« 4デイズ/Unthinkable | トップページ | 猿の惑星:創世記(ジェネシス)/Rise of the Planet of the Apes »

2011年10月 7日 (金)

5デイズ/5 Days of War

Photo_2 グルジア領内でロシア軍とグルジア軍が5日間に渡って激しい戦闘を繰り広げた、いわゆる「南オセチア紛争」での実話をベースに描いた作品だ。主演は『わたしの可愛い人―シェリ』のルパート・フレンド。共演に『ゴッドファーザーPART III』のアンディ・ガルシアらが出演。グルジア軍が実際に協力した戦闘シーンの迫力に圧倒される。
>>公式サイト

戦車・戦闘機・ヘリ・壊れた市街地、全部本物とは…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ラッセル・クロウの『スリーデイズ』、サミュエル・L・ジャクソンの『4デイズ』と来て、本作は『5デイズ』の主演は若手イケメン俳優のルパート・フレンドだ。ちなみに3作品には全く何の関連性もないが、シアターN渋谷では「5デイズ」勝手にキャンペーンとやらを実施していた。(興味のある方はコチラ)さて、それはさて置き、本作は実話ベースながらテーマとしては非常に地味なグルジア共和国の南オセチア紛争を描いたとても珍しい物語だ。元々の話まで遡ると非常に説明が長く複雑になるのでここでは割愛するが、南オセチア紛争と呼ばれるものは史上2度あり、本作は2008年に起こったグルジアとロシアとの5日間戦争を指している。だから『5デイズ』なワケ。

02_2 03_2

この紛争は凄く簡単に言うと、ソ連の戦略によるグルジア国内の南オセチアに対するイスラム系住民の入植推進により、グルジア人vsオセチア人という民族対立が人工的に生み出されたことに端を発していた。それが2008年になり南オセチアの帰属先を巡る戦争へとなるのである。戦争といっても小国グルジアがロシア軍に対抗など出来るハズがない。そんな紛争真っ只中の地域にフリー・ジャーナリストのトマス・アンダース(ルパート・フレンド)と相棒のカメラマン、セバスチャン(リチャード・コイル)は向かうのだった。俗に言う戦場ジャーナリストと言うヤツだ。ルパートはそもそも彼の現代劇自体観たことがないのだけれど、意外なほどジャーナリストっぷりが様になっている。

04_2 05_2

さて、紛争地域へ向かう途中、この2人が立ち寄った村では結婚式が行われていたのだが、そこにロシア軍の爆撃が…。更にその時偶然知り合ったグルジア人女性タティアを、家族の元に送り届けた先の村でオセチア軍による住民への虐殺を目撃してしまう。セバスチャンはその一部始終を撮影するのだった。ボスニア紛争でもそうだったのだが、つい昨日までお隣さんだった人間が民族が違うと言う理由だけで殺しあう、まさに近親憎悪そのものであり、ここでも全く同じことが起こっていたということだ。アンダースたちは何とか撮った映像を世界に発信しようと試みるも、北京オリンピックで盛り上がる世界は、ちっぽけな国のそのまた一部の地域で起こっている出来事などには無関心。

06_2 07_2

でも実際その通りで、この作品を観るまで私もこの事実を知らなかった。オセチア軍による拘束、タティアの父の裏切り、グルジア軍に助けられ脱出、セバスチャンの重傷と目まぐるしく展開していくストーリーに目はスクリーンに釘付けである。ただ一歩引いて考えると、この作品はあくまでもアメリカ映画。つまりグルジア目線でしか描かれていない。しかも戦闘シーンはグルジア政府とグルジア軍の全面協力とあって、冒頭イラク戦争時に襲撃された時や、オセチア軍に拘束された時に彼らを助けるのはもちろんグルジア軍だ。観ていると当然ながら実に頼もしく格好良く見えるように描かれている。とはいえ、戦車や戦闘機、戦闘ヘリ、炎上する市街地や戦車部隊まで全て本物の映像の持つ迫力は流石としか言いようが無い。まさか実弾射撃まではしていないと思うけれど。

08_2 09_2

映像が残っているのだから戦争犯罪はあったのだろう。もっともその肝心の戦争犯罪の映像は劇中流れることが無いと言うのが残念ではある。ニュース映像ならともかく、映画の中の映像として見せるにはあまりにショッキングだからなのか。いずれにしても、戦争犯罪の部分以外に関しては必ずしも事実とは言えない部分も含まれていると思う。結果この戦争にアメリカは介入せず、フランスを中心とするヨーロッパ各国により停戦が成立するのだった。ほんの3年前の出来事であって、グルジア国内の当事者の方々の傷は当然癒えている筈も無い中で映画化してしまうというのは、もしかしたらこの映画はアメリカによるプロパガンダの意味も込められているのかもしれない。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:弱冠話がうますぎる気もする
総合評価:72点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 4デイズ/Unthinkable | トップページ | 猿の惑星:創世記(ジェネシス)/Rise of the Planet of the Apes »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42334794

この記事へのトラックバック一覧です: 5デイズ/5 Days of War:

» 『5デイズ』をシアターN渋谷1で観て熱いぞレニー・ハーリンふじき☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆舌足らずなれど饒舌】 細かい所にダメ出しをしようと思ったら 山のように出てきそうな雑な映画。 だが、そういう部分がどうでもいい物だという事を ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 00時59分

» 5デイズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『5デイズ』(5days of WAR)を渋谷のシアターNで見てきました。 (1) 『スリーデイズ』、『4デイズ』と見てきたからには、いくら内容面で共通項が見当たらないとはいえ、嫌でも本作を見ないわけにはいきません。  映画は、2008年8月のロシア軍のグルジア侵攻に関する...... [続きを読む]

受信: 2011年10月15日 (土) 06時19分

» 5デイズ [538ねん。]
アルバトロスが配給していた映画だったんですねぇ さらにアルバトロスさん「スリーデイズ」「4デイズ」の 2本の鑑賞チケットの半券提示すると1000円で・・・ って企画興行にされていたとは しらなかった、というか半券なんて見終わったら捨てちゃってる チラシとか...... [続きを読む]

受信: 2011年10月19日 (水) 01時12分

» 5デイズ(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
2008年8月、グルジアにロシアが軍事介入した5日間の事実に基づき、戦火の中繰り広げられた“もう一つの戦争”の真実を描く「ザ・クリーナー 消された殺人」のレニー・ハーリン監督 ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 8日 (木) 10時59分

» 映画「5デイズ」批評 戦争反対凸(`Д´メ) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
5デイズ観ましたよ~(◎´∀`)ノ この間は4デイズで今日は5デイズっす[E:s [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 00時02分

» 映画「5デイズ」批評 戦争反対凸(`Д´メ) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
5デイズ観ましたよ~(◎´∀`)ノ この間は4デイズで今日は5デイズっす[E:s [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 05時06分

» 5デイズ [こんな映画見ました〜]
『5デイズ 』---5 DAYS OF WAR  5 DAYS OF AUGUST---2011年(アメリカ) 監督: レニー・ハーリン出演: ルパート・フレンド、エマニュエル・シュリーキー 、リチャード・コイル、ヘザー・グレアム 、アンディ・ガルシア 、ヴァル・キルマー 世界中が北...... [続きを読む]

受信: 2012年3月21日 (水) 21時44分

» 5デイズ [だらだら無気力ブログ!]
いつだって一番の犠牲者は武器を持たない一般市民。 [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 21時51分

» 中華味の和食みたいな映画 『5デイズ』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:レニー・ハーリン出演:ルパート・フレンド、エマニュエル・シュリーキーアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 5点 [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 19時07分

« 4デイズ/Unthinkable | トップページ | 猿の惑星:創世記(ジェネシス)/Rise of the Planet of the Apes »