« ハラがコレなんで | トップページ | 1911 »

2011年11月 1日 (火)

密告・者/綫人

Photo_2 妹のために密告者となった青年と、その密告者を危険に晒す葛藤に悩む捜査官の姿を描いた香港ノワールムービーだ。密告者の青年に『新少林寺/SHAOLIN』、『孫文の義士団』のニコラス・ツェーが、捜査官に『コネクテッド』のニック・チョン、ヒロインに『海洋天堂』のグイ・ルンメイが出演している。監督は『スナイパー:』のダンテ・ラム。
>>公式サイト

そこに2人の哀しい男の生き様があった

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

香港ノワールらしいハデさとドス黒さが渦巻く見応えたっぷりの作品だ。本作の最大のテーマは劇中のセリフにもある「友人の“ように”扱え、友人じゃない。」これに尽きる。捜査のために犯罪組織に密告者を潜り込ませる捜査官と、止むにやまれぬ事情で密告者になった青年、この2人の関係は最終的にどちらに転ぶことになるのか。過激なクライムアクションとあわせた2人の心情描写に否が応でも引きこまれたのだった。物語の序盤はある麻薬取引の捜査のために捜査官ドン(ニック・チョン)が使っていた密告者の正体が敵にバレ、瀕死の重傷を負わされるエピソードから始まる。ちなみにこのシーンが激痛。単に殺されるのではなく短刀でひたすら斬り付けられるのである。

02_2 03_3

観ているこちらが思わず顔をしかめてしまうほどの痛みと恐怖、もうある意味すんなり殺されるほうが幸せで、その密告者は恐怖で精神異常をきたしてしまうほどだ。彼が警察の保護を求めるも、わずかばかりの金で放り出したことにドンは良心の呵責を感じる。ただ、この様子は最初は解らない。物語が進んでゆく過程で、おかしくなってしまった彼の面倒を自腹で見続けている彼の様子が描かれてゆくのだった。再起不能のこの男の代わりにドンが目をつけたのがサイグァイ(ニコラス・ツェー)だ。娼婦の妹を救い出すために100万ドルの金が必要な彼は、強盗団のボス・バーバイ(ルー・イー)を逮捕した暁にその金を受け取る約束で密告者として組織に潜り込むのである。

04_2 05_3

彼はその天才的ドライビングテクニックで、バーバイの運転手として雇われるのだが、カーチェイスシーンは本作の見所の一つだろう。カーアクションそのものもさることながら、必死で逃げる真剣な息遣いが聞こえてきそうな緊迫感に痺れるのだ。この辺は、序盤に見せた密告者の斬り刻みシーンが効いている。即ち追うものと追われるものの真剣さが物語り序盤に観るものの体に刻み込まれているのである。さて、アクションシーンとは別に本作で面白いのは2人の置かれた状況と抱えているものの大きさの違いが対照的だということだ。先にも書いたとおり、ドンは前の密告者の面倒もみている以外にも、実は自分のせいで記憶を失ってしまった元妻の存在も抱えていた。

06_2 07_2

ただしかし彼は自身が危険に晒されることはない。一方のサイグァイはもちろん妹の存在はあるが、何より彼自身が常に命の危険に晒されているのだ。しかも、非常に徹し切れなくなっているドンは、ある意味でサイグァイとその妹の身までも抱えているといっていいだろう。それでも捜査が順調に進んでいるうちは良かった。無事バーバイが逮捕されれば、サイグァイもドンの双方がウィンウィンなのだから。しかし事は思わぬ展開を見せる。その不確定要素がヒロインのディー(グイ・ルンメイ)だ。銀行強盗の後、彼女はバーバイを裏切りサイグァイとともに逃げるのだが、その際に起こった火災が犯罪の証拠を全て消し去ってしまうのである。ドンは上司からサイグァイに証言させるように命じられる。

08_2 09_2

密告者に証言などさせたら生き残りのメンバーに間違いなく殺されるに決まっている。捜査官としての自分と人としての自分の間で葛藤するドン、しかもそんなタイミングで自分のせいで記憶を失っていた元妻が交通事故に遭い瀕死の重傷を負ってしまう。刀で斬られる肉の痛みは相当だが、正にこの時のドンは心がズタズタに切裂かれていたと言えるのではないか。結論から言うと本作に救いは無い。上司の許可を得ず金をサイグァイの妹に渡したドンは最後に逮捕される。一方サイグァイはディーを逃がしバーバイに斬殺されるのだ。双方共に己の人としての良心に従った結果、それが自身を破滅に導くのだから皮肉としか言いようが無い。とはいえこの哀しい男の生き様が香港ノワールの魅力だ。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:ニコラスは悪人に見えないんだよねw
総合評価:75点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ハラがコレなんで | トップページ | 1911 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/42780935

この記事へのトラックバック一覧です: 密告・者/綫人:

» 密告・者 [象のロケット]
香港警察の捜査官ドンは、台湾から帰ってきた凶悪犯バーバイの動向を探るため、刑務所から出所間近の青年サイグァイに内偵を請け負う警察の密告者にならないかと持ちかける。 親の借金のために娼婦として働かされている妹を救うため、高額な成功報酬と引き換えに密告者となったサイグァイは、一味の運転手になることに成功しバーバイの情婦ディーに近づくのだが…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 01時32分

» 密告・者/ニコラス・ツェー、ニック・チョン [カノンな日々]
新宿武蔵野館さんが企画する「香港アクション列伝BIG4」のクロージング作品となる第四弾です。『スナイパー:』のダンテ・ラム監督がニコラス・ツェーを主演にして描いたアクショ ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 08時53分

» 密告・者 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
密告者 / 綫人 - 映画ポスター - 11 x 17裏切りと暴力の世界に生きる男たちをドライなタッチで描く香港発クライム・アクション「密告・者」。清純派女優のグイ・ルンメイが汚れ役に挑 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 9日 (水) 08時42分

» 密告・者 綫人 [まてぃの徒然映画+雑記]
昨年の東京フィルメックス以来2度目の鑑賞。もう少したくさんの劇場で公開されるかと思っていたけれど、これが香港映画をめぐる現実なのでしょう。 香港映画では、警察を舞台にした映画が一つのジャンルといってもいいほど確立していて、様々な警察の職場に驚かされます...... [続きを読む]

受信: 2011年11月13日 (日) 10時35分

» 密告・者 [だらだら無気力ブログ!]
こういう香港ノワール物は大好き! [続きを読む]

受信: 2011年11月14日 (月) 00時54分

» 密告・者 [キノ2]
★ネタバレ注意★  香港映画であります。ダンテ・ラム監督。  香港映画界って、いまだにこんな、ギラギラとした粗削りで熱っぽいノアールを撮る力があったのかと、びっくりしてしまいました。や、別に香港映画に詳しいわけでも何でもないけど(だいたい、わたしが初めて香港映画を観たときにはもう、香港映画は衰退期と言われていたので、全盛期の熱気を知らないのですが)、このテの映画なら、既に何百本もあるんじゃないかと思うのに、それでもまだ、こんな勢いのある映画が撮れるなんて、なんだかものすごい偉業のような気... [続きを読む]

受信: 2011年12月 8日 (木) 12時07分

» 密告・者☆――イヌになる。それは地獄への一本道。 [☆お気楽♪電影生活☆]
 もう、戻れない。逃れられない―― [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 20時01分

» 密告・者 [迷宮映画館]
容赦なさがなんとも言えずにいい。 [続きを読む]

受信: 2012年3月30日 (金) 14時48分

» 『密告・者』『引き裂かれた女』を新橋文化で観て、男泣きした後、熟睡ふじき★★★★,★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『密告・者』 五つ星評価で【★★★★男は男である為に自らの人生すら捨てる】 ニコラス・ツェーがいい。 グイ・ルンメイがいい。 そして、ニック・チョン。 『孫文の義士 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 00時58分

» 密告・者 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【STOOL PIGEON/綫人】 2011/10/29公開 香港 PG12 115分監督:ダンテ・ラム出演:ニコラス・ツェー、ニック・チョン、グイ・ルンメイ、リウ・カイチー、ミャオ・プゥ、ルー・イー ――イヌになる。それは地獄への一本道。もう、戻れない。逃れられない―― 香港警察のドン...... [続きを読む]

受信: 2012年6月13日 (水) 12時52分

» 密告・者 [ここなつ映画レビュー]
ーイヌになる それは地獄への一本道。 このコピーだけで痺れるじゃあないですか。私の好きな香港映画の全てのエキスが凝縮されて極上のエッセンスとなった、それがこの作品。黒社会、警察、密告者。愛と裏切りとカネと香港の夜景。 ニコラス・ツェーがおどおどとした密告者になることがまた秀逸で。でも彼のイメージとは裏腹に泥臭くてカッコイイ。ニック・チョンは凄く上手くなったと思う(って、私って何様?)。本当に久し振りにひねりのない(私の基準の中での)正統派香港映画に出会った気がする。 以下少しネタバレで... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 15時48分

« ハラがコレなんで | トップページ | 1911 »