« 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/The Three Musketeers(2011) | トップページ | ミッション:8ミニッツ »

2011年10月23日 (日)

シャッフル/SHUFFLE(2011)

Shuffle2011 『純喫茶エルミタージュ』の及川拓郎自身の作・演出した劇団スパイスガーデンの舞台を映画化したソリッドシチュエーション・サスペンスだ。1日拘束200万円というモニターに応募してきた男たちの姿を描き出す。出演は『クローズZERO II』の金子ノブアキ、『ソフトボーイ』の賀来賢人、『花のあと』の市川亀次郎ら演技派がそろう。二転三転するストーリー、結末や如何に!
>>公式サイト

「終わり?」「まだまだ」錯綜する想い

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

予想よりもずっと複雑かつよく練られた脚本で、全く先が読めない面白さだった。予告編を観ると、とある密室に4人の男が集められ、それに対して市川亀次郎扮する白衣の博士っぽい男が“シャッフル”というプロジェクトを実施し、それが無事終わると報酬を得られるらしいことが解る。何やらこの設定は『es[エス]』っぽくもあり、邦画でいうなら『インシテミル』のようでもある。但しどうもその男たちの中には裏切り者がいるということ、そして恐らくはその連中が銀行強盗をしているらしきことも情報として与えられる。一体これはどういうことなのか?結論から言えば予告編で観る映像などほんの序の口に過ぎない。さて、未見の方はここから先多少ネタバレを含むので注意されたい。。

02 03

鑑賞して改めて解ったこと、それはこの作品が基本的に最初に呼ばれた部屋の中だけで進行してゆくソリッドシチュエーションだということだ。この手の作品だと画変わりがないだけに、役者の演技力に負う所が非常に大きい。金子ノブアキ扮する戸辺コウヘイは記憶喪失の軟弱な兄ちゃん、堺シンゴ(鎌苅健太)は関西弁のお調子者、物部ユウサク(ムロツヨシ)は年上だというだけで上から目線の飲食店経営者、轟ゲンゴロウ(賀来賢人)は常にラップトップを手放さない知的なフリーライター、そして市川亀次郎扮する神宮寺はやたらとハイテンションなモニター担当者だ。序盤は亀様の変なハイテンションで物語がグイグイ牽引されてゆく。こんなアナーキーな役がピッタリな歌舞伎俳優って…(笑)

04 05

ところが、そう時間がかからずに実はこの場の5人が森の窃盗団の仲間であり、Mr.ヤマシタという謎の人物の依頼で約3億円をキツルギバンクから奪っていたことが明かされる。なるほどやはり彼らが強盗団だったのか…。ちなみに何故かそれぞれに推理作家の名前がニックネームとしてつけられているのが面白い。戸辺はレイモンド、轟はエラリー、堺はエド、物部は大藪、そして神宮寺はアガサというのだが、ここにもしっかりと伏線は張られている。実はこの伏線と、その銀行強盗を最終的に決行するかどうか話し合うシーンで「ん?」と思う方もいるかもしれない。実際私は思ったのだが、その時点での余りの情報の少なさと、その後の物語の展開に没頭して最後までそのことを忘れてしまっていた。

06 07

ちなみに窃盗団のなかではレイモンドはハードボイルド担当だそうで、やたら怪しい渋さと、炸裂させるアナーキーなギャグには大笑いだ。さて、強盗は成功したが警察に追われた5人はほうほうの体でアジトに逃げ帰ってくる。ところがレイモンドは逃げる過程で盗んだ金をどこかに隠すのだ。そして金の入ったアタッシュケースの暗証番号を知っているのはエラリーだけ。しかもとある事情からレイモンドは記憶喪失になり金の隠し場所を忘れてしまったのである。そこでレイモンドの記憶を取り戻すための作戦“シャッフル”が実行されることになったのだった。……っとここまでの話は予告編でバラされている。従って黙って観ているだけでもここまでは普通について来れるはずだ。

08 09

しかしここから先が本作のメイン。物語は二転三転、油断していると何が何だか解らなくなる。というより一体何が真実なのか、果たして今観ているシチュエーションが真実なのか自信がなくなってくるほどなのだ。もっともそれもそのはずで、実は残りの4人も混乱して一体何がどうなっているのか解らなくなっているのである。それは本来であればシャッフルはレイモンドの記憶を戻すための作戦だったはずが、いつの間にかその作戦そのものがMr.ヤマシタの謀略の一部だったからだ。Mr.ヤマシタとは一体何者なのか、そしてこの5人の中にいる裏切り者とは一体誰の事なのか…。そして判明する真実。シャッフルという作戦の持つ真の意味が明らかにされる。

10 11

それはsecret実はシャッフルは裏切り者をあぶりだすための作戦で、レイモンドの記憶喪失はウソsecretということであり、更には裏切り者が誰なのかsecret轟・エラリー・ゲンゴロウsecret、そして何故裏切ったのかsecret婚約者カオリを結婚詐欺師レイモンドに奪われ、真実を知ったカオリが自殺したからsecretという核心が明らかになって行く。この後裏切り者が殺されるが、その場の雰囲気からこの程度で終わるはずがないという緊張感がヒシヒシと伝わってくる。とにかくスクリーンを観ていると「まだ終わってない」という想いと「いや、いくらなんでもそろそろ…」という想いが錯綜して止まないのだ。この痺れる感覚が堪らない。脳みそをフル回転しながら、そしてその場の空気を敏感に感じ取りながら観て欲しい。

12_2 13

最終結末secret結局レイモンドは残りの3人も殺し金を独り占めしようとする。しかもカオリは生きていた。レイモンドはカオリに射殺され結局金はカオリに。ところが、カオリの乗っていた車の後部座席から行定刑事部長(光石研)が登場。行定が金の入ったバックを開くとそこには爆弾が。レイモンドのスイッチでカオリと行定も爆死。secret

個人的おススメ度4.0
今日の一言:観終わって満足と共に疲れたよ
総合評価:80点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/The Three Musketeers(2011) | トップページ | ミッション:8ミニッツ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42641690

この記事へのトラックバック一覧です: シャッフル/SHUFFLE(2011):

» シャッフル [象のロケット]
1週間前から記憶喪失になっている30歳の男性・戸辺は、日給が何と200万円というモニター調査に参加する。 他に3名の男たちがモニターとして参加し、白衣を着た神宮寺という男が進行係。 ところが彼ら5人全員が、実は銀行強盗“森の窃盗団”の仲間だった。 先日奪った5億円の隠し場所を戸辺に思い出させるため、4人はモニター調査を装いながら記憶を取り戻すための実験を開始するのだが…。 ハードボイルド・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 20時04分

» シャッフル [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
SHUFFLE シャッフル (竹書房文庫)手の込んだ罠のキーワードはハードボイルド。二転三転の展開が用意されているが“転びすぎた”終盤のどんでん返しは少々クドい。記憶喪失で自分が誰 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 09時01分

» シャッフル/金子ノブアキ、ムロツヨシ [カノンな日々]
及川拓郎監督が手掛けた劇団スパイスガーデンの舞台作品を自ら映画化したものだそうです。予告編を観てこれは私の好きなシチュエーション・サスペンス・コメディかもと楽しみにし ... [続きを読む]

受信: 2011年10月26日 (水) 22時48分

» シャッフル [映画的・絵画的・音楽的]
『シャッフル』をシネマート新宿で見ました。 (1)このところ観客数が極端に少ない映画ばかりを見ている感じで、この作品も、前々回取り上げた『ヤクザガール』よりも若干多目とはいえ、10名に満たない観客数でした。  この映画では、最近アチコチの映画でちょこちょこ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 16時18分

» シャッフル [心のままに映画の風景]
突然の記憶喪失に悩む戸辺(金子ノブアキ)の元に、日給200万円のモニター調査の案内状が届いた。 指定された場所に出掛けると、同じように呼び出された、轟(賀来賢人)、堺(鎌苅健太)、物部(ムロツヨ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 16時36分

» 「シャッフル」 [みんなシネマいいのに!]
 記憶喪失の男が日給200万円のモニター調査に参加。 そこには彼以外にモニターと [続きを読む]

受信: 2011年11月30日 (水) 07時14分

» シャッフル(2011年) [とりあえず、コメントです]
劇団スパイスガーデンの舞台を映画化したサスペンスです。 予告編を観て、ちょっと面白そうなストーリーかもと気になっていました。 舞台劇らしいノリでどんどん展開していく物語に、一体どうやって終わるのだろうと思いながら観ていました。 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 00時05分

» シャッフル(2011) [佐藤秀の徒然幻視録]
通貨は地デジじゃない 公式サイト。及川拓郎監督、金子ノブアキ、賀来賢人、鎌苅健太、ムロツヨシ、市川亀治郎、中村ゆり、吹田早哉佳、川島潤哉、剣持直明、いとう麻見、和田成 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 5日 (木) 22時23分

» シャッフル [銀幕大帝α]
11年/日本/119分/ミステリー・サスペンス・コメディ/劇場公開 −監督− 及川拓郎 −脚本− 及川拓郎 −出演− ◆金子ノブアキ…戸辺コウヘイ(レイモンド) 過去出演作:『漫才ギャング』 ◆賀来賢人…轟ゲンゴロウ(エラリー) 過去出演作:『パラダイス・キス』 ◆鎌苅健...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 01時41分

» シャッフル(2011年) [とりあえず、コメントです]
劇団スパイスガーデンの舞台を映画化したサスペンスです。 予告編を観て、ちょっと面白そうなストーリーかもと気になっていました。 舞台劇らしいノリでどんどん展開していく物語に、一体どうやって終わるのだろうと思いながら観ていました。 ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 19時12分

» シャッフル [だらだら無気力ブログ!]
金子ノブアキの存在がイイ! [続きを読む]

受信: 2012年3月27日 (火) 00時15分

« 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/The Three Musketeers(2011) | トップページ | ミッション:8ミニッツ »