« アグリー/UGLY | トップページ | エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン/El Bulli: Cooking in Progress »

2011年12月29日 (木)

CUT

Cut イラン人監督アミール・ナデリが日本を舞台に日本人俳優で制作。売れない映画監督が借金返済のために殴られ屋になるのだが、彼を通じて溢れんばかりの映画愛が感じられる作品だ。脚本には『東京公園』の青山真治とが参加している。主演は『サヨナライツカ』の西島秀俊。共演にでんでん、常盤貴子、菅田俊、笹野高史、鈴木卓爾らが出演している。
>>公式サイト

映画に苦しめられ、映画に支えられ

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

キャッチコピーの「映画のために死ね」はある意味正しくて、ある意味間違っていると思う。主人公・秀二(西島秀俊)は死んでもいいぐらい映画を愛しているけれど、それはシネコンにかかるような商業主義の娯楽映画ではなく、芸術としての映画のことを指している。そして黒澤明の墓前で自分もそういった作品を作りたいとつぶやいていた。だから彼は映画のために死ねるけれど、同時に映画のために死ねないと思うのだ。秀二は売れない映画監督だった。これまで3本の映画を兄から借金して撮ったものそれは全く売れていない。鬱積したその気持ちを吐き出すかのように、商業主義の映画に対する批判を街中で人々に訴え警察に追われたりもする。彼は言う「映画は死に掛かっている」と。

02

03

そんなある日、兄が借金のトラブルで死んだと連絡が入る。実は兄はヤクザで組織から金を借りていた。兄の残した借金は約1254万円。秀二はそれを2週間以内に返済するように迫られる。返せなければマグロ船の重労働か保険金をかけて殺される。返済する術を持たない秀二は正木の弟分・高垣(でんでん)と出逢ったことで、ヤクザ相手に殴られ屋をすることで金を稼ごうと決意するのだった…。ここから先は秀二が兄の殺されたトイレの中でボコボコに殴られる姿が描かれ続けるのだが、秀二は殴られるたびに尊敬する映画監督の名前を口にして耐える。最初はこの殴られ屋の意味が私にはよく解らなかった。正確には借金返済のための殴られ屋と映画愛の話がどう繋がるのかが掴みかねたのだ。

04

05

1発1万円。しかも途中からは兄貴が死んだトイレを使うショバ代とヒロシ(笹野高史)と陽子(常盤貴子)の2人を使う人件費まで取られるのだから、結局1300発ぐらいは殴られないとならない計算だ。しかし秀二は耐え切る。ボコボコに殴られる秀二を演じる西島秀俊からは、鬼気迫るなんて言葉がキレイゴトに思えるほど生々しい息遣いが感じられた。名作のタイトル・監督名・ワンシーンを挟んでは殴られる。そもそも秀二は何故こんなに殴られなければならないのか。借金のためだ。では何で借金が?映画を作るためである。映画が彼を死の淵にまで追い詰め、しかしその映画が彼をギリギリのところで支えているというこの皮肉―。西島秀俊はナデリ監督にこう言われたそうだ。

06

07

「おまえの両肩には、“映画の罪”がのしかかっている」と。インデペンデント系の作品が殆ど興行的に成功しない現代の日本で、そういった作品を生み出そうとする秀二の命を絶たんとする映画、それでもその映画から離れられない、映画の可能性を捨てきれない、いや離れさせないし捨てさせない、“映画の罪”とはそういうことではないだろうか。私は当ブログで多くの映画を紹介しているが、個人的には商業主義の映画が必ずしも駄目だとは思わないし、もっと言えば商業主義の何が悪いとすら思っている。というより商業主義を否定するならば自分で金を用意して好きなように作り、解る人だけ解ってくれれば良いと言っていればいいのだ。別にそれ自体も決して悪いことではないと思う。

08

09

例えば若松孝二監督などは、自分で金を出して作ってるのだから好きなように作ると言って憚らないのだから。一方で私はインデペンデント系の作品も好きで良く観ているつもりだ。そうした中には実に面白い作品が多く、もっと沢山の人に観てもらいたいと思う作品も多くある。その度にシネコンで公開されているどうでもいい作品の1本をやめてその作品をかけてくれたら思うこともしばしばだ。更に記事をエントリーすると、名の売れたタレントの大したことない作品のほうが、インデペンデント系の作品より圧倒的にアクセス数が多い。記事を書いている立場からすれば数の多寡ではなく読んで頂けるのは大変にありがたいが、映画ファンとしては少し寂しいというのも事実だったりする。

10

11

本作を観ていると、今映画の置かれている環境に色々と想いを巡らす事になるだろう。それはそれぞれの方が住んでいる地域によっても異なると思う。東京に住む私などは基本的に観られない作品は無いのだからとても恵まれている。それでも本作のような作品が現れてくるというのは、そうしなければインデペンデント系の映画を見る機会がどんどん失われていってしまうことの証左に他ならない。西島秀俊は実は結構テレビのドラマやテレビ局主導の秀二の言うところの商業主義の映画にも数多く出演しているが、そんな彼がこの作品に出演していることに意味があるのだと感じる。では私には何か出来るだろうか。私は今まで通り“気になったら観る”で行きたいと思う。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:ナデリ監督がいた!何か普通のオジサンだった(笑)
総合評価:79点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アグリー/UGLY | トップページ | エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン/El Bulli: Cooking in Progress »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43545842

この記事へのトラックバック一覧です: CUT:

» CUT/映画を愛する俺だから、映画のためには痛みさえ [映画感想 * FRAGILE]
CUT監督:アミール・ナデリ/2011年/日本 シネフィルが借金返済のために殴られ屋になります。 日本映画ですが、監督のアミール・ナデリはイラン人です。キャストは、西島秀俊、常盤貴子、菅田俊、でんでん、笹野高史など。ちなみに台詞が一番聞き取りやすかったのは笹野高史でした。おじいちゃん! あらすじ:シネフィルが借金返済のために殴られ屋になります。 お話はほんとこれだけなんです。ささやかに映画上映会を開催し、拡声器で映画の素晴らしさについて街の人に訴えたりしている秀二(西島秀俊)は、死ん... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 09時42分

» 『CUT』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
連日シネマート新宿のロビーにお出ましのアミール・ナデリ監督の熱意に感心。 劇中で常盤貴子はなぜそんなにカジュアルな服装をしているのかというのが疑問だった。ヤクザのおっさんはバーカウンターの女に着飾らせるものというのは偏見だとしても、その80年代の小中学生のようなトレーナーみたいなのとかは妙すぎじゃないかって・・・。そういうデニムシャツってすごく懐かしいなって。そして、それはナデリ監督の服だったというのを後でインタビュー記事をネットで発見して知ったよ。どう見ても、ヘン!と思えたものに、実は意図が... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 10時02分

» CUT [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。アミール・ナデリ監督(イラン)、青山真治ら脚本。西島秀俊、常盤貴子、菅田俊、でんでん、笹野高史、鈴木卓爾。ナデリ監督は表面的な日本理解しかないらしく、この映 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 23時11分

» CUT カット(2012-002) [単館系]
CUT シネマート新宿 秀二(西島秀俊)はいつも兄の真吾からお金を借りて、映画を撮っている。 が、それらの映画はあまる売れていないので儲かっていない。 ある日、兄が借金のトラブルで死んだという...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 02時58分

» 「CUT」:直球すぎて気恥ずかしい [大江戸時夫の東京温度]
映画『CUT』はイラン人監督アミール・ナデリによる日本映画。大真面目なんだけど、 [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 22時21分

» CUT/西島秀俊、常盤貴子 [カノンな日々]
西島秀俊さんの主演作なので普通に邦画なのかと思っていたら監督はイラン出身のアミール・ナデリさんという方だそうで、二人が東京フィルメックス祭で出会ったのきっかけにこの企 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月12日 (木) 22時41分

» 『CUT』 [シネマな時間に考察を。]
映画のために死ね、ということは、 映画のために生きろ、ということ。 それほどまでの、映画愛。 『CUT』 2011/日本/120min 監督・脚本:アミール・ナデリ 出演:西島秀俊、常盤貴子 打たれた。 この男の只管な映画への思いに打ちのめされた。 そこまでし... [続きを読む]

受信: 2012年1月19日 (木) 11時49分

» 「CUT」 怒りの爆縮 [はらやんの映画徒然草]
エネルギーを感じる作品でした。 そのエネルギーとは怒り。 主人公が湛える怒りを描 [続きを読む]

受信: 2012年1月21日 (土) 14時39分

» ■映画『CUT』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
映画業界のすみっこに生息するものとして、「映画とは何なのか」真剣に考えるきっかけを与えてくれた映画『CUT』。 “エンターテインメントという言葉で観客をごまかすクソ業界人”のはしくれとして、必見の一作だったと思います。 西島秀俊演じる、映画のために肉親の命まで... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 11時57分

» 「CUT」 [みんなシネマいいのに!]
 その昔、まだビデオが普及していない頃、自主映画を作るための媒体はフィルムだった [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 09時09分

» CUT [迷宮映画館]
やけに映画づいてる。。いろんな意味で。 [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 08時27分

» 「CUT」 すげえ映画(。・w・。 ) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
映画好きこそ観て欲しい熱い映画[E:sign03] NYを拠点に活動するイラン人 [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 00時02分

« アグリー/UGLY | トップページ | エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン/El Bulli: Cooking in Progress »