« サラの鍵/Elle s'appelait Sarah | トップページ | ワイルド7 »

2011年12月18日 (日)

私だけのハッピー・エンディング/A Little Bit of Heaven

Photo ある日突然末期がんを宣告された女性が、残された時間の中で家族・恋人・友人たちとの距離感に戸惑い、苛立ちながらもやがては自らの死を受け入れてゆくラブストーリー。主演は『キラー・インサイド・ミー』のケイト・ハドソン。共演にガエル・ガルシア・ベルナル、ウーピー・ゴールドバーグ、キャシー・ベイツといった演技派が揃う。監督はニコール・カッセル。
>>公式サイト

ウーピー様の言うとおり!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

広告代理店に勤務し仕事もバリバリできる30歳のキャリアウーマン、マーリー・コベット(ケイト・ハドソン)がある日突然末期がんの宣告を受けてしまう。物語はそこから先の彼女と周囲の人間との微妙な距離感を描き出していた。……最近観たばかりだ…。これはもうそのまま『50/50 フィフティ・フィフティ』ともろ被りである。ただ大きく違うのは邦題『ハッピー・エンディング』でも解るとおり、主人公が最後には死を迎えることがハッキリしていることだろうか。従って、本作の場合は周囲の人間だけでなく、本人が自らの死を受け入れるという、自分自身の気持ちのありようも描き出していた。物語全体としては、ラストは泣けるが、途中は意外なほどコメディタッチな部分が目立つ。

02_2

03_2

そもそもマーリーは異常なほどハイテンション。真剣な恋はしないけれどセックスは楽しみ、仕事もやり手、日々友人たちと充実した日々を送っている。その彼女にがんの告知をするのがジュリアン・ゴールドスタイン医師(ガエル・ガルシア・ベルナル)だ。如何にも自由奔放なマーリーと、何事にも真面目過ぎるほど真面目なジュリアンという対照的な2人が恋に落ちるのは、お互いにない部分に惹かれあったからだろう。それにしても品が良くハンサム坊ちゃん顔の医者が驚くほどガエルに似合う。いわゆる完全に肉食系女子と草食系男子の組み合わせだ(笑)真面目なジュリアンが一生懸命マーリーにジョークを言って笑わせようとするものの、ことごとくスベるのが面白い。

04_2

05_2

大腸の内視鏡検査で麻酔をかけられたときの夢のシーンも愉快だ。いきなりドリフのコントのように雲の上にいるマーリーの前に神様が現れるのだが、その神様がウーピー・ゴールドバーグなのだ。ウーピーは彼女が死ぬと宣言し、3つの願いを叶えてあげようと持ちかける。このどことなく『ゴースト』を思い出させるファンタジックな展開は、面白くはあるけれど違和感がないといえば嘘になる。告知されてから先マーリーは、友人たちや両親にあっけらかんと「私がんで死ぬの」とカミングアウト。しかし言われるほうが平静ではいられないのは『50/50 フィフティ・フィフティ』と全く同じだ。やはり本人が平静であればあるほど周りは気を使う。

06_2

07_2

マーリーには『50/50 フィフティ・フィフティ』のカイルのような親友はいない。しかしむしろその方が一般的だろう。徐々に進む病状に従ってナーバスになり、自己中心的な言動が目立つようになるマーリー。そんな彼女に対して周囲は距離を置くようになる。この辺は非常にデリケートな部分だ。彼女にしてみれば変な同情や哀れみは絶対に嫌なのだが、しかし周囲からの愛を感じられない孤独感は益々彼女の心を自分の殻に閉じこもらせるのである。そんな彼女の全てを丸ごと受け止めていたのがジュリアンだった。ただ、益々病状が進むとその彼に対してもキツイ言葉を吐くようになる…。無理もないのは解るけれど負の感情を当てられる周囲の辛さ、哀しさも良く伝わってくる。

08_2

09_2

特に妊娠中の親友ルネ(ローズマリー・デウィット)の気持ちは複雑だ。新しい命が誕生する喜び、しかし親友を失う悲しみ…両方の感情に板挟みになる彼女の気持ちが切ない。さて、ここまではいわゆる死にゆくヒロインと周囲の心の物語なのだが、そこに彼女の恋愛観が融合されてくるのがこの作品の特徴だ。即ち、彼女は両親の不和を見てきたために本当の恋愛に踏み出すことをためらっていたのだった。ただ解りにくいのが、両親の不和の話と自分が父親からの愛情を感じられなかったという話の2つが混ざってしまっている点。最終的に父親がマーリーに「I love you.」と言ってくれたことで、彼女のわだかまりは消えるのだけれど、両親の不和の問題は別に解決はしていないのだ。

10_2

11_2

ともあれ、マーリーは父の自分に対する愛情に気付くと同時に、友人やジュリアの自分に対する愛情にも気付き、自分が一方通行の愛だったことに気付く。こんな人も多くの人に愛されていたのだと気付くことで彼女は自らの死を初めて受け入れられたのだ。静かに死に行く彼女の姿は序盤のハイテンションの時よりもむしろ幸せそうですらあり、見ていて涙が抑えられなかった。ただ映画そのものとして考えた時には、特に目新しい内容は無く、全ての要素に既視感がありありなのが残念なところではある。無理に泣かせようとせず、むしろコメディタッチな部分は好感がもてたのだが。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:キャシー・ベイツが相変わらず上手かった
総合評価:72点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« サラの鍵/Elle s'appelait Sarah | トップページ | ワイルド7 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43417206

この記事へのトラックバック一覧です: 私だけのハッピー・エンディング/A Little Bit of Heaven:

» 私だけのハッピー・エンディング [とりあえず、コメントです]
ケイト・ハドソン&ガエル・ガルシア・ベルナル主演のヒューマン・ドラマです。 この二人でどんな物語を見せてくれるのだろうと予告編を観た時から気になっていました。 ガンの見つかった女性の半年の時間が、ケイト・ハドソンの明るい笑顔と共に描かれていました。 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 08時45分

» 私だけのハッピー・エンディング [あーうぃ だにぇっと]
私だけのハッピー・エンディング@ニッショーホール [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 11時13分

» 私だけのハッピー・エンディング [佐藤秀の徒然幻視録]
プレゼン風癌告白の行方 公式サイト。ニコール・カッセル監督、ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル、キャシー・ベイツ、ウーピー・ゴールドバーグ、ローズマリー・デ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 20時01分

» 私だけのハッピー・エンディング(試写会) A LITTLE BIT OF HEAVEN [まてぃの徒然映画+雑記]
バリバリのキャリアウーマンとして活躍していたマーリー(ケイト・ハドソン)は、末期の大腸がんを宣告されて、余命いくばくもないと知る。これまで男性とは体だけの関係で、本気の恋愛をしてこなかったマーリーだが、主治医ジュリアン(ガエル・ガルシア・ベルナル)の...... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 23時23分

» 映画「私だけのハッピー・エンディング」それぞれのハッピーエンディング [soramove]
「私だけのハッピー・エンディング」★★★☆ ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル、 キャシー・ベイツ、ウーピー・ゴールドバーグ出演 ニコール・カッセル監督、 107分、 2011年12月17日公開 2011,アメリカ,ファントム・フィルム (原題:A LITTLE BIT OF HEAVEN ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りた... [続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 07時48分

» 私だけのハッピー・エンディング [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
A Little Bit of Heaven - 映画ポスター - 11 x 17ガンを宣告された30歳の女性が人生最後の恋をする「私だけのハッピー・エンディング」。難病ものにありがちな湿っぽさがないところがいい。広 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 09時37分

» 私だけのハッピー・エンディング [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
突然“がん”を宣告されたキャリアウーマンと、彼女を不器用ながら温かく見守る主治医の姿を描くラブストーリー。出演は「キラー・インサイド・ミー」のケイト・ハドソン、「ジュ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 11時17分

» 私だけのハッピー・エンディング/ケイト・ハドソン [カノンな日々]
ある日突然ガン宣告をされたキャリアウーマンが苦悩しながら人生を見つめ直していく姿とそんな彼女を温かく見守ってくれる主治医とのロマンスを描いたラブストーリー。ベタ度がか ... [続きを読む]

受信: 2011年12月21日 (水) 09時25分

» 私だけのハッピー・エンディング [風に吹かれて]
そばにいてくれてありがとう公式サイト http://happyending-movie.com広告代理店に勤める30歳のキャリアウーマンのマーリー(ケイト・ハドソン)は、恋に仕事に順調な日々を過ごして [続きを読む]

受信: 2011年12月22日 (木) 15時50分

» 私だけのハッピーエンディング(2011)★☆A LITTLE BIT OF HEAVEN [銅版画制作の日々]
30歳。余命半年で出会った恋が、私を変えた――。 評価:+5点=65点 楽しく人生を終えたい・・・・。何とか前向きに僅かな時間を生きたいという主人公のポジティブさは良いと思いました。でも癌を患っている割にはあまりそんな雰囲気を感じさせないところはわざとなの...... [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 01時03分

» 小さな幸せ〜『私だけのハッピー・エンディング』 [真紅のthinkingdays]
 A LITTLE BIT OF HEAVEN  シングル生活を謳歌する広告代理店のやり手社員・マーリー(ケイト・ハドソ ン)は、ある日突然末期ガンを告知される。ボーイフレンドたちとのステディな 関...... [続きを読む]

受信: 2011年12月26日 (月) 14時32分

» 私だけのハッピー・エンディング [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  大腸がんを宣告され、余命いくばくかのキャリアウーマンにケイト・ハドソン。キュートな担当医師とのよくある悲恋物語。だが終盤に死を目前にして、多少イライラするものの、全く暗いイメージがなく、ラストまで終始明るい雰囲気だったのがよかったね。  ただケ... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 16時42分

» [映画『私だけのハッピー・エンディング』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆短信なのは、明日も忙しくて、早く寝なくちゃならないからで、作品の質が悪いわけではない。  と言うか、良い作品だった。  多くの友人を持ち、遊び相手の男にも事欠かないキャリアウーマンのマーリー(ケイト・ハドソン)が、ちょっと体調が気になって行った病院の...... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 00時32分

» 私だけのハッピー・エンディング [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(F) 特に観たかった映画でもないんだけどフリーパスだからね [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 19時36分

» 私だけのハッピー・エンディング [映画的・絵画的・音楽的]
 『私だけのハッピー・エンディング』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)これは、前に見た『50/50』の女性版といったらいいでしょうか、大層元気溌剌で明るい性格の30歳の女性マーリー(ケイト・ハドソン)が、検診で、大腸ガンを患っていて、それも余命半年であ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月12日 (木) 05時18分

» 映画『私だけのハッピー・エンディング』を観て [kintyres Diary 新館]
11-87.私だけのハッピー・エンディング■原題:A Little Bit Of Heaven■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:伊原奈津子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿ピカデリー(新宿)□監督:ニコール・カッセル□脚本:グレン・ウェルズ□撮影...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 18時59分

» 私だけのハッピー・エンディング [ぷち てん てん]
2011年12月から公開中。こちらでも上映されたので見に行きました [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 19時52分

» 私だけのハッピー・エンディング [迷宮映画館]
映画の前半と後半の温度差が、大きいのは見せ方か・・。 [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 14時03分

» 『50/50』『私だけのハッピー・エンディング』をギンレイホールで観て、みんな癌で殺してしまえふじき★★★,★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
が、癌映画2本立て 『50/50』 五つ星評価で【★★★良すぎる評判にちょっと負けてるかな】 明るい癌映画。 併映してた同じく明るい癌映画『私だけのハッピー・エンデ ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 5日 (月) 01時11分

» 「私だけのハッピー・エンディング 」 (-ε-)ケイト・ハドソンにがっかり [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
来ました[E:sign01]来ました[E:sign01] TSUTAYAだけシリ [続きを読む]

受信: 2012年6月16日 (土) 00時02分

» 私だけのハッピー・エンディング [いやいやえん]
「ハッピーウェディング」と誤解。癌ものかぁ…。 まあ、ありえないわな、と患者と医者のラブストーリーを冷静に判断しちゃいました。医者側は彼女がどんなに魅力的であろうと、癌であり余命わずかということを知っているのだし、癌の患者の対応には慣れているのではとさえ思う。 その医者にガエル・ガルシア・ベルナルさん、主人公のマーリーをケイト・ハドソンさん。 自分が突然、あと余命どれだけだって言われたら、まずはショックを受けるのは勿論のこと、自分のことだけで精一杯で周りが見えず、煩わしくなるかも。そし... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 10時30分

» 私だけのハッピー・エンディング [こんな映画見ました〜]
『私だけのハッピー・エンディング 』---A LITTLE BIT OF HEAVEN---2011年(アメリカ)監督:ニコール・カッセル出演:ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル、ウーピー・ゴールドバーグ、キャシー・ベイツ 仕事も充実し、気ままな独身生活を満喫し...... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 23時32分

« サラの鍵/Elle s'appelait Sarah | トップページ | ワイルド7 »