« ワイルド7 | トップページ | 風にそよぐ草/Les herbes folles »

2011年12月20日 (火)

スウィッチ/Switch

Photo_2 長期バカンスの間に自宅を交換するというちょっと変わったシステムを提供するサイト「スウィッチ.com」。このサイトを使ったことで強制的に殺人犯人に仕立て上げられてしまったヒロインの恐怖を描いたサスペンスムービーだ。主演はカリーヌ・ヴァナッス。共演に『エリックを探して』のエリック・カントナが出演している。監督・脚本はフレデリック・シェンデルフェール。
>>公式サイト

何故スウィッチしたのか、そこが問題だ。

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

何者かによって自分の存在が消され、その何者かの犯した殺人の罪を着せられる…。これで実は主人公が二重人格だったとなると『ザ・ウォード 監禁病棟』っぽくもあるのだけれど、この作品の場合はそこまで陰鬱としたサスペンスではない。“switch.com”というサイトでバカンスの間、家ごと交換してお互いの家に住みましょうという契約を交わしたソフィ・マラテール(カリーヌ・ヴァナッス)は、最近どうもやることなすこと全て上手く行かないと悩んでいた。たまたまそんな時に雑誌編集者のクレール(マキシム・ロイ)から聞いたのがこのサイトの存在だったのだ。早速自宅の鍵を交換し相手の家のあるパリへと向かう。豪華なアパートや素敵なエッフェル塔の夜景に大満足の彼女だったが…。

02

03

既にこの時点で彼女ががんじがらめにされているのが面白い。翌朝突然警察が乗り込んできて他殺体を発見し、しかも彼女のパスポートの名前は家を交換した相手の名前ベネディクトに変わっている。凶器には彼女の指紋もべったり。彼女が彼女であることを証明する手段が一切なくなっていたのだ。さて、無論我々は彼女がベネディクトなどではないことを知っている。従ってここからどうやって彼女が自分が自分であることを証明するのか、そして真犯人ベネディクトを見つけるのかという部分に注目してゆくことになる。当然観ながら「まずはカナダの実家に電話しろよ」だとか、「“switch.com”は見たのか?」とか、「クレールに連絡取れば?」とか、思うのだが当然それは織り込み済み。

04

05

観ている側の考えることが悉く潰されてゆくと、犯人の頭の良さと、そのためには簡単に人を殺す残忍さが際立ってくるという寸法だ。それは当然ソフィーの焦りを誘い、ソフィーの焦りは観ている私たちの焦りに繋がって来る。このもどかしさはもしかしたらイラッとする人もいるかもしれないが、私は良い意味で緊迫感を感じた。ただ、後から冷静に考えたら、人の存在を全て消すなどということは国家権力でもなければ無理な相談で、まして一人の真犯人に出来るはずがない。例えば友人関係一人とっても、全ての友人を殺して回るなど不可能だからだ。しかし、劇中ではそんな疑問を抱かせるまもなくソフィーが警察から脱走する。デザイナーにしては結構過激な女性だが、窮鼠猫を噛むということか。

06

07

ちなみに彼女を捕らえ尋問し、追走するダミアン警部がエリック・カントナ。元プロサッカー、マンチェスター・ユナイテッドの看板選手だ。途中かなり長めの追走劇があり、何と彼女は彼を振り切るのだが、歳を取ったとはいえエリック・カントナから逃げ切るソフィーって…と思わず現実とごっちゃになってしまった(笑)実際の所を言うと、彼女はどうやらランニングを日課にしているらしい描写がキチンと伏線として用意されている。いずれにしてもこの後一歩で捕まりそうで捕まらないという見事な距離感の追走劇は本作の見所のひとつだ。さて、一見完全犯罪にみえたベネディクトだったが、徐々にほころびが見え始める。と同時に、犯行の謎だけでなくやけに猟奇的なその動機までもが明らかに。

08

09

一つ不満だったのは、ソフィーがベネディクトでないことがハッキリするのが、ソフィー自体の働きでもダミアン警部の活躍でもなかったことだ。なんと<監察医が死亡推定時刻を誤っていたと警部に報告にくるのだ。物語に直接タッチしていない人物の一言が全てを確定させる決め手になるのはちょっと残念だった。>もっとも、最初からソフィーがベネディクトでないことはバラしている作り手としてはそこはあまり重要ではなく、ここから明かされるソフィーとベネディクトに秘められた謎こそが重要と考えたのだろう。そしてその謎は確かに奇想天外だった。楽しいはずのバカンスが、本人に何の罪も無いのにメチャクチャにされただけでなく、自身も大怪我を負い、母やクレールまで殺されるとあっては、謎が解けようが解けまいが、余りに悲惨過ぎて言葉が無かった…。

10_3

11_3

<謎メモ(ネタバレ)>ソフィーは12歳までパリに住んでいた。当時家は貧乏で父はそのために精子を精子バンクに売った。その精子から生まれたのがベネディクトと最初に殺された男だ。要するに3人は異母兄弟。ベネディクトは精神を病んでおり、自分が恵まれない環境なのに、幸せに暮らすソフィーやその男の事を逆恨みする。実際には彼女とて金持ちの家に生まれていたのだが。そこで復讐のために彼ら2人を殺そうとしたと言うのが事の真相である。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:カリーヌ・ヴァナッスさんが可愛い♪
総合評価:68点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ワイルド7 | トップページ | 風にそよぐ草/Les herbes folles »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43440230

この記事へのトラックバック一覧です: スウィッチ/Switch:

» スウィッチ [だらだら無気力ブログ!]
ヒロインが強すぎる気もするのだが・・・。 [続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 01時15分

» スウィッチ/アパートを取り替えっこしたら、大変なことになりました。 [映画感想 * FRAGILE]
スウィッチMIST/監督:フレデリック・シェンデルフェール/2011年/フランス フランス版「アンノウン」…? 「スウィッチ」で検索すると違うものがたくさん出てきて、「スウィッチ 映画」で検索しても違うものがたくさん出てくるのでほとほと参りました。「アラフォー女子のベイビー・プラン(原題:The Switch)(2010年アメリカ)」「スウィッチ/素敵な彼女?(原題:Switch)(1991年アメリカ)」「Switch(2007年ノルウェー)」「Switch(1999年カナダ)」など…。で、... [続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 09時25分

» スウィッチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『スウィッチ』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)時間の空きがあったので、ほとんど何の情報も持たずに映画館に飛び込んだところ、タイトルから米国映画かなと思っていたら、冒頭からフランス語が飛び出します。  それではフランス映画かなと思うと、舞台はカナダのモン...... [続きを読む]

受信: 2011年12月21日 (水) 05時49分

» スウィッチ/カリーヌ・ヴァナッス、エリック・カントナ [カノンな日々]
バカンスを過ごすために期間限定の自宅交換システム(ホーム・エクスチェンジ)を利用した女性が自分の名前や身分が交換相手に乗っ取られてしまい殺人犯にされてしまうというサスペ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 22時28分

» スウィッチ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(18) 女性アスリートって女性戦士にもなれるのね。 [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 19時03分

» 映画『スウィッチ』を観て [kintyres Diary 新館]
11-85.スウィッチ■原題:Switch■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:100分■料金:1,000円■鑑賞日:12月14日、新宿武蔵野館□監督・脚本:フレデリック・シェンデルフェール□脚本:ジャン=クリストフ・グラジェ□撮影:ヴィンセント・ガロ□音楽:ブル...... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 18時34分

» 『スウィッチ』を新橋文化で観て、面白くてオッパイだふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
   五つ星評価で【★★★★エリック・カントナが走るだけで】 主役はカリーヌ・ヴァナッス。 知らん姉ちゃんだけど、なんかいい空気を感じる。 化粧映えしないけど、スッピ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 09時33分

» スウィッチ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【SWITCH】 2011/12/10公開 フランス 100分監督:フレデリック・シェンデルフェール出演:カリーヌ・ヴァナッス、エリック・カントナ、メーディ・ネブー、オーレリアン・ルコワン、カリーナ・テスタ、ブリュノ・トデスキーニ モントリオール在住のソフィはバケーション...... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 12時54分

» スウィッチ [いやいやえん]
日本ではなじみのない住居交換サイトが発端の話。ハート・ウォーミングなラブコメだった「ホリデイ」でもありました(ホーム・エクスチェンジ)けれど、あんな感じですかね。しかしこちらは身元までもが交換されているという恐ろしい話。 ごく平凡な女性が殺人の濡れ衣を着せられ、身元乗っ取りまでもされるという恐ろしさ、これが故郷ではなく異国なものだから余計に怖さ倍増ですね。 警察から逃げつつ事件を解決しようとする主人公というありがちの構図ではありますが、まず日本にはない設定というところが面白く、精神病院に... [続きを読む]

受信: 2012年6月29日 (金) 08時40分

« ワイルド7 | トップページ | 風にそよぐ草/Les herbes folles »