« アンフェア the answer | トップページ | ステイ・フレンズ/Friends with Benefits »

2011年10月 2日 (日)

エンディングノート

Photo 是枝裕和監督の弟子である砂田麻美監督が、ガン宣告を受けた自身の父と遺される家族との最期の日々をカメラに収めたドキュメンタリーだ。熱血営業マンとしてならした砂田知昭さんは、自らの死までの段取りをエンディングノートの形で書き記そうと決めるのだった…。死を目前にした家族とのむき出しの絆に涙が抑えられない。
>>公式サイト

鑑賞後、親父に電話した。

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

鑑賞直後は何をどう考えたらよいのか解らなかった。様々な思いが去来して、自分の心の整理がつかなかったようだ。一つには主人公・砂田知昭さんの長男と私が同い年であり、自身の父親と砂田さんを重ね合わせてしまったと言うことがある。私の父も砂田さんも高度経済成長期を支えてきた人間であり、今の日本を作ってきた人間だ。「仕事命!」と堂々と胸を張って言える父親の世代を私は限りなく尊敬しているし、恐らく一生超えることが叶わないけれど、挑み続けなければならない大きな壁だと思っている。この映画、ナレーションは監督自身がつけているが、その中で監督は父の事を「段取り命」だと評している。ただ思うにこの世代の人間はみなそうなのだ。

02 03

悪く言えばマニュアル人間なのだけれど、そうすることで仕事をミス無く遂行しようとしたのである。当然そんな父親に育てられた“長男”は父親に欲にて「段取り命」になる。砂田さんの長男がそうであるように、私も全くその部分は同じだ。そこで砂田さんは自らの死に際して死ぬまでの、そして死んだ後の段取りを書き記した「エンディングノート」を作ることにする。本編ではその準備をする様子を10のチャプターに分けて紹介していたが、それはまるでサラ・ポーリー主演の『死ぬまでにしたい10のこと』やジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演の『最高の人生の見つけ方』のようだった。即ち自分が死ぬまでにやらなければならない、やりたい事という意味で。

04 05

神父を訪ねて心の安らぎを求めたり、孫娘たちと遊んだり、家族旅行をしたり、果ては総選挙で自民党以外に投票するだとか、葬式をシミュレーションしたりだとかは死に対する準備とはいえユニークだ。そんなユニークな映像の中に監督は父親の半生をキッチリと織り込んでいる。妻・淳子さんと結婚し、子供が産まれ…といった砂田家の人生の節目の映像や写真、会社を退職する時の映像など、良くもまあこんなに残っていたと感心するほどの質と量である。ただ、会社役員まで務めた元気な恰幅のよい砂田さんと、抗がん剤治療の影響かすっかり薄くなった髪に酷く痩せた現在の砂田さんの対比は、残酷で厳しい現実を映し出していた。こうした映像を観ていて私は3つのことを強く感じた。

06 07

1つは家族の絆にも色々あるということだ。もちろんみなご家族はみな中睦まじく、家族旅行の様子は実に楽しそうであり、特に孫娘と遊ぶ砂田さんの満面の笑みは観ている我々も思わず破顔一笑してしまうほどである。余談ではあるが、孫娘とのエピソードで、もう一つ私自身に似ているところがあった。砂田さんが他界される直前、普段はアメリカに住む長男一家が父の容態が悪化したことを受け、無理を押して日本に駆けつけるのだ。お陰で砂田さんは生まれたばかりの3人目の孫娘を抱くことが出来た。実は私の祖父も私が生まれて1ヵ月後に亡くなっている。母の話では孫の私を抱いて喜んでくれたそうだが、顔も覚えていない祖父はきっと砂田さんのように喜んでくれたに違いないと思うのだ。

08 09

話を戻そう。いよいよ衰弱した砂田さんを家族が見守る中、奥様は家族に砂田さんと2人きりにして欲しいと頼む。夫婦水入らずで過ごす最後の時、弱々しい声ながらも砂田さんは奥様に「愛しているよ」と語りかけ、奥様もまた「一緒に行きたい」と泣きながら訴える。長い人生を共に過ごし、問題も抱え別居することもあったのだが、それでも人生の最後に愛していると言い合えるこの2人の姿に心が震えた。果たして私は人生の最後に妻にそう言えるだろうか―。ところで、砂田さんのエンディングノートを遂行するのは「段取り命」を受け継いだ長男の役目である。2つ目に強く感じたのはそんな彼の心情だ。それはもちろん私が彼と同じ立場にあるからである。

10 11

本編中では時としてイラついた様子や、現実を見据えた言動が目立つ長男。ともすれば今そんなことを言わなくても…だとか、そんなに事務的に進めなくても…と感じてしまうかもしれない。しかし私はそこに彼の父に対する愛と家族への責任を感じた。泣いてばかり、悲しんでばかりはいられない、誰かがやらなければいけないのならそれは長男である自分の役目だ、彼の表情からはそんな気持ちが覗える。そしてそれこそが、「段取り命」を受け継いだ自分の親父に対する愛情なのだと思う。では長男の想いがそうだとするならば監督の想いはどうなんだろう。それが3つ目に感じたことだ。砂田麻美監督は家族の一員でありながら、しかし常に一定の距離感で父親を撮り続けている。

12 13

こう書くのは簡単だが、自分の父親が死の淵にいるのにカメラを回し続けられる人がどれだけいるだろうか。無論悲しくないはずが無い。父親の命の灯火が徐々に弱くなっていく様子を見つめ続ける、それもドキュメンタリーとしてある種淡々と。監督はどんな想いでカメラを回していたのか。しかし本編中でそれが映し出されることはない。作り手の端くれとして言わせて貰えば、我々は自らを客観的な位置にに置く事ができる。普段の自分とは別の存在として作り手としての自分は存在していると思う。しかしこれはあまりに特殊な状況だ。砂田監督の撮影中の想いを是非聞いてみたい。鑑賞後、久しぶりに親父の声が聞きたくなって電話してみたのだが「何か用か?」の返事がやけに嬉しかった。

個人的おススメ度5.0
今日の一言:砂田監督、覚えましたよ。
総合評価:94点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アンフェア the answer | トップページ | ステイ・フレンズ/Friends with Benefits »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42192627

この記事へのトラックバック一覧です: エンディングノート:

» エンディングノート [あーうぃ だにぇっと]
『エンディングノート』9月7日@シネマート六本木。 東京新聞の試写で長女を除く4人で鑑賞。 応募はがきに“3人の娘の父親です”と書いたら電話がかかってきた。 取材依頼だったのでいいですよと答え4人で行くことになった。 取材といっても、映画みてアンケート書いて写真を撮っただけ。 何かの足しになったのだろうか?はなはだ疑問である。(笑)... [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 17時43分

» 「エンディングノート」:プロジェクト終活 [大江戸時夫の東京温度]
映画『エンディングノート』は末期胃がんを宣告された自分の父を撮り続けたドキュメン [続きを読む]

受信: 2011年10月 3日 (月) 00時16分

» 『エンディングノート』 [シネマな時間に考察を。]
実直な生き様のそのままに、 自らの死に様を整える<終活>は寧ろ愚直なまでに。 これが本当のハッピー・エンディング・ストーリー! 『エンディング・ノート』 2011年/日本/89min 監督:砂田麻美 出演:砂田知昭とその一家 人は、自分が生まれることをコントロ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 7日 (金) 12時55分

» エンディングノート [とりあえず、コメントです]
ガンで余命を宣告された父の姿を最後まで映し続けたドキュメンタリーです。 娘である監督さんが撮り続けた作品とはどんなものになっているのだろうかと気になっていました。 主人公の明るさと強さが印象的で、予想よりも軽快に綴られている作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 22時52分

» エンディングノート [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ガンを告知された父の姿を見守る、笑って泣けるドキュメンタリーの秀作。ユーモアの中に浮かび上がるのは家族の強い絆だ。大企業の熱血営業マンだった砂田知昭氏は、退職してまも ... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 09時03分

» エンディングノート [佐藤秀の徒然幻視録]
営業マンの死 公式サイト。是枝裕和製作、砂田麻美監督。砂田監督の父、砂田知昭氏とその家族のドキュメンタリー。 砂田知昭氏死去 元関東電化工業専務(47NEWS)砂田 知昭氏(すなだ ... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 17時14分

» エンディング・ノート [5125年映画の旅]
砂田知昭さんは定年退職したばかりの元熱血サラリーマン。これからのスローライフを満喫しようとした矢先、末期ガンが見つかり余命幾ばくも無いと宣告されてしまいます。砂田さん ... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 08時31分

» 家族よ、もっと死生観を語れ『エンディング ノート』 [Healing ]
エンディングノート 新宿ピカデリーほか、全国ロードショー ★★★★★ 自分のため、家族のためのエンディング。 見事に終活、完了です 観て、本当によかったと思えるドキュメンタリーでした。 実の娘が末期がんの父親との闘病生活を追うのではなく、 がんを経て、 人生のエンディングに向かう父親をただ追っています。 エンディングノートは、近... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 01時44分

» 映画『エンディング・ノート』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
お気に入り映画レビュアーさんのsakuさんが紹介、お勧めしてくれた本作 sakuさんの記事 → 【頑張れ日本映画秋201 [続きを読む]

受信: 2011年10月15日 (土) 22時04分

» 「監督」と「娘」が同居する映画って・・・〜「エンディング・ノート」〜 [ペパーミントの魔術師]
http://www.1101.com/ending-note/index.html ↑これは、ほぼ日刊イトイ新聞のリンク。 この映画をサポートしたプロデューサー是枝監督と糸井重里の 対談がはじまったばかりなんで、しばらく追いかけようと思います。 映画『エンディングノート』予告篇 この予告編だけ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 13時16分

» エンディングノート・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
娘の声で綴られる、亡き父の最期の旅立ち。 「エンディングノート」とは、遺言状ほど肩肘張らない、自らの死を如何に迎えるかに関する覚書の様な物。 戦後日本を支え、世界有数の豊かな国に育て上げた、所謂...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 22時07分

» エンディングノート/砂田知昭 [カノンな日々]
無事に定年を迎えて第二の人生を歩み始めた矢先に医者からガン宣告を受け、病と向き合い最期の締め括りとして人生を総括しようとする父・砂田知昭さんの姿をそれを見守る家族たち ... [続きを読む]

受信: 2011年10月20日 (木) 09時18分

» 天国への段取り〜『エンディングノート』 [真紅のthinkingdays]
 日本の高度成長期を支え、「会社大好き」 「段取り命」 の熱血サラリーマン だった父・砂田知昭。67歳で退職した直後、進行性の胃ガンを宣告される。余命 半年。彼は自分の「死」 さえも段取ろうと、...... [続きを読む]

受信: 2011年11月21日 (月) 10時38分

» 『エンディングノート』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「エンディングノート」□監督 砂田麻美 □キャスト 砂田知昭■鑑賞日 11月19日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  映画は所詮作られたものだ。  こういう映像を見せられる...... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 12時39分

» エンディングノート(2011-107) [単館系]
わたくし終活に大忙し いきなり関係ないけど Google日本語入力、しゅうかつが変換できるんですね・・・・ がんの宣告を受けた監督の父を追ったドキュメンタリーだそうです。 公開時期ではエンディングノ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月13日 (火) 00時05分

» エンディングノート [まてぃの徒然映画+雑記]
監督の父がステージIVの末期癌を宣告されてから、亡くなるまでの様子を記録したドキュメント。 自分も父を末期癌で亡くしているところが似た境遇で、映画の中の砂田さんの言葉や考えを通して、自分の父はどんなことを思っていたんだろう、と改めて考えてしまいました。...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 21時34分

» エンディングノート [悠雅的生活]
自分らしく自分を完結するための‘段取り’。 [続きを読む]

受信: 2012年1月11日 (水) 16時35分

» エンディングノート [★tip of the iceberg★]
67歳まで働いてリタイアしてから2年目の元サラリーマンに、5月に癌の宣告が…。 病状はステージ4。 つまり治療は手遅れ状態。 実際に彼の命の炎が消えた12月までの歳月を中心に、彼の次女である砂田麻美監督が撮り続けた膨大な家族の記録が感動のエンターテインメン...... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 16時39分

» 『エンディングノート』を銀座シネパトス2で観て、ポンと膝を打たされる男ふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★評判の高さは嘘じゃない】 「癌患者の闘病そして迎える死」という 考える限りもっとも重く暗い題材を鼻歌を歌いながら 「人間一回は死ぬものさ」みたいに ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 01時48分

» エンディングノート [A Day In The Life]
遅れながらも劇場で観ることができた作品 この映画はブログやツイッターでもかなり評判になった映画 解説 熱血営業マンとして働き続け67歳で退職したサラリーマンが、 第二の人生を歩み始めた矢先にガン宣告を受け、残された家族 と自分の人生を総括するために“エ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 21時15分

» 「エンディングノート」 (2011 ビターズエンド) [事務職員へのこの1冊]
砂田知昭。 医者の息子として愛知県の田舎に生まれ、化学関係の会社に就職。営業マン [続きを読む]

受信: 2012年3月22日 (木) 21時18分

« アンフェア the answer | トップページ | ステイ・フレンズ/Friends with Benefits »