« ラスト・エクソシズム/The Last Exorcism | トップページ | 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/The Three Musketeers(2011) »

2011年10月21日 (金)

幸せパズル/Rompecabezas

Photo_3 極平凡な主婦が、自らの誕生日のプレゼントにジグソーパズルを貰ったことでその面白さと自分の才能に目覚め、新たな自分を見つけてゆく姿を描いたハートフルドラマだ。監督のナタリア・スミルノフは本作が長編デビュー作ながら第60回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされた。
>>公式サイト

やっと見つけた幸せの1ピース

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

昨年10月の『ルイーサ』以来約1年ぶりのアルゼンチン映画だ。そんなに本数を観ている訳ではないが、かの国の作品は派手さには欠けるものの、とてもクオリティが高い印象がある。今回の作品も少し変わった視点からとある主婦を見つめたハートフルで素敵なドラマだった。主人公のマリア・デル・カルメン(マリア・オネット)は夫フアン(ガブリエル・ゴイティ)と長男イバン(フリアン・ドレゲール)、次男フアン・パブロ(フェリペ・ピリャヌバエ)の4人家族。特に家族中に問題がある訳ではなく、夫はマリアをこよなく愛しているし、2人の息子たちも母親思いで立派に成長していた。冒頭、自分の誕生パーティーだというのに、食事を作り、ケーキを運び、皿を洗いとかいがいしく働く彼女。

02 03

つまみを欲しがる息子だったり、給仕の手伝いを一切しない夫を見ていると、正直マリア本人の誕生パーティーなのに…と思わなくもない。もっとも海外でどう見られているのかわ知らないが、我々の親の世代は大抵こんなものが一般的だったと思う。第一本人もそれがおかしなことだとは思っていない。ただ彼女の50歳と言う年齢は、一生懸命働き子どもを育て、ようやくふと一段落が着くタイミングなのだろう、自分を顧みた時にこれで良いのかと思う気持ちを抱くのも無理からぬことだ。ところが、その誕生日で彼女に送られたジグソーパズルが彼女の生活を一変させるのだった。しかしフアンは「時間の無駄だ」とニベもない。もちろん彼女がそこまで入れ込んでいるとは思っていないのだが。

04 05

この辺、その気はなくとも知らず知らずの内に妻を傷つける言葉を吐いていることはあるものだと自戒の念がこみ上げてきたりもした。フアンに内緒でパズルを買いに行った店で、彼女はパズル大会のパートナー募集の広告を目にする。その広告主が大富豪のロベルト(アルトゥーロ・ゴッツ)だった。かくして彼女は家族には膝の手術をした叔母の看病のためと偽り、週2回、ロベルトの家でパズルの練習を始めるのである。私も含めてだが普通パズルといえば周りの枠を作って内側へとはめ込んでゆくのが一般的だ。しかし彼女のやり方はいきなりど真ん中から始めるというものだった。少し解りにくいのが、それでも人並み以上に速く組める彼女の非凡な才能を映像として表現しにくいところだろう。

06 07

誰かと比べた映像や、実際に係った時間の比較といった、具体的で目に見える映像が出てこないため、ロベルトが彼女をパートナーとして評価したことに関してもいま一つ説得力が出てこないのだ。さて、いずれにしても家族に嘘をついて、しかも独身男性の自宅に2人きりでとなると、いつそれがばれてあらぬ勘繰りを受けるのかが不安になってくる。しかも大会が近づくにつれて、彼女は家事の方もおろそかになってくるのだ。息子が独立するために借りた家を見に行かなかったり、フアンの食事療法のためのチーズを買い忘れたりと、要するに完全に家族の方を見なくなってゆくのである。これにフアンは激怒してしまう。ただ、これは客観的には双方の気持ちが理解で来るだけに切ないところだ。

11 10

そもそもこれまで何十年も家族の方だけを見てきた彼女にすれば、少しぐらい自分中心になっても良いではないかと言う気持ちがあっても無理はない。結局マリアは益々パズルにのめりこんで行くのだった。そして大会。周囲のやり方と自分のやり方の違いに戸惑いを覚え、混乱する彼女にロベルトは言う「気味ののやり方でいい。周りは一切関係ない。」と。落ち着きを取り戻した2人は見事に優勝する。この優勝がマリアにもたらしたのは単に勝った喜びだけではなく、自分に対する自信だ。恐らく彼女は結婚してから初めて自分のために何か行動し、その成果を得たのではないか。自分に対する不安を払拭した彼女が、お酒の力も手伝ってロベルトと男女の関係になってしまったのには驚いたが…。

08 09

ただ最終的にドイツで行われる世界大会の権利を放棄し、家族の元へと戻ってゆく彼女を見ていると、そもそも彼女にとってパズルはきっかけに過ぎなかったことが良くわかる。つまり彼女は50年かかってようやく自立したとも言えるのではないか。土地を売るために夫のお供で出かけていた彼女が、夫無しでもその交渉に出かけ、一人その土地にシートを広げりんごをかじるラストシーンは象徴的だ。彼女は自分に欠けていた1ピースをようやく見つけることが出来たのだと思う。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:例えば500ピースならどのくらいだと速いの?
総合評価:69点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ラスト・エクソシズム/The Last Exorcism | トップページ | 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/The Three Musketeers(2011) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42612318

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せパズル/Rompecabezas:

» 幸せパズル [ダイターンクラッシュ!!]
2011年10月16日(土) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『幸せパズル』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。27本目。 フリーパスで無ければ、パスしていただろう。 アルゼンチン映画。 平凡な熟年の主婦が、誕生日プレゼントのジグソー・パズルに嵌り、専門店での大会挑戦の相方募集広告を見て応募、独身の金持ちオヤジと練習に励むも、家事が滞り亭主にキレられたり、さて。 不倫の匂いとか漂うストーリーだが、熟年主婦の束の間のち... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 00時41分

» 幸せパズル [映画的・絵画的・音楽的]
 『幸せパズル』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)映画はアルゼンチンのもので、同国の映画は、昨年は『瞳の奥の秘密』を見ましたが、なかなか印象深い作品でしたので、この映画もと期待しました。  ですが、映画は、殺人事件を巡って展開される『瞳の奥の...... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 05時33分

» 「幸せパズル」 アルゼンチンの女性観 [はらやんの映画徒然草]
TOHOシネマズデイだったので、会社帰りにシャンテで観賞。 アルゼンチンの映画は [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 22時09分

» 幸せパズル/マリア・オネット、ガブリエル・ゴイティ [カノンな日々]
平凡な主婦がふとしたことでジグソーパズルの才能を開花させ自身の新たな人生を切り開いていく女性讃歌なハートフル・ムービー。監督は本作が映画デビュー作になるというアルゼン ... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 23時00分

» 幸せパズル [象のロケット]
アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。 結婚20年の専業主婦マリアは、50歳の誕生日に叔母からジグソーパズルをプレゼントされる。 パズルの魅力にはまってしまったマリアは、「パズル大会のパートナー募集」という広告を出した大富豪の独身紳士ロベルトと組んで、何と世界選手権を目指すことに。 夫と2人の息子には嘘をついて、ゲームの練習のためにロベルトの邸宅へ通うことになったのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 00時36分

» 映画・幸せパズル [お花と読書と散歩、映画も好き]
2010年 アルゼンチン・フランス原題 ROMPECABEZAS(英題 PUZZLE) ROMPECABEZAS話し言葉ですが「難題」という意味もあるようです 邦題は映画の奥深さが表現出来ていませんねぇ マリア・デル・カルメン50歳専業主婦夫と二人の息子の幸...... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 19時42分

» 〜『マーガレットと素敵な何か』/『幸せパズル』〜 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
大人の女性主人公のフランス映画?『マーガレットと素敵な何か』2009年:フランス+ベルギー映画、ヤン・サミュエル監督&脚本、ソフィー・マルソー、マートン・ソーカス、ミシェル・デュショーソワ、ジョナサン・ザッカイ、エマニュエル・グリュンヴォルド、ジュリエット...... [続きを読む]

受信: 2011年11月13日 (日) 00時01分

» 幸せのパズル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
ブエノスアイレスに暮らす専業主婦が、50歳を過ぎてジグソーパズルの才能に目覚めたことをきっかけに、自分の人生を切り開いてゆく。出演はベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作「El otro ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 17時18分

» 幸せパズル [迷宮映画館]
やけに身につまされる話だったわ・・・ [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 22時14分

» 幸せパズル [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
日本では公開本数が決して多くはないアルゼンチン映画だが、近年は選りすぐりの秀作が公開されている。この作品は50歳を過ぎた平凡な主婦が、ふとしたきっかけでジグソーパズルの ... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 10時16分

» おじさんシネマ(幸せパズル) [おじさん(Age.56)日記By宙虫]
幸せパズル アルゼンチン映画。 なんともやさしい映画だ。 声高ではないが。 何不自由ないと思っている生活。 ある日出会ったジグソーパズルにはまった主婦。 彼女はそのジグソーにすごい才能を持っていた。 今までの家族中心だった生活の時間にパズルの時間が割り込んでくる。 そして、彼女の時間はパズルに奪われていく。 家族のだれにもそのことを告げるのではなく、完璧に家事をこなしながら。 空いた時間をパズルに費やすのだ。 それにしても、冒頭のパーティー。 たくさんの人を招いて料...... [続きを読む]

受信: 2012年1月24日 (火) 15時35分

» 幸せパズル [こんな映画見ました〜]
『幸せパズル』---ROMPECABEZAS  THE PUZZLE---2010年(アルゼンチン/フランス )監督:ナタリア・スミルノフ出演:マリア・オネット 、ガブリエル・ゴイティ、アルトゥーロ・ゴッツ アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。 専業主婦のマリア(マリア・...... [続きを読む]

受信: 2012年4月17日 (火) 23時48分

» 幸せのパズル [映画の話でコーヒーブレイク]
私にとっては遠い国、アルゼンチンの映画です。 劇場で何度か予告編を見て興味を持っていたのですが、見逃してしまった本作。 DVDにて鑑賞しました。 アルゼンチンの映画といえば・・・、 まず思い出すのは2010年公開の「瞳の奥の秘密」。これは面白かった〜 他には、...... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 01時17分

» 『灼熱の魂』『幸せパズル』をギンレイホールで観て、へへっへそりゃああの韓国映画みたいでげすなあふじき★★★★,★★(ネタバレあり) [ふじき78の死屍累々映画日記]
『灼熱の魂』(ネタバレ) 五つ星評価で【★★★★すげえなあ。でも、ショック展開をすればいい映画かと言う疑問も沸く】 条件は違うんだけど『オールド・ボーイ』みたいだ。 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 01時27分

« ラスト・エクソシズム/The Last Exorcism | トップページ | 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/The Three Musketeers(2011) »