« ラブ・アゲイン/Crazy, Stupid, Love. | トップページ | ハートブレイカー/L'arnacoeur »

2011年11月21日 (月)

ラブ&ドラッグ/Love and Other Drugs

Photo 90年代の医薬品業界を描いたジェイミー・レイディ原作ノンフィクションを基に映画化したラブストーリー。最初は単なるセックスフレンドの2人が真実の愛に気付いていく姿を描いている。主演は『レイチェルの結婚』のアン・ハサウェイと『ミッション:8ミニッツ』のジェイク・ギレンホール。監督は『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック。アン・ハサウェイのヌードが話題だ。
>>公式サイト

愛は時として重荷になる

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

今年のアカデミー賞で司会を務めたアン・ハサウェイが「脱いだけどノミネートもされなかったわ」とジョークを飛ばしていた作品がこれだ。予告編やポスターイメージからはてっきりラブコメだと思っていたのだが、まさか実話ベースのお話だとは思わなかった。もっともよくよく考えれば単なるラブコメで天下のアン・ハサウェイが脱ぐわけがないか…。更に監督は『ラスト サムライ』や『ブラッド・ダイヤモンド』のエドワード・ズウィック。そう考えると本作はヒューマンドラマでありラブストーリーでもあると言えるのだろう。さて、そういった内容はともかく男としての一番の注目は何といってもアン・ハサウェイのヌードだ。申し訳ないのだが内容がダメダメだったとしてもある意味それで充分。

02

03

女性の読者には申し訳ないが、ここから暫くは男性読者向けだと思って欲しい。実ははっきり胸が見えるのは2度位、最初は病院のシーンだ。「おっぱいにアザができちゃったの。」といってペロンとブラをめくって豊満な左胸を見せてくれる。薄いピンク色の乳首がなんとも綺麗だ。そして一番大胆なのが、セックスをするためにジェイミー(ジェイク・ギレンホール)の家を訪ね、まるで露出狂の男ばりにコートをバッと広げると下はスッポンポンというシーンだ。時間にしたら恐らく1秒あるかないか。無論下はジェイクの頭で隠しているが、色白で透き通るような肌、柔らかそうな美乳と腰のくびれが実に素晴らしい。はっきり言ってそそる。チャンスは一瞬、まばたきは禁止である。

04

05

実はこの2シーンは序盤でしかない。後はベッドでチラっと見えるか見えないか程度だ。さて、いきなりアンのおっぱいの話から入ったが、実は前半はそのぐらいしか見所がなかったりもする。一応キャラクター説明はあるのだが、そもそもアン扮するマギーが登場するまで結構時間がかかるのだ。ザックリと本作の内容を言えば、日本でも有名なファイザー製薬の営業マンとしてバイアグラを売りまくり、全米No.1セールスマンとなった男ジェイミーがパーキンソン病の女性マギーと真実の愛を見つける話なのである。ジェイミーは医学部を中退しチャランポランな生活を送る中で、女を垂らしこむことだけは上手い。しかしそれは自分をチャラ男に見せかけて現実から逃げているだけだった。

12_2

13

一方のマギーは病に犯され徐々に悪化してゆく体のために誰にも心を開けないでいた。人からチャラ男と見られてそれを演じ続け、決して本心を人に見せないジェイミーと彼女は同じ種類の人間なのだ。といってもマギーからしたら自分と違って健康体のジェイミーのそれは単なる甘えでしかない。従って彼女だけは彼の本質を真っ直ぐに見つめるのだった。初めて素の自分を見てくれる女性を愛してしまうのは当然だろう。彼は彼女に「I love you.」と言ってから、今まで一度も、誰に対してもその言葉を言ったことがないことに気付き愕然とするのだ。もちろんマギーとてそんな彼の事を愛している。しかし、自分の病気が彼の負担になることだけは避けたい。それ故になかなか恋人同士になれないのだった。

08

09

ちょうど彼女とセックスフレンドになり、バイアグラを扱い始めてからジェイミーの営業成績は驚異的に上がってゆく。正しくマギーはアゲマンというヤツだ。しかし彼の成績が上がれば上がるほど、彼女は彼にとって自分がマイナスになるのを恐れた。それでもジェイミーの再三のアクションで2人は恋人同士として付き合い始める。ところが…愛されるというのは時として相手にとって重荷になる。ジェイミーが彼女の病気を治そうと躍起になって病院を連れまわすごとに、彼女の心は深く沈んでゆくのである。マギーを健康体にしたいのか、健康体のマギーが欲しいのか、ジェイミーの心の針が僅かでも後者に振れていれば、マギーはそれを敏感に感じ取るのだ。

10

11

正直に言えばそれは両方だろう。しかし、一番病に苦しみ治りたいと願い、しかし今の医学ではそれが叶えられないことを知っているのは彼女なのだ。愛ってなんだろうと考えずにはいられない。そして自分が妻に対してだったらどうするだろうと考えずにいられなかった。ジェイミーは言う「1人と出逢っただけで人生は変わるんだよ、永遠にね。」と。それは要するに辛いことも楽しいことも彼女と共有できるという決意があればこそだ。折りしも本作公開初日の11月19日に、京都大学病院が体内のあらゆる細胞に変化できるiPS(人工多能性幹)細胞を用いた再生医療実現のために専門部を設置し、10年以内に臨床応用を推進したいというニュースが飛び込んできた。この治療法の適応の中にはパーキンソン病も入っているという。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:弟の存在がコメディだった
総合評価:73点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ラブ・アゲイン/Crazy, Stupid, Love. | トップページ | ハートブレイカー/L'arnacoeur »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43087650

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ&ドラッグ/Love and Other Drugs:

» ラブ&ドラッグ [Memoirs_of_dai]
アンの見事な脱ぎっぷり 【Story】 医学部中退のジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、大手企業ファイザー製薬のセールスに就く。やがて研修後にピッツバーグ配属となり、病院でパーキンソン病を...... [続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 23時53分

» チャラ男が恋に落ちたのは、、〜『ラブ&ドラッグ』 [真紅のthinkingdays]
 LOVE AND OTHER DRUGS  いわゆる「チャラ男」のジェイミー(ジェイク・ジレンホール)は、世界最大の 製薬会社ファイザーのMRに採用される。顧客開拓に病院を回る日々、ジェ イミーは若...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 7日 (水) 18時57分

» ラブ&ドラッグ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
主演二人の見事な脱ぎっぷりが話題の「ラブ&ドラッグ」。コメディタッチの恋愛劇と難病ものがミックスしている。90年代のピッツバーグ。プレイボーイでノリの良さがとりえのジェ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 09時45分

» ラブ [風に吹かれて]
僕の彼女はパーキンソン病公式サイト http://video.foxjapan.com/love-drugs原作: 涙と笑いの奮闘記(ジェイミー・レイディ著)監督: エドワード・ズウィック  「ラスト [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 14時58分

» 「ラブ&ドラッグ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
製薬会社のセールスマンとパーキンソン病を患う女性の恋。 プレイボーイのセールスマンを演じるのは、ジェイク・ギレンホール。彼が惚れてしまう女性を演じるのが、アン・ハサウェイ。 いわゆるロマンチック・コメディの典型。 とりたてて独創性のある話ではないけれど、...... [続きを読む]

受信: 2011年12月15日 (木) 23時31分

» 愛はあとからついてきた『ラブ&ドラッグ』 [Healing ]
ラブ&ドラッグ 近ごろはやりのロマンティックコメディながら いろいろと考えさせられます アン・ハサウェイとジェイク・ギレンホールの共演。 文句なしの美男美女、『ブロークバック・マウンテン』でも夫婦役で 共演していた2人が また、息の合ったすてきなカップルぶりと、脱ぎっぷり(!)で演じています。 『涙と笑いの奮闘記──全米セールスNo.1に輝いた"バイアグラ"... [続きを読む]

受信: 2011年12月16日 (金) 00時28分

» 『ラブ&ドラッグ』をシネマート新宿2で観て、アン・ハサウェイが山田邦子とか花子だったら屑映画だろふじき★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★アン・ハサウェイの胸一つにつき星一つ】    いや、アン・ハサウェイが可愛いに尽きる。 だから、後半、アン・ハサウェイが不遇になるとドラマも落ちる。 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 13時01分

» ラブ&ドラッグ [心のままに映画の風景]
何度か転職を繰り返した末、大手企業ファイザー製薬のセールスの仕事に就いたジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、持ち前の話術で病院相手に奮闘するが、強力なライバル商品の前になかなか成績を上げら...... [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 12時45分

» ラブ&ドラッグ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(10) ジェイク・ギレンホールの演技に魅了された [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 00時52分

» 「ラブ&ドラッグ」 [てんびんthe LIFE]
「ラブ&ドラッグ」新宿シネマートで鑑賞 2012-002 今年2本目の映画鑑賞はちょっと過激なこの作品。 昨年秋から公開されて気にはなっていましたがなかなかチャンスがなく、公開最終週にやっと見ることができました。 内容が過激とはいえ明確なストーリーのラインが見えているのとテンポが悪くなかったのでなかなか楽しめました。 ジェイクはちょっと顔が濃い系ですが若手では気になる俳優の一人。 かなり若かったし青かったけどこういう役もできるような大人の俳優になったようです。 1990年代のバイア... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 19時14分

» ラブ&ドラッグ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
バイアグラのトップ・セールスマンと、パーキンソン病を発症しながら前向きに生きる女性の恋の行方を描くロマンティック・コメディ。監督は「ディファイアンス」のエドワード・ズ ... [続きを読む]

受信: 2012年1月25日 (水) 10時42分

» ラブ&ドラッグ [いやいやえん]
セフレからはじまり真剣な愛へというパターンもの。パーキンソン病を患っているヒロイン、製薬会社に勤める主人公との恋愛物語。ベッドインはするもののいやらしさはなく、コメディ過ぎないお話でした。 ただ、彼女が抱える病への問題が重々しいけれど重苦しくはないのでそこは救われたかな。 主人公はバイアグラ(既に懐かしい)を売ってエリート街道まっしぐらに。しかしたくさんの女性と遊んできたけれど、本気でマギーを愛してしまう。 患者の会に行った時にきっぱりと「健康な女性を探しなさい、彼女を愛しているがもう... [続きを読む]

受信: 2012年3月23日 (金) 09時37分

» ラブ&ドラッグ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【LOVE AND OTHER DRUGS/LOVE OTHER DRUGS】2011/11/19公開 アメリカ R15+ 113分監督:エドワード・ズウィック出演:ジェイク・ギレンホール、アン・ハサウェイ、オリヴァー・プラット、ハンク・アザリア、ジョシュ・ギャッド、ガブリエル・マクト、ジュディ・グ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 6日 (金) 12時48分

» ラブ [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  医学部を中退して製薬会社のプロパー(MR)になったジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、女たらしに関しては天下一品。それを利用してこれまでうまく世間を渡ってきた。そんなある日、ある病院で、絶世の美女マギー(アン・ハサウェイ)と出会い、生まれて... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 12時04分

» ラブ&ドラッグ [ゴリラも寄り道]
ラブ&ドラッグ [DVD](2012/03/02)アン・ハサウェイ、ジェイク・ギレンホール 他商品詳細を見る内容(「キネマ旬報社」データベースより) アン・ハサウェイとジェイク・ギレンホール共演で贈るラブコメディ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 11時48分

« ラブ・アゲイン/Crazy, Stupid, Love. | トップページ | ハートブレイカー/L'arnacoeur »