« ゾンビ処刑人/THE REVENANT | トップページ | アーサー・クリスマスの大冒険 »

2011年11月28日 (月)

家族の庭/Another Year

Photo イギリスの巨匠、マイク・リー監督が初老の夫婦と彼らの家に集まる家族、友人の何の気ない日常を描いた人間ドラマだ。人間同士の付き合いが織り成す微妙な心情の変化が共感を呼ぶ。主演は『人生は、時々晴れ』のレスリー・マンヴィル。共演にルース・シーン、ジム・ブロードベン、デヴィッド・ブラッドリーらイギリスの誇る名優が揃う。
>>公式サイト

自己中KYの結果は…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

描かれているのは一組の初老の夫婦、そしてその家族と彼らの家に集ってくる友人たちの姿だ。取り立てて何か大きな事件が起こるわけでもなく、本当にただ食事に来たりするだけの日常の一コマを切り取っているだけである。ちょっと面白いのが物語の主人公はメアリー(レスリー・マンヴィル)なのだが、舞台となっているのは地質学者のトム(ジム・ブロードベント)と医学カウンセラーのジェリー(ルース・シーン)夫妻の家だという点だ。この夫妻が正に庶民的な幸せを具現化した存在で、2人とも現役で働きつつ休日は市民菜園で畑仕事、時にはホームパーティーを開き、友人や息子を招いて美味しい料理とワインを嗜むといった具合。おまけに息子は親思いで弁護士として自立しているのだ。

02

03

物語は春夏秋冬に分けてそれぞれ4つのエピソードが語られるのだが、1年を通じて登場するのがメアリーというワケ。春、メアリーが最初に登場してくるエピソード。怒涛の勢いでしゃべり倒す彼女の話をニコニコしながら、しかもちゃんと聞いて受け答えするトムとジェリーの心の広さと大きさに驚かされる。「私って聞き上手なのよね!」と言いながらも“私”の話しかしないのだからハッキリ言ってただの煩いオバハンだ。一応メアリーはジェリーの古くからの同僚だということなのだが、良くこんなのと付き合っていたものだと思う。個人的に酒に飲まれる人間は男であろうと女であろうと大嫌いな私としては、ワインがぶ飲みで酔いつぶれる彼女を観ているだけで嫌悪感で一杯になった。

04

05

夏、夫妻の元に2人の幼馴染のケン(ピーター・ワイト)がやってくる。夕食を食べながら日頃の鬱憤を晴らすように話す彼。トムとジェリー夫妻はさながら悩み相談所のようだ。ただメアリーにしてもケンにしても心に隙間をもった孤独な人々であるのは良くわかる。そう考えるとまるで夫妻は幸せのお裾分けをしているかのようにも見えてしまった。実はケンはメアリーの事が好きなのだが、メアリーは太っちょで汗かきの彼のことが嫌い。まあこういってはなんだが、それは女性の気持ちとして解らないでもない。特に彼女ときたら「私って若く見られるじゃない」と来ているのだから、野暮ったい中年男などはお断りなのだ。ただだからと言ってトムとジェリーの息子ジョーに色目を使うのはどうだろう。

06

07

別にいい年こいてなどと言うつもりはない。ただジョー(オリヴァー・モルトマン)は日頃から世話になっていて大親友のジェリーの息子なのだ。恋は盲目とはいっても分別ある判断ができない程メアリーは子供ではないのだ。孤独な女性で同情すべきところは多分にあれども、私はやはりどうもこのメアリーの事が好きになれない。従って同情も共感もできない…。秋、このジョーへの気持ちがちょっとした問題を引き起こす。ジョーが恋人ケイティ(カリーナ・フェルナンデス)を連れて家にやって来たのだ。トムとジェリーは30歳になっても浮いた話一つなかった息子だけに大喜び。しかもお相手のケイティもとても素敵な女性で申し分ない。ところがそこにメアリーがやってくる。

08

09

あからさまに不愉快な態度をとるメアリー。というか初対面の人間に取る態度ではないのは明らかで、正直自分がトムかジェリーだったらはっきりと言うだろう。「もう絶交だ。二度と来ないでくれ」と。冬、トムの兄ロニー(デヴィッド・ブラッドリー)の妻が無くなりその葬儀に参列する。ここでロニーの息子とひと悶着あるのだが、それ自体はよくある話でどうと言うことはない。要するにここでもメアリーなのだ。ボロボロの様子でいきなり現れた彼女は、ジェリーに秋のケイティの態度のことでハッキリと「失望した」と言われてしまうのだ。彼女の心の痛み、それは自分でも決して褒められたマネをしている訳ではないと解っているからこその痛みであり、同時に後悔の念でもある。

10

11

トムとジェリー、ロニー、ジョーとケイティという家族の座ったディナーに同席を許された彼女だが、明らかに招かざる客であることはいくら自己中心的なメアリーといえども解っている。居心地は最悪だろう。何しろ観ているこちらがいたたまれない程なのだ。だが敢て言うがそんなものは自業自得だ。この歳までそういう生き方を自ら選択してきた結果でしかない。従って可哀想だとは全く思わないし、むしろこちらの気持ちが暗くなるから消えて欲しいとすら思う。っとまあ、登場人物の心情の微妙な変化を日常の姿から見事に紡ぎだしてはいるのだが、トムとジェリー夫妻の心地良い優しさ以上にメアリーの不愉快さが勝ってしまい、結果的に気持ちが今一つ不快なまま終わってしまった。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:映画のクオリティは高いと思うけど…
総合評価:75点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ゾンビ処刑人/THE REVENANT | トップページ | アーサー・クリスマスの大冒険 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43169661

この記事へのトラックバック一覧です: 家族の庭/Another Year:

» 家族の庭 [映画的・絵画的・音楽的]
 『家族の庭』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)予告編を劇場で見て、きっと良い映画に違いないと思って出かけたところ、期待に違わず優れた出来栄えの作品でした。  このイギリス映画では、病院でカウンセラーを担当するジェリーと、その夫の応用地質学者・トムの...... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 20時04分

» 家族の庭 [とりあえず、コメントです]
マイク・リー監督の最新作です。前作『ハッピー・ゴー・ラッキー』は映画祭でしかお目にかかれなかったので、 今作は公開されるのだなと楽しみにしていました。 幸せな夫婦を中心に1年の様子を描く中で、前作以上に心にずんと来るような痛みを感じさせる作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 22時00分

» 家族の庭 [あーうぃ だにぇっと]
家族の庭@京橋テアトル試写室。 [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 22時47分

» 『家族の庭』... ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:イギリス映画、マイク・リー監督、ジム・ブロードベント、レスリー・マンヴィル、ルース・シーン、ピーター・ワイト、オリヴァー・モルトマン出演。 [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 01時48分

» 『家族の庭』 これからの差別の形 [映画のブログ]
 とても面白く、そして興味深い映画だ。  『家族の庭』に起伏に富んだストーリーはない。本作は、ある一家の1年にわたる日常を綴っており、それはあたかも『赤毛のアン』や『若草物語』の真ん中の数章を読...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 03時23分

» 家族の庭 [キノ2]
★ネタバレ注意★  今年最初の劇場鑑賞です。  マイク・リー監督のイギリス映画。  ……リー監督、きっつー……(汗)。  これはつまり、負け犬は巣に帰ってろ! 二度と出てくんな! と牛追い棒で追い散らすがごときお話。この上なくハートフリージングな映画だと思ったんですけれども、「ここに集まると、喜びは倍に悲しみは半分になる」って、なんなんだろ、このコピー書いたひと、本気でこの映画をそういう風に観たのかな(汗)。  ロンドンで暮らす地質学者のトム(ジム・ブロードベント)とカウン... [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 18時42分

» 家族の庭 [迷宮映画館]
冒頭、イメルダ・スタウントンが凄すぎて、ずっと頭から離れなかった。 [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 18時06分

» 「家族の庭」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
アキ・カウリスマキだな。 違うわよ。マイク・リーの映画よ。 しかし、冬の章に出てくる寡黙な男、あれはどう見たってアキ・カウリスマキの映画の中のキャラクターだろう。 冴えない風情で、ほとんど動きもない無粋な男っていうのは、たしかにそんな感じだけど。 女のほ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 13時12分

» 家族の庭 [地方者の映画ブログ]
---------------------------- 2011年公開 イギリス映画 130分 原題:Another Year 年齢制限:無 監督・脚本:マイク・リー 字幕:齋藤敦子 ---------------------------- 2週間くらい前の週間少年マガジンの「さよなら絶望先生」にて 人は本当のことのこ... [続きを読む]

受信: 2012年3月16日 (金) 12時43分

» 家族の庭  [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「ヴエラ・ドレイク」のマイク・リー監督が、幸せな初老の夫婦と、その周囲の人々を描く人間ドラマ。出演:ジム・ブロードベント、ルース・シーン、レスリー・マンヴィル、ピータ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月26日 (土) 16時34分

« ゾンビ処刑人/THE REVENANT | トップページ | アーサー・クリスマスの大冒険 »