« ツレがうつになりまして。 | トップページ | リミットレス/Limitless »

2011年10月10日 (月)

天国からのエール

Photo 沖縄の本部町で小さな弁当屋を営みながら、音楽スタジオ「あじさい音楽村」を作り、2005年に亡くなるまで若者たちの夢を応援した仲宗根陽氏の姿を映画化。主演は『チーム・バチスタの栄光』の阿部寛。共演に『落語娘』のミムラ、『最後の忠臣蔵』の桜庭みなみらが出演。監督は本作が長編デビュー作となる熊澤誓人。
>>公式サイト

阿部寛の素朴で人間味溢れる芝居に魅入る

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

予告編の段階で感動するだろうなと予想が付く、いわゆる難病ものにカテゴライズされる作品だ。ただ本作は実話がベースである。沖縄県国頭郡本部町(くにがみぐんもとぶちょう)は名護市の北西に位置する田舎町だ。そこで弁当屋を営んでいた大城陽(阿部寛)は、ある日弁当を買いに来た地元の女子高生・比嘉アヤ(桜庭ななみ)たちがバンドの練習をする場所がないと嘆いていたのを見て、自宅の敷地を使わせることに。ところが、とたんに周囲からはウルサイとのクレームが入る。陽は自らの過去、そしてアヤたちが彼に当てた言葉である決断をするのだった。なんとそれは私財をなげうって音楽スタジオを作り、子どもたちに開放するということ。

02 03

物語前半は、スタジオ作りを通じて陽と子供たちが心を通わせて行く姿が鮮やかに描かれている。彼は言う「昔はまわりの大人たちが何かと面倒をみてくれた、いまの若いもんにはない」と。都会に比べれば地域の結びつきが強いであろう沖縄の田舎ですらそういう状態であったのかと驚きつつ、その大人に陽自身がなろうと決意する所が実に気持ちよい。実際陽は、挨拶をキチンとしろだの、学校の勉強で赤点はとるなだの、人の傷みの解る人間になれだのと小うるさいおじさんになる。しかし、本来なら何の得にもならないのに自分たちのためにスタジオまで作ってくれた陽の子どもたちに対する愛情が伝わらないワケがない。次第にかれは“ニイニイ”と呼ばれ慕われるようになって行く。

04 05

阿部寛の長身と低い声でしゃべる沖縄方言はどこなくユーモラスであり、大らかな男らしい子どもたちへの愛情が溢れ出るようだった。元々好きな俳優ではあったが、今回の彼は特に人間味という点で文句なしの芝居である。桜庭みなみは女子高生役は『書道ガールズ』以来だが、童顔で可愛らしい彼女にはもとより良く似合っている。今回の彼女はロックバンドのボーカル兼ギターという役所だが、実際にも「bump.y」というアイドルグループの一員だ。アヤたちのバンドは後に“あじさい”を意味する“Hi-drangea(ハイドランジア)”という名前に決まるが、音楽の方向性や彼女の声質、メロディーラインはちょっと「the brilliant green」を思わせるものがあったと思う。

06 07

もっとも当然ながらクオリティは遠く及ばない。そもそも桜庭ななみは歌が下手だ(苦笑)それはさておき、毎日のようにスタジオに集まり練習を繰り返すアヤたちはプロを目指したいと口にするようになる。それを聞いた陽は、ならばと本人たちには内緒でできる限りのバックアップを始めるのだった。FMラジオで彼らの曲が流され、瞬く間に人気者へと成長してゆく彼ら、遂にはロックフェスティバルに招待されるまでになる。この辺りはいささか拙速な感じはしないでもないのだが、そもそもバンドの成長物語ではないということだろう。ところがそんなタイミングで陽を病魔が襲う。観る前から解っていたこととはいえ、遂に来るべき時が近づいて来たと言う感じだ。

08 09

ただし、コレは後から解るのだが、彼は3年前に腎臓がんの摘出手術を受けていた、だとするならばすぐに状況は飲み込めたはず。即ち自らの命が残り少ないことを。「もうあいつらの夢が俺の夢でもあるんだ!」そういう彼だったが、大嵐の夜にボロボロの体で駆けつけたスタジオには、彼自身の手で真っ直ぐに育てられたアヤたちの姿があった。それはコレまで与えられるだけだった彼らが、夢を掴む為に自らの足で歩き始めた瞬間でもある。人は何かをなすために生まれるというが、この時の全てをやりきったような表情をした陽の顔が忘れられない。数日後彼は家族と子どもたちに見守られ逝く。もちろんこのシーンも哀しい感動の場面なのだが、私はその後のコンサートシーンが好きだ。

10 11

桜庭ななみは歌の途中に鳴き声になり声が出ない。陽を思い出しながら、アヤと一体化した彼女がそこにいた。やはり彼女は女優として素晴らしい素質の持ち主だと思う。ベタと言えばベタなお話だけれども実話ベースであり、尚且つ阿部寛の素朴な演技がわざとらしさや嫌らしさを全て排除していた。モデルとなっている仲宗根陽さんの奥さんは、劇中の結婚式シーンで「今までありがとう」というセリフが加わっていたのが心から嬉しかったそうだ。表立ってそんなことは言わない陽さんの気持ちを代弁してくれたかのようだったという。この映画が宝物になったとまで仰っているのだ。監督冥利、役者冥利に尽きるではないか。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:ミムラさんの素朴なお母さんぶりも良
総合評価:70点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ツレがうつになりまして。 | トップページ | リミットレス/Limitless »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42407308

この記事へのトラックバック一覧です: 天国からのエール:

» 天国からのエール [佐藤秀の徒然幻視録]
沖縄にややこしいストーリーは似合わない 公式サイト。熊沢誓人監督、阿部寛、ミムラ、桜庭ななみ、矢野聖人、森崎ウィン、野村周平。沖縄の本部町にある無料の音楽スタジオ「あ ... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 00時32分

» 映画 「天国からのエール」 [ようこそMr.G]
映画 「天国からのエール」 [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 04時17分

» 天国からのエール/阿部寛、ミムラ [カノンな日々]
熊澤尚人監督ではなく熊澤誓人監督の作品です。沖縄が舞台の作品だったこともあってつい先日まで勘違いしてました。熊澤誓人さんは犬童一心監督の2009年版『ゼロの焦点』で助監督を ... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 08時57分

» 天国からのエール [食はすべての源なり。]
天国からのエール ★☆☆☆☆(★1つ) 「本気で叱ってくれた。本気で愛してくれた」 沖縄の小さな弁当屋で生まれた、奇跡の実話 ブログを始めてから初の、評価1つ★ 試写会でご招待していただいたにも関わらず、初めて「時間返せ」と腹が立ったのが率直な感想。 実話が悪いわけじゃないです、そこは否定しませんよ。 沖縄の舞台・・・、って、海も空も出てこない。わざわざ宣伝に使わなくてもいいよ。 チラシには主人公の陽(ひかる)さんは、生前にあじさい音楽村から有限会社あじさいを設立した後に腎臓ガンと診断... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 18時25分

» 天国からのエール [とりあえず、コメントです]
2009年にガンで亡くなった仲宗根陽さんの実話を基に描いたドラマです。 悪い人の出てこない映画が観たい~とチャレンジしてみました(^^ゞ 真っ直ぐで純粋な想いに、心の底からほんわかと温かくなるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 19時51分

» 天国からのエール [象のロケット]
沖縄県北部の海と山に囲まれた町・本部町で、大城陽(ひかる)は妻と母と一緒に小さな弁当屋「あじさい弁当」を営んでいる。 彼は近所の高校生たちがバンドの練習場がなくて困っていることを知り、店の空き地に音楽スタジオを建てることを決意する。 借金をして建設資材を購入し、一人でブロックを積み始めた陽を、いつしか大勢の高校生たちが手伝うようになるのだが…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 01時31分

» 天国からのエール☆独り言 [黒猫のうたた寝]
舞台は沖縄。弁当屋を営む陽(ひかる)は弁当を買いに来る高校生たちの為に店の敷地内に自力で音楽スタジオを作ることに。そして無料で使用させる代わりに高校生たちに条件を出す。①あいさつしましょう!②赤点は絶対ダメです!!③機材の取り扱いに注意!④線をこえない!⑤イベント全... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 21時03分

» 「天国からのエール」夢へのキッカケを作った先にみた夢に向かって進む若者たちの成長 [オールマイティにコメンテート]
「天国からのエール」は「あじさい音楽村」創設者仲宗根陽さんの実話を映画化した作品で、何もない島に自らの私財を投げ打って音楽をやりたい若者たちに音楽ができる場所を提供し ... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 23時50分

» 天国からのエール [あーうぃ だにぇっと]
天国からのエール@ユナイテッドシネマ豊洲。 9月22日台風一過の晴天のはずがひどい雨降りに一転。 [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 06時09分

» 『天国からのエール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「天国からのエール」□監督 熊澤誓人 □脚本 尾崎将也、うえのきみこ□キャスト 阿部寛、ミムラ、桜庭ななみ、矢野聖人、森崎ウィン、野村周平、吉田妙子■鑑賞日 10月9日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 12時14分

» 映画・天国からのエール [お花と読書と散歩、映画も好き]
2011年 日本 沖縄県北部にある本部町小さな弁当屋「あじさい弁当」を経営する大城陽(阿部寛)は、音がうるさいと言われ練習場所が無くて困っている高校生のバンドに弁当屋のガレージを提供するしかし、すぐ近所から苦情がきてしまい、放課後を持て余すバンドのメンバーた...... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 18時56分

» 『天国からのエール』 [『映画な日々』 cinema-days]
私財を提供して、弁当屋のガレージを 音楽スタジオに改装した主人の真意は... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞) 原案:『僕らの歌は弁当屋で生まれた・YELL』 [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 10時57分

» 天国からのエール [迷宮映画館]
大人のあり方を考えてみるいいきっかけかも・・・です。 [続きを読む]

受信: 2012年1月11日 (水) 08時07分

« ツレがうつになりまして。 | トップページ | リミットレス/Limitless »