« ブリッツ/Blitz | トップページ | ファイナル・デッドブリッジ/Final Destination 5 »

2011年10月17日 (月)

電人ザボーガー

Photo 1974年~75年に放送された人気特撮ヒーロー『電人ザボーガー』を『ロボゲイシャ』の井口昇監督がリメイク。主人公の大門豊の青年期と熟年期という二部構成で、宿敵シグマとの対決を描いている。青年期の大門を「炎神戦隊ゴーオンジャー」の古原靖久、熟年期の大門を『脱獄王』の板尾創路が演じる。共演に竹中直人、柄本明、渡辺裕之、山崎真実、佐津川愛美ら演技派が揃う。
>>公式サイト

オリジナルへの愛情たっぷり!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

正直言って色物だと思っていたのだが、これが予想に反してかなり面白かった。といってもこの面白さは人を選ぶと思う。そもそも『電人ザボーガー』が好きな人は当然だが、最低でも日本の特撮ヒーローが好きで、バカバカしいB級テイストの笑いを受け入れられ無いとつらいだろう。ましてこの作品に突っ込みを入れるのは無粋というものだ。個人的には再放送でてっれびドラマを観ていたクチで、砂場でマシーン・ザボーガー(バイク形態)で夢中になって遊んでいたものだ。もうオープニングでタイトルがクレジットされた瞬間からテンションが大幅アップ!このあたりもはや特撮ヒーローに対するパブロフの犬状態になっているという話もあるが…。ただ掛け値なしに格好良いタイトルバックだ。

02 03

実は私は全編に渡って板尾創路が演じるのかと思っていたのだが、本作は二部構成であり、青年期の大門豊は古原靖久が演じている。実は個人的にはこの青年期が最高にツボで一々笑えて仕方がなかった。いくら昔ながらの特撮ヒーローとはいえ、何もそこまでと言うほどに大げさな芝居なのである。それを若いイケメンの古原くんが演じること自体もう可笑しい。それに比べて板尾さんは芸人だけに、笑いのハードルはどうしても少し高くなってしまうのだ。そもそも大門は父親の大門勇博士を悪ノ宮博士(柄本明)率いるサイボーグ組織Σ(シグマ)に殺されてしまい、復讐心に燃えているという設定だ。一部の序盤、大門博士役の竹中直人の竹中テイスト炸裂なネタには劇場内が大爆笑だった。

04 05

第一部は「たたかえ!電人ザボーガー!」という副題が付いていて、シグマの幹部、ミス・ボーグ(山崎真美)と大門との出逢いから、2人がお互いに惹かれあってしまい、何故か子供を作ってしまうところまでが描かれている。山崎真美の胸の谷間アップなど、このコスチュームの中で微妙なセクシーさを上手く出ていてイイ。ちなみにミスボーグはポーズを決めると胸の部分が開いてミサイルが発射されるというアフロイドA(by「マジンガーZ」)仕様。そして後半登場するミスボーグの部下の女サイボーグたちに到っては胸やお尻から恐竜?の頭が飛び出してくるハチャメチャさなのだが、この辺りは『片腕マシンガール』や『ロボゲイシャ』で魅せる井口監督テイストがよく出ていた。

06 07

ここまで読むとキワモノ作品に聞こえるかもしれないが、実は第一部のストーリーは大門が守るべき人間にその価値があるのかと悩み苦しみ、結果として愛するミスボーグと命の次に大事なザボーガーの両方を失ってしまうというもの。珍しさは無いが、ヒーローが抱える苦悩の物語としては王道であるが故にすんなりと頭に入る。ザボーガーは第一部のラストで自らの意志をもつのだが、それ以前にも自らの意志で細かいボケをかましてくれてそれがまた面白い。さて、第一部のラストから25年後、当時22歳だった豊も47歳の熟年になり、いよいよ板尾創路の大門豊の登場となる。第二部の副題は「耐えろ大門!人生の海に!」。一部で豊が全てを失ってまで守った若杉議員(木下ほうか)は総理大臣になっていた…。

08 09

いきなり冒頭からその総理大臣の運転手として登場するも、速攻でクビになる豊。ミスボーグ、ザボーガー、若さに続いて何と職まで失うことになる。クビにしないでくれと土下座までしてしまったりと、まあこれが実に格好悪い(苦笑)その昔は空手の達人だったのに、今では糖尿病になやまされ腰痛を抱える冴えないオッサンになっているのだ。しかしコスチュームは若いときのままというのがまたユニークである。ちなみに25年も経っているのにシグマの計画している巨大サイボーグ製造計画が未だに続いているのに驚いたのだが、それもこれも全てとある人物がキーになってくるからだった。そのキーとなるのが豊とミスボーグの娘AKIKOである。サイボーグと人間…という細かい突っ込みはしてはいけない。

10 11

更にザボーガーは復活しているのだが、実は豊の息子・秋月玄(宮下雄也)によって悪に染められていた。この第二部の流れは後に豊の元に戻ってくるザボーガーとともに、悪ノ宮博士を倒し、わが娘ながら巨大サイボーグと化したAKIKOを倒すというものだ。個人的に見所は巨大サイボーグになった佐津川愛美のセクシーコスチュームを推したい。もちろん細かいネタは相変わらず満載で、これは是非実際に見て楽しんで欲しい。とにかくこの作品からは作り手のオリジナルに対するリスペクトと愛がヒシヒシと感じられた。本当に好きだったんだろうと思わずにいられない。子門真人によるオリジナルのオープニングをエンディングテーマに持ってきて、当時の映像を流す辺りもニクイ演出で、特撮技術の差に時代を感じながら満足感をかみ締めるのだった。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:古原くんて石川遼に似てない?
総合評価:78点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ブリッツ/Blitz | トップページ | ファイナル・デッドブリッジ/Final Destination 5 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42548629

この記事へのトラックバック一覧です: 電人ザボーガー:

» 『電人ザボーガー』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
『電人ザボーガー』は、1974年春から一年半に亘って放送されたヒーロー番組。最初は土曜日の夜7時からの放送で、ここは『宇宙猿人ゴリ』(→『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』→『スペクトルマン』)以来、『怪傑ライオン丸』、『風雲ライオン丸』、『鉄人タイガーセブン』とピープロ製作のヒーロー番組がずーっと流れていた枠で、その流れで『ザボーガー』も結構好きで見てました。 何といってもバイクが変形するザボーガーにインパクトがありましたし、主人公・大門豊を演じていたのが『仮面ライダーV3』のライダーマン=結城丈二... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 06時47分

» 電人ザボーガー(2011-083) [単館系]
電人ザボーガー 30年以上前の同名特撮作品のリメイク。 2010年9/1のテレフォンショッキングに板尾さん登場。 電人ザボーガーについて語る! ※語った内容については後で追記します。 映画では前編...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 19時37分

» 電人ザボーガー [だらだら無気力ブログ!]
敵との戦闘中にインシュリンを打つ糖尿病持ちのヒーローって設定がバカバカしくてイイ!! [続きを読む]

受信: 2011年10月18日 (火) 00時50分

» [映画『電人ザボーガー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆昨年、偶然斜め見した「笑っていいとも!」で、板尾創路が「今、撮っている映画」と語っていたので、気になっていた作品(この時、私は、板尾が監督と思って聞いていたのだが、主演だった)。  なにぶん、見るともなしに見ていたテレビなので、その「電人ザボーガー」...... [続きを読む]

受信: 2011年10月18日 (火) 18時10分

» 電人ザボーガー [象のロケット]
国会議員ばかりが次々に狙われる事件が発生。 新田警部らの前で、若杉議員が悪のサイボーグ組織シグマの“ミスボーグ”、“ヨロイデス”らの餌食になろうとしたその時、秘密刑事・大門豊と相棒の電人ザボーガーが颯爽と登場しシグマを撃退! しかし戦いは悲しい結末を迎える。 …25年後。 大門の前に、シグマのボス悪之宮博士の元から脱走した明子が現れ、衝撃の告白をするのだが…。 人気TVヒーローアクション劇場版。... [続きを読む]

受信: 2011年10月19日 (水) 01時18分

» 電人ザボーガー [映画とライトノベルな日常自販機]
“くたびれたオヤジたちよ、若い頃の熱いモノはどこへいった?” 全編を通して、テレビ放映当時の“いかにも特撮ヒーロードラマです”的な、演技や演出でまじめにやればやるほど、何かのコントをみているかのような可笑しさがこみ上げてきます。 しかも、ファッションやメカニック、殺陣などを過度に今ドキあるいは近未来的に見せるなところがなく、当時の雰囲気やチープさをうまく再現しているのは面白い感じでした。 戦いのシーンで主題歌が流れるのも当時のお約束で、これは観ている方も熱くなりますね。 破壊されたザボーガーがいつの... [続きを読む]

受信: 2011年10月19日 (水) 07時33分

» 電人ザボーガー/2011年公開邦画暫定ベスト! [映画感想 * FRAGILE]
電人ザボーガーKarate−Robo Zaborgar/監督:井口昇/2011年/日本 熱血ヒーローが、中年になったとき。ザボーガーたんちょうかわいい。 1974年から1975年に放映された特撮ヒーロー番組の映画化です。TV放映当時わたしは生まれておらず、特撮ものにはまったく興味がないため、映画化されるまでその存在すら知りませんでした。 また井口昇監督作品は今まで1本も見たことがなく、どのような映画を撮る監督なのか知りませんでした。 そのような思い入れもなにもない状態で見たにも関わら... [続きを読む]

受信: 2011年10月19日 (水) 12時46分

» 電人ザボーガー/板尾創路、古原靖久 [カノンな日々]
宣伝ポスターでロボットみたいなオートバイにまたがる板尾創路さんのレトロチックな姿に心掴まれてしまいました(笑)。もともとは1974年にTVドラマとして放送された特撮ヒーロー作品 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月20日 (木) 22時53分

» 「電人ザボーガー」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 1974年に放映され、今なおカルト的人気を誇る特撮ヒーロー番組を、「富江」シリーズの井口昇監督でリメイク・映画化。  普段から小生が嫌悪している「ヲタクがヲタクとして作ったヲタク向け作品」の典型。いつもなら問答無用でバッサリのところだが、それを踏まえて... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 19時10分

» 電人ザボーガー [佐藤秀の徒然幻視録]
石川遼君頑張った! 公式サイト。井口昇監督、板尾創路、古原靖久、柄本明、山崎真実、渡辺裕之、宮下雄也、佐津川愛美、竹中直人。1970年代のテレビ番組を「ロボゲイシャ」の井口監 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 20時06分

» 「電人ザボーガー」 [みんなシネマいいのに!]
 「電人ザボーガー」はウルトラマンと仮面ライダーが一段落した<特撮空白期>に放送 [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 01時24分

» 「電人ザボーガー」中年ヒーロー GO! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[電人ザボーガー] ブログ村キーワード  ある意味、吾輩が今年一番楽しみにしていたのは、この映画かもしれません。「電人ザボーガー」(キングレコード/ティ・ジョイ)。まさかの70年代ヒーロー、37年ぶりの復活!中年男の血がたぎる(^^;!これはもう、楽しむしかございませんわ!!    ≪第1部≫国会議員を狙った連続誘拐事件が発生。次の標的が若杉議員(木下ほうか)であるとの犯行予告を受け、警備に向かった新田警部(渡辺裕之)らの前に、サイボーグ組織Σ(シグマ)のメンバー、ミスボーグ(山崎真... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 20時36分

» 電人ザボーガー☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『クイック!!』観た後に同じ劇場で観たのですが、ものの見事に客層入れ替わり、思わず笑っちゃった次第です。『電人ザボーガー』が特撮TVドラマだったのは覚えてる。調べてみたらスペクトルマン→ライオン丸→タイガーセブンその後が電人ザボーガーだったそうです。猫の生まれ... [続きを読む]

受信: 2011年10月28日 (金) 00時05分

» 赤いシグナル非情のサイン うしおそうじ・井口昇 『電人ザボーガー』 [SGA屋物語紹介所]
♪いーかりーのでんーりゅうー! ほっとおーばしーるー! 本日は正直「え!? なん [続きを読む]

受信: 2011年11月16日 (水) 23時09分

» 電人ザボーガー [銀幕大帝α]
11年/日本/114分/特撮ヒーロー・アクション/劇場公開 −監督− 井口昇 主な監督作:『富江 アンリミテッド』 −脚本− 井口昇 −キャラクターデザイン− 西村喜廣 −主題歌− 高野二郎『戦え!電人ザボーガー』 −特殊造型監督− 西村喜廣 −出演− ◆板尾創路…大門豊(熟年...... [続きを読む]

受信: 2012年3月30日 (金) 00時45分

» 電人ザボーガー [ゴリラも寄り道]
『電人ザボーガー』スタンダードエディション [DVD](2012/03/28)板尾創路、古原靖久 他商品詳細を見る内容(「Oricon」データベースより) あきらめるな、立ち上がれ!板尾創路主演で贈る、壮大な特撮オペラ! ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 04時50分

« ブリッツ/Blitz | トップページ | ファイナル・デッドブリッジ/Final Destination 5 »