« ラビット・ホール/Rabbit Hole | トップページ | カイジ2 人生奪回ゲーム »

2011年11月 3日 (木)

ウィンターズ・ボーン/Winter's Bone

Photo_3 アメリカ中西部の寒村を舞台に、失踪した父親を捜す少女とその少女を取巻く厳しい環境を描いた人間ドラマ。サンダンス映画祭でグランプリを受賞し、第83回アカデミー賞では主演のジェニファー・ローレンスが主演女優賞にノミネートされた。共演には『アメリカン・ギャングスター』のジョン・ホークスら、実力あるベテランが出演している。監督は長編2作目のデブラ・グラニック。
>>公式サイト

少女の生き抜く覚悟に圧倒される

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

昨年のサンダンス映画祭グランプリ受賞作品。この映画祭のグランプリ作品は質の高いことで知られている。2008年は『フローズン・リバー』、2009年は『プレシャス』と毎年のようにアカデミー賞ノミネートあるいは獲得もしており、本作では作品賞や主演女優賞を含む4部門でノミネートされた。いずれもアメリカの格差社会の現実を描き出した作品で重い内容なのだが、ある意味アメリカ人好みの作品でもある。特にこの作品は、舞台はミズーリ州にある寂れた村で、佇まいや季節感が『フローズン・リバー』に似ていると思う。ただしかし、個人的に言わせて貰えば『プレシャス』や『フローズン・リバー』の魅力を超えるほどではなかったように思う。

02 03

主人公の17歳の少女リー(ジェニファー・ローレンス)は年端も行かない弟と妹、そして精神を病んだ母を抱えていた。ドラッグの売人である父のジェサップは警察に捕まり懲役刑を言い渡されるが保釈されるも、自宅と土地を保釈金の担保にして失踪してしまうのだった。翌週の裁判に彼が出廷しなければ、家と土地は没収されてしまう。以上のような前提で、リーは伯父や村人たちに父の消息を聞いて回るのだが、何故か誰もが彼女と会うことすら拒もうとする。しかしやがて彼女はどうやら父が既に死んでいるらしいことが解るのだった。この序盤から中盤過ぎにかけては、物語としてはどこと無くミステリアスで、なにやら設定的には横溝正史作品のようでもある。

04 05

父の行方を捜すも、村人たちが何かに怯え一様に口を閉ざし、そこにはどうやら村の掟が絡んでいるらしい…リーが金田一耕助で父親を殺した犯人を見つけ出し解決する物語ならそれはそれでユニークかもしれないが、本作はもっと現実的だ。彼女がまだ幼い弟にライフルの撃ち方やリスの捌き方を教える姿からは、もし自分に何があっても生きられるようにという優しさと、力強さが感じられる。いや、そんな綺麗ごとではなく、それはもっと厳しいものかもしれない。可愛らしいリスの皮を剥ぎ、内臓も食べる。弟は最初嫌がるのだが、彼女はそれを強要する。要するにそこには“生きる”ことに対する執念にも似た想いが感じられた。この辺の芝居がジェニファーは実に自然かつ上手い。

06 07

どちらかと言えば少女らしいふくよかさが魅力の彼女が、常に眉間にしわを寄せ、難しい顔をし、アバズレな言葉を使う。それは人間は置かれた環境によって生きるために変わって行くことを如実に表しており、彼女は好むと好まざるとに関わらず大人の世界に足を踏み入れざるを得なかったのだという確たる説得力を持っていた。が、しかし物語の流れ自体に関しては別にだからどうだというものでしかない。世界中にはリーと似た環境の子どもなどいくらでもいる。いや、もっと酷い環境の子どもだっている。特に今の日本では、親を亡くし大人として生きて行かざるを得ない子どもは沢山いるのだ。何もリーだけが、アメリカだけが特別なわけではない。

08 09

要するに私は正直言って物語よりも彼女のこの芝居に惹き込まれたのだ。飛びぬけた美人とも言えない彼女だが(失礼!)若くして演技派の道を歩み始めている。さて、彼女を助けるために、最初は彼女を突き放していた伯父のティアドロップ(ジョン・ホークス)が登場した時は、まだまだ捨てたモンじゃないと観ていて嬉しくなったのだが、同時に彼女がここまで救われない社会体制には現実的ではないように感じてしまった。つまり何が何でもこの寒村という閉鎖されたコミュニティの中だけで話を完結させようとすることに無理を感じると言っても良い。もっともその社会体制の象徴が恐らく保安官であり、そもそもドラッグの製造販売を糧とするこの村の人間たちとは相容れない存在なのだけれど。

10 11

いつの時代もどの国でも大人の事情に翻弄され割を食うのは子どもだということだが、それがなんともやるせない。さて、この後リーは保釈保証人から、父が死んでいるというならその証拠を見せろと迫られる。切羽詰った彼女は父の死の真相に関して全てを知っているらしいミルトン一族の長老に直談判を試みるのだが、それは一族にとっては逆鱗に触れることで、彼女はボコボコにされてしまうのだった。ラストシークエンスでは結果的に彼女の願いは叶えられるものの、これをハッピーエンドと呼んでよいのかは微妙なところだ。要するに父親が死んでいるのが確定したのだから。タイトルの意味はラストで解る。冷たい湖から遺体の父の腕を引っ張り上げ、切断するという行為。

12 13

そうボーンは父の骨という意味である。本来なら父を亡くした哀しみに襲われるところだろうが、彼女はそれに黙って耐えるのだった。それは弟にリスの皮を剥がさせ内臓を引きずり出させるあのシーンにダブる。17歳の少女の“生きる”為ならどんなことだってやるという強烈な覚悟に圧倒された。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:全くジェニファーの先が楽しみです
総合評価:75点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ラビット・ホール/Rabbit Hole | トップページ | カイジ2 人生奪回ゲーム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42820986

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンターズ・ボーン/Winter's Bone:

» ウィンターズ・ボーン [映画感想メモ]
17歳の少女は過酷な人生を切り開いていく。 いい加減あらすじ 17歳のリーは12 [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 05時46分

» 【TIFF 2010】『ウィンターズ・ボーン』 (2010) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題:Winters Bone 監督/脚色:デブラ・グラニック 原作:ダニエル・ウッドレル 出演:ジェニファー・ローレンス ジョン・ホークス ケヴィン・ブレズナハン デイル・ディッキー ギャレット・ディラハント シェリル・リー ローレン・スイーツァー...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 06時20分

» ウィンターズ・ボーン/ WINTERS BONE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click サンダンス映画祭グランプリなど世界各地の映画祭で絶賛。 アカデミー賞作品賞ノミネートで一番最後の公開となった作品。 監督は、女性で長編第二作目のデブラ・グラニック。 主演は「あの日、欲望の...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 09時27分

» 映画レビュー「ウィンターズ・ボーン」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ウィンターズ・ボーン◆プチレビュー◆父を探す少女の過酷な旅を描く秀作。ジェニファー・ローレンスが圧倒的に素晴らしい。 【85点】 ミズーリ州の貧しい山村に住む少女リーは ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 09時55分

» 「ウインターズ・ボーン」過酷な人生 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
葉の落ちた冬の森はどこか物哀しい。 だけど同じ冬の森でも、ノルウェーで体験した森は寒くてもどこかあったかい。 どうしようもなく殺伐としたかんじがするのは、そこがアメリカの闇だからなのか・・・... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 10時58分

» 『ウィンターズ・ボーン』 [こねたみっくす]
閉塞感で心が病んだ人間関係が冬の冷たさ以上に骨身に染みる。 これはアメリカの現代を描いた作品。ゆえに全米で絶賛されたのもアメリカ人がこの話を身近に感じるからでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 18時19分

» ウィンターズ・ボーン [心のままに映画の風景]
アメリカ中西部ミズーリ州のオザーク高原。 17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、心を病んだ母と幼い弟と妹の世話に励み、その日暮らしの生活を切り盛りしていた。 ドラッグの売人をしていた父親...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 03時03分

» ウィンタ―ズ・ボーン(2011)★☆WINTERS BONE [銅版画制作の日々]
 家族のために 未来のために、彼女は大人になるしかなかった―― 評価:=60点 新京極シネラリーべにて鑑賞。実はこれ京都での公開はないと思っていた作品。先日東京の新宿武蔵野館で近日上映だとされていて、ちょっと気になっていた。 最近このシアター、邦画が多く...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 12時51分

» 「ウインターズ・ボーン」過酷な人生 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
葉の落ちた冬の森はどこか物哀しい。 だけど同じ冬の森でも、ノルウェーで体験した森は寒くてもどこかあったかい。 どうしようもなく殺伐としたかんじがするのは、そこがアメリカの闇だからなのか・・・... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 13時36分

» ウィンターズ・ボーン・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
音楽が繋ぐ、血脈の絆。 アメリカ中部、オザーク高地の村を舞台に、貧しく閉鎖的な社会に暮らす一人の少女の、孤独な戦いを描いたハードなヒューマンドラマ。 ダニエル・ウッドレルの原作小説を、これが長...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 21時32分

» ウィンターズ・ボーン [象のロケット]
アメリカ・ミズーリ州南部オザーク山脈に住む17歳の少女リーは、病気の母の代わりに幼い弟や妹の世話と家事一切を引き受けていた。 生活費も尽き果てたある日、保安官から、長らく不在だった父が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にして失踪したことを告げられる。 翌週の裁判に父が出廷しなかったら家は没収されてしまう。 リーは心当たりを訪ね歩くが、村人たちは示し合わせたように口をつぐむのだった…。 サスペンス。 PG-12。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 03時44分

» 映画「ウインターズ・ボーン」どんな状況でも懸命に立ち向かう美しい魂 [soramove]
「ウインターズ・ボーン」★★★ ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、 ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、 ギャレット・ディラハント 、シェリル・リー出演 デブラ・グラニック 監督、 100分 、 2010年 アメリカ (原題:Winter's Bone ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 昨年の映画祭で見た、 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 09時34分

» 『ウィンターズ・ボーン』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:アメリカ映画、デブラ・グラニック監督、ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント出演。 [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 19時47分

» ウィンターズ・ボーン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(13) 私を州境に連れてって!とはどっち方面なのだろうか。 [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 11時05分

» 『ウィンターズ・ボーン』 冬の骨 [Days of Books, Films ]
Winter's Bone(film review) 映画にはいろいろな楽しみ方 [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 15時39分

» その先の森へ〜『ウィンターズ・ボーン』 [真紅のthinkingdays]
 WINTER'S BONE  17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、保釈中の父が失踪。心を病ん だ母を抱え、12歳の弟と6歳の妹の面倒を見ながら暮らしていた。保釈金 の担保になっている家と森...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 19時56分

» ウィンターズ・ボーン〜命懸けの互助精神 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:WINTER'S BONE。デブラ・グラニック監督、ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント。 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 21時40分

» ウィンターズ・ボーン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ウィンターズ・ボーン』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)予告編を見たのと、『あの日、欲望の大地で』で主人公の娘時代を演じたり、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』で女性ミュータントとして活躍したジェニファー・ローレンスが主役で出演するという...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 9日 (水) 05時18分

» 「ウィンターズ・ボーン」 [みんなシネマいいのに!]
 ドラッグの売人をしていた父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪 [続きを読む]

受信: 2011年11月10日 (木) 07時06分

» ウィンターズ・ボーン/ジェニファー・ローレンス [カノンな日々]
サンダンス映画祭でグランプリと脚本賞の2冠を獲得しアカデミー賞でもノミネートされた話題作。予告編からして何やら重苦しそうな雰囲気で期待出来そうな予感がしました。家族を守 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月11日 (金) 08時47分

» ウィンターズ・ボーン WINTERS BONE [まてぃの徒然映画+雑記]
父が消えた。保釈金の担保として自宅と山を抵当に入れて。裁判に父が出頭しなければ、幼い弟と妹、それに病気の母を抱えたまま路頭に迷う羽目になる。家族を守る強い決意を持って、リー(ジェニファー・ローレンス)の父親探しが始まった。。。 舞台はミズーリ州の貧し...... [続きを読む]

受信: 2011年11月19日 (土) 00時14分

» 掟という現実 [笑う学生の生活]
11日のことですが、映画「ウィンターズ・ボーン」を鑑賞しました。 自宅と土地を担保に仮釈放し 失踪した父親 家、家族を守るため 少女は父親探しを始めるのだが・・・ フィクションとはいえ、まだアメリカにも このような現実があるという驚き 村の掟、血のつながり・...... [続きを読む]

受信: 2011年11月20日 (日) 11時21分

» ウィンターズ・ボーン [こんな映画見ました〜]
『ウィンターズ・ボーン』---WINTERS BONE---2010年(アメリカ)監督:デブラ・グラニック 出演:ジェニファー・ローレンス 、ジョン・ホークス 、シェリル・リー、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント サンダンス映画祭でのグランプリ受賞を...... [続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 22時47分

» ウィンターズ・ボーン [ダイターンクラッシュ!!]
2011年11月23日(水) 15:00~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:未確認 『ウィンターズ・ボーン』公式サイト レッドネックでホワイトトラッシュな話。 薬の密造人の父親が、家と森を保釈金代わりとしたが、裁判所に出廷しなかった。 幼い弟妹と精神を病んでいる母の面倒を見ている17歳の娘に、家を取り上げられるという危機が襲い掛かる。 行方不明の父親捜索を開始する娘。 犯罪者の父親とか、謎の叔父とか、それより謎の爺とその一族、カントリ... [続きを読む]

受信: 2011年11月24日 (木) 18時14分

» ウィンターズ・ボーン [映画、言いたい放題!]
今月の映画を観る会の作品です。 私はピンと来なかったので、 映画館に行くまで正式タイトルが。。。( ^ _ ^; でもサンダンス映画祭でグランプリ&脚本賞の2冠に輝き、 アカデミー賞では作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚色賞の4部門で、 ノミネートされた作品だそうで... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 21時57分

» ウィンターズ・ボーン [とりあえず、コメントです]
荒涼とした山岳地帯を舞台に、家族を背負いながら生きている17歳の少女の姿を描いた作品です。 昨年の東京国際映画祭でプログラムを観た時から、ずっと気になっていました。 主人公のタフな佇まいと真っ直ぐに睨みつけるような表情が心に残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 12時33分

» ウィンターズ・ボーン [とりあえず、コメントです]
荒涼とした山岳地帯を舞台に、家族を背負いながら生きている17歳の少女の姿を描いた作品です。 昨年の東京国際映画祭でプログラムを観た時から、ずっと気になっていました。 主人公のタフな佇まいと真っ直ぐに睨みつけるような表情が心に残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 22時55分

» 「ウィンターズ・ボーン」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
父親が脱獄したおかげで家を追い出されそうになる少女一家の話。 舞台は、アメリカ中西部ミズーリ州の片田舎。 これまた、繁栄に取り残されたような町が舞台の薄ら寒い物語。 21世紀というより、まるで西部劇にでも出てくるような殺風景な町、疲れきった人々。 少女は...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 9日 (金) 22時56分

» 「ウィンターズ・ボーン」 [或る日の出来事]
なんて荒涼とした世界なのよ、これ。 [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 03時53分

» 映画『ウィンターズ・ボーン』を観て [kintyres Diary 新館]
11-70.ウィンターズ・ボーン■原題:Winters Bone■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:100分■字幕:杉田朋子■鑑賞日:11月13日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,800円□監督・脚本:デブラ・グラニック□製作・脚本:アン・ロッセリーニ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 18時45分

» ウィンターズ・ボーン [とりあえず、コメントです]
荒涼とした山岳地帯を舞台に、家族を背負いながら生きている17歳の少女の姿を描いた作品です。 昨年の東京国際映画祭でプログラムを観た時から、ずっと気になっていました。 主人公のタフな佇まいと真っ直ぐに睨みつけるような表情が心に残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 00時09分

» 『ウィンターズ・ボーン』'10・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪家を立ち退くまで残された期間は1週間、17歳のリーは父親を捜すが・・・。解説アカデミー賞作品賞主演女優賞助... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 09時20分

» 『ウィンターズ・ボーン』'10・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪家を立ち退くまで残 [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 09時20分

» ウィンターズ・ボーン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
家族を守るため、失踪した父親捜しの旅に出る17歳の少女の姿を描くヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となる新鋭デブラ・グラニック。出演は「X-MEN:ファースト・ジェネレー ... [続きを読む]

受信: 2012年1月25日 (水) 11時03分

» ウィンターズ・ボーン [あーうぃ だにぇっと]
ウィンターズ・ボーン@ギンレイホール [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 16時50分

» ウィンターズ・ボーン☆独り言 [黒猫のうたた寝]
名古屋で見逃してた『ウィンターズ・ボーン』が浜松ではやっと公開になりまして。『ゴーストライター』も只今公開中ですよ。で、見逃したというか静観決め込んでた理由は敵前逃亡だったんだけど、うたた寝覚悟の鑑賞です。(寝ること前提に観に行ったシリーズってことで)イ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 6日 (月) 16時00分

» ウィンターズ・ボーン [迷宮映画館]
アメリカ中部あたりの陰惨さがいろいろと怖い。 [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 13時55分

» ウインターズ・ボーン [A Day In The Life]
新作DVDで早くも登場 解説 残された家族を守るため、失踪(しっそう)父親捜しの旅に出た少女の 姿を描く人間ドラマ。 薬物中毒や貧困といった社会問題を盛り込み、過酷な境遇を力強く生き る少女の成長物語を紡ぎ、サンダンス映画祭グランプリなど世界各地の 映画祭... [続きを読む]

受信: 2012年4月 5日 (木) 21時39分

» ウィンターズ・ボーン [銀幕大帝α]
WINTERS BONE/10年/米/100分/犯罪サスペンス・ドラマ/PG12/劇場公開(2011/10/29) −監督− デブラ・グラニック −脚本− デブラ・グラニック −出演− ◆ジェニファー・ローレンス…リー・ドリー 主な出演作:『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 ◆...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 9日 (月) 00時47分

» 「ウィンターズ・ボーン」 家族を守る為に!Σ( ̄ロ ̄lll) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
ウィンターズ・ボーン観ましたよ~(◎´∀`)ノ サンダンス映画祭グランプリ&脚本 [続きを読む]

受信: 2012年4月17日 (火) 00時04分

» 「ウィンターズ・ボーン」 家族を守る為に!Σ( ̄ロ ̄lll) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
ウィンターズ・ボーン観ましたよ~(◎´∀`)ノ サンダンス映画祭グランプリ&脚本 [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 19時04分

» 父を訪ねて・・・近所めぐり 『ウィンターズ・ボーン』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:デブラ・グラニック出演:ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークスアメリカ映画 2010年 ・・・・・・ 6点 [続きを読む]

受信: 2012年5月25日 (金) 01時00分

« ラビット・ホール/Rabbit Hole | トップページ | カイジ2 人生奪回ゲーム »