いたサスペンスアクション。監督は『つぐない』『路上のソリスト』のジョー・ライト。共演に『きみがぼくを見つけた日』のエリック・バナや『ロビン・フッド』のケイト・ブランシェットが出演している。
>>公式サイト

要するに監督の問題ってこと

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

シアーシャ・ローナンの成長した美少女ぶり、エリック・バナの相変わらずクールなイケメンぶり、ショートカットでも美しいケイト・ブランシェットとメインの3俳優はその演技も含めて十分見応えがあるのに、全体としては何かピンとこないという妙な作品だった。冒頭から描かれる雪深いフィンランドの山奥の映像はどことなく先日観た『エッセンシャル・キリング』を思い出してすぐに惹きこまれたのだけれど…。ただ主人公ハンナ(シアーシャ・ローナン)が弓で射殺した鹿相手に「ごめんね、心臓外しちゃった。」と言いながら銃で止めを指すシーン、これはもうあからさまにもう一回出てくるだろうなというもので、少々あざとい演出だと感じてしまった。

02_2 03_2

父のエリック(エリック・バナ)は元CIA工作員で恐らく自らの持つ全てをハンナに叩き込んだと思われる。お陰でハンナは少女でありながら大人のエリックを格闘技で打ち負かす程だ。ハンナは次第に外の世界を見たいと思うようになる。彼女が旅立つにあたってエリックはCIAに対して信号を送り、自らの存在を明かす。それは要するに、もはや自分を超える殺人マシーンへと育て上げたハンナを使って、昔の同僚CIA捜査官マリッサ(ケイト・ブランシェット)を殺そうとするためだ。何でまたそんなことを?それがストーリーが進んでゆく中で明らかになって行く。彼女は最初わざと捕まり、マリッサを殺そうとするが、残念ながら彼女の替え玉を殺し逃げることに。

04_2 05_2

シアーシャ・ローナンは本作の撮影にあたりかなりの訓練をつんだようで、流れるようなアクションはそれなりに見応えがある。ただ元々アクション女優ではないだけに、例えばアンジェリーナ・ジョリーやミラ・ジョヴォヴィッチといった、踊るような躍動感には欠けていて、まるで型を綺麗に見せているようでもあった。ハンナは逃げた後、ある家族と知り合い、そこの娘と仲良くなるのだが、個人的には全く世間知らずの彼女が生まれて初めて友達を得て、少女らしい一面を覗かせるシークエンスが好みだ。2人がナンパされたスペイン人の青年とデートにでかけるも、いざキスをする段になると彼女がキスに必要な筋肉の解説をしたり、顔を近づけた青年を組み伏せてしまうのも面白い。

06_2 07_2

マリッサ暗殺に失敗したハンナは逆に彼女たちに追われることになる。そして再びエリックと合流すると彼女は自分の体の特異性や、狙われる理由、そしてマリッサを暗殺の理由を知るのだった。ここでもう少し彼女の体の特異性に関して説明が欲しかった気がする。DNAを操作してといっても、それじゃ余りにアバウト過ぎるだろう。一応設定的には感情を持たず痛みを知らず、屈強な兵士の体力と、優秀な頭脳を持つらしいのだが、多言語を操ることで頭脳の優秀さは表現できても、その他の部分は幾らなんでも無理がありすぎる。特に痛みを感じないというのは映画本編からではちょっと解りにくい。今考えてみれば、最後のマリッサとの対決で腹を撃たれたのに起き上がって反撃したのがそうか…。

08_2 09_2

結局のところ、CIAまで巻き込んでおきながら良くも悪くも描かれている本質は復讐劇であり、やけにこじんまりとまとめられていたように思う。ハンナ自身はあたかもロードムービーの如く移動をするのだが、残念ながらいく先々で出会う面子は追手と例の一家だけなので、その場所場所での話しの広がりも特にない。マリッサに追われながらもグリム童話の家の主の遺体から矢を抜いて逃げた時点で、最初の想像通りラストシーンは確定していた。それ自体悪いとは言わないが、結局この後のハンナに想いを馳せたりといった余韻は全く皆無のまま終わってしまったようだ。映像的に先日観たばかりの『インシディアス』の終わり方と全く同じなのだがタイトルに大きな意味のあったあの作品とはその効果の差を感じた。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:もっと面白くなりそうなんだけど…
総合評価:61点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« カウントダウンZERO | トップページ | 朱花(はねづ)の月 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/41493632

この記事へのトラックバック一覧です: ハンナ/Hanna:

» ハンナ [象のロケット]
フィンランドの奥地で、物心つくころから16歳になる今日まで、父エリックと二人きりで暮らしてきた少女ハンナ。 彼女は父から何ヶ国語もの言葉を自由に操る教育と、高度な格闘技や銃の訓練を受けてきた。 かつて父の同僚だった女性CIA捜査官マリッサを殺さなければ、この地を出て生きる道はないと聞かされていたハンナは、父の元を離れ、自らCIAに捕らわれに行くのだが…。 サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 01時41分

» ハンナ [だらだら無気力ブログ]
「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンが、アカデミー助演女優賞候補 となった出世作「つぐない」のジョー・ライト監督と再びタッグを組み、 冷血な美少女アサシン役で新境地に挑んだサスペンス・アクション。 元CIA工作員の父親によって殺人マシーンとして育てら…... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 02時16分

» ハンナ [佐藤秀の徒然幻視録]
I just missed your heart. 公式サイト。原題:HANNA。ジョー・ライト監督、シアーシャ・ローナン、ケイト・ブランシェット、エリック・バナ、トム・ホランダー、オリヴィア・ウィリアムズ、 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 09時33分

» ハンナ/殺人兵器として育てられた、16歳の少女。 [映画感想 * FRAGILE]
ハンナHanna/監督:ジョー・ライト/2011年/アメリカ 殺人マシーンの少女が魔女と戦います。 「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督作品です。わたし両方とも観ていません。 予告もなにも見ずに見ましたよ。そういうの多いんだよね。最初ディストピアものかと思いました。 あらすじ:フィンランドの山奥で人目を避けて育てられた少女が自分探しの旅をします。 ハンナ(シアーシャ・ローナン)は、父であるエリック(エリック・バナ)からサバイバル能力と英語やドイツ語などの語学を叩き... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 10時30分

» ハンナ [あーうぃ だにぇっと]
『ハンナ』8月24日@スペースFS汐留。 [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 21時13分

» ハンナ [とりあえず、コメントです]
『つぐない』のジョー・ライト監督&シアーシャ・ローナン主演のサスペンスアクションです。 あの女の子が暗殺者になったら、一体どんなに怖くなってしまうのかなと気になっていました。 ちょっと現実離れしておとぎ話っぽい雰囲気が面白くて、でもやっぱりハードな展開になっていました。 ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 23時01分

» 「HANNA」サバイバル娘 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
映画「ラブリーボーン」で変質者に殺されてしまう儚げな少女を演じたシアーシャ・ローナンが、今度は冷徹な殺し屋となる! でもトレイラー全部見せすぎで、最後は萎んじゃったかも・・・・・... [続きを読む]

受信: 2011年9月 6日 (火) 13時14分

» ハンナ(2011)★☆HANNA [銅版画制作の日々]
 16才、罪を知るには若すぎる。 評価:rarr;50点 MOVX京都にて鑑賞。 う〜ん何か違うわ・・・・。ジョー・ライト監督と再びタッグを組んだシアーシャ・ローナンちゃんのアクションスリラー作品ですが。これスリラーなのかな? 正直、ストーリーがわかりにくく...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 8日 (木) 00時20分

» ハンナ [心のままに映画の風景]
元CIA工作員の父エリック(エリック・バナ)とフィンランドの山奥で暮す16歳のハンナ(シアーシャ・ローナン)は、幼少期から格闘、言語、強靭な戦闘テクニックを叩き込まれた。 ある任務を決意したハンナ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 8日 (木) 14時28分

» ハンナ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★☆【2,5点】(13) シチュエーションに期待値上げすぎ、中盤以降眠りに就く。 [続きを読む]

受信: 2011年9月 8日 (木) 22時40分

» 殺るか、殺られるか〜『ハンナ』 [真紅のthinkingdays]
 HANNA  十代の少女ハンナ(シアーシャ・ローナン)は、元CIA諜報員の父エリック(エリ ック・バナ)に、人里離れた深い森の中で育てられた。格闘技や数ヶ国語に習熟 するハンナは、ある決意を胸...... [続きを読む]

受信: 2011年9月12日 (月) 17時24分

» ハンナ  監督/ジョー・ライト [西京極 紫の館]
【出演】  シアーシャ・ローナン  エリック・バナ  ケイト・ブランシェット 【ストーリー】 雪深いフィンランドで父親のエリックと二人きりで暮らしている16歳の少女・ハンナ。元CIA捜査官の父親から戦闘技術や語学を学んだ彼女は、初めて父親のもとを離れる。それはC...... [続きを読む]

受信: 2011年9月14日 (水) 23時51分

» 映画「ハンナ」最強の人間兵器誕生 [soramove]
「ハンナ」★★★☆ ケイト・ブランシェット、シアーシャ・ローナン、 エリック・バナ主演 ジョー・ライト監督 111分、2011年8月27日公開 2011,アメリカ,SPE (原作:原題:HANNA) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「冒頭は何が起こってるか分からなかった、 ホワッっとした感じのシアーシャ・ローナンが 野生少女のような髪ボサボサで 他の... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 07時26分

» 『ハンナ』 [こねたみっくす]
誰かジョー・ライト監督にアクション映画の撮り方を教えたれ!そう叫んでしまいそうになるくらいに、眠たくなるアクション映画でした。 『つぐない』のシアーシャ・ローナンとジ ... [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 15時23分

» ■映画『ハンナ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ピーター・ジャクソン監督の映画『ラブリーボーン』で、お魚みたいな名前の女の子、スージー・サーモンちゃんを演じたシアーシャ・ローナン。 『ラブリーボーン』ではスタンリー・トゥッチ演じる変態オトコに殺された1994年生まれの彼女、本作『ハンナ』では顔色一つ人を殺しまく... [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 19時54分

» ハンナ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「つぐない」のジョー・ライト監督が、同作でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンを主演に迎えて贈るサスペンス・アクション。世界各地を舞台に、殺人 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 4日 (火) 15時25分

» 映画「ハンナ」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog@FC2]
映画『ハンナ』(公式)を、先日鑑賞。新宿ピカデリーでは八月末から公開しているため観客は少な目。 全く期待はしていなかったので、裏切られはしませんでしたが、ただただ残念って感じで、採点...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 6日 (木) 16時29分

» 「ハンナ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「つぐない」のジョー・ライト監督×シアーシャ・ローナン主演作。雪深いフィンランドの森林地帯、物心つく頃から父親にあらゆる戦闘技術を叩き込まれた少女・ハンナが、降り立った外の世界で自身の出生に関わる秘密に迫る戦いを繰り広げるアクションスリラー。  いろい... [続きを読む]

受信: 2011年10月13日 (木) 18時31分

» 映画『ハンナ』を観て [kintyres Diary 新館]
11-55.ハンナ■原題:Hanna■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:111分■鑑賞日:9月1日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,000円□監督:ジョー・ライト□脚本:セス・ロックウッド、デヴィッド・ファー□撮影監督:アルウィン・カックラー□美術:サラ・グリ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 22時20分

» ハンナ [miaのmovie★DIARY]
ハンナ オリジナル・サウンドトラック(2011/07/13)ザ・ケミカル・ブラザーズ商品詳細を見る【HANNA】 2011年 アメリカ ハンナ(シアーシャ・ローナン)は、元CIA工作員の父エリック (エリック・...... [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 19時54分

» ハンナ [迷宮映画館]
どっちの方向に行きたいのか、はっきりしてくれ! [続きを読む]

受信: 2011年12月 2日 (金) 08時32分

» ハンナ [銀幕大帝α]
HANNA/11年/米/111分/サスペンス・アクション・ドラマ/劇場公開 監督:ジョー・ライト 音楽:ケミカル・ブラザーズ 出演:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェット、トム・ホランダー、オリヴィア・ウィリアムズ、ジェイソン・フレミン...... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 18時14分

» ハンナ・ターゲット [Akira's VOICE]
「ハンナ」 「ラスト・ターゲット」  [続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 18時32分

» ハンナ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【HANNA】 2011/08/27公開 アメリカ 111分監督:ジョー・ライト出演:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェット、トム・ホランダー、オリヴィア・ウィリアムズ 16才、罪を知るには若すぎる。 フィンランドの山奥で、元CIA工作員の父親に格闘に関...... [続きを読む]

受信: 2011年12月22日 (木) 12時43分

» ハンナ (Hanna) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョー・ライト 主演 シアーシャ・ローナン 2011年 アメリカ/イギリス/ドイツ映画 111分 アクション 採点★★★ 5年生になる娘が、MP3プレーヤーが欲しいと言い始めた。大いに偏った曲ばかり流れる我が家で育っただけに、きっとニック・カーショウやスネー…... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 11時36分

» ハンナ [いやいやえん]
殺人マシーンとして成長した少女が、自身の出生の秘密を知るに至る…ってどこかでみた漫画のような。 ハンナを演じるのは、演技派子役のシアーシャ・ローナンちゃん。生まれてから16歳になるまで山小屋生活してたから、外の世界が目新しく純朴な彼女が可愛らしい。彼女を追うマリッサにケイト・ブランシェットさん。 ハンナは卓越した身体能力をもっているのですが、それを披露する場面が少ないため、アクション性を期待してみると肩透かしをくらった気分になるかもしれません。これはアクションではなくて、少女が出生の秘密... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 09時50分

» ハンナ [こんな映画見ました〜]
『ハンナ』---HANNA---2011年(アメリカ)監督:ジョー・ライト出演:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ 、ケイト・ブランシェット 、トム・ホランダー 、オリヴィア・ウィリアムズ 元CIA工作員の父エリック(エリック・バナ)にフィンランドの山奥で人知...... [続きを読む]

受信: 2012年1月22日 (日) 23時33分

» 「ハンナ」16歳少女は殺人兵器 [アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!]
8月27日公開 「ハンナ」 ■出演■ シアーシャ・ローナン ケイト・ブランシェット エリック・バナ トム・ホランダー オリヴィア・ウィリアムズ ジェイソン・フレミング 『つぐない』で第80回アカデミー賞助演女優賞に ノミネートされたシアーシャ・ローナン主... [続きを読む]

受信: 2012年1月28日 (土) 07時55分

» No.306 ハンナ [気ままな映画生活]
「つぐない」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンが、同作のジョー・ライト監督と再びタッグを組んだサスペンスアクション。フィンランドの山奥で元CIA ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 3日 (金) 23時11分

» No1057 ハンナ(2011) 2012年009 [嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD]
  (レンタルDVD) 205 :STORYさん引用(774):20XX/X/XX(月) 16:37:00 ID:iVtnAoXF 雪深いフィンランドで父親のエリックと二人きりで暮らしている16歳の少女・ハンナ。元CIA捜査官の父親か...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 17時21分

» 感情を揺さぶり鼓舞するリズム 『ハンナ』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:ジョー・ライト出演:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェットアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 7点 [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 22時35分

» 感情を揺さぶり鼓舞するリズム 『ハンナ』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:ジョー・ライト出演:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、ケイト・ブランシェットアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 7点 [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 22時36分

» 『ハンナ』(ネタバレあり) あの作品をパクったのか? [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
■ストーリー『元CIA工作員の父エリック(エリック・バナ)にフィンランドの山奥で人知れず育てられた16歳の少女、ハンナ(シアーシャ・ローナン)。幼い頃から格闘技をはじめあら ... [続きを読む]

受信: 2012年7月 2日 (月) 14時45分

» 『ハンナ』 [cinema-days 映画な日々]
ハンナ フィンランド森林地帯で父親に 殺人兵器として育てられた少女の復讐劇 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Hanna(少女の名前) [続きを読む]

受信: 2012年7月29日 (日) 08時38分

« カウントダウンZERO | トップページ | 朱花(はねづ)の月 »